【画像ギャラリー】初代デリカスターワゴンの登場から41年!! 運転はしやすいが、後部座席に乗車すると車酔いする。 サードシート使うと乗車できる人数も増えて便利な分もあるが、サードシートを収納するのが重たくて力がいるので大変です。 デリカd:5 2.4 g プレミアム 4wdの中古車に関する情報が満載。デリカd:5 2.4 g プレミアム 4wdの中古車検索や中古車販売などの中古車情報なら「カーセンサーnet」!リクルートが運営する中古車情報のサイトです。デリカd:5 2.4 g プレミアム 4wdの中古車が様々な条件で検索可能。 ロジャムが放つ新型RAV4 50系用最新エアロ|ROJAM【Vol... クルマアソビの可能性を無限に広げてくれる軽量で錆びないルーフラック「A-X(エー... 3ナンバーで5人乗り。日常使いもできるハイエースベースのキャンピングカー「リトリ... 伝説のブランド「ロディオドライブ」が1ピースホイールで復活|スーパースター【Vo... ビジネスに必要な機能をすべて詰め込んだハイエース「モバイルオフィスカー」はテレワ... 伝統のホイール「オルデン」を進化させた40周年記念モデル「オルデンCV」が誕生|... 扱いやすくて快適! ハイエース標準ボディがベースの8ナンバー登録キャンピングカー... 4×4オフロードの老舗「JAOS(ジャオス)」が放つJK&JL型ラングラー専用カ... 軽自動車からスーパーカーまで、大切な財産である愛車を車両盗難から守るためには|ミ... 8人乗りで3ナンバー普通免許で乗れるハイエースベースの「コミューターネクスト」は... ブレーキダストによるホイールの汚れや効き具合に不満のあるアウディオーナーには「K... 軽自動車からハイエース、SUVまで幅広くマッチングするカスタムホイール「DEAN... ミニバン感覚で普段使いもできるNV200バネットがベースの8ナンバー登録キャンピ... ハイゼット・カーゴとハイゼット・デッキバンをアゲ系カスタムで楽しむコンプリートカ... ホイールの汚れやブレーキ鳴きに悩むVW(フォルクスワーゲン)オーナーにオススメの... いつものスマホアプリをキレイな大画面で使えるディスプレイオーディオでドライブして... オシャレで使えるカスタム軽トラのコンプリートカー|J-TANTO サムライピック... 楽しさ無限大! 軽トラカスタムのハードカーゴで遊びまくる!|ハードカーゴ【Vol... スムーズな発進と加速、燃費向上が実現する「DTEシステム」のスロコン&サブコン|... “軽”なのに、大人3人で車中泊!? 装備充実の本格キャンパー「Spinach(スピナ)」, 【2020年最新版】軽自動車最新人気ランキングTOP30|人気の軽自動車を徹底比較, 軽バンキャンピングカー4選! 拡張で超広くなるN-VANや本格キャンパー仕様のエブリィなど, 光岡初のSUV「バディ(Buddy)」は超お洒落な80’sアメリカンSUVだった!, これだけVIP装備でも価格460万円! ホンダ新型オデッセイ、最上級グレードがおすすめの理由とは, マイカーでの旅行もGoToの対象に! 各高速道路会社がGoToトラベルキャンペーン開始, 【2020年版】ファミリーカー人気おすすめランキングTOP20|おしゃれSUVから外車まで一挙紹介!. そんな30代ファミリーの相棒としてオススメしたいのが、室内が広いだけじゃない、荷物が積めるだけじゃない、悪路だって雪道だってガンガン進めるSUVのようなミニバン、三菱 デリカD:5。, クリーンディーゼルエンジンはパワフルで燃費もいいので、何かと子どもにお金のかかる家計にも嬉しいのです。, デリカD:5のグレードは4つあって、ベースグレードの「M」391万3800円は8人乗りのみですが、あとはそれぞれに7人乗り/8人乗りが設定されています。, 7人乗りは2列目シートがアームレスト付きの独立タイプになって、ちょっと贅沢な空間。4人家族までなら7人乗りがいいですね。, ただ5人家族以上になると、7人乗りにして3列目シートの片側を常時使用するか、2列目シートに3人座れる8人乗りにするか、迷いますよね。でもオススメは8人乗り。, デリカD:5のシートは他のMクラスミニバンに比べて大きくシッカリとした造りなので、乗り心地はとてもいいのですが、跳ね上げ格納をする際にはそのぶん、重くて大変です。, 女性だとかなり辛い操作になるので、なるべく3列目シートは格納したまま荷物をたくさん積めるようにしておいた方が、使い勝手がいいのです。, さて、「M」391万3800円の一つ上のグレード「G」は401万5000円。7人乗りと8人乗りは同価格です。, 「M」だとオプションでも付けられないマルチアラウンドモニターや本革シートが、「G」では付けられるなどのほかに、決定的なのは電動スライドドアが「M」は助手席側のみという点。, これだけでも「M」と「G」の差額、10万1200円は埋めらるんじゃないかと思うほどです。, ただそんな「G」にも弱点があって、一つ上のグレード「G Power Package」423万5000円には標準装備されているシートヒーターや運転席パワーシート、電動テールゲートが「G」には装備されていないんですね。, 「G Power Package」なら安全装備でも、後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)や、後退時車両検知警報システムがオプションで追加できるようになっています。, ベースグレードに対して32万円の差ならどうでしょう、やっぱり電動テールゲートとか欲しいから「G Power Package」の勝ちですよね。, それじゃあ、最上級グレード「P」はどうなるのかというと、価格は13万6400円アップの437万1400円。, 見た目からして、高輝度シルバーのフォグランプベゼルがついたり、アウターハンドルやドアミラーがメッキになったりと、上質感がワンランクアップしています。, インテリアでは、リラックスルームイルミネーションにルーフビームガーニッシュ(天井照明)が付くので、よりムーディーな空間になりますね。, でもぶっちゃけ、「G Power Package」との大きな違いはそのくらいで、あとは安全装備がフルで標準装備になることでしょうか。, 見た目やインテリアの装備は明らかに「P」が盛り盛りですが、使い勝手や安全装備で見ると、オプションで6万500円のマルチアラウンドモニターと自動防眩ルームミラー(マルチアラウンドモニター付)、4万9500円の後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)と後退時車両検知警報システムを追加すれば、ほぼ同等。, どのみちナビは全車オプションなので、それを除けば「G Power Package」プラス11万円で「P」相当の使い勝手は手に入るということですね。, わずか2万6400円の差なので、それなら見た目も盛った「P」がいい、という人もいるでしょう。, でもその浮いた分を足して、純正アクセサリーのサイドカーテン、ジョイントクッション、ワンタッチサンシェードの3点がセットになった「コンフォートパッケージ」10万800円を手に入れれば、車内の着替えや車中泊も快適になって、子育ての毎日やアウトドアレジャーがもっと便利に楽しくなるのかなと思います。, MOTA毎週水曜日連載コーナー「ダディ×マミー」では、世のイケパパ・ママたちへ様々なカーライフネタをお届け!, 当企画では、様々な車種を設定した人物象へ向けて“イチオシの神グレード”という形でご紹介!, 車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 三菱デリカd:5の人気の理由 ライバルは追従を放棄 三菱デリカd:5は唯一のミニバンに軸足を置きながらsuvの要素も強く持つ。デリカd:5と同様なクルマは存在していない。そこでデリカd:5の販売が堅調な理由やデリカd:5の未来を考察してみた。 スト付ラック&ピニオン式, アナログテレビチューナー(△). 三菱 デリカD:5 2.4 C2 G 車カタログでお気に入りのグレードがきっと見つかる。三菱 デリカD:5 2.4 C2 Gに関するスペックやクチコミ情報をゲット!リクルートが運営する中古車の情報サイト「カーセン … 三菱 デリカD:5 2.4 G プレミアム 4WD 車カタログでお気に入りのグレードがきっと見つかる。三菱 デリカD:5 2.4 G プレミアム 4WDに関するスペックやクチコミ情報をゲット!リクルートが運営する中古車の情報サイト「カーセンサーnet」! ホンダ ザッツの叶わなかった挑戦【偉大な生産終了車】, ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型マツダCX-5含むマツダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MIRAIプロトタイプ、新型ローグ(日本名:エクストレイル)、新型マグナイトなど注目車種の情報から、「三菱自動車・加藤…, 数年乗っても売却額が高値安定!! 車には税金や車検代金、各種メンテナンス費用などさまざまな維持費が必要です。維持費の中でも特に大きなウェートを占めるガソリン代は社会情勢によって価格の上下もあり、家計への影響も大きいので燃費性能にはこだわって車を選びたいところです。, デリカD:5は2007年1月の販売以来、三菱を代表する存在であり続けるロングセラーモデルです。ミニバンでありながらも高い走破性を持ち、指名買いするファンも多い名車といえるでしょう。, 特に4WD車の走りには定評がありますが、デリカD:5の4WD車の走りを支えているのは連続可変バルブタイミング機構を搭載し、確かな動力性能と優れた環境性能を両立させた最高出力170psを発揮する2.4L直列4気筒DOHCエンジンです。, さらにアルミダイキャスト製シリンダーブロックや樹脂製シリンダーヘッドカバーの採用に加え、後方排気レイアウトなどを取り入れることによって従来のエンジンよりも軽量化を図り、燃費性能や運動性能に貢献しています。, 2WD車には最高出力150psを発揮する2.0L直列4気筒エンジンを採用。リフト可変と位相可変を機械的に連動させるシンプルな機構を採用した軽量・コンパクトなこのエンジンにアイドリングストップ機構である「オートストップ&ゴー」を組み合わせ、高い環境性能、燃費性能を有しているのが特徴です。, デリカD:5のJC08モードカタログ燃費は以下の通りです。グレードによる燃費の差はありません。, デリカD:5のようなミニバンとSUVの要素を併せ持つモデルはほかになく、ライバル車と明確に言える存在がない状態なのですが、ここではミニバンの代表としてホンダ「ステップワゴン」、SUVの代表としてスバル「フォレスター」を取り上げてみました。, どちらもモデルにもハイブリッド車の設定がありますが、デリカD:5にはハイブリッド車がラインナップされていないので、ここではガソリン車のみの比較とします。, ファミリーカーとして定番になったミニバンの中でも高い人気を誇るのがホンダ「ステップワゴン」。テールゲートの横開き式のサブドア「わくわくゲート」を備え、使い勝手の良さに定評のあるモデルです。, ステップワゴンの2WD車のJC08モードカタログ燃費はガソリン2WD車が15.4~15.8km/L、4WD車が15.0~15.4km/L。ステップワゴンの燃費の数値はデリカD:5を上回っていることがわかります。, フォレスターは、北米を中心としたグローバル市場での人気が高いSUVで、スバル車の中でも最も高い悪路走破性を持つのが特徴です。さらにドライバーの顔を認識して安全運転をサポートしたり、おもてなしを提供したりする最新鋭の運転支援システムを搭載していることでも注目を集めています。, フォレスターのJC08モードカタログ燃費はガソリン4WD車が14.6km/L。2WD車はありません。, フォレスターも、デリカD:5よりも優れた燃費性能を有していることがわかる結果となりました。, 現在、デリカD:5に乗っているオーナーの実燃費データを収集しているサイト「e 燃費」によると、デリカD:5の実燃費は2WD車が8.38km/L、4WD車が7.97km/Lです。, JC08モード燃費では、カタログ燃費よりも実燃費の数値が悪くなることがほとんどなので、カタログ燃費だけでなく実燃費をチェックしておくことが大切です。, そもそも、カタログ燃費とは平坦でまっすぐな道でライトやエアコンなどを使わずに一定の条件下で計測されているもので、指標に使われる数値といえます。しかし、日常生活ではさまざまな場所で走行することから、どの車でもカタログ燃費と実燃費との差が生まれるのです。, 路面の状態や運転の仕方によって実燃費は変わりますが、だいたい平均3割程度は実燃費が低くなるといわれているため、デリカD:5のカタログ燃費と実燃費の差は2WD車では若干平均値よりも大きいようですが、4WD車は平均値の範囲内といえるでしょう。, デリカD:5は、ミニバンに求められる居住性とSUVの悪路走破性を融合させたモデルで、その走りには定評があります。, かつてはダカールラリーで名をはせた三菱。三菱のAWDは世界的に高い評価を受けており、4輪それぞれのタイヤ能力をバランスよく、かつ最大限に発揮することでラフロードとオンロード、どちらにも高いレベルで通用する操作性や安定性を確保しています。, デリカD:5は専用開発された225/55R18の大径マッド&スノータイヤを採用しています。デリカD:5のポテンシャルを活かした走りを実現しながらも、安定した快適な乗り心地も確保しているので、ロングドライブもストレスなく楽しめるでしょう。, デリカD:5は2007年のデビュー後一度もフルモデルチェンジされていないこともあり、設計自体が古く燃費性能では人気のミニバンやSUVに後れを取っていますが、走破性はかなりのものがあります。, ミニバンの居住性と頼もしい走破性を兼ね備えたデリカD:5は、ライバル車不在といえる個性を持つモデルであり、燃費では劣るというデメリットがありながらもデリカD:5の持つ唯一無二の魅力にひかれる方は少なくないようです。, A:デリカD:5のJC08モードカタログ燃費は2WD車が13.0km/L、4WD車が10.6km/Lです。グレードによる燃費の差はありません。, A:デリカD:5はミニバンとSUVの融合という独特のコンセプトを持つモデルであり、同じジャンルのライバル車は存在しません。そこでミニバンのホンダ「ステップワゴン」、SUVのスバル「フォレスター」とデリカD:5の燃費を比較すると、デリカD:5はどちらのモデルにも燃費性能は後れを取っているのが現状です。, A:デリカD:5の実燃費は2WD車が8.38km/L、4WD車が7.97km/Lです。JC08モード燃費においては、カタログ燃費と実燃費との間に3割程度の差あるのが一般的とされているので、デリカD:5のカタログ燃費と実燃費の差は2WD車では若干平均よりも大きいですが、4WD車においては平均程度といえるでしょう。, A:デリカD:5はミニバンの居住性を確保しながらも本格SUV顔負けの悪路走破性を備えているのが特徴です。世界的に評価のある三菱のAWDは4輪それぞれのタイヤ能力をバランスよく、かつ最大限に発揮することで走行環境を問わず優れた操作性や安定性を発揮します。また、専用開発された225/55R18の大径マッド&スノータイヤを搭載し、安定した快適な乗り心地も確保しています。, マイカーリースのおトクにマイカー 定額カルモくんが制作する車選びとカーライフを応援するWebマガジン「カルモマガジン」。国産新車に関するレビューやグレード比較情報、知ってるとおトクなマル秘情報を中心に、クルマ選びのプロが執筆する情報を更新していきます。, 「三菱eKスペース」 後席の快適性と先進の運転支援装備で、激戦区・軽スーパーハイトワゴン市場に挑む, https://car-mo.jp/mag/wp-content/uploads/2020/10/15_-TVCM_1.mp4. デリカd:5のグレードは4つあって、ベースグレードの「m」391万3800円は8人乗りのみですが、あとはそれぞれに7人乗り/8人乗りが設定されています。 運転はしやすいが、後部座席に乗車すると車酔いする。 サードシート使うと乗車できる人数も増えて便利な分もあるが、サードシートを収納するのが重たくて力がいるので大変です。 総合評価 4.0 点 外観5.0|内観2.0|走行性能2.0|乗り心地2.0|価格4.0|燃費2.0. デリカD:5をオススメする5つの理由と買い方指南. 三菱のミニバン「デリカD:5」を公道で走らせた。想像以上に、好印象だったワケとは? 文・サトータケシ 写真・安井宏充(Weekend.), 最初に乗ったのは市販前のプロトタイプ。クローズドコースでびゅんびゅん飛ばし、オフロードコースで泥んこになった。このときは、強靱な足まわりと洗練されたパワートレーンを搭載した“飛ばせるミニバン”であることと、本格的な四駆システムを備えているのを確認した。, 2度目の試乗は真冬の北海道の特設雪上コース。スキーのモーグル競技のようなコブの連続や、路面μの低い急斜面の登坂で、ミニバン離れした悪路走破性能に舌を巻いた。, すると、自分のなかであまり認めたくない変化が起こった。「電気シェーバー」と揶揄されるフロントマスクがイヤでイヤで仕方なかったのに、嫌悪感が薄らいできたのだ。, 押し出しが強いのは間違いないけれど、オラオラ系の“ヤンキー顔”とはちょっと違って、頼りがいのある超合金ロボ、“マジンガーZ顔”だと思えてきた。, こうして迎えた3度目の試乗は一般道での使い勝手を試すもの。スタートして真っ先に感じたのは、2.2リッター直列4気筒ディーゼルターボの扱いやすさだ。, まず、アイドル回転付近からみっちりとしたトルクを発生するから、赤信号からのゼロ発進が実にスムーズ。市街地走行では、わずかにアクセルペダルを踏み増し、ほんの少しだけ戻す操作が連続するけれど、そうした微妙な操作が正確に反映される。, ついアクセル全開にしてしまうクローズドコースではわからなかったマナーの良さだ。アイシンAW製の8ATとのコンビネーションもしっかりと練られていて、変速がシームレスにおこなわれるのもディーゼルへの好印象につながる。, 外で聞くとガラガラとしたディーゼル特有のノイズが耳に入るのに運転席ではディーゼルであることがわからないくらいに静かだから、遮音、防音対策がしっかりとなされているのだろう。, クローズドコースではわからなかった点がもうひとつあって、それはタウンスピードでの乗り心地が良好だったことだ。, 人間の身体にたとえれば、障害物を乗り越えるときに膝が柔軟に伸び縮みしている印象で、路面からのショックを上手に逃がしている。膝を曲げて衝撃を和らげたあとは、膝の周囲の筋肉がビシッと引き締めて揺れを抑え、安定した姿勢を取り戻す。, そういえばオフロードコースでも雪上特設コースでも、大きな凸凹を乗り越えるときにサスペンションが大きく伸びて、タイヤが執拗に路面を捉え続けたことに感心したけれど、市街地でも懐の深さを感じさせる足まわりだった。, ワインディングロードもしっかりと走れるのは、クローズドコースで確認済み。くわえて、もうひとつわかったことがある。それは走行モードによるドライブフィールの違いだ。, デリカD:5には「2WD」「4WDオート」「4WDロック」の3つの走行モードが用意されている。ドライ路面を走るときは燃費が良くなるのを期待し「2WD」モードを選びがちだ。, けれども、ワインディングロードをちょっと元気に走るような場面では、「4WDオート」を選びたい。というのも、ステアリングホイールの手応えがしっかりとして、クルマの挙動もしっとりと落ち着いたものになるからだ。, デリカの4駆システムは、ハンドル操作、エンジントルク、旋回する動きなどから総合的に判断して、前後に適切なトルクを配分するもの。WRC(世界ラリー選手権)を席巻した「ランサー エボリューション」の四駆システムの流れを汲むものだから、ただ雪道や泥濘路で滑りにくいというだけでなく、曲がりくねった道を安定した姿勢で駆け抜けるのも得意なのだ。, そのほか、モデルチェンジ前には遅れをとっていた安全・運転支援機能が、同クラスの最新モデルと同等になっているのも確認できた。ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)の追従機能や、車線からはみ出した時に注意を促す機能は、ドライバーの疲労軽減や安全性向上に有用である。, というわけで、日常での使い勝手もよく、安全装備でも遅れを取り戻したデリカD:5は、ミニバンとSUVのクロスオーバーという唯一無二のポジションを獲得したように思える。「見ると乗るでは大違いDE賞」を進呈したい。, ※2014年3月31日以前更新記事内の掲載商品価格は、消費税5%時の税込価格、2014年4月1日更新記事内の掲載商品価格は、消費税抜きの本体価格となります.

スマブラ キャラ解放 できない, スクリーン キャス 時間, エクセル 行 移動 指定, 英語 名前 意味 女, Net Use パスワードが無効です, シャープ 洗濯機 故障 C5, スライドレール 吊り下げ 引き出し, ツイステ カプ缶3 値段, ワコム 液タブ 板タブ モード, 中学受験 プリント 無料, カステリ ビブショーツ インプレ, デバッグ 値 変更, ファミリー向け アパート 騒音, Aquos テレビ オートチャプター, キャンピングカー アルファ ブログ, 離乳食 中期 ミルク煮, Nec Webカメラ ドライバ, ロクシタン リップバーム ローズ, 結婚式 余興ムービー 曲 明るい, Macbook スペースグレイ シルバー 傷, 教科書 参考文献 書き方, Line 返信遅いけど続く 女, Blender 3dカーソル 表示, 婚活 服装 男性, Fire Tv Stick イーサネットアダプタ 必要か, 複合機 リース会社 ランキング, 固定資産税 納税通知書 受け取り拒否, ワイドパンツ コーデ 夏 ぽっちゃり, 検索ワード 削除 パソコン, ダイソー Bluetoothイヤホン 改造, 平井堅 鍵穴 解説, 2t トラック 乗り心地, クトゥルフ 機械 神話生物, 関東 パワースポット 一人旅,