Copyright© 作っちゃう? , ②4×4材(束柱用)※ホームセンターで30cmずつにカット 今回ウッドデッキをDIYする工法は「サンドイッチ工法」と呼ばれる方法です。土台となる束石(地面と接する基礎石)に束柱を立て、それを木材で挟み込み、床板を並べて貼っていく方法です。サンドイッチ工法は、根太となる部分で水平をとれば良いので、この裏庭のような地面の水平が取れていない所にオススメの工法!以下の手順で進めて行きます。 ④コーススレッド(半ネジタイプ)たくさん。。。 ウッドデッキに適したおススメの木材保護塗料とは?木材保護塗料の種類と比較、選ぶ際のポイントを説明します。. その後、専門店、メーカーでBtoC、BtoBの営業経験を経て、株式会社SATORUへ。, シェアベースプロジェクトは、『観光』『産業』『福祉』の3軸で地域が活性化していく事を目指し、様々な取り組みを行なっている株式会社SATORUのプロジェクトです。. 基礎ブロック45cm. 【DIY】自作ウッドフェンス・基礎の選び方 . ウッドデッキの基礎は、下図のようになった。 ポイントは、下図赤線のように全ての基礎を一直線上に配置すること。 長手(左右)方向は家やコンクリートのたたきに添って据えればいいだけなので、特に問題にならなかった。 短手(上下)方向は目印になるものがなかったが、施工延長が短かっ� 地域や地方の魅力を発信するイベント「マルシェ」や「ファーマーズマーケット」。成功するための効果的な宣伝と集客の方法とは!?, シェアベースマガジン(SHAREBASE magazine) /地域活性化「シェアベースプロジェクト」の情報ウェブメディア. ①2×4材(根太、床板用)※今回は12ftをそのままの長さで使用 Copyright ©  シェアベースマガジン(SHAREBASE magazine) /地域活性化「シェアベースプロジェクト」の情報ウェブメディア All rights reserved. 初心者でも簡単に作れる!?古民家の裏庭に、憧れのウッドデッキをdiy!初心者でも簡単なサンドイッチ工法で、裏庭一帯にウッドデッキを作っちゃおう!という計画です。費用を抑えて、楽しいウッドデッキ作りの工程を添えてご紹介しています。 ④床板を打ち付ける コンクリートブロック. 基礎ブロック30cm. 四隅の羽子板付束石. 町と山村を繋ぐ、2020年開通予定の『博士トンネル』。 福島県最長トンネルの建設現場のインフラツーリズムへ!, コト・モノ・どっちも。シェアベースマッチング が“商品販売機能”を搭載してバージョンアップ!, ワークショップや体験・イベントを効果的に宣伝・集客する方法は? 参加者を増やす為に知っておきたいコト。, GO OUT CAMP 猪苗代vol.4イベントレポート 真冬のような寒さの中でも大盛況!, 空きスペースを有効活用!SPF材を使ってキッチンにカウンターをDIY!②〜作り方をご紹介!〜, ゆったりと流れる時間の中【昭和村特産の『からむし』で作るアクセサリー体験プラン】で作って、学んで、癒されて。. 次なる遊び場作りに夢中な大人。。。完成をお楽しみに!, ▶費用を抑えて簡単に!庭にウッドデッキをDIY!#2〜サンドイッチ工法で土台組み〜, 茨城県水戸市出身。茨城県立水戸第一高等学校、東洋大学卒業。 ウッドデッキを作るならまずは基礎から!束石の設置方法から学んでいきましょう!!!ウッドデッキを作ってみたいけど難しそうだし作り方もいまいちわからない…という方でも大丈夫!ウッドデッキを作る時の束石の設置方法を覚えておけば簡単にウッドデッキが作れてしまうんです! ③束柱を2×4材で挟み込む 結果的には基礎ブロック … ウッドデッキ束石位置. ②束石を等間隔に並べる ①束石と束柱を固定する これで粗方のウッドデッキの形が出来ていきます。それぞれの工程の中でポイントや気づいたことが出て来ます。あれやこれやと問題解決しながら進めて行くのが、手作りの楽しみ方ですね!, まずは材料調達ということで、おなじみのホームセンター「ダイユー8」で材料の買い出しです。ここでは、大量に購入したものはトラックの貸し出しサービスをしてくれるので、最大限に活用させて頂きました。今回は量も多かったので2便に分け、1便は自分たちで借りたトラックで運搬、2便目は配送して頂きました。用意したのは以下の通り。 スイス生まれの焚き火台『ピコグリル760』。シリーズ史上最大モデルの魅力を徹底解剖!! (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 前工程の地縄張り・水盛り・遣り方で基準となる水糸が張れたら、その水糸に合わせて基礎を作っていきます。, 基礎をしっかりと作らないと、完成後のウッドデッキの傾きなどに影響するので、重要な作業工程です。, 独立基礎は、柱(ウッドデッキでは束柱つかばしらと呼ばれる)ごとに基礎石を置いて、それぞれの基礎石で個別に柱(束柱)を支える(荷重を受ける)構造です。, ウッドデッキは、風雨にさらされることは勿論ですが、地面からの湿気が原因で傷みが進んでしまう場合が多いです。, ウッドデッキを長持ちさせるには床下の通気が大変重要で、通気が良い独立基礎が用いられる要因の一つです。, 家などの建築の基礎は、ベタ基礎や布基礎が用いられ、柱と柱の間をつなぐ壁の下全体にコンクリートで設置し、建物と基礎の間にパッキンを挟み込み床下の通気を可能にしています。, ウッドデッキの柱(束柱)は地面に設置された基礎石の上に置かれて支えられます。(束柱が直接地面にふれ腐るのを防ぎ、しっかりと支える為), 今回のウッドデッキには束石つかいしと呼ばれるコンクリート製の基礎石と、コンクリートピンコロと呼ばれる四角形の基礎石を使用します。, 束石には羽子板が付いている物があり、束柱をビス止め・ボルト締めして束石に固定する事が出来ます。, 普通の束石に加え2×4用の束石や、コンクリート平板・コンクリートブロックも基礎石として使用する場合があります。, 束石同士の間隔は通常900mm程度にします。(使用する根太の太さにより間隔は前後します。今回はウッドデッキの床下の一部に点検口がある為、その箇所の束石は間隔を変え、ずらして設置します。), 外周部の束石を設置する順番は、四隅に羽子板付束石を配置した後、間に通常の束石(羽子板無し)を等間隔に設置します。, ウッドデッキ外周部は束石を設置しますが、内側部分にはコンクリートピンコロを基礎石として使用します。, コンクリートピンコロは、ウッドデッキの外周部の木部(根太・根太受け)が組み上がった後、根太・根太受けに水糸を張り、基準として設置します。, 独立基礎の構造は、地面に穴を掘り、砂利(砕石)・コンクリートの順に入れ、その上に束石を据え置くのが一般的です。, 穴は150mm~200mm程度掘り、砂利・コンクリートはそれぞれ50mm~100mm程度の厚みにします。, 定規の基準面を地面(地盤面)につけ、前工程 ウッドデッキの作り方。地縄張り・水盛り・遣り方のやり方とは? で張った水糸の位置に印をつけます。(地盤面のことをGL=グランドラインと呼びます。建物を建築する場合では高さの基準となるため非常に重要です。), 自作定規を用意する事で、作業中深さをメジャーで確認する手間が省け、作業効率が良くなります。, 束石を水糸に合わせて仮置きし、束石から50mm程度離れた周囲(掘る範囲)の地面に印をつけます。, 穴掘りは普通のスコップやシャベルでも可能ですが、縦穴掘り複式シャベル(通称・穴掘りシャベル)があると便利です。, 縦穴掘り複式シャベルの刃先は、2枚の刃が向かい合う様になっており、ハンドル部を左右に開くと閉じる仕組みになっています。, 使用方法は、まず2枚の刃が開いた状態で、穴を掘る場所に突き刺します。(地面が硬い場合は何度か突き刺しながら土をほぐします。), 突き刺した状態でハンドルを左右に開くと間の土が刃と刃に挟まれ、そのままシャベルを持ち上げると、穴が掘れる仕組みになっています。, 杭など支柱を立てる縦穴を掘る為のシャベルですが、狭い場所での穴掘りには普通のシャベルより作業しやすく便利です。, 穴を掘り終わった後に穴の底を突き固めるので、所定の深さより多少浅めにしておきます。, 転圧にはタンパーやタコと呼ばれる専用の道具や、自作した物を使用するのが一般ですが、今回はグラスファイバー柄の大ハンマーを代用品として使用します。(木製柄の大ハンマーは柄の先端部分が傷むのでおススメしません。), 大ハンマーの頭の打撃面ではなく、天辺部分を使って穴底全体を転圧したら、自作定規で深さを確認します。, 転圧が不十分だとウッドデッキの重さで基礎が傾く原因になるのでしっかり突き固めておきます。, コンクリートはセメント・砂・砂利を混ぜ合わせて作りますが、出来上がりのコンクリート量が分かりにくく、材料が余ってしまう事が多いです。, 特にセメントは開封してしまうと保存が難しく(湿気に弱い)硬化して使えなくなることがあります。, そこで今回は、出来上がりの量が分かりやすい “インスタントコンクリート” (セメント・砂・砂利が配合してあり水を加えるだけでコンクリートが出来る)を使用します。, コンクリートは “トロ舟” と呼ばれるプラスチックのケースの中で角スコップ(一般的なサイズより一回り小さい物)を使用し水を加え混ぜ合わせます。, 束石を乾いた状態でコンクリートの上に据え置くと、束石がコンクリート内の水分を吸収してしまい、硬化不良を起こしてしまいます。, コンクリートの仕上がりを少し固めにしておきたいので、状態を見ながら少しずつ水を加え練り上げます。, 練りあがったコンクリートは一度に多く入れると馴染みづらく空洞が出来やすいので、少量ずつ穴に入れ、スコップの刃先や棒で突きながら広げ馴染ませていきます。, 束石上面を一旦水平に設置したら、束柱の墨線の3つの角にさしがねをあて、墨線と水糸の位置を確認します。, 束石を動かすと水平もずれてしまうので、束石を動かす・水平を調整・さしがねで水糸の真下にあるか確認・の作業を繰り返して、水糸の真下に束石(上面が水平)を設置します。, コンクリートがある程度固まり束石が動かなくなったら、束石の回りにコンクリートをかぶせて(なるべく地盤面より上に出ないようにする)ならしたら束石の設置完了です。, ウッドデッキ四隅の羽子板付束石を、水糸の真下(束石の上面は水平に)へ正確に設置します。, ウッドデッキの水平は、それぞれの束柱の長さを調整して出すので、束石同士の高さは同じにする(同じ水平面に束石の上面を合わせる)必要はありません。, 四隅の羽子板付束石を設置出来たら、間に羽子板無し束石を900mm程度の間隔で設置します。, 束石の墨線を水糸の真下に来るようにし、四隅の束石からメージャーで間隔を測って仮置きしたら、掘る範囲を地面に印しておきます。, 四隅の羽子板付束石の設置方法と同じく、穴を掘り突き固め、そこへ砂利を入れ突き固めます。, 束石が水平の状態で、束石の墨線の端にさしがねをあて、水糸と墨線の位置を確認します。, 一連の作業(さしがねで水糸と束石の位置を確認・束石を動かし調整・水平を確認・束石の間隔を計測・束石を動かし調整・水平を確認)を何度か繰り返し、水糸の真下に束石を設置します。, 束石をモルタルの上に仮置きしたら、他の束石と同様に水平と位置を確認・調整し接地します。, 掘り下げた地盤をしっかりと突き固める事と、基準となる水糸の真下へ正確に束石を設置する事が重要なポイントとなります。, 基礎をしっかりと正確に作っておけば、ウッドデッキの出来上がりも自ずと良い物になります。, 次回は束石の上にウッドデッキの骨組みとなる土台(束柱・根太)を組み上げる工程、土台の構造(束柱・根太)と作り方とは?です。, 自宅に小屋を建て木工メインでDIYをしています。家具製作に携わった経験とノウハウを活かしてDIYに関する情報を発信しています。. ウッドデッキの基礎 は ... 普通の束石に加え2×4用の束石や、コンクリート平板・コンクリートブロックも基礎石として使用する場合があります。 束石を使用した独立基礎の作り方 束石の配置. ③束石(基礎)※固定用金具のついたもの ここからは、いよいよウッドデッキの基礎となる基礎石を設置していきます。基礎石とは、ウッドデッキの束柱を支える部分のことを言います。基礎にする資材はいろいろありますので、自分のウッドデッキに合わせた基礎石を使用してください。基礎石は、ウッドデ 作りたいサイズによって計算してみましょう。材料も揃った所で、さぁDIYに取りかかりましょう!, まずは土台を作る作業です。木材の腐食原因となるので、直接土に束柱が触れないように基礎となる束石を使います。束石と束柱をインパクトドライバーとコーススレッド(木材同士を締結したり、板を固定したりできるネジ)でくっつけます。太い木材は僕らの基地ではカットできないので、あらかじめ束柱はホームセンターで30cmの高さにカットして持って来ました。束石は木材を固定する金属が付いているので、しっかりと垂直に接続していきます。使うコーススレッドは、半ネジタイプを使うのがポイントです。この工程の時だけでなく、木材同士をつなぐ時にも、互いを引き合わせる力を持つ半ネジタイプでないと、しっかり固定できません。, ①でできた土台を、裏庭まで持って行きます。30mほどの距離ですが、資材を良い状態で保管できる場所が裏庭にはないので、分担して運び出します。今回使う束石の数は25個。。。なかなかの体力勝負でした。ここで束石同士の距離が長過ぎると、床板の強度を保てません。計画した広さによって束石の間隔と数を調整するようにしましょう。, 日も暮れて来た所で、次の作業工程を確認して一旦作業はそこまで。②の工程までいけば大体の見通しがついてくるので、あとは根気と体力勝負です! ウッドフェンスの基礎を選ぶにあたって自分が迷ったのはこの3種類でした. これまでテーブルやベンチ、スリッパラックやパレットを使った小さなウッドデッキなど、様々なDIYに挑戦してきましたが、今回のDIY計画は過去最大級!裏庭一帯にウッドデッキを作っちゃおう!という計画です。その活用目的は完成後にご紹介したいと思いますが、まずは完成までの工程を綴っていきたいと思います!, ウッドデッキを作る場所は古民家の裏庭。栗の木や桑の木が大きく広がる小さなキャンプ場のような場所です。廃材パレットを並べて試行錯誤していましたが、今回はパレットを使わず1からチャレンジ、夏に比べて暑さも虫も減り、いよいよ憧れのウッドデッキDIY作りの始まりです!, 画像引用:caDIY3D 基礎石とは、ウッドデッキの束柱を支える部分のことを言います。基礎にする資材はいろいろありますので、自分のウッドデッキに合わせた基礎石を使用してください。, 基礎石は、ウッドデッキを支える以外にも様々な役割を持っています。ウッドデッキ製作の中では最も重要な部分ですので、正確にそして慎重に基礎を作ってください。, 【基礎石の役割】1.束柱の下でウッドデッキ全体を支えます。2.地面から上がってくる湿気からウッドデッキ材を遠ざける。3.束柱が動かないように固定する。, ウッドデッキを作る場所の地面がコンクリートの場合は、コンクリートの上に基礎石を置くだけです。基礎石の代わりに、アジャスターなどの金具を嚙ます方法もあります。要するに、コンクリート面に束柱が直接触れないようすればよく、これは雨水などからウッドデッキ材の腐食を防ぐためです。, コンクリート面が、雨が直接かからない場所や雨水が流れてこないような場所にある場合は、直接コンクリートの上に束柱をおいても大丈夫です。コンクリート面と束柱の間にゴムパッキンを挟む方もおられます。, ウッドデッキを作る場所の地面が土の場合は、基礎石の下に砂利などを敷いて施工していきます。方法は次の項をご覧下さい。, 基礎石を設置する上でポイントとなる点は、1.基礎石は上面が水平になるように設置する。2.上面の高さを出来るだけ合わせる。3.前後左右の並びを真っ直ぐに並べる。となります。, まずは「1.基礎石は上面が水平になるように設置する」ですが、束石の上面が水平でなっていないと、束柱を垂直に立てることができません。水平器などを使って基礎石の上面が水平になっているか何度もチェックしてください。, 次に「2.上面の高さを出来るだけ合わせる」ですが、ウッドデッキの水平は最終的に根太で取っていきますので、ここではできるだけ同じ高さでそろえるだけでよく、多少の誤差は気にしなくてよいと思います。, 最後に「3.前後左右の並びを真っ直ぐに並べる」ですが、これは非常に大変な作業ですがとても重要なポイントです。基礎石が水平・垂直に正確に並んでいないと、ウッドデッキの形も正確な長方形になりませんので、きっちりと正確に並べてください。, モルタル(生コン)は基礎石の下に入れる為に使用します。セメントと砂利やバラスなどの砕石を容器に入れ、セメント→砂→砕石の順で水を少量ずつ加えながら、スコップで混ぜていきます。セメント:1/砂:3/砕石:3の比率で混ぜ合わせます。ホームセンターなどで、水を加えるだけで固まるインスタントコンクリート(インスタントモルタル)も販売されていますので、それを利用した方が手間も掛からず簡単にモルタル(生コン)を作ることができます。, 1.基礎石を置く場所の地面を。、スコップで15〜20cm程掘ります。2.穴の底が柔らかい場合は突き固め、そこに砕石を100mmほど入れます。3.砕石を入れたら、一度突き固め、その上にモルタル(生コン)を入れます。4.モルタル(生コン)がある程度固まり始めたら、上から基礎石を置きます。水平器で上面の水平を確認しながら、ゴムハンマーなどで基礎石を叩きながら、高さを微調整して揃えていきます。基礎石が他の基礎石より低い場合は、もういちど基礎石を持ち上げて、モルタル(生コン)を入れて高さを揃えます。, まずは、建物側の一番端の部分の基礎石を設置します。この基礎石が、他の基礎石の基準点になります。建物の出入り口の床面と、ウッドデッキの床面の高さを合わせたいときは、実際に使用する長さに切り出した束柱を1本用意して、この基礎石の上に建てましょう。床板の厚みを考慮しながら、ウッドデッキの面が、建物の出入り口の高さになるように、基礎石の高さ調整をします。, 次に最初に設置した基礎石を基準に、四隅の基礎石を設置していきます。最初に設置した基礎石と、これから設置する基礎石の上に、長くて真っ直ぐな木材を渡して、水平を測りながら基礎石を設置していきます。, 完全に水平にする必要はありませんが、四隅のコーナーは必ず直角になっていないといけません。基礎石を設置するときにはこの直角を作る作業が一番難しいのですが、直角になっていないとウッドデッキが正確な長方形になりませんので正確に直角を出してください。直角の測り方は、三平方の定理を使って計算してもよいですし、計算が面倒くさい方は、コンパネなどの角を目安に合わせる方法もあります。, 四角の基礎石を設置したときと同じ要領で、残りの束石を設置していきます。全ての束石の高さは完璧に合わせる必要はなく多少誤差があってもかまいませんが、前後左右の並びは真っ直ぐになるように設置してください。最後に、基礎石の上面が水平になっていることも確認しておいて下さい。, コンクリート製でブロック状のものならば基礎石として使用することができます。インターネットなどで購入することもできますが、重い分送料も高くなるので、近くのホームセンターで購入したほうが無難です。下記は、基礎石として使用できる資材の一例です。参考にしてください。, 「ウッドデッキの作り方 DIYの製作」では、製作、施工方法から、費用、木材、塗料の事まで、日曜大工でのウッドデッキ情報満載です。, セランガンバツ材 – 重厚感ある雰囲気。優れたコストパフォーマンスのウッドデッキ材。, このサイトはリンクフリーです。リンクの際には、ご連絡いただかなくて結構です。基本的にどのページにリンクして頂いても構いません。, Copyright ©2012|石窯(ピザ窯)・石窯キットの種類と作り方|DIYの製作|http://ishigama.diy-style.com, 人工木材 – 人工的に作られた木材で環境への負荷が軽く安全性の高いウッドデッキ材。, コストを重視するならば重量ブロックを基礎石として使用します。穴の部分にモルタルを入れることで強度がアップします。, 地面が柔らかい場合などは、広い面で重量を分散させる為に、コンクリート平板を使用します。束柱は固定できません。, 羽子板付束石は羽子板と言われる金具にコーススレッドを打ち込むことで、束石と束柱を固定することができます。, 地面の湿気が多い場合は、束柱を少しでも地面から遠ざけるために、大きめのサイズの羽子板付束石を使います。, コンクリート製の四角いブロックでホームセンターなどで良く売られているため、多くの方が基礎石として使われています。. 2018 All Rights Reserved.

ミナペルホネン チケット 割引 7, ブラタモリ 浜松 動画 25, Karen 意味 スラング 10, ギリシャ語 アルファベット 16 番目 5, 虹プロ あかり Twitter 29, 東日本 大震災 台湾 義援金 一 人当たり 5, アンダーテール Au 作り方 4, 熊本高校 進学実績 医学部 5, Nerdy ジャージ 安い 15, 楽天 5のつく日 勝ったら倍 9, 賀来賢人 ムロツヨシ 佐藤二朗 ドラマ佐藤 二 朗 ムロツヨシ % 7, 乃木坂46 小説 体調不良 25, カルテット オープニング 曲 4, Grand Blue Raw 61 10, 菜々緒 スタイル 比較 11, ウルトラマントレギア 正体 ネタバレ 44, 鈴木杏樹 現在 仕事 4, Unified Remote 使い方 6, 香水 レビュー 歌 6, アビシニアン ブリーダー 有名 26, ジャズ 名曲 ピアノ 8, ゴールドフィンガー 歌詞 和訳 8, Anone 診断 退会 30, 秀吉 側室 信長 7, ポケモンxy 図鑑完成 報酬 6, バスケ シュート 肘 角度 54, Raspberry Pi カメラ ストリーミング 13, ニベア Cm 歌 歴代 5, 渡辺直美 Cm 本数 5, 安達大 5 つ子 17, Fm愛知 ジングル 誰 21, マイクラ 見張り台 設計図 8, 岸優太 自宅 場所 40,