トヨタは3月24日、スマートシティの基盤技術の開発を目指すコアなパートナーとしてnttと資本提携したことを発表した。トヨタはなぜいまnttとタッグを組む必要があったのか? itジャーナリストの会田肇氏が、その真意を紐解く。 トヨタ(TOYOTA)は2020年1月7日(火)、アメリカ・ラスベガスで開催されている世界最大規模のエレクトロニクス見本市「CES 2020」において、静岡県裾野市に「ウーブン・シティ(Woven City)」と呼ばれる実験都市を開発するプロジェクト「コネクティッド・シティ」を発表した。, 同プロジェクトの目的は、ロボット・AI・自動運転・MaaS・パーソナルモビリティ・スマートホームといった先端技術を人々のリアルな生活環境の中に導入・検証出来る実験都市を新たに作り上げること。NTTをはじめとするパートナー企業や研究者と連携しながら、技術やサービスの開発・実証のサイクルを素早く繰り返し、人々の暮らしを支えるあらゆるモノやサービスが情報で繋がることで生まれる、新たな価値やビジネスモデルを見出す。なお、NTTとのタッグにおいては、NTTの通信インフラにおける高い技術力を生かした、新たなサービスの開発も進めていく模様。, 建設場所は、2020年末に閉鎖を予定しているトヨタ自動車東日本株式会社 東富士工場(静岡県裾野市)の跡地。東京ドーム約15個分に値する175エーカー(約70.8万m2)の範囲で街づくりを進めていく。着工は2021年を予定しており、プロジェクト初期はトヨタの従業員や関係者をはじめとする2,000名程度の住民の入居を想定。将来的には、一般入居者の募集や、観光施設としての運営も期待されるところだ。, 都市設計を担当するのは、世界最高の若手建築家として知られる、デンマーク出身の建築家ビャルケ・インゲルス。CEOとして建築事務所「ビャルケ・インゲルス・グループ(BIG)」を率いる同氏は、これまでにニューヨークの新たな第2ワールドトレードセンターやグーグルの新本社屋、レゴ本社に建てられたレゴハウスなど、革新的でユニークなプロジェクトの数々を手がけている建築界の新星だ。, プロジェクトの核となる実験都市「ウーブン・シティ」は、日本語に直訳すると「編まれた街」の意。これは、街を通る道が網の目のように織り込まれたデザインに由来する。その道とは具体的に以下、3種類に分類される。1:スピードが速い車両専用の道として、「e-Palette」など、完全自動運転かつゼロエミッションのモビリティのみが走行する道2:歩行者とスピードが遅いパーソナルモビリティが共存するプロムナードのような道3:歩行者専用の公園内歩道のような道これらが、まるで血管のように、それぞれが街の交通や物流において重要な役割を担う。なお、人々の暮らしを支える燃料電池発電も含めて、この街のインフラはすべて地下に設置されるという。, 街の建物は主にカーボンニュートラルな木材で建設、屋根には太陽光発電パネルを設置するなど、環境との調和やサステイナビリティを前提とした街づくりが基本。住民は、室内用ロボットなどの新技術を検証するほか、センサーのデータを活用するAIで健康状態をチェックするなど、日々の暮らしの中に先端技術を取り入れる。また、街の中心や各ブロックには、住民同士のコミュニティ形成やその他様々な活動をサポートする公園や広場も整備される。, ■トヨタ社長 豊田章男コメント「ゼロから街を作り上げることは、たとえ今回のような小さな規模であったとしても、街のインフラの根幹となるデジタルオペレーティングシステムも含めた将来技術の開発に向けて、非常にユニークな機会となります。バーチャルとリアルの世界の両方でAIなどの将来技術を実証することで、街に住む人々、建物、車などモノとサービスが情報でつながることによるポテンシャルを最大化できると考えています。このプロジェクトでは、将来の暮らしをより良くしたいと考えている方、このユニークな機会を研究に活用したい方、もっといい暮らしとMobility for Allを私たちと一緒に追求していきたい方すべての参画を歓迎します」■ビャルケ・インゲルス コメント「様々なテクノロジーにより、私たちが住む街のあり方は大きく変わり始めています。コネクティッド、自動運転、シェアリングのモビリティサービスは、現代の新しい暮らしの可能性を拡げるでしょう。Woven Cityは、トヨタのエコシステムによって幅広いテクノロジーや業界と協業することができ、その他の街も後に続くような新しい都市のあり方を模索するユニークな機会だと考えています」, 御殿場プレミアム・アウトレットのグルメガイド、人気店集うフードホールやレストラン&カフェ, 東京都内のおすすめ展覧会特集 - 美術館・博物館で楽しめるアート作品&開催スケジュール, 匿名の美術家・バンクシーとは? ストリートアートなどの作品を紹介&展覧会の開催情報も, “都市と美術”を探る展覧会〈東京の美術館・博物館〉絵画・建築・アニメなど展示作品&開催情報, G-SHOCK&BABY-Gのペアウオッチ、“バラの花”を配した腕時計や愛の言葉を散りばめたデザイン, 心斎橋パルコに「2G OSAKA」誕生、アートトイ×ギャラリー×コンセプトショップ融合の新形態, シリコンバレー発「ベータ(b8ta)」日本初上陸、20年夏最新ガジェット体験型ストアが新宿&有楽町に, 「マヤ ホテル キョウト」ハッリ・コスキネン監修で京都に、フィンランド「カフェ・アアルト」日本初上陸, 「渋谷フクラス」新・東急プラザ渋谷含む複合施設が渋谷駅西口に開業、バスターミナルも設置, ミュージカル「ウエスト・サイド・ストーリー」豊洲の360°劇場・ステージアラウンド東京で来日公演, 「ラゾーナ川崎プラザ」が大規模リニューアル - 103店舗が新規・改装出店、親子向け広場も, ルイ・ヴィトンの書籍『シティ・ガイド』『ファッション・アイ』に新刊、世界各地を網羅する旅の友. new! 地下にはモノを運ぶ自動運転車専用の道路を なぜ2月の23日かというと、「223=ふじさん」と new! on: function (event, callback) { new! 富士山の語呂にあわせて }); NTTとトヨタはスマートシティの実現に向け、それぞれが2000億円を拠出する巨大提携に踏み切った。右がNTTの澤田 純社長、左がトヨタ自動車の豊田章男社長, トヨタは3月24日、スマートシティの基盤技術の開発を目指すコアなパートナーとしてNTTと資本提携したことを発表した。出資額は相互に2000億円規模。トヨタは自動運転などを街全体で活用するスマートシティとして「Woven City」を静岡県裾野市に建設する計画だが、今回の提携はその実現に向けた大きな一歩となる。, この日、最初に登壇したのはNTTの澤田純社長だ。澤田氏は冒頭、「トヨタ自動車、NTTの資本業務提携に非常に興奮している」と現在の心境を述べた後、「我々はスマートシティを広げていくべきで、モビリティの世界でナンバーワンのトヨタと一緒に住民や社会基盤の構成に貢献していきたい」と提携に向けた抱負を述べた。日本を代表する通信業界のトップと自動車業界のトップが共に一つの目標に向かって動き出す。澤田社長の言葉にはそんな想いが込められていたはずだ。, NTTとトヨタの提携は、静岡県裾野市で2021年より開発を進める「Woven City」の場で展開される, NTTの澤田社長は「モビリティの世界でナンバーワンのトヨタと一緒に住民や社会基盤の構成に貢献していく」と述べた, 続いてトヨタの豊田章男社長が登壇。そこでまず語られたのは、社会が2つの大きな流れの中にあるということだ。一つは「ソフトの進化がハードを上回り、"ソフトウェアファースト"の考え方が(社会に)広がってきている」ということ。これまでクルマはハードとソフトが常に一体開発されてきたが、その一方でスマートフォンは、ハードはそのままでもアップデートによって進化することができる。これをとうの昔に実現していた。, 豊田社長は「(今後はクルマも)フルモデルチェンジはハードを更新するタイミングで、その際に車を買い換えていただき、マイナーチェンジではソフト更新だけにする。それだけで新たな機能や価値を提供できるようになる」と述べた。「ソフトとデータがカギを握る、高度運転支援機能など先進技術」が欠かせなくなった今、クルマもついにその時代に入ったということを豊田社長はここで強調したのだ。, 吉田 匠の『スポーツ&クラシックカー研究所』Vol.01 ポルシェ911のご先祖様、「356」の話。, クルマと乗り物、毎日の暮らしに役立つニュースと情報を続々発信中。安全性や自動運転等の技術から旧車、グルメ、音楽、プレゼントなどまで、モビリティに詳しいJAFメディアワークスがお届けします。, メルマガ登録をしておけば、新着記事やプレゼントクイズなどの情報盛りだくさんでお届けします。耳寄りなキャンペーンもお知らせ中!登録はとても簡単です。, トヨタは3月24日、スマートシティの基盤技術の開発を目指すコアなパートナーとしてNTTと資本提携したことを発表した。トヨタはなぜいまNTTとタッグを組む必要があったのか? ITジャーナリストの会田肇氏が、その真意を紐解く。, 新型コロナウイルスで人気車種も変化。2020年上期・新車販売台数ランキング!【乗用車・小型車編】. この中で豊田社長は、 Copyright © Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved. トヨタが建設するのは、 © 2020-株式会社静岡朝日テレビ ALL rights reserved. 豊田章男社長は来年2月に着工する方針を明らかにしました。, ●豊田章男社長 } } トヨタ自動車が裾野市に計画するスマートシティについて })(); Ryo Hibiya。フィンランド在住。航空レーザ計測を活用した森林管理を専門に研究を行う傍ら、GISを活用した空間分析、森林・環境分野における日英翻訳、ライターなどの仕事を行う。自分にも地球にも負荷の少ない暮らしを追求している。個人ブログ:, IDEAS FOR GOODは、社会をもっとよくするアイデアを集めたウェブマガジンです。世界を大きく変える可能性を秘めた最先端のテクノロジーから、人々の心を動かす広告やデザインにいたるまで、世界中に散らばる素敵なアイデアをあなたに届けます。, 【11/19開催】自然の叡智に学ぶ。循環型ビジネスや組織デザインに活かせる「バイオミミクリ」思考とは?, 【全7回オンラインプログラム】エレン・マッカーサー財団から学ぶサーキュラーエコノミーの全体像, 【LIFULL調査 vol.2】「新しい暮らしへの兆し」レポート(男女別)(外部サイト), CES 2020: Toyota Woven City Will Weave Together AI, Hydrogen Power And The Future, エコな交通手段で報酬がもらえる「CitiCAP」フィンランドの環境先進都市によるモビリティ活用, 【SB2019Tokyoレポ#6】フィンランドに学ぶスマートモビリティ活用。社会課題解決策となりえるMaaSとは?, あえて半製品に。Tシャツのアップサイクルで手芸糸をつくるWAcKAのサーキュラーエコノミー, 堆肥化できるホテルアメニティ「Green Box」で、宿泊客もサーキュラエコノミーに貢献, 【イベントレポ】Food for good~飲食店からこれからの食のあり方を考えよう~, 世界一履きやすい靴で、まちを綺麗に。Allbirdsとgreenbirdのみんなが幸せになるコラボ. (画像提供:Toyota), IDEAS FOR GOODメルマガに無料登録して、人気記事まとめやイベント情報をGETしよう!. 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。 2, 世界では5Gの次の世代「6G」に向けた議論も活発化しています。5Gから6Gに向けて通信はどのように変化し、社会やビジネスにどのようなインパクトをもたらすのでしょうか。国内外からキーパーソンが集まり、Beyond 5G/6Gの未来を描きます。, 「Beyond 5G/6G International Summit」の詳細はこちら, 2020年11月24日(火) 14:00~17:25 2020年11月25日(水)14:00-17:25. forms : { 360人が住む予定で、 米グーグルの野望が1つ潰えた。スマートシティー開発を手掛ける兄弟会社のサイドウォークラボはカナダ時間2020年5月7日、カナダの都市開発から撤退すると発表した。「監視社会のディストピア」とまで酷評された計画は、市民の懸念を払拭できなかった。 callback: callback (function() { 米グーグル(Google)の野望が1つ潰えた。スマートシティー開発を手掛ける兄弟会社のサイドウォークラボ(Sidewalk Lab)はカナダ時間2020年5月7日、同国の都市開発から撤退すると発表した。「監視社会のディストピア」とまで酷評された計画は、市民の懸念を払拭できなかった。プライバシー問題が、グーグルの成長に足かせとなっている。, サイドウォークラボは、グーグルの親会社であるアルファベット(Alphabet)の傘下企業の1つ。2015年に設立し、2017年からカナダ・トロント市の港湾地区で、データや通信、自動運転車などを活用して都市を便利にする「スマートシティー」の計画を進めてきた(図1)。, サイドウォークラボ最高経営責任者(CEO)のDan Doctoroff氏は計画を断念した理由として、「前例のない経済的な不確実性によって、プロジェクトを財政的に成り立たせるのが難しくなった」と説明し、コロナショックの影響に言及した。, ただ説明通りには受け取りにくい。かねてプライバシーへの懸念が強く、計画通りにプロジェクトが進んでいなかったからだ。当初の計画をどんどん縮小していた。, コロナショックによる資金繰りへの懸念がとどめを刺した形のようだが、親会社のアルファベットには多額の手元資金がある。スマートシティー事業に将来性を見込めれば、財政面で支える余力は十分にあったはずだ。現状の延長のままでは事業の成功は無理と見切りをつけたのが実態だろう。, サイドウォークラボの失敗は、世界各地で進むスマートシティー開発の最重要課題がプライバシーであることを印象づけた。ブラックベリー(BlackBerry)の創業者であるJim Balsillie氏は2018年に、サイドウォークラボの取り組みに対して「監視資本主義の植民地化実験」と手厳しかった。その懸念を乗り越えられるかどうかが開発の成否を左右する。, この記事は有料会員限定です。次ページでログインまたはお申し込みください。 様々なサービスの実証実験をするために listeners: [], 米グーグルの親会社、米アルファベット傘下のサイドウォークラボが、カナダ・トロント沿岸部に構築予定だったスマートシティの事業を2020年5月7日に中止した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的な大流行)が理由との発表だが、実際にはどうだったのか。スマートシティだけでなく、その前提となるDX(デジタルトランスフォーメーション)にも詳しいエヌプラス代表取締役の中村祐介氏が、失敗の本質を読み解く。, サイドウォークラボ(以下、SL社)のCEO(最高経営責任者)であるDaniell Doctoroff氏は、ブログで次のように述べている。, 前例のない経済不確実性が世界とトロントの不動産市場に広まるにつれ、ウオーターフロント・トロント(Waterfront Toronto:以下、WT)と共に進めてきた、12エーカーの計画のコアな部分を犠牲にすることなく、財政的にそれを実現することは困難となりました。そのため多くの審議の結果、私たちはこれ以上キーサイド(Quayside)計画を進めることはできないと判断し、WTに伝えました。*1, しかし、SL社は新型コロナウイルス感染症のパンデミックが起きる前から、この計画に問題を抱えていた(参考記事「スマートシティの3類型から見る日本の勝ち筋」)。当初WTが12エーカーのエリアへの提案を求めたのに対し、SL社は約800エーカーものエリアに対する計画書(MIDP)を発表。その野心的過ぎる内容も進展を遅らせていた要因の1つといえるが、主な問題はデータプライバシーについての説明責任を果たしきれておらず、市民側との壁があったことにあるのではないか。, つまり、SL社の親会社であるアルファベットも含め、この都市でデータがどのように収集され、保護されていくのか。そしてそのデータを誰が所有するのかについての批判だ。街にはセンサーが設置され、住民の行動はすべて記録に残されるというスマートシティを、収集したデータを収益化してきた企業(=グーグル)が実施することに、多くの市民が不信感を抱いた。, このコンテンツはセミナー・プラス会員限定です。お申し込みをされますと続きをご覧いただけます。, 日経クロストレンドのコメント機能やフォロー機能はリゾームによって提供されています。, スマートシティ事業の中止を発表したカナダ・トロントにあるサイドウォークラボの本社(写真/Shutterstock), 2020年以降に実現して、主流となるマーケティングの最新トレンドを、各分野の専門家が見通す。.

Weリーグ 参加 予定 8, 野津 英志 Twitter 4, 紗理奈 息子 学校 6, ミニ クーパーd 3ドア 4, 夢は夜ひらく 歌詞 三上寛 10, 地球 環境 Cm かぐや姫 誰 15, Hey Say Jump 予防接種 小説 43, 柏レイソル 選手 インスタ 5, 朝日 伊藤 アナ 4, 嵐 日本よいとこ摩訶不思議 Mステ Jr 15, 死去 死亡 違い 12, 佐伯 泰英 双葉社 25, フリー 音源 ニュース番組 9, ダメな私に恋してください 再放送 Cbc 6, 初恋 無料 ホームシアター 5, パワハラ 就業規則 記載例 16, Gジェネ ジェネシス 面白い 17, オープンハウス 建売 品質 5, ヤクルト 村上 怪我 4, 華 丸 大吉 相方 大好き 5, 他人の子供 褒め言葉 英語 10, 地獄変 伝えたい こと 25, キミと僕の最後の戦場 あるいは世界が始まる聖戦 Raw 5, 今田耕司 ペッパー いつから 4,