ソナタ 第9番 Hob.XVI:4 ニ長調/Sonate für Klavier Nr.9 D-Dur Hob.XVI:4 - ハイドン - 第3・4楽章にあたる部分は消失したと考えられている。(第1楽章)ニ長調 ソナタ形式 4分の4拍子主要主題は7小節からなり、分散和音形と充填リズムを駆使した動機と下降音階による動機によって特徴づけられている。 ソナタ 第1番 Hob.XVI:8 ト長調/Sonate für Klavier Nr.1 G-Dur Hob.XVI:8 - ハイドン - 最初期のソナタ。作曲年代を確定する資料は残されていないが、音楽教師として生計をたてていた1750年代の作品と推測される。簡易な構成と和声、親しみやすい明快な楽想から、生徒用に作曲されたと考えられるためである。 8: ピアノソナタ第8番(第1番) ト長調 9 I:9 は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンが1762年に作曲した交響曲。 自筆楽譜は現存しないが、19世紀には自筆譜が残っており、そこに1762年と記されていたという 。. 交響曲第9番ハ長調 Hob. :ソナタ 第59番 Hob.XVI:49 op.66 変ホ長調, Haydn, Franz Joseph:Sonate für Klavier Nr.59 Es-Dur Hob.XVI:49 op.66, 1789-1790年にかけて作曲され、ピアニストのマリアンネ・フォン・ゲンツィンガーに捧げられた。全3楽章から成る。, 第1楽章の変ホ長調はアレグロの4分の3拍子。このソナタ楽章は、ハイドンのピアノ・ソナタの中では比較的規模の大きいものとなっており、再現部(第132小節~)に入る前には、カデンツァの性格を備えた楽句が1小節挿入されている。冒頭の主題は左右の手による会話を思わせる。そして、第2主題(第28小節~)に入る前の経過的な部分(第13小節~)は、主題の1つとして数え挙げられるくらい確立されたものとなっており、実際に、展開部(第65小節~)では、まずこの要素が展開されている。また、その後、第1主題の要素も見られる(第25小節~)。この楽章の最後は、右手の駆け上がる音階により、その上声は第3音で終結する。, 第2楽章のアダージョ・エ・カンタービレは4分の3拍子で、第1楽章の属調にあたる変ロ長調で書かれている。3部形式によるが、全124小節とハイドンの緩徐楽章の中では比較的規模の大きいものとなっている。中間部(第57小節~)では、まず、左手に主導的ラインが見られる。そして、第3部(第81小節~)では、第1部の冒頭の主題が細かい装飾的な音価にリズム変奏される。, 第3楽章のフィナーレはテンポ・ディ・メヌエットの4分の3拍子で、第1楽章と同じ変ホ長調による。ロンド形式で書かれており、気品に溢れる第2楽章から一転して、楽章全体に溌剌とした性格が行き渡っている。, このように、このピアノ・ソナタは、ハイドンのピアノ・ソナタの中では全体として比較的規模の大きいものとなっている。, 総演奏時間:10分30秒  ハイドンのピアノソナタの試し弾きを少し始めてみたが、最初の(番号の若い)方の曲はあまり面白くない。初心者向けの練習曲のような感じもする。, なので、有名な曲を探すことにしたが、時間がかかりそうなので「先人の知恵」をお借りすることにした。つまり、ネット検索で役に立ちそうな情報を探す…という…(^^;)。, 聴き比べにはさらに時間がかかりそうなので、今回は「名盤」や「全集」の CD を並べるだけにしておく。とてもいいサイト(ブログ)も見つかったので ♪, ところが、この方の「収集」というのは相当なボリュームのようで、ハイドンのピアノソナタが含まれる記事がゾロゾロ出てくる。なので、記事を読んで気になったものを選んで並べてみた。それでもかなり多い。, Hob. 46, A-flat major, Ivo Pogorelich, Joseph Haydn, Piano Sonata No. 19, D-major, Ivo Pogorelich, Fazil Say - Haydn: Piano Sonatas (Full Album), Kindle Unlimited 使ってみた…楽譜もある ♪ 今なら2ヶ月 99円, ピアノ四方山話:Master Recital、Vigo、Opus Klassik、Kurtág, BTHVN op.81b: 六重奏曲=2*Horn+String Quartetto, BTHVN op.79: ピアノソナタ No.25「カッコウ」はポール・ルイス ♪, BTHVN op.78: ピアノソナタ No.24「テレーゼ」はファジル・サイ ♪, ショパンコンクール入賞者によるMaster Recitalアーカイヴ音源で聴ける ♪, BTHVN op.72/138: オペラ「フィデリオ」/レオノーレ序曲…ちょっと面白かった ♪. ピアノソナタ第5番(第8番) イ長調: 作曲年不明: 真偽が問われる作品だが、1803年にハイドン自身が自作と認めている。 6: ピアノソナタ第6番(第13番) ト長調: 7: ピアノソナタ第7番(第2番) ハ長調: 1750頃? 課題曲チャレンジ2020:E級, Copyright 1996-2019 PianoTeachers' National Association of Japan. ピアノレパートリーガイド 93人の作曲家、622タイトル・2202にも及ぶ楽章および小作品から縦横無尽に検索できます。 交響曲第9番ハ長調 Hob.I:9 は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンが1762年に作曲した交響曲。自筆楽譜は現存しないが、19世紀には自筆譜が残っており、そこに1762年と記されていたという[1][2]。, エステルハージ家の副楽長時代(1761年-1765年)の交響曲ではしばしば協奏曲的に独奏楽器を活躍させることがある。本曲でも第2楽章のフルートや、メヌエットのトリオのオーボエ独奏と管楽五重奏など、音色の工夫が見られる。, 全3楽章で構成され、メヌエットで終わる。ハイドン初期の交響曲は3楽章のものが多いが、メヌエットなしの3楽章であることが多く、またメヌエットとは形式が異なり「メヌエットの速さで」(Tempo di Menuetto)と記されたものも3曲ある(4番、18番(ただし緩徐楽章で始まる)、30番)。純然たるメヌエットで終わるのは本曲と26番のみである。通常と構成が異なることについて、ニコラウス侯爵の襲爵式(1762年5月17日)に序曲として演奏された可能性も指摘されている[3]。, 2本のフルートは第2楽章にのみ出現し、同楽章ではオーボエとホルンは休む。当時のエステルハージ家にはフルート奏者はひとりしかいなかったため、第2フルートはオーボエ奏者の持ち替えだった。交響曲第7番でも同様だったという[4]。, 当時のハイドンの他の交響曲と同様、チェロ・ファゴット・コントラバスの独立したパートは存在せず、低音の楽譜を演奏するが、メヌエットのトリオで管楽器のみになる箇所ではファゴットのみを使用するように指示されている。, 2/4拍子、ソナタ形式。主和音を3回鳴らした後に速い音階進行をもつ第1主題ではじまる。管楽器のファンファーレの後にト長調に変わり、その後にオーボエとの掛け合いのリズムに特徴がある第2主題が出現する。, ト長調、2/4拍子、二部形式。弦楽器とフルート2本によって演奏される。フルートとヴァイオリンを重ねて穏やかな明るい旋律を演奏する。, メヌエット主部では8分音符の分散和音に始まる旋律をヴァイオリンとオーボエを重ねて演奏する。トリオでは弦楽器の伴奏の上を独奏オーボエが旋律を吹く。途中に弦楽器が休んで管楽五重奏(オーボエ2、ホルン2、ファゴット1)によって演奏される箇所が存在する。, A - B - 第1番 - 第2番 - 第3番 - 第4番 - 第5番 - 第6番『朝』 - 第7番『昼』 - 第8番『夕』 - 第9番 - 第10番 - 第11番 - 第12番 - 第13番 - 第14番 - 第15番 - 第16番 - 第17番 - 第18番 - 第19番- 第20番 - 第21番 - 第22番『哲学者』 - 第23番 - 第24番 - 第25番 - 第26番『ラメンタチオーネ』 - 第27番 - 第28番 - 第29番 - 第30番『アレルヤ』 - 第31番『ホルン信号』 - 第32番 - 第33番 - 第34番 - 第35番 - 第36番 - 第37番 - 第38番 - 第39番 - 第40番 - 第41番 - 第42番 - 第43番『マーキュリー』 - 第44番『悲しみ』 - 第45番『告別』 - 第46番 - 第47番 - 第48番『マリア・テレジア』 - 第49番『受難』 - 第50番 - 第51番 - 第52番 - 第53番『帝国』 - 第54番 - 第55番『校長先生』 - 第56番- 第57番 - 第58番 - 第59番『火事』 - 第60番『うかつ者』 - 第61番 - 第62番 - 第63番『ラ・ロクスラーヌ』 - 第64番『時の移ろい』 - 第65番 - 第66番 - 第67番 - 第68番 - 第69番『ラウドン』 - 第70番 - 第71番 - 第72番 - 第73番『狩』 - 第74番 - 第75番, 第82番『熊』 - 第83番『雌鶏』 - 第84番 - 第85番『王妃』 - 第86番 - 第87番, 第93番 - 第94番『驚愕』 - 第95番 - 第96番『奇蹟』 - 第97番 - 第98番 - 第99番 - 第100番『軍隊』 - 第101番『時計』 - 第102番 - 第103番『太鼓連打』 - 第104番『ロンドン』, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=交響曲第9番_(ハイドン)&oldid=72311725. ソナタ 第59番 Hob.XVI:49 op.66 変ホ長調/Sonate für Klavier Nr.59 Es-Dur Hob.XVI:49 - ハイドン - 1789-1790年にかけて作曲され、ピアニストのマリアンネ・フォン・ゲンツィンガーに捧げられた。全3楽章から成る。第1楽章の変ホ長調はアレグロの4分の3拍子。このソナタ楽章は、ハイドンのピアノ・ソナタ … ピアノソナタ第5番(第8番) イ長調: 作曲年不明: 真偽が問われる作品だが、1803年にハイドン自身が自作と認めている。 6: ピアノソナタ第6番(第13番) ト長調: 7: ピアノソナタ第7番(第2番) ハ長調: 1750頃? IV:5)とされていた。1961年に自筆楽譜の断片が発見され、チェンバロ独奏曲と判明した。, 旧版ではランドン版の番号順に並んであったが、2013年2月から12月にかけて発売された全4巻の新版では、ホーボーケン番号順に並べ替えている。, 演奏頻度の高い30曲を厳選した「ハイドン ソナタ集」が全2巻(各巻に15曲収録)にまとめて刊行している。.

Dior リップグロウオイル 使い方, 知床 5月 気温, タホ 燃料ポンプ交換 工賃, 米なす グラタン レシピ 人気, 救命病棟24時 第4シリーズ 打ち切り, 結婚祝い ティファニー 嬉しい, 北海道 真冬 服装, Excel Ctrl Home 効かない, Lanケーブル 電圧 電流, バッファロー Dvdドライブ Cprm対応, 夜間 専門学校 関東, Google Classroom エラーが発生しました もう一度お試しください, 扁平タイヤ 空気圧 20インチ, Access Vba ファイル名 取得 ワイルドカード, カルディワイン おすすめ 2019, 川越 子供 イベント, Windows10 無償アップグレード Ssd 換装, イン デザイン 2色, 隼 カスタム 外装, 映画 興行収入 最新, そっか 英語 残念,