Copyright © myDate = new Date(); pacificmatome; Comment(0) 1: 風吹けば名無し 2020/08/31(月) 19:18:47.39 ID:DzCo36tB0. ャルメディア公式アカウント一覧, ニッポンハムグループの品質保証体制, コンプライアンスへの取り組み, ニッポンハムグループが大切にしていること. ー、アーセナルと並び、4大チームと呼ばれ、人気・実力共に世界有数のサッカークラブの1つです。全世界に熱狂的なファン(サポーター)を持つことでも知られ、プレミアリーグの東南アジア戦略の成果もあり、特にアジア諸国での人気は世界No.1と言われています。, 主なタイトル プレミアリーグ優勝1回 UEFAチャンピオンズリーグ優勝6回 フットボールリーグDiv1優勝18回. 先着合計24名様に、西川遥輝選手・中島卓也選手の直筆サイン入りユニフォーム(ホーム)をプレゼント!, 先着合計27名様に、ファイターズグッズをプレゼント! 札幌ドーム1Fコンコース北ゲート2前「道新・道スポ特設ブース」でお待ちしております!, 当日ご来場頂いた方を対象 に素敵な賞品をプレゼントいたします。当選発表をお楽しみに。, A賞:JAL A350スナップインモデルプレーン 1名様 D賞:ファイターズ選手直筆サイン入りレプリカユニフォーム 2名様 〈FIGHTERS × LAWSON 選手タイアップ企画2020第5弾〉6選手合同プロデュース商品発売!. 詳しくは、当日入場ゲートで配布される、号外裏面の「北海道新聞社 ご来場者限定キャンペーン ホームランクイズ」のチラシページをご覧ください! 日本ハム、リバプールfcとのパートナーシップでフードバンクを支援 . プレゼントグッズの詳細は、イベント会場でスタッフにご確認ください。. Copyright (C) 1995-2020 Japan External Trade Organization(JETRO). ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最新のビジネスニュース・レポートなどをお届けしています。, 各国・地域の基礎情報や制度をご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。, 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。, 外国企業 誘致, 英国プレミアリーグの名門リバプールFCのブランド力を東南アジアの国々(ASEAN)の市場開拓に生かす、と聞いてピンとくる人はどのくらいいるだろうか。リバプールFCが2019年末、サッカーのFIFAクラブワールドカップで優勝したり、日本代表・南野拓実選手をクラブ初の日本人選手として獲得したりしたことを知っている人は多いかもしれない。しかし、2019年4月からリバプールFCとのパートナーシップで、日本ハム株式会社がASEAN市場のマーケティングに取り組んでいることはあまり知られていないのではないか。日本ハム・スポーツコミュニティ部マネージャーの青島茂富氏へのインタビュー(2019年11月13日)を踏まえ、リバプールFCのブランド力を活用した同社のマーケティング戦略に迫る。, 日本ハムの社名とブランドは、日本では誰もが知っているといってもよい。同社のハム、ソーセージなどの食肉加工品、加工食品もよく知られている。同社は、プロ野球チーム「北海道日本ハムファイターズ」のゼネラルパートナーであり、プロサッカーJリーグ「セレッソ大阪」のトップパートナーでもあることも、ブランドの浸透には一役買っているだろう。しかし、ASEANではどうだろうか。同社の海外でのブランドは「NH Foods」だが、青島氏はASEANの消費者には「まだまだ知られていない」と認める。日本ハムは1989年からタイに製造工場を持ち、国内販売も行っているが、基本的には日本向けの工場だ。2011年にベトナム、2016年にはマレーシアに各国(および第三国)市場向けの工場を設立しているが、海外売上比率はまだまだ低い状況だ。, 一方、ASEAN、アジアでのリバプールFCを含むプレミアリーグの知名度は、おそらく日本で想像するよりも非常に高いものがある。プレミアリーグの試合は、サッカー専門チャンネルを通してアジアで24時間流れている。プレミアリーグでアジア各国出身の人が活躍しているわけではないのに、熱狂的に応援している。リバプールFCを傘下に持つフェンウェイ・スポーツ・グループ(FSG)に確認(2020年1月)したところによると、リバプールFCの全世界のテレビ視聴者数は8億9,000万人で、うちアジア・オセアニア地域には24%を占める2億1,500万人いる。また、同クラブSNSの世界中のフォロワー数は4億4,000万人だが、うちアジア・オセアニア地域は2億8,000万人と63%も占めるという。一企業でこれだけのマーケティングのプラットフォームを作ることは容易ではないだろう。, そのリバプールFCは、本拠地である英国リバプールでの地域支援として、日ごとの生活もままならない人たちのために、食料を無償で提供する地元のフードバンク活動をサポートしている。通常は、観客がリバプールFCの試合に来るときに缶詰を持ってきたり、寄贈された食料を同クラブのCSR活動として配達したりするなどして、地域に還元しているが、さらに活動を充実させるため、今までパートナーシップがなかった食品会社を探していた。リバプールFCは英国でのフードバンク活動を成功事例として、アジアの地域活動につなげていきたいと考えていたところ、ASEANに工場を持ちマーケットを広げていきたいと考えていた日本ハムとうまくマッチした。2019年4月、両者はオフィシャルパートナーシップ契約を締結、「食とスポーツ」を通して、協力していくことになった。, 早速、同年9月に日本ハムは、常備食材として活用できるボロニアソーセージ(商品名:ストックポーク)を英国リバプールでフードバンクへ寄贈、同活動はリバプールFC公式SNSで世界中に拡散された。青島氏は「リバプールFCの活動に共感し、自社商品を生かして協力することができた」と喜ぶ。日本ハムは、スポーツ資産を生かした企業ブランド向上を目的に、2018年に青島氏が所属するスポーツコミュニティ部を設立していたことも、両者の話がスムーズに進む背景となった。, パートナーシップの締結以降、青島氏はリバプールFCの試合やイベントなどでNH Foodsブランドのロゴが使われることで、ASEANにおける同クラブのファン層の厚さを何度か実感している。例えば、2019年10月にリバプールFCがバンコクで開催した5キロ、10キロのマラソン・イベント「コップ・ラン」に8,500人が参加した。朝5時にスタートし、走り終わったランナーに朝食兼栄養補給のため、NH FoodsロゴとリバプールFCロゴを入れた紙カップに粗びきソーセージ入りうどんなどを入れて振る舞った。青島氏は「8,500人を自社だけで集めることは容易ではない。ブランド訴求に活用できた」と手応えを感じていた。「サッカーのファンは、自身が応援するクラブを支えてくれるスポンサー企業を応援する思いが強いといわれるが、リバプールFCのファンはその思いが実際に強い」とも感じている。このマラソン・イベントも、リバプールFCのウェブページやSNSで拡散された。, ASEANに限らず、海外ではNH Foodsブランドはまだ知られていない。青島氏は「食品はブランドが知られていないと商品を手に取ってもらえない。商品名の前に、企業ブランドをみて手に取ってもらうことが大事だ。『ソーセージならNH Foodsを食べよう』と言われるようになりたい」という。リバプールFCという扉を使って市場開拓に必要な時間の節約ができる、とも青島氏は指摘する。それでも、企業ブランドの浸透には一定の時間がかかるだろうが、リバプールFCと組んだ日本ハムのASEANでのマーケティング戦略は動き出した。リバプールFCの南野選手獲得は、さらに追い風になるかもしれない。日本では圧倒的な知名度を誇っていても、海外では知られていないということはよくあることだろう。ブランド力のない市場で、いかに早く効果的にブランドを浸透させるか。, 英国での支援活動が、ASEANでのマーケティングになるという一見つながりそうにない取り組みは、ASEAN市場の攻略方法、消費者にリーチする方法などを考える上で、参考になるのではないだろうか。, 外国人材を活用したビジネスの拡大や外国人材を積極的に受け入れる地域の取り組みを紹介. ニッポンハムグループが大切にしていること . 〇JAL A350モデルプレーン展示コーナー 北海道日本ハムファイターズ公式サイトCopyright © Hokkaido Nippon-Ham Fighters. サムライブルー(samurai blue)& なでしこジャパンなど、サッカー日本代表(jfa)のスポンサー企業一覧をご紹介します。また、スポンサーシップの活用事例(アクティベーション)の分析記事も掲載し … 10月9日は、札幌ドームでファイターズを応援しよう!! All rights reserved. E賞:ファイターズ選手直筆サイン入り色紙 3名様 スポンサーシップの活用法についてお困りの方はぜひご利用ください。, 月に3~4回メールマガジンで記事の更新をお知らせします。 キャンペーン ... 研究・開発の現場 日本ハム (株)中央研究所; 楽しく健やかなくらしに貢献. (2020年09月09日), 2020年大統領選の展望(後編)鍵を握る激戦州での無党派の取り込み(米国) ニッポンハムグループは、企業理念の一つとして「食べる喜び」をテーマに掲げています。「食べる喜び」とは、「おいしさの感動」と「健康の喜び」を表しています。私たちは、食とスポーツを通して、心と体の元気を応援します。 (2020年04月15日), 行き場を失う日本の廃プラスチック 2: 風吹けば名無し 2020/08/31(月) 19:19:07.94 ID:DzCo36tB0. 殴り合いで . All Rights Reserved. 2: 風吹けば名無し 2020/08/31(月) 19:19:07.94 ID:DzCo36tB0. 日本ハム(株)は、Liverpool FCと、2019年4月にオフィシャルパートナーシップ契約を締結いたしました。今回のパートナーシップ契約を通じて、Liverpool FCの地域活動の更なる充実と活動が世界に拡がることで、「食とスポーツ」を通じてコミュニティが豊かになることを願っています。 スポンサー事例. 3: … (2020年10月08日). お気軽にお問い合せください, © 2020 スポーツビジネス情報メディア【スポーツ・スポンサーシップ・ジャーナル 】, 売り上げ8%増、ブランド好感度20%増を実現した、大手食品企業のサッカー支援を通じたマーケティング戦略とは, ベルギービールブランド、社会貢献と効果的なマーケティングを両立させたアクティベーションを実施. document.write(myYear); NH Foods All Rights Reserved. メールアドレスを入力してお申込みください。, サイトに関するお問い合せ、 ○HAC ATRモデルプレーン展示コーナー (再入場不可、当日のみ), 設置場所:札幌ドーム北ゲート2前 2019年4月11日、日本ハム株式会社(NHフーズ)がサッカープレミアリーグの名門「リバプールFC」とのパートナーシップ締結を発表した。同社はこのパートナーシップにおいて、リバプールFCが社会貢献事業として運営するフードバンクをおもにサポートするが、その背景にはどのような狙いがあるのだろうか。, 英プレミアリーグのリバプールFCは、これまでリーグ優勝18回、欧州制覇5回を果たした名門クラブ。200以上の国と地域で試合が放送されていることから、欧州、アジア、アフリカなど世界中に熱狂的なサポーターを持つことで知られており、その数は10.7億人に及ぶとも言われている。, かつては日本企業の日立が、企業名の世界的露出を狙って3年間にわたり胸スポンサーとして契約を結んでいたこともあったが、最近ではその露出力はもちろん、クラブのブランド力から生まれる信頼性の高さやファンとのエンゲージメントの強さにも世界中の企業が注目している。まさに、そこに着目したのが日本ハムだ。, このパートナーシップの背景にあるのは、リバプールFCの親会社であり、メジャーリーグ球団ボストン・レッドソックスの親会社でもある「フェンウェイ・スポーツ・グループ(FSG)」と、日本ハムが保有するプロ野球球団「北海道日本ハムファイターズ」の出会いだ。2023年の新球場オープンに向け、ファイターズの職員がレッドソックスの本拠地フェンウェイ・パークを視察に訪れたことがきっかけだった。, リバプールFCには、社会貢献事業を展開する「リバプール・ファウンデーション」が存在し、その中に地元リバプール市の課題解決に特化した「レッド・ネイバーズ」というプロジェクトがある。このプロジェクトにおいて特にクラブが力を入れているのが、地元の低所得者層向けに開放しているフードバンクだ。リバプール市、特にクラブの本拠地グラウンド「アンフィールド」近辺の地域は、イギリス国内でも貧困問題が深刻化した地域として知られている。まずはこのフードバンクの取り組みにおいて食のリソースや資金面を充実させ、ゆくゆくは地元だけでなく世界に食支援を届けることをミッションとしているリバプールFCに対し、ファイターズが食品会社である親会社を紹介したことが始まりだった。, 一方、日本ハムは「NHフーズ」としてグローバルにビジネスを展開する中で、食品会社としてさらなる知名度とブランド価値の向上、そして信頼の構築を狙っていた。すでに様々な食支援を展開してきた同社だが、「世界で一番の『食べる喜び』をお届けする会社へ」という理念をわかりやすく体現するためにも、より共感を得られる戦略が必要だった。日本ハム側は、フードバンクの支援によって貧困や飢餓といった社会課題解決にアプローチすることが、その理念の体現につながると判断。リバプールFCがこれまで培ってきた世界的ブランド力も、そのためのプラットフォームとして有効であると考え、二社の需要と供給が一致する形となった。, パートナーシップ締結発表を前に、日本ハムの畑佳秀社長がクラブのOBとともにリバプールのフードバンクを視察。現場のニーズなど状況を理解することからアクティベーションがスタートした。今後アジア地域で行われるファン感謝祭(LFC World)ではNHフーズが手掛ける食品のサンプリングも企画されており、初期の段階では“お披露目”的なアクティベーションがメインとなるが、「食べる喜び」を伝える選手やOBの映像コンテンツなど、ユニフォーム組を巻き込んだ施策も追って実施していくという。もちろん、スポーツスポンサーシップの定番であるLED看板での社名露出はもちろん、VIPラウンジでの試合観戦や練習見学などの特別体験も契約に含まれている。, 日本ハム畑社長によるフードバンク視察。リバプールFCのレジェンドであるロビー・ファウラーとともに訪れ、担当者より現状をヒヤリングした。/写真©︎LFC, 今回のパートナーシップのポイントとして、日本ハムがファイターズの親会社としてスポーツの価値を熟知していたことが挙げられるだろう。東京から北海道への本拠地移転によってチームブランドを再生させた経験を持つ同社は、さらなる自社コンテンツ(チーム)の成長のために、ビジネスと社会貢献の両フェーズにおいてスポーツの活用法を現在も貪欲に追求している様子が伺える。, 実際、ファイターズとの連携を担当する同社のスポーツコミュニティ部は、リバプールやレッドソックスにおけるFSGのブランド構築スキームに大きな関心を抱いており、ノウハウのシェアも希望しているという。つまり、パートナーシップの先にある価値まで見据えているということだ。, リバプールFCのほうも、日本ハムとパートナーシップを組むことによる日本国内のサポーター開拓、さらにはNHフーズのマーケットであるASEAN地域にまでフードバンクの活動を広げることで、クラブの魅力を改めて世界に発信する機会を創造できる。, 単なる広告宣伝ツールに留まらないこのパートナーシップにおいては、日本のプロ野球チームであるファイターズと、プレミアリーグの名門クラブであるリバプールFCの将来的なコラボレーションにも期待が膨らむ。FSGのスキームを日本ハムが習得すれば、ファイターズがグローバルブランドになる可能性もあるだろう。, SSJではTwitterとFacebookを通して記事の更新やセミナーの開催をお知らせしています。興味をお持ちいただけましたら、フォローまたはいいね!をお願いいたします。, Sports Sponsorship Journal(以下:SSJ)では、スポーツに協賛するスポンサー企業によるマーケティング活動の国内・海外事例を掲載しています。

ブドウ糖 カロリー 計算 看護 11, ゼクシィ 国内リゾート 付録 4, Jira カンバンボード 作成 8, 野菜 サブスク 一人暮らし 8, スノーマン タイ 人気 6, Sweet Memories 名曲 8, 女優に なりたい 高2 6, 空飛ぶタイヤ 映画動画 パンドラ 12, ポケモンカード Vスタートデッキ おすすめ 16, 水圧 計算 側面 11, 木原 美優 高校 13, ポケモン剣盾 対戦 ブログ 21, プロポーズ大作戦 動画 フリドラ 41, ケーズデンキ 修理 電話番号 9, 沢尻エリカ 主治医 名前 18, 心得る 意味 古文 11, 妊娠中 内出血 足 25, Twst夢 Pixiv 小説 20, ほすちる 大輝 留学 38, 半沢直樹 東田 黒幕 19, 徒歩通勤 服装 夏 14, カメレオン 色 感情 7, Ice Ichika Nito 6, Ark おすすめ設定 Pc 21,