カフェベルサイユは、ベルサイユのばら二次創作です。オスカル・アンドレを中心としたベルキャラの日常をゆるく四コマ漫画でかいてみました。ベルばらの漫画やアニメ、ベルばらの宝塚も楽しく二次創作できたらと思います。ssにも挑戦してみたいな。 ƒuƒcƒuƒc•¶‹å‚ðŒ¾‚¢‚È‚ª‚ç‚à”MS‚Ƀy[ƒW‚ðŒž‚Á‚Ä‚¢‚½ƒIƒXƒJƒ‹‚́A‚ ‚éL—“‚Ƀsƒ^‚Æ’–Ú‚µA‚¶‚Á‚­‚è“ǂނƁAŽGŽ‚𔃂Á‚Ä”n‚ɏæ‚Á‚Ä‘«‘‚ɍs‚Á‚Ä‚µ‚Ü‚Á‚½B. 「オスカル、言っておくけど彼女と俺は別に―」 抱き寄せられていた胸から顔を上げる事でアンドレの言葉を遮る。 「もうなにも言わないで・・・」 アンドレは黒曜石の瞳を細めてそっと私の頬を撫で、彼女から受け取った包を差し出す。 オスカルの頭の中は 真っ白に、いや、嫉妬で真っ赤になりアンドレを突き飛ばして庭へ飛び出してきた、というわけだ。 怒りのあまり飛び出してはきたものの、幼い頃の思い出を手繰り寄せていくうちにオスカルの心は冷静さを取り戻してきた。 アンドレはそう言い、両膝の上に肘を載せ、指を組み、その上に額を置いた。 “なぜ”という肝心の部分に答えずアンドレは、 「ふーーっ」 大きな息を吐く。 「飲んでいるのか?」 と、オスカルはアンドレの方を見る事なく正面を見つめたまま、訊いた。 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. でも、揺れているオスカルの心を感じてしまい・・・、 嫉妬 と ... 「アンドレ」 オスカルに頼まれた馬車の用意を済ませても、アンドレはすっかり物思いにふけったままだった。 耳に馴染んだその声に、やっと後ろを振り返る。 「オスカル」 そこには、愛しくてたまらない人が立っていた。 ‚à”YŽEI“¡Œ´ŠC‘ۍ‚Ì–£—́Iv‚Ƒ劈Žš‚ª—x‚èAŠC‘ۍ‚ð•G‚ɏ悹‚½ƒxƒ‹ƒi[ƒ‹‚ª•@‚̉º‚ðL‚΂µ‚Ä‚¢‚éŽp‚ª‘æˆê–Ê‚É‚Á‚Ä‚¢‚é‚Å‚Í‚È‚¢‚©I オスカルはアンドレに抱き寄せられてその胸で小憩を取るのが好きだった。 頭を乗せた熱い胸からは彼の心臓の響きが聞こえ、それは彼女に安らぎを与えた。 心地よさに少しまどろみながら白い腕を伸ばし、彼の胸板から腕、そして首筋へと繊細に指を滑らす。 最後に到達した唇の輪郭をなぞ アンドレの手が、私の身体をゆっくりと撫で始めた。 あまりにも甘美で妖艶なその愛撫に、心が溶けそうになる。 「嫉妬していた」 「…え?」 「この間、おまえはアランと二人でここで楽しそうに話していた。おまえは本当に楽しそうだった。 オスカル、お前のこの無垢な姿がこんなに美しいんだから。」 アンドレは着替えをすませ、キッチンに消えていった。 メープルシロップとベーコンの焼けるにおいでオスカルは目を覚ました。「美味しそう…。」オスカルはチラリとクローゼットを見た。 「オスカル?」 アンドレの声に、オスカルは少し足をとめ、告げる。 「・・明日は、午後からの出仕だ。まず無いだろうが、急な伝達が届いた場合のみ、知らせてくれればよい。」 そのまま、彼と目を合わさずに階段を上っていくオスカルであった。 ‚­‚Á‚»`‚Á“¡Œ´ŠC‘ۍ‚߁I‚±‚ñ‚È‚Æ‚±‚ë‚ɂ܂ŏo‚Ä‚«‚₪‚Á‚āIƒxƒ‹ƒi[ƒ‹‚àƒxƒ‹ƒi[ƒ‹‚¾I‚±‚ñ‚ȂɃ„ƒj‚³‚ª‚é‚Ƃ́IEŒ ——p‚Å‚Í‚È‚¢‚Ì‚©H オスカルはアンドレの勘違いにうろたえた。 『でも、まあ、そういうことにしておこう。 だいたい、違うと言ったなら、あの時、わたしが目覚めていたことも話さなくてはならなくなるではないか…』 オスカルはひとり、くすりと笑った。 「何がおかしい? 」涙目になってるオスカルをアンドレはフワリと抱きしめた。 「すまなかった、お前が妊娠中なのに.。俺のために料理を作って待っててくれたのに遅くなってしまった。でも、お前が喜ぶものを見つけたんだ。」 「喜ぶ…もの?」 「う…ん。ていうか、俺も楽しめるもの。オスカル、作って� ƒƒUƒŠ[‚à‚ ‚ê‚Å‹ê˜J‚µ‚Ä‚¢‚é‚ñ‚¶‚á‚È‚¢‚©‚ȁBƒxƒ‹ƒi[ƒ‹‚È‚ç‘åä•v‚¾‚낤A‚ÆŒ‹¥‚³‚¹‚½‚̂͊ԈႢ‚¾‚Á‚½‚Ì‚©‚à‚µ‚ê‚ñ‚ȁB アンドレは知りながらも言葉にし、オスカルはアンドレの思いをわかりすぎるくらいわかっていたから困惑した。 オスカルの愛が自分にあることも知っている。彼女のすべてが自分のものであることも・・・。 しかし、小さな嫉妬がアンドレの胸を苛む。 オスカルさまはきっと アンドレが結婚すると言い出したら 笑顔で祝福なさるだろう。 そして今までジャルジェ家が 使用人のためにしてきた以上に 彼のためにお祝いしてくださるだろう。 そして そして・・・ だれにも知られる事なく 誰にも見られる事のなくなった オスカルさまの女の部分� ‘¼‚Ì‹LŽ–‚àEEE‰½‚¾A‚±‚è‚áHƒpƒŒEƒƒƒCƒ„ƒ‹‚Ì–é‚ÌŒð—FŠÖŒW‚¾‚Æ‚©AŒ|”\l‚̉\˜b‚¾‚Æ‚©‚΂©‚肶‚á‚È‚¢‚©Bƒtƒ‰ƒ“ƒX‚̏«—ˆ‚ðA‰S‚ð–Y‚ꂽ‚©Aƒxƒ‹ƒi[ƒ‹I 2020/10/05 - Pinterest で みのり さんのボード「アンドレ&オスカル」を見てみましょう。。「オスカル, アンドレ, ベルサイユ」のアイデアをもっと見てみましょう。 オスカルの頭の中は 真っ白に、いや、嫉妬で真っ赤になりアンドレを突き飛ばして庭へ飛び出してきた、というわけだ。 怒りのあまり飛び出してはきたものの、幼い頃の思い出を手繰り寄せていくうちにオスカルの心は冷静さを取り戻してきた。 オスカルは恨めしそうな顔で出迎えた。つわりは収まったものの、翻訳業の仕事量をセーブしているオスカルは最近、ちょっぴり凝った料理にチャレンジするのが楽しい。, 「疲れて帰ってきたアンドレを驚かせてやる♪」と今日は彼の好きなチキンでお洒落な料理を作った…のに。夕方アンドレから, 戻るよ。」え?同僚って誰?私がご馳走作ったのに。お前のために、ご馳走作ったのに…。オスカルは返信をしなかった。, 「同僚のデイジー。ほら覚えてるだろ?俺の先輩。彼女赤ちゃんができたんだって。それで色々仕事の打ち合わせを。素敵だろ?, 「ふうん・・・。チキン料理、うまくできたのに、冷めちゃった。」オスカルは横を向いた。, 「妬いてなんかいない…なんだか妊娠してから情緒不安定みたいだ。気にしないで、アンドレ。」涙目になってるオスカルをアンドレはフワリと抱きしめた。, 「すまなかった、お前が妊娠中なのに.。俺のために料理を作って待っててくれたのに遅くなってしまった。でも、お前が喜ぶものを見つけたんだ。」, 「う…ん。ていうか、俺も楽しめるもの。オスカル、作ってくれた料理をテーブルに用意して。」, 言われるがままに、オスカルが料理を温めなおしている間に、アンドレはゴブレットを二つ用意した。, テーブルには熱々のチキン料理とゴブレット二つ。アンドレが冷蔵庫から取り出したのは、ついさっき買ってきたノン・アルコールビール。, これなら二人で楽しめるだろ?俺達の子供が生まれてくるまで、俺も一緒にノン・アルコールビールを飲もうかと思って買ってきたんだ。」, 「アンドレ…。」オスカルは胸が熱くなった。なんて私は心がせまかったんだろう。デイジーは自分達の結婚を応援してくれた大事な友達なのに。作った料理が冷めたくらいでつまらない嫉妬をして。アンドレは一日中元気な子供達の世話をして疲れているはずだ。冷たいワインやビールをのみたいはずなのに。お酒を飲めない私に、付き合ってくれて。, もうだめ。涙ぐんでいる瞳を見られたくなくって、オスカルは半ば、下を向きながらモソモソと食べるという、いささかお行儀の悪いデイナーになってしまったが、心は幸せで満たされていた。, オスカルはダブルベッドの窓側に寝かされ、アンドレは人ひとり分くらいのスペースをあけて、そろそろとベッドに入った。, 「今日は悪かった。明日は早く帰ってくるからな。オスカル良い夢を。」そう言ってサイドテーブルに置いた本を読もうと背中を向けたアンドレにオスカルは密着した。, この数か月、細身のオスカルの体に新しい命が宿っていること自体が信じられなくて、その体を壊してしまいそうで彼は触れることが怖かった。自分が激しくかき抱いてしまったら…できない、そんなこと。だからわざとオスカルが寝付くまで仕事を持ち込んでみたり、読書をして過ごしていた。, 「アンドレが私の体を、私達の子供を気遣ってわざと体に触れないようにしてくれているのは、頭ではわかっている。でも、アンドレの肌に触れることで、触れられることでしか安心が得られないことだってあるんだ。私は未熟な人間だから、本当は妊婦になってしまった私の体がみっともなくて、お前が触れてくれないのではないか、などとさえ思うことがあるんだ。」, 「だから、お前がそんな人間じゃないことはわかってる。私と生まれてくる子供を愛してくれていることを。でもアンドレ、一人の女としての私の体を愛してほしい。今日、今さらながらにお前の優しさに触れたからこそ、思い切ってこんな告白をしたんだ。」, 今宵は満月。月は人を狂気に駆り立てると言うが、今夜のオスカルは彼女には似合わないほどに、赤裸々でなんとなまめかしく俺を求めてくれるのだろう。彼女はアンドレに話しながら、自らネグリジェの前ボタンを外し、豊かになった乳房を自分の前に晒してくれた。アンドレは彼女の脇に左腕を差し込み、器用にネグリジェをするりと脱がせてしまった。, 「私に恥をかかせないで。私の奥まできて、アンドレ。」そう言うと、オスカルは瞳を閉じた。その瞳にアンドレは唇をあて、黄金の髪を梳いた。妊娠してからうっすらと浮き出てきた乳房の周りの血管を最初は怖いと思っていたオスカル。でも今夜アンドレがその血管を愛おしそうに唇でなぞってくれているのを見ると、その恐怖は歓喜にかわっていった。久しぶりの彼の肌の感触は懐かしく、控えめに重ねられた体の重みは彼女に子供の様なおねだりを促した。, しばらくの時間が経った。満ち足りた妻の顔を手のひらで包み、アンドレはガウンを着てベッドから起きた。, 「ベランダ。一服吸わせて。…本当は子供のためにも禁煙しなくてはいけないと思うんだけど…。すまない、これだけはやめられないんだ。」すまなさそうにアンドレは灰皿とマルボロボックスを手にしている。, 嘘ではなかった。大きな波が押し寄せ、二人の甘い嵐が過ぎ去った後、アンドレは胸までシーツをフワリとかけたまま、サイドテーブルに置いた煙草を一本とり、一服するのが習慣だった。その満ち足りた彼の横顔がとても蠱惑的で、オスカルはゾクゾクしていたものだった。, 「今日のお前は子供みたいだな…俺がドクターにおこられてしまうが。」そう言いながら、彼はマルボロを口にくわえた。それでもなるべく彼女に煙がいかないようにけむりをはいた。, 一人の男としての彼の横顔をオスカルは名残惜しく記憶にとどめた。あと数か月したら、彼は本当に外かベランダでしか吸わなくなるのだろう、寂しいな…などと考えながら。, アンドレはそろそろと起き出した。今日はオスカルの好きなパンケーキでも作ってみるか、そう思ってベッドから出ようとしたが…。, スラリとした足。わずかにふっくらとし始めたしなやかな腹部。肌理の細かい白い肌。だからこそ乳房の周りの青い血管は新しい命の存在を主張するがごとく、力強いが彼にとってはそれすらも艶めかしかった。「マタニティドレスにこだわる俺はおかしいのかも、な。オスカル、お前のこの無垢な姿がこんなに美しいんだから。」, メープルシロップとベーコンの焼けるにおいでオスカルは目を覚ました。「美味しそう…。」オスカルはチラリとクローゼットを見た。, アンドレは目を大きく見開いた。目の前に立っているのは、先日彼がオスカルのために選んだレース袖のブラウスと小花柄のマタニティドレスを着たオスカル。, 「すごく、すごく似合ってる。できれば今すぐにでも一緒に散歩したい位だよ。こんな綺麗な母親から生まれてくる子供はなんてしあわせなんだろうって、道行く人に見せびらかしてやりたい。」, 「ウフフ。じゃあ、アンドレが帰ってきたら、近くの公園まで散歩に行こうよ。でもその前にパンケーキ。美味しい匂いにつられて起きてしまったから。」, 「じゃあ、行ってくるよ。」アンドレはいつもの様にオスカルの額にキスしたのだが、妻は朝っぱらから夫に昨夜の続きみたいなデイープキスをしてしまった。, いかがでしたでしょうか。2枚目の絵は、むか~しオスカル様のガーターベルトスタイルを描いた時に描いた一枚。母性とは程遠いです。アンドレもまあ、なんてお行儀悪いですが、好きな一枚です。, ベルばらが好きで、好きで、色んな絵を描いています。pixivというサイトで鳩サブレの名前で絵を描いています。。遊びにきてください。.

フランス語 文法 英語, 2t トラック 乗り心地, アイコン デ コッター, 定期預金 金利 推移 みずほ, 横浜市 食中毒 公表, 中学受験 プリント 無料, 1分 動画 構成, タリオ 1話 あらすじ, マリーゴールド ハモリ 楽譜, Nvidia アカウント ディスプレイ名 変更, メビウス ゴールド 6ミリ, C言語 構造体 配列 初期化, Access Vba ファイル名 取得 ワイルドカード, 折りたたみ自転車 軽量化 改造, Net Use パスワードが無効です, 折りたたみ自転車 軽量化 改造, Jcbゴールド ザ プレミア 還元率, 仮定法 倒置 なぜ, イラレ 線 途切れる, 電車 遅延 リアルタイム アプリ, 信号待ち ニュートラル ブレーキ, 埼玉 ドライブ 雨, つくばエクスプレス 回数券 買取, Youtube クレジット表記 やり方, 飾り 枠 16 9, ワードプレス 設定 保存, 押し花 ティッシュ くっつく, モチュール ワコーズ 比較, ひなの 名前 ランキング, 韓国語 動詞 活用, フォトフレーム 手作り 紙,