2:05. 『キイハンター』 (KEYHUNTER ) は、日本のテレビドラマ。1968年4月6日から1973年4月7日の毎週土曜日21:00 - 21:56に放送された[注釈 1]。全262話。制作はTBS・東映。, 国際犯罪者の天国・スパイの甘い猟場ともいわれる大都会東京に架空の国際警察特別室を設定して、室長の村岡だけが知っている6人の冒険者・キイハンターが平和をおびやかす組織・陰謀・悪と戦う活躍を描き[1]、どんでん返しを含むストーリーや絶妙のチームワークと、千葉真一のアクション・スタントで大ヒットした東映アクションドラマの代表作である[2]。最盛期には視聴率30%を越えていた[3][4]。, 警察の手には負えない事件を解決する“キイハンター”。諜報部員だったキャップの黒木、フランスの情報部に所属しジュネーヴで諜報員をしていた外国語に堪能な津川、スタントマン顔負けのドライブテクニックを持つ島、かつては敏腕の新聞記者で軽業師を超える身軽さを誇る風間らメンバーの活躍を描くハードボイルドアクション[2]。千葉真一と深作欣二がコンビを組んだ映画『風来坊探偵シリーズ』(1961年)、『ファンキーハットの快男児シリーズ』(同年)、『カミカゼ野郎 真昼の決斗』(1966年)が本作のベースになっている[4][5][6]。丹波哲郎の演ずる黒木鉄也のイメージは、映画『007は二度死ぬ』で丹波が演じたタイガー田中をモチーフとしている[注釈 2]。, 当時としては外国人の出演者も多く、国際色豊かで世界で起こる犯罪・政争をテーマにし、日本のテレビドラマでは他に類を見ない壮大なスケールを持っていた。本作の大ヒットにより1年予定の放映が5年に延ばされ[3][4]、原案を推理作家の都筑道夫「第1話」・河野典生「第2話」・海渡英祐「第3話」・生島治郎等が担当した当初はスパイ路線とハードボイルドの決定版を目指していたが[7]、モチーフも刑事ドラマ・コメディ・サスペンス・西部劇・チャンバラ・任侠物(サイコロGメンシリーズ)・冒険・ホラー・ミステリー・SF・無国籍などが加わり、これらを複合的に組み合わせた作品も放送されるなど、内容は多岐に渡ることとなった。レギュラー全員が揃うのは稀で、レギュラーの数名が登場してストーリーが展開していくのが『キイハンター』の特徴であり、「今週は誰が活躍するのか?」という興味も作品のポイントだったが、それだけ各キャラクターが魅力的だったわけで、劇中で彼らが見せる絶妙のチームワークは、当時の視聴者の憧れの対象となっていた[8]。, 『キイハンター』という言葉はこのドラマで作られた造語で、「Key 鍵 (道具)、鍵 (暗号)」とは解決の手がかりを意味し、それにおどりかかる「Hunter (狩人たち)」と言う意味でつけられた[9]。日本ではkey は「キー」と表記されるのが一般的だが、番組の固有タイトルは『キイハンター』であり「キーハンター」ではなく、映像上のタイトルは『KEYHUNTER 』と英字で表記されている[注釈 3]。オープニングナレーションは前期と後期で異なるスクリプトが用いられたが、締めの『KEYHUNTER 』の3×3の正方形が現れる部分での「彼らはこう呼ばれた―」の読み上げは不変[注釈 4]。一般的に、主題歌『非情のライセンス』の歌詞の一部でもある後期スクリプトの方がよく知られている。, スタート時はモノクロ放送であったが、カラー番組が広まっていく中で1970年4月の第105話よりカラー放送となった。海外ロケは1968年にアメリカ占領下の沖縄、1970年にはハワイで敢行し、2008年6月21日に発売されたDVDボックス解説書によるとバングラデシュでのロケも考案されていた。海外でも放送され、ブルース・リーやジャッキー・チェンにも影響を与えた( ⇒ #逸話を参照)。, プロデューサーの坪井久智は、深作欣二が第1話だけで2か月費やして撮っていたので困り果てていた[4]。千葉真一と深作はこれまでになかったドラマを作ろうといろいろなアイデアを出し合い、作品の方向性を決定づけていく[4]。第1話のゲストである南原宏治は、これを皮切りに最終回第262話を含め、計15回ゲスト出演した。, 海外でも放映され、千葉真一の演技やアクションにブルース・リーは深い興味を示し共演の申し入れをしてきたが[10]、ブルースの突然の死により実現しなかった。ジャッキー・チェンは千葉の大ファンで、スタントマンに頼らず、千葉自身が演ずるアクションに刺激を受けて惚れこんでいた[11]。千葉のような「アクションスター」になることが夢だったジャッキーが、スターと認められだした頃に東映京都撮影所へ千葉を表敬訪問している[11]。, 当時、竣工したばかりの霞が関ビルディングの37階にキイハンターの事務所があるという設定だが、実際の霞が関ビルの最上階は36階までである。オープニングのメンバー全員が横並びで立つシーンのバックも霞が関ビルのエントランスで、そのあとの敵を倒していくメンバーを一人ずつ紹介していくシーンは、新宿サブナードの地下駐車場が舞台となっている。(このカラー化以降のオープニングは、吹雪一郎と谷口ユミのアクション場面を差し替えた2バージョンが存在する。また、第105話までのモノクロ時代は、1クールから2クールの切り替わり、沖縄ロケ、吹雪一郎の加入等のタイミングで、こまめにオープニング映像は作り直され、全部で6つのバージョンが存在する[注釈 9]) ŒÂ«–L‚ȃƒ“ƒo[‚ƁA‰‰‚¶‚éƒLƒƒƒXƒgA 「キイハンター」253話「女体に捧げる犯罪」より by jimmyshizuka. 6:39. テーマ音楽は、主題歌「非情のライセンス」のインストゥルメンタルである事は一貫して変わらないが、第1話~第13話までと、第16話~最終回までの締めの『KEYHUNTER 』のタイトルバック部分の旋律は大きく異なっている[注釈 10]。また、第14話・第15話のみ、曲全体がスピーディーなエレキ主体のアレンジで、完全な別バージョンになっている。, 番組主題歌「非情のライセンス」は本編で使用されていた野際陽子のバージョンのほかに、千葉真一も「非情のライセンス」をレコーディングしている。キングレコードから1971年に発売された『アクション・スターNo.1 千葉真一の魅力』というアルバムに収録されており、歌唱者違いの「非情のライセンス」が存在する。野際の「非情のライセンス」は当初、丹波哲郎とのデュエットの予定だったが、丹波と野際のキーが合わず、結局、野際のソロになった[12]。B面も野際のソロで「おしゃれなスパイ」。千葉真一と野際陽子は、この作品の共演が縁で結婚した。野際が歌う主題歌はエンディングでほぼ毎回流されていたが、117話「東京-ホノルル豚をかついで珍道中」や234話「頑張れ!小さなカウボーイ 死の谷の決斗」など、異なるエンディングが存在する。, 当初、1年予定の放映が大ヒットにより、5年に延ばされた[3][4]。しかし千葉真一はイメージの固定を懸念して、降板を丹波哲郎に申し入れた[3][4]。丹波と東映は続けたかったが[3]、丹波は「千葉が居ないのでは『キイハンター』は成り立たない。だったら一度番組を終わらせよう」と理解を示した[3][4]。その後、丹波は『アイフル大作戦』、『バーディ大作戦』、『Gメン'75』と出演し、土曜21:00の顔となる。千葉は「丹波さんの決断にとても感謝している」と述懐している[3]。, 放映開始から5年近く経ても20%台の視聴率をキープする人気番組だったが[13]、1時間ドラマの制作費が1話800万円台の時代に[14]、本ドラマは1話1000万円台に到達していた[13]。制作資金を調達するTBSテレビにも赤字が累積しており、制作会社の東映は物価高騰などを理由に1000万円台の予算を要求するが、900万円台が限度だったTBSは東映の要求額を拒否[13]。1972年に東映東京撮影所で勃発した労働争議の影響で[13][注釈 11]、1話の完成に10日以上を超過してTBSへの納品が遅れるトラブルも重なり、1973年4月7日放映の第262話で終了が決定した[13]。, 千葉真一主演エピソードの第135話「吸血昆虫島 上空異常あり」は番組の導入部とエンディング以外、1968年のSF特撮映画『昆虫大戦争』(松竹)の脚本がそのまま採用されている。脚本家は両作品ともに高久進、音楽は菊地俊輔。昆虫島で飼育している毒虫で全人類の抹殺を企む真理アンヌ扮する役どころはキャシー・ホランが演じていて、胸を開き、ナチスの虐殺の刻印を見せつける場面や、その周辺の各登場人物の台詞は、ほどんど同じである。, 『キイハンター』のエピソードは後の『Gメン'75』でも「純金の死体」や「大空の身代金」などいくつかリメイクされている。大がかりなアクションものでは、1972年1月1日放映の第196話「1972紅の翼大空を行く」が、『Gメン'75』では1978年9月に「大空のギャング〜大空からの脱出」 ('78スカイアクションシリーズ) としてリメイクされ、新島を舞台に前後編にわたって放映された。『キイハンター』、『Gメン'75』とも撮影用に1機、劇中で2機の軽飛行機を使用し、スリリングな作品に仕上げていた。, キイハンターのレギュラーの中では、出演回数は最多で、262話中237話に登場している。, 第104話までのモノクロ放送時代は、英字表記の上に、カタカナの「キイハンター」の番組ロゴがフェイドイン、フェイドアウトしていた。, この初期設定は、吹雪一郎、壇俊介、小田切慎二ら警察機構側のレギュラーメンバーが増えるにつれて、うやむやになっていく。, 各種番組資料では「大家の娘」と紹介される事が多いが、正しくは「管理人の娘」である。(第1話「裏切りのブルース」より), モノクロ時代の第61話から第104話までのオープニングの映像は不変だが、何かの手違いか、第67話「生きていた男」だけは、旧バージョンの「この部屋のグループは五人…」で始まるナレーションが用いられている。2017年東映チャンネル再放送より。, Vapより発売されたサウンドトラックCD「キイハンター MUSIC FILE VOL.2」のライナーノートの解説では、テーマ曲のオープニングタイトル部分の差し替えは、吹雪一郎が登場する第60話からとなっているが、2017年の東映チャンネルでの再放送を検証すると、第16話から使用されている。2クール目を迎え、第14話からテーマ曲のアレンジを一新しようとしたが、番組にはなじまない等の理由で、第16話以降は、放送開始から使用したバージョンに戻され、その際、タイトル部分のインサート曲だけは第14話・第15話で使用した新録音テイクに差し替えられたと考えられる。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=キイハンター&oldid=80128946. キイハンター創設者。黒木のかつての同僚。キイハンターを知る国際警察特別室室長。 隠密裏で、キイハンターに指令を出している。初期(モノクロ)には、啓子と共に、現場で捜査にも参加する。 性格・特技: 常に、冷静沈着。 活躍編 代表 No. 56,61 Key Hunter by ismel espinal. すれすれ愚連隊」 第196話 「1972紅の翼 大空を行く」 第210話 「いんちきキイハンター探偵局」 第225話 「大空のギャング 現金強奪作戦」 第262話 「また逢う日までキイハンター」(最終回) ( 1968年4月~1973年4月 tbs系にて放送 ) 解説書(20p) 予告編 『キイハンター』 (keyhunter) は、日本のテレビドラマ。1968年 4月6日から1973年 4月7日の毎週土曜日21:00 - 21:56に放送された 。 全262話。制作はtbs・東映。. ‚éB ±×‚Ȏ肪‚©‚è‚àŒˆ‚µ‚ÄŒ©“¦‚³‚¸A‘厖Œ‰ðŒˆ‚Ö‚Æ“±‚­ƒvƒƒtƒFƒbƒVƒ‡ƒiƒ‹W’cA ”Þ‚ç‚ð— ‚©‚ç˜e‚©‚çŽx‚¦A‚»‚ÌŠˆ–ô‚ð“Í‚¯‚Ä‚­‚ê‚éƒXƒ^ƒbƒt‚É’–Ú‚µ‚Ä‚Ý‚½B. 放送日: 話数: タイトル: ロケ地: 特記: 謎の国: 70.4.4: 105: 世界殺人集団 南国の決斗: 宮崎 <カラー化記念特番> 70.4.11 佐藤純弥 【第19,29,34,43,51,70,104,123,129,158, TBS(制作局):土曜 21:00 - 21:56 → 土曜 21:00 - 21:55, 季刊『テレビジョンドラマ』1986年8月号「特集:キイハンターからスーパーポリスまで」. ‚»‚ꂪƒLƒCƒnƒ“ƒ^[ ‚j‚d‚x‚g‚t‚m‚s‚d‚q ‚È‚Ì‚Å‚ ‚éB, ƒLƒCƒnƒ“ƒ^[ ‚j‚d‚x‚g‚t‚m‚s‚d‚q‚Ì–£—Í‚ðŽx‚¦‚éA キ イ ハ ン タ ー 1968/4/6-1973/4/7 毎週土曜、21:00~21:56 放送 製作 tbs,東映 キイハンターとは ƒLƒCi‚j‚d‚xj‚́AŒ®AŽ–Œ‚̎肪‚©‚è,ƒnƒ“ƒ^[i‚g‚t‚m‚s‚d‚qj‚́A‚»‚ê‚É–ô‚è‚©‚©‚éŽël‚Ì‚±‚Æ‚Å‚ ‚éB

未来予想図ii 歌詞 意味, 平田 敦子 バセドウ 病, 月食 日食 英語, 藍井エイル Memoria 歌詞, クトゥルフ 機械 神話生物, ロエベ アウトレット 三田 ブログ, ドンキホーテ お米 安い, キャンピングカー アルファ ブログ, ギルティギア Rev2 キャラ, 叡山電鉄 時刻表 宝ヶ池, 神戸 市バス 41系統 時刻表, メール が残っている 英語, 高校駅伝 大阪 2020, どうして できる の 英語, 菅田将暉 ピアノ 演奏, Premiere 書き出し 映像が出ない, 君の名は 諏訪湖 高ボッチ, 単語帳 アプリ 英語, アミューズ パチンコ 社長, 冴えない彼女の育てかた Fine 感想 まとめ, ビューカード Visa Iphone, 観葉植物 秋 水やり,