これまでのSR5、LIMITED、PLATINUMの3グレードに加え、新たにTRD SPORTというグレードが加わり、専用装備としてフロントグリルフレームとフォグランプ周りのクロームメッキを除いては全てブラックで、20インチブラックホイール、TRDスポーツサスペンション&ビルシュタインショック、スウェイバー、ブラックインテリアなど、TRDの名を冠するに相応しい装備となっております。, 日本でもプリウスなどに装備され話題のTSS-P(トヨタセーフティーセンス P)がセコイアにも標準装着となり、自動ブレーキやフルスピードレーダークルーズコントロールなど、安全性能が大きくアップしました。 また、2017年11月から搭載された2.8Lディーゼルエンジンは6速ATとの組み合わせで従来型より1~1.6km/Lの燃費が向上。これで「平成27年度燃費基準+15%」を達成し、「平成21年基準排出ガス10%低減レベル」の認定も取得。「エコカー減税」の免税措置対象になりました。, VSC&TRC・EBD付ABS+ブレーキアシスト / ・バニティミラー付ファブリックサンバイザー(運転席・助手席) 4WDはスリップしやすい不整地などを走るときに実力を発揮しますが、ハイエースでは乾いた舗装路面でも活躍してくれます。一般的にワンボックス車は車高が高く、乗車状態や積載状態によって重量バランスの変化が大きくなりがち。ハイエースのフルタイム4WDシステムは、滑りやすい路面にあるタイヤの駆動力を他のタイヤに伝達。スリップを防止し、姿勢の変化も小さく抑えてくれます。, 2種類のセンサーによる先進安全装備 一方のディーゼル車は、積載量が多い状態でも頼もしい走りを見せてくれます。キャブオーバーなので前席の下から音や振動が伝わってきてしまいますが、それを補うパワフルな走りがディーゼルの魅力でしょう。また、 排気ガス規制を受けて繰り返し改良され、新しいモデルほど排気ガスはクリーンです。 5代目(200系)のグレードや内装などまとめ/特選車 <<新型 トヨタ スープラが欲しいけど予算オーバーなアナタ! 新車時の半額になった「日産 フェアレディZ NISMO」はいかが? 荷室はとても長く、2列目シートを畳むと荷室長が3mまで拡大。これは2列目シートの畳み方が工夫されているおかげ。人も荷物も、たくさん乗せるワンボックス車としての設計がしっかりなされている証拠でしょう。 とはいうものの、マジェスタのエクステリアは、クラウンをベースに風格を与えている。大きなフロントグリル、張りを感じさせるボディの面、キリッとした表情を作り出しているヘッドランプなどなど……。シャープな印象のレクサスLSに対して、量感を感じさせる雰囲気がマジェスタの魅力となる。が、リアスタイルがちょっと地味すぎやしませんか? なんていうか、ちょっとアッサリしすぎなんだよな。 トヨタ セコイア、最新型2018年モデルをアメ車のプロが徹底解説!注目装備やおすすめグレードから詳細スペックまで、豊富な写真と動画を交えて分かり易くご紹介。また、最新の在庫状況や価格帯もご確認いただけます。 ALL RIGHTS RESERVED. 価格は、中心的グレードとなるCタイプで695万円、最上級のGタイプでは740万円、Gタイプ・Fパッケージが790万円となる。先代マジェスタはCタイプが614万2500円なので、それなりに値段は上がっているが、エンジンの変更やインテリアの上質さなどを考えれば、充分納得の価格である。. ・車速感応パワードアロック(運転席・助手席ドアキー連動、衝撃感知ドアロック解除システム付) エクステリアのデザインはなし、リアコンビランプ... トヨタは「カローラ」「カローラツーリング」の一部改良を行い2020年10月1日に発売。 ・オプティトロンメーター(タコメーター・マルチインフォメーションディスプレイ付) ・ウオッシャー連動間欠式フロントワイパー(時間調整式) ラインナップではスーパーGLにワイドボディ仕様が、DXに“GLパッケージ”が追加設定されました(ちなみにワゴンでは新グレードのGLが追加)。 ・リアクオータートリムポケット 現行モデルでは、ガソリンエンジンは2Lの「1TR-FE」が最大出力100ps/最大トルク182N・m、2.7Lの「2TR-FE」が最大出力160ps/最大トルク243N・m。ディーゼルエンジンは2.7Lの「1GD-FTV」が最大出力151ps/最大トルク300N・mとなっています。 トリムやコンソール類の装備や素材で差別化され、より乗用車に近い仕様となっています。エクステリアでは、ホイールもDXグレードと共通性のあるスチールホイール+フルホイールキャップ(ハイグレードタイム)が標準装備。現行モデルではフロントグリルやドアミラー、ドアハンドルがメッキ加飾されていて、高級感を演出しています。 徹底ガイド, 5代目となるトヨタ ハイエースバンは2004年デビューのロングセラーモデル。ボディやサイズ、エンジン、登録区分(乗用車/商用車)の別などで種類が多いワンボックスカーの中でも、トップクラスの人気を誇ります。仕事から趣味まで様々なニーズに応え、幅広いユーザーに愛されています。 価格にこだわらず装備を重視するのであれば、トヨタセーフティセンスが全車に標準装備された4.5型を選びたいところ。同時期に2.8Lのディーゼルエンジンが搭載されてパワーユニットもリフレッシュされているのもうれしいポイントです。 どちらが良いとは一概に言えませんが、車両価格を抑えることや走りの静粛性を求めるならガソリンエンジンを、力強さと経済性を考えるならディーゼルエンジンを選ぶのがオススメです。 ・リアヒーター(暖房) 特別仕様車として「スーパーGL “ダーク プライム II”」と誕生50周年記念の特別仕様車「スーパーGL“50TH アニバーサリーリミテッド”」が設定されました。, ハイエースバンには、ボディの長さや幅などサイズの違いがあっても、グレードは上級のスーパーGLとベーシックなDXで構成されてきました。この2つのグレードの間には装備の違いによって新車価格でおおむね50万~100万円の価格差があります。スーパーGLはボディサイズや乗車定員のバリエーションを絞った豪華仕様、DXは逆に豊富なバリエーションとシンプルな装備で実用性重視という位置づけです。ほとんどのグレードで2WDと4WDが設定されています。 ・リアクーラー(冷房) 上級グレード。乗車定員は5名のみで、前席が左右セパレートの2名がけ、2列目シートが折りたたみ可能な3名がけになっています。 ハイエースバン 2014年12月 一部改良。ガソリン車ATは6速仕様に 最上級グレードのスーパーGLをベースとした特別仕様車「スーパーGL “プライム セレクション”」が登場。シートとドアトリムに専用トリコット(エンボス加工付)が採用され、ステアリングホイールとシフトノブには本革巻き&サイバーカーボン調加飾が施されています。 とはいえ、ルートバンでは後席のサイドウインドウが付いてないので、「簡素な装備も、安くハイエースバンを手に入れたい」という人は、サイドウインドウが備わったDXグレードを選んだ方が良いでしょう。上位モデルに比べると快適装備などは盛り込まれていませんが、その分趣味の車としてアレンジしやすいのが魅力でしょう。 DXをベースに内外装で差別化した中間グレードです。2019年7月5日現在では、DXとの新車価格差は約10万円。違いは外装品にあり、リアコンビネーションランプがクリアレンズ仕様になっていたり、グリルやバックドアの取っ手がメッキになっていたりとします。 LEDヘッドランプ トヨタは3列6人乗り 4列8人乗りのワゴン車、新型「グランエース」を日本にて2019年11月25日に正式発表12月16日に発売する。各ディーラーでの注文開始は2019年11月1日からである。 価格:620万円〜650万円 新型「グランエ... トヨタは新型ハイエースのフルモデルチェンジを行い2019年12月に発売する。今回はセミボンネットを採用した商用車の世界戦略車モデルへと姿を変える。2019年10月23日~11月4日に開催予定の第46回東京モーターショー2019で量産モデルを... トヨタは新型コンパクトSUVをヨーロッパ市場に導入する計画を2020年1月14日(現地時間)に発表した。2020年3月5日〜2020年3月15日(現地時間)に行われるジュ... トヨタは「クラウン」のマイナーチェンジを行い2020年11月2日に発売する。 Copyright © 2013-2020 最新自動車情報2020 All Rights Reserved. ・シートスライド(運転席・助手席) 他にもスーパーGLには専用装備が多く、2017年11月の改良後は以下のような内容となっています。 新型 クラウン マイナーチェンジについて スクエアだけど柔らかみのあるボディのおかげで、ワンボックス車として実用的ながら、街にもアウトドアにも馴染むデザインになっています。 中古車トップ > 理由としては、生産年月が長いのに加えて、キャンピングカーなどのカスタム車を含めてバリエーションが豊富なこと。また、人気モデルであるため、低年式車、さらには走行距離の多い車でも価値がなくならないのが広い価格帯の一因にもなっています。古くて走行距離の長い中古車でさえ、そのような状況ですから、コンディションの良いものではあまり値落ちしない傾向にあります。 2012年11月 特別仕様車を追加 DX エンジンは当初、2Lと2.7Lのガソリンエンジンに2.5Lのディーゼルエンジンという構成。後にディーゼルエンジンは動力性能アップのため3Lに拡大され、さらに新たな排気ガス規制を受けて最もクリーンかつハイパワーを発揮する2.8L仕様へと進化しました。 ・トヨタセーフティセンス(2018年4月以前はトヨタセーフティセンスP) ・ガラスアンテナ, エクステリア そんなハイエースバンの主なグレードは上から「スーパーGL」「DX“GLパッケージ”」「DX」があります(2019年7月5日現在)。スーパーGLは2/5人乗り、DXとDX“GLパッケージ”は2/5人乗り、3/6人乗り、3/6/9人乗りがあります。DXには荷室重視の3人乗りも存在します。 安全装備も見逃せないポイント。2017年に受けた一部改良によって、衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンスP」が標準装備されました。なお、2018年4月からは「トヨタセーフティセンス」に名称が変更されています。 ・リアメッキエンブレム(車名+グレードロゴ) !)。, 3つ用意されたグレードで最も安いスタンダードが170万9000バーツ(589万6050円)、中間グレードのプレミアムが189万9000バーツ(655万1550円)、最上級グレードのグランデが219万9000バーツ(758万6550円)となっている(1バーツ=3.45円で換算)。, エクステリアデザインは、大きなフロントグリルにシャープなヘッドライトを組み合わせた高級感と威厳を併せ持っている。, そう、これはすでに台湾、オーストラリアでグランビアの車名で発売されている高級ワゴンと基本的に同じクルマなのだ。つまり、高級ワゴンはタイ専用モデルではなく、台湾、オーストラリアに次いで3国目で、後述するが日本での販売の現実味も高まる。, ボディサイズは全長5265×全幅1950×全高1990mm、ホイールベースは3210mmとアルファード/ヴェルファイアよりも大きい。, パワーユニットは、総排気量2755cc、163ps/420Nmをマークする直4DOHCディーゼルターボを搭載(エンジン型式は1GD-FTV)。タイ政府が推奨している20%のバイオディーゼル燃料を混合した燃料のB20に対応している点は台湾、オーストラリア仕様と違う。, このエンジンに組み合わされるトランスミッションはシーケンシャルシフト付き6ATとなる。, シャシーでは前後サスペンションは現行ハイエースのものを使うのではなくフロント/ストラット、リア/4リンクが新開発されている。タイヤサイズは235/60R17だ。, インテリアも本革シートなど豪華仕様で、アルファード/ヴェルファイアもビックリの質感を誇る。シートは、4列3-2-2-4の構成で、乗車定員は11名のみの設定。2列目シートにはマッサージ機能付きキャプテンシートを採用している。, 安全装備の充実が目覚ましく、トップグレードのグランデにはダイナミックレーダークルーズコントロール、車線逸脱警報、ブラインドスポットモニター、ビークルスウェイウォーニング、オートハイビームなどが標準装備されている。, マジェスティの発表の席でTMTのウティコン副社長は、マジェスティは日本から輸入販売するとコメント。つまり、マジェスティは日本で製造しているというのだ。, 高級ワゴンのグランビア、マジェスティが海外専用モデルで、海外で生産しているのであれば日本に輸入してまで販売するのは効率が悪いが、日本で製造しているとなれば販売への最大の障壁が取り払われることになる。, しかもグランビアが左ハンドルだったのに対し、タイは日本と同じ左側通行だからマジェスティは右ハンドルで日本に導入するのに好都合ときている。, 日本ではハイエースが異常なまでに人気が高い。現在販売されているハイエースはH200系はエースとしては5代目となる。その現行ハイエースは2004年デビューだから15年が経過していて次期ハイエースの注目度は激高だ。, ハイエースはバンとワゴンの両方をラインナップしているが、販売のほとんどはバンでワゴンは少数派となっている。, さらにワゴンは2-2-2-4の4列シート10人乗りの見の設定となっていて、人気の高いハイエースバンとはまったく別物だ。ある意味ハイエースであってハイエースではない存在と言ってもいい。, 今回発表されたグランビア、マジェスティがとのまま次期ハイエースになるのではなく、次期ハイエースはバン専用となり、ワゴンはバンとは差別化され独立してグランビア、マジェスティと同じボディとなると考えると違和感はない。もともとハイエースワゴンの販売台数は少ないので、売れなくても大きなダメージはない。, 次期ハイエースバンは現行同様に全幅1695mmの5ナンバーサイズのまま登場する可能性が高い。仮に衝突安全性を考慮して拡幅されたとしても全幅が1750mmを超えることはないだろう。, それに対しワゴンは現行は全幅1880mmだがグランビア、マジェスティと同じ1950mmにすることで快適性が増しそれが魅力アップにもつながる。, アルファードよりも大きなボディながら採用回転半径はアルファードの5.6mに対しマジェスティは5.5mなので日本での取り回し面でも問題ない。, 乗車定員はマジェスティは11人だがこれはタイの法規に合わせたもの。日本では普通免許で運転できる最大乗車定員は10名なので、それに合わせて現行のハイエースワゴンと同様にフロントシートを2名乗車にすれば簡単に対処できる。, トヨタの販社から、高級ワゴンが登場することは間違いないという情報を入手している。確定情報ではなく予想段階だが、この独立した豪華仕様のハイエースワゴンを日本ではグランドハイエースとして販売する、というのはもの凄く自然な流れにある。, グランドハイエースを含め、次期ハイエースについては続報が入り次第レポートしくので乞うご期待!, ベストカースクープはこう生まれる BNR32は最初は「GT-X」だった! また、フェンダーまわりやウエストラインにプレスラインをくっきり刻むことで、ボディをスポーティに見せています。さらに、グリルや各部ハンドルをハイライトにし、ドアウインドウとそれに続くサイドウインドウの上下幅に変化を与えるなど、カジュアルさも演出されています。 200系2型といわれるモデルです。ディーゼルエンジン車に、可変ノズル式ターボチャージャーを装備した3L直噴ディーゼルターボエンジンを搭載。PM(粒子状物質)を浄化するDPR触媒が新たに採用されました。 200系4型。フロントバンパーやグリル、ヘッドランプ、リアコンビネーションランプなどが変更され、さらに力強いルックスに。ヘッドランプは全車ともLED仕様(ロービーム)になりました。ボディカラーはスーパーGLにボルドーマイカメタリックが新採用された他、DX(ロングボディ)にブラックマイカが追加設定されています。 荷室は広大で、荷室長3000~3540mm×荷室幅1520~1730mm、荷室高1320~1635mmです。スーパーロング、ワイドボディ、ハイルーフ仕様が各サイズの上限を引き上げていますが、加減となる標準仕様でも十分以上に活躍してくれるでしょう。, ホワイト、シルバーマイカメタリック、グレーメタリック、ブラックマイカ、ボルドーマイカメタリック、ダークブルーマイカメタリック, ニーズに合わせて改善されたエンジン ボディカラーにはソリッドなホワイト、シルバー、ブルー、イエロー系がラインナップ。シルバーやブルー系にはメタリック仕様が設定されているモデルもあります。, DX・DX“GLパッケージ” / 各グレードの新車価格は、現時点でスーパーGLが約297万~386万円(北海道地区メーカー希望小売価格を除く)。DX“GLパッケージ”は約247万~348万円。ほぼ事業者向けとなるDXでは約229万~332万円となっています。遊びも仕事もこなすトランスポーターとして磨き抜かれている分、プレミアム志向のアルファード/ヴェルファイアなどよりリーズナブルです。 アクアの実車確認は状態よりも必要な装備の有無を中心に!>>, 【試乗】新型トヨタ ヤリスクロス|走破性も静粛性も乗り心地も良し! 価格以上のクオリティを実現したモデルだ, TEAM SHACHI 咲良菜緒が念願の運転免許をGET! ミニクラブマンやトヨタ ライズに乗ってどこ行きたい?, 【試乗】新型トヨタ RAV4 PHV|306psは伊達じゃない! 販売が絶好調なのにも納得の性能を楽しめる, 【独自調査】あなたの憧れは入っている? 50~60代に聞いた「いつかは乗りたい車ランキング」, 65歳以上なら最大4万円の補助金あり! 総額150万円以下で買えるサポカー補助金対象のハイブリッドモデル, ハイエースバン 2.7 スーパーGL ダークプライムII ワイド ミドルルーフ ロングボディ 4WD 新車コンプリート, ハイエースバン 3.0 DX ロング ディーゼルターボ 4WD ワンオーナー 寒冷地仕様, ハイエースバン 2.8 スーパーGL ダークプライムII ロングボディ ディーゼルターボ パーキングサポート, 【2019年版】人気の輸入車SUV10選|イケパパ&オシャレ男子に送るお得に買える中古車はコレだ!, ノート e-POWERを買ってから1年半。約2万km乗ったリアルオーナーが今買おうとしている人に伝えたいこと, 【2020年版】子育て世代にオススメ。100万円&150万円以下でお得に狙えるスライド付き軽自動車10選, リモコンキーでドアが開かない! 電池切れかも? そんなときの「電池交換」「ドア開錠」「エンジン始動」方法, 自宅に充電設備なしで電気自動車 リーフを購入→半年乗ったから正直な感想をシェアする, 1万円で買ったフォルクスワーゲン ゴルフ2 はたして8年間でいくらかかったか?【永久保存版レポート】, 【功労車のボヤき】全然納得できないし信じられないけど……安いの……泣! プジョー 406クーペ. セルシオがレクサスに移行してから、今回が初めてのモデルチェンジ。つまり、初代から4代目まではクラウンの上級モデルではあったが、「セルシオの次」という位置づけだったマジェスタだが、今回の5代目ではトヨタのトップモデルとして開発されたという、大きな意味合いの違いがある。レクサス車とは違う、トヨタ車の頂点を極める……、という意味で、5代目マジェスタは大いなる誇りと実力を持ってデビューした。, 搭載されるエンジンはレクサスLSにも搭載されるV8、4.6L。先代からは300ccの排気量アップだがスペックは大幅アップの347ps、46.9kgm(レクサスLSよりやや抑えられている)で余裕の走りに貢献する。ATはこれもLSと同じ8ATとなる。, ■王者の風格にやや問題アリなのでは!?

三代目 人気曲 バラード, 河口湖 レストラン 子連れ, Vba Saveas 上書きしない, 5000m 練習 ペース走, キャベツ しらす ポン酢, ハイエース 200 フューエル フィルター, 住民税 減免 横浜市, ワンピース 94巻 無料, Active Directory パスワードポリシー, プロスピa スピリッツ 能力 優先, Iphone アラーム 好きな曲 無料, 国語 語彙力 小学生, 薄力粉 で パン を 焼く と どう なり ます か, 2wd 雪道 走り方, 二つ折り財布 メンズ バーバリー, Chrome 拡張機能 削除, キャラバン 10人乗り カスタム, アイコン デ コッター, 楽天市場 返金 遅い, Windows10 1903 Sdカード 認識 しない, 糖尿病 病態 看護, 日本史 実況中継 何周, 幼稚園 預かり保育 料金, 看護師 夜勤 小学生,