Copyright© ムセキノオト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5. 鼻歌の題材となる曲を次々に変えて歌う. 既存の曲を鼻歌で歌う. 当事務所はおかげさまで設立9年になりまして、これまで数々のお客様の楽曲を制作させて頂きました。, これからも、お客様の作曲(メロディ)や編曲(アレンジ)した曲に、最適な曲作りをしていきたいと思います。. 「メロディがなかなか思い浮かばない」という方のために、こちらのページではメロディを作る練習について解説していきます。, 作曲(=曲を作るということ)はある意味でこの「メロディ」を作る作業であり、そのような観点からメロディ作りの技術は作曲の技術であるとも言い換えることができます。, また「メロディが思い浮かばない」という人は、どのようなトレーニングを行えばそれを打開していけるのでしょうか。, ポップスやロックの楽曲においては、多くの場合メロディの背景に「コード(ハーモニー)」と「リズム」が存在しています。, それは、メロディを作る際に、「どのようなハーモニーの上にそのメロディがあるのか」「そのメロディはどのようなリズムを持っているか」という要素を考慮する必要がある、ということを意味します。, これを踏まえると、作曲初心者の段階では、メロディは「ハーモニーとリズム」による伴奏の上で作るべきです。, メロディ作りの技術やセンスを養いたい時、あるいは実際に作曲の作業としてメロディを考えたい時には、それが一番効率的であり実用的です。, ここからは、メロディを生み出す技術やセンスを向上させるための具体的なトレーニングについて考えていきます。, まず前提として、メロディを口から発する際のメカニズムは、大まかに下記のようになっています。, 「メロディが思い浮かばない」という人の多くは、メロディを歌ってきた経験が少ない傾向にあります。, これは「上記ステップすべての経験に乏しい」ということで、経験がないためそれができないのは当然のことです。, その上で、メロディ作りの技術やセンスを向上させるために有効だと考えられるトレーニング方法は下記のとおりです。, そこから、楽曲が持っているハーモニー・リズム・テンポなどを「メロディの背景にあるもの」として把握します。, 「鼻歌を歌う」という行為が「メロディを思い浮かべて発声する」という行為そのものであるため、これを行うことがメロディ作りの訓練になります。, いろいろな曲で鼻歌を歌うことは、その変わったメロディやハーモニー、リズムを改めて正確に捉え、そしてまた発声する、ということにつながります。, これを慣れないうちはゆっくり、慣れてきたら次々と行うことで、前述の「メロディを思い浮かべて発声する」を繰り返し体感していくことができます。, お気に入りのアーティストの曲タイトルだけを眺めながら、次々と曲を切り替えてその一部分だけをひたすら歌っていく、というようなやり方はそのひとつとして考えられます。, これは、例えば「上昇していくメロディ」を持った曲があるとして、それを「あえて上昇させないメロディ」にして歌ってみる、というような行為を指します。, この「本当は〇〇なメロディだけど、それをこうしてみる」という意気込みと、「メロディを変形させる」という行為こそが「メロディ作り」の作業そのものにつながっていきます。, これをいろいろなアプローチで行い、「もっと音階の上下を激しくしたら?」とか、「もっとリズムを跳ねさせたら?」というような観点でメロディを意図的に変形させていくことができるようになっていけると理想的です。, 上記でご紹介した三つのトレーニングは、「メロディ発声のメカニズム」にある三つのステップにつながるものです。, この行為は、ステップ3にある「メロディを音声として口から発する」という技術を養います。, メロディがまったく思い浮かばないというひとは、まずここから始めて「メロディの発声」そのものに慣れることを目指してください。, いろいろな楽曲のメロディを瞬時に歌う、という行為は「その楽曲のメロディ・ハーモニー・リズムを瞬時に把握できる」という技能を向上させます。, 「なんとなくメロディを歌うことはできるけれど、そのバリエーションに乏しい」というひとはこのトレーニングを重点的に行い、いろいろなタイプのメロディを口ずさむことに慣れてください。, それと同時に、幅広く沢山の音楽を聴いてそれを吸収し、鼻歌としてそれらを表現して行けるようになるとさらに望ましいでしょう。, この行為は「メロディ作り」そのものに通じる行為であり、ステップ1での「メロディを頭の中で考える」そのものであると言えます。, このトレーニングを通して、のちのちは「既存のメロディ」というきっかけが無くても、ゼロからメロディが生み出せるようになっていくはずです。, 「メロディ作り」を苦手とする方は、ここまでの三つのステップについて意識しながら、是非鼻歌のトレーニングに取り組んでみて下さい。, 次の記事では、メロディ作りの上達について引き続き解説しています。 2020.08.03作曲の準備|メロディを作る練習(その2), ポップス・ロック専門の作曲の先生。1977年8月生まれ 千葉県在住。作曲歴27年・講師歴9年。現在は個人レッスン・作曲勉強会・ブログ執筆・動画公開等を中心に活動中。これまで対面・オンラインを通して100人以上の人に作曲を教えてきました。ビートルズと柴犬が好き。ツイッターもやってます。プロフィール詳細はこちら。, 作曲の上達につながる音楽の聴き方(いろいろな音楽を幅広くインプットし、アウトプットの質を上げる), 【具体策あり】作曲のやる気を高め、モチベーションを維持させる4つの行動|刺激を得てそれをエネルギーに変える, ポップス・ロック専門の作曲の先生。1977年8月生まれ 作曲歴27年・講師歴9年。現在は作曲勉強会・個人レッスン・動画公開・ブログ執筆等を中心に活動中。これまで対面・オンラインを通して100人以上の人に作曲を教えてきました。ビートルズと柴犬が好き。プロフィール詳細はこちら。, 「作曲の上達に欠かせない5つの柱」のお話です。これをやれば、作曲が上手くなります。. メロディや鼻歌の作り方で、バリエーションを広げる5つの方法を書いております。 毎回浮かんでくるメロディや鼻歌が、似たようなものになっていませんか。 今回そんなあなたにメロディや鼻歌作りの悩みを解消する、メロディのバリエーションを広げる5つの方法を説明しますね。, 上にピッチが上がる歌い方をしたり、または、下に下げていく歌い方をしたりすることで歌が似なくなっていきます。, 普段無意識でこの方法を実践されていると思いますが、ここをしっかりとイメージしながら実行することで、いつもと違うメロディが生み出せるようになります。, ですが、素人の多くの人がメロディの音域(ピッチ)にばかり意識がいっており、リズムは重視されておりません。, 変え方は、リズムを切って歌うや、休符の入れ方など変えて見るとリズムが変わったり、アクセントの入れるタイミングを変えるとリズムが変わってきます。, 後は好きなボーカリストだけでなく、色々なボーカリストの歌を歌うことで、違うリズム感も養われます。, 人は、それぞれ好きなテンポがありますが、あえて違うテンポにしてみると、違うメロディが出てくるようになります。, いつもより歩く速度を変えながら歌って見たり、または、手拍子をしながら歌ってみたりなどで試してみると、違うメロディが浮かんでくると思いますよ。, そうすると、ボーカリストが持っている特徴を活かしながらメロディを作ることになりますので、自分では出せないメロディを作りやすくなります。, その後、公園やお風呂に入るなど、環境を変えてメロディが浮かんでくるのを待ってみてください。, 今回、メロディを作るポイントを説明しましたが、メロディは似せることなく、いくらでも違うメロディを作り出すことは出来ます。, あなたはどんな作詞家が好きですか。 そして、どんな作詞を書いてみたいですか。 作詞には色々な表現の仕方がありますが、作詞の内容によって曲の世界感がより鮮明に具体 …, 皆さんは作詞をする上で、何か心掛けていることがありますか。 作詞力の成長を実感されておりますか。   もしも成長したとお感じでなければ、やり方が良いわ …, このページをご覧のあなたは、今まで制作依頼をされたことがおありでしょうか。または、これからご依頼する予定でしょうか。 ご依頼される際は、あなたの臨む素敵な楽曲を …, この記事の目次当楽曲制作サイトのホームページをリニューアル楽曲制作をハイクオリティな機材を使用して制作していきます 当楽曲制作サイトのホームページをリニューアル …, あなたの作ったメロディや鼻歌を素敵な楽曲するためには、どのように依頼すれば良いでしょうか。 前回は『 あなたの望むメロディ(作曲)を依頼するコツ 』 でした …. 鼻歌の題材となる曲を次々に変えて歌う. 鼻歌を、ある部分でオリジナルなメロディに変形させる. メロディの作り方5つのコツ どうも、ムセキ(@nagoyakampo)です。 「メロディってどうやって作ればいいんだろう。コツとかあるのかな?」 って思いませんか? プロのミュージシャンでも、人それぞ 基本的には滑らかに水が流れるイメージで作曲します。でも、途中には滝があったり急流があったりします。, 同じ様なメロディラインを繰り返す事で、リスナーは次の音が予測出来るようになり、聴きやすくなります。, 、米津玄師さん作曲の「パプリカ」は基本的に4小節のメロディを少しずつ変えながら繰り返し, 、TM Networkの「Still Love Her」(シティハンターのエンディング曲)は2小節の繰り返し, メロディを作る前に「こんな感じのイメージ」という様にイメージを固めておいてから作る事がコツ, https://musekinote.com/wp-content/uploads/2019/08/sample1.mp3, https://musekinote.com/wp-content/uploads/2019/08/sample2.mp3, https://musekinote.com/wp-content/uploads/2019/08/sample3.mp3, https://musekinote.com/wp-content/uploads/2019/06/The_Last_Fantasy_song_jp160.mp3, https://musekinote.com/wp-content/uploads/2019/06/Far-in-the-distance_song_jp.mp3. まずご紹介するのは、同じ高さの音を短い音符に乗せて連打する「同音連続型」です。 以下は既存曲の中での例です。 「同じ音を短く畳みかける」という単純な形でありながら、リスナーに印象付ける意味でとても効果的な手法です。 一般的にメロディは、音階・リズム双方が表情豊かに展開していくも … 〇〇の曲」とわかるのはメロディがそのアーティストそのものである。という具体性を示しているからです。 これは 音程を多少変更しても変わりません。試しにピアノロールで打ち込んだ曲を3度あげても5度下げても「〇〇の曲」とわかるはずです。

Powershell 共有フォルダ アクセス権 一覧, ダイソー カーテンレール 車, フィールド コード 網掛け, 大宮 宇都宮 新幹線 距離, セレナ 値引き 相場, 幼稚園 預かり保育 料金, エクセル プルダウン 連動, ハイエース 5ナンバー ディーラー, ビジネス英語 勉強 独学, 英 検 1級二次試験 受 から ない, 10月 イベント 埼玉, キャンドゥ ペーパーボックス サイズ, カンテラ 立川 誕生日, 植物 学校 社会人, Illustrator 角丸長方形ツール ない, おしゃれ文字 アルファベット 手書き, ワゴンr Acc 切れない, 片付け ときめき わからない, アディダス サッカー トレーニングシューズ, Android バイブレーション 鳴らし続ける, 北海道 ペットショップ 安い, Chrome 拡張機能 削除, 変更があれば 教えてください 敬語, フォトフレーム 手作り 紙, タミヤ ドリフトスペック 違い, 水 耕 栽培 間引き,