1年ぶりの研修なのですっかり立ち戻っており、正直自分で何をしていいのかわかりませんでした。明日はもっと考え、もっとやります!!    にお問い合わせください。, リーダーシップとコミュニケーション能力の向上 研修の感想 | 保育士、主任保育士人材育成(目標管理、リーダーシップ、コミュニケーション)保育所、保育園、幼稚園の組織学習及び経営改善を促す支援, *コミュニケーションは人間関係を作り上げていくための基本となる。それは意思・感情・情報などを共有することとお互いに影響しあう過程を指す。つまり単なる一方通行の伝達を言うのではなく、相手の理解・納得を得ること。そして場合によっては期待する行動を してもらうまでのプロセスであるという話しがあった。しかし、行動を促すのは難しい。なぜなら、人は自ら決め・納得したことしかやろうとしないからである。では、リーダーとして部下に自発的に行動してもらうにはどうすべきか?まず指示した業務の背景・理由・根拠を明確にし、実践の理論を示すことが重要である。 そのうえで、目標達成のために、職員一人ひとりが、自ら行動を掲げ、自ら実践できるよう支援することである。先頭にたって孤軍奮闘する事ではなく、時に引っ張り、時に後押ししたり、時に脇役をすることであると感じた。 また、「人は役割で育つ」という点でも、日々の保育優先との思いから、自分が行動してしまうことが多く、反省すべきと思った。職員の成長機会ととらえ、次期リーダーとなるべき立場の職員に自ら計画し、行動するチャンスと考え、色々なかかり・, などの場面で本人の考えを引き出せるようコミュニケーションの在り方を工夫していきたい。. 拡大・成長の著しいベンチャー企業では、2年目、3年目社員が役職としての「リーダー職」(大企業で言うところの、主任・係長クラス)に抜擢されるというケースも少なくありません。      現実的には問題も多い会社だけど、全て自分の判断が原因で始まっています。だけど諦めることなく、自分が前に進めるのは、家族という大切な存在と、この研修で        今回は、久々に会った仲間や、甲子園メンバーが研修生とトレーナーとして いつもの立場とは変わる事なので 自分でも出来ていない自分、諦めている自分に挑戦しようと取組みました。     他社事例とみなさんの想いを基に、   読書感想文は本を読んで、自分がどう思ったかを書くものです。その本の内容を今後どうするか、どう発展させるかなどまでは求められません。素直に何をどう感じたかを書くもので、極端に言えば、「主人公のような冒険を僕もしてみたいと思いました。」でもかまいません。 しかし、研修�      「そんな難しいことを、若手社員に求めてしまうのはちょっと酷なのでは?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。──それでも尚、現代において多くの組織が若手を含めた全社員にリーダーシップとしての働きかけを求めるのは、なぜでしょうか。, 一旦、冒頭の話に戻りましょう。「若手社員もリーダーシップ力を持ち、高めていくべき」という考えについて、果たしてそれは適切なのでしょうか。 保育士、主任保育士人材育成(目標管理、リーダーシップ、コミュニケーション)保育所、保育園、幼稚園の組織学習及び経営改善を促す支援, 「魅力ある保育園づくり」子どもを中心に保護者、職員、地域を巻き込む組織体質の醸成するために、保育園・幼稚園の主任保育士・リーダー保育士の能力向上を計画的に図るOJTや継続的研修で保育士がイキイキと働き、コミュニケーションスキルを向上する。東京、千葉、神奈川, *コミュニケーションのポイント〈①情報に対しての興味を喚起する。②情報に対しての前提知識を与える。③情報発信者に対しての姿勢を整える。④相手のタイプを知る。〉この中で②前提知識(もともと持っている知識)がどこにあるかで、いくら話しても通じてない場合があるというお話がとても実感として身にしみた。 保護者に対しても、職員に対しても同様だが、まず相手がどこまでの知識を持っていてそれを理解しているのかを探らないといけないことが多く、ストレートな会話に至るまで時間がかかることが多くなっていると感じている。, ・「リーダー」とはひっぱることではなく、押し上げていくことが大切であるというお話も踏まえ、コミュニケーションに力を入れ、まず、正確な相互理解に努めていきたい。, *まず第一に、自分自身にリーダーとしての役割が果たせるのか、という不安を抱えながら(自分に自信が持ちきれていない)受けた研修だったが、研修を受ける中で少しずつではあるが、リーダーとしての自覚を持つ事が出来た。特に、グループでの話し合いの中では、自分と同じように考えている人も多く、(例えば、役割がわからない、いろいろな人的環境の中で、自分がどう動いていいのか悩みどころなど)安心感も得られた。, 講義の中では、‘忙中閑あり‘という言葉があったが、ひとりで考える時間を持つことの大切さも感じた。日々忙しい中で、流されていくのではなく、ひとつひとつ丁寧に、また、自分のすべきことを理解整理しながら、自分なりのリーダー像に近づくことが出来たらと思う。 時々、この研修の内容を思い出しながら、これからの保育、幼児リーダーとしての役割を担っていきたい。 ありがとうございました。, *日々の生活仕事の中で役立つ事を、見直す事をたくさん教えていただいた。組織の成長というお話があった。共通目的、コミュニケーション、貢献意欲、職員みんなにそのことを伝える事で成長する職員集団となりたい。それは楽しく仕事が出来る職場である。, ・コミュニケーション・・・相手に伝えるべきことをどうやって伝えるか・・・。自分の言葉で伝えることが大切。職員会議で意見交換の場を持つ事でその練習にもなり(あらかじめ「○○について」と情報を渡しておく)意見を聞く事で相手の理解にもつながる。人格をみるのではなく‘行動‘をみる。答えを導く質問の力をつける。心に響く言葉とは相手の心の中にある, *自分の園の基本理念、保育観を自分自身がまずはしっかり身につけ、他の職員全体で共有しあっていくことが大切だと思った。様々な経験の人が集まっている中で、不平不満を少なくしていくには、やはりその基本理念に対して、どうかという視点をいつも持ち、相手に伝えていくことで、お互い納得し合えたり、共感し合えるのだと思った。, ・職員一人一人の成長と見ていますか?とういう点では大いに参考になり、その人のレベル、特質にあった問いかけ、情報の提供、支援の在り方など考え、工夫していく必要があると思った。, ・会議や話し合いに積極的に参加してもらうためにも、前提知識を与えたり、前もって議題を提示して準備できるようにするなどコミュニケーションを高めていきたい。, *この研修を通してリーダーとしての意識をしっかりと持たなければいけないと強く感じました。そして園の保育理念や方針の基で様々な業務の意味づけを常に念頭におき、すすめていくことが大切だと思いました。 自分がやってしまうのではなく、どういう役割を与えていくかということが、職員の成長につながり、保育の質の向上にいくことを学びました。 また、実際にだまし絵を皆で見ることで、人の情報の取り込みの傾向がよくわかり、職員や保護者とのコミュニケーションをとる上で、とても参考になりました。 「忙中閑あり」という言葉は、心に残り、忙しい中でも必ず1人で考える時間を持つことで、自分の思いが整理され、結果が出なくても、人に伝えることが出来るという事を実践出来たら良いと思いました。 組織体質とは経験年数など関係なく状況変化によって保育が変わるので理論により意識を確認していくことが必要であり、子どもたちの為になるよう考えていきたいと思います。, *コミュニケーションは人間関係を作り上げていくための基本となる。それは意思・感情・情報などを共有することとお互いに影響しあう過程を指す。つまり単なる一方通行の伝達を言うのではなく、相手の理解・納得を得ること。そして場合によっては期待する行動を してもらうまでのプロセスであるという話しがあった。しかし、行動を促すのは難しい。なぜなら、人は自ら決め・納得したことしかやろうとしないからである。では、リーダーとして部下に自発的に行動してもらうにはどうすべきか?まず指示した業務の背景・理由・根拠を明確にし、実践の理論を示すことが重要である。 そのうえで、目標達成のために、職員一人ひとりが、自ら行動を掲げ、自ら実践できるよう支援することである。先頭にたって孤軍奮闘する事ではなく、時に引っ張り、時に後押ししたり、時に脇役をすることであると感じた。 また、「人は役割で育つ」という点でも、日々の保育優先との思いから、自分が行動してしまうことが多く、反省すべきと思った。職員の成長機会ととらえ、次期リーダーとなるべき立場の職員に自ら計画し、行動するチャンスと考え、色々なかかり・PTなどの場面で本人の考えを引き出せるようコミュニケーションの在り方を工夫していきたい。, *リーダーの役割とは何か。幼児フリーとして自分はどう具体的に動けばいいのか悩んでいたこの時期に、この研修を受講する事が出来、目的が明らかになったことで、少し前進できそうな気持になることが出来ました。, ・「だまし絵」の見方は、同じものでも人によって色々な見方があり、見えていえるようで見えていない、わかっているようでわかっていないという情報の取り込み方の傾向がわかり、コミュニケーションのとり方のポイントとなりました。, ・なかなか言いたい事がうまく言えない事が私の悩みでしたが、‘目的をはっきりさせる‘整理整頓してから会議等に臨む、振り返り反省するなど具体的な方法がわかり、これからの様々な会議に活用していこうと思います。, ・保育の質の向上は、単なる保育の技術の向上ではなく「人と仕事について考え課題解決する」人事考課を常に念頭に置き、「子どものために!」と職員が同じ方向を向き、同じ目的に向かえる組織になり出来ることだと思います。, この研修で‘リーダーは引っ張るのではなく、後押しするもの、縁の下の力持ち‘という皆さんの言葉に納得するものを感じました。今まで通り、ではなく、常に問題意識を持って仕事に取り組んで行こうと思います。ありがとうございました。, *人それぞれ考え方見方が違うだけでなく、聞いた言葉の理解も経験から自分流に理解してしまう事を改めて実感した。だまし絵一つでも見え方が違う事から、今後の園内研修でも利用したいと思った。, ・リーダーシップについて、今までは引っ張っていく力を持っている人と思っていたが、今回の研修で目的を共有するメンバーをまとめる力、人それぞれの力を引き出し総合的に目的を達成する統率力という事を知り、自分の置かれている立場を見直さなければいけないと感じた。, ・人それぞれが理解出来るにはコミュニケーションが大切であることから、仕事の内容を相手が理解できるように話すように心掛けたい。, ・「信頼関係を作るのに近道はない」という言葉を心して、保護者と関わりたいと思った。, *必ず子どもを中心において考えて意見を言う姿勢が大切。それにより経験年数や年齢性格などにより話しにくくなることは無いと言われ、改めて自分の体面や嫌われたくないという気持ちを持たずに話す事の重要性を痛感しました。また、行動支援という方法が相手の人格を否定する事ではなく、相手の成こうと長を期待することでとてもよい方法だとわかり、これからもこの方法を取り入れて行こうと思います。意見が言えない理由がとても具体的にわかったこともまた、その手助けの方法もよくわかり、これも取り入れていこうと思いました。, *私は主査になったばかりで慣れない立場での不安や自分の役割とは何か模索中であったので、一つの指針をもらい、有意義な研修となった。講義の中で職員の向上・成長が保育の質を向上させることにつながる事、職員を見るときに人格を見るのではなく行動の事実をみるという公正な見方、また、常に子どもにとってどうかを中心に物事を考えるといった内容は私が大切にしていることと一致し、共感できた。さらにコミュニケーションの面では相手を尊重し、保育実践の根拠、理由を聴く事が大切。全ての行動が意味づけられるよう関わることで、信頼関係が構築できるは興味深かった。コミュニケーションの方法として、質問の力を使ったり、報告や意見交換をし、量が質を生むということがあるは実践していける内容であり、取り入れていきたい。今回、研修に先立って質問を出し、書面で講師の回答をもらい、わかりやすく参考になった。同じ様な悩みを持つ人も多く、読み返して納得したり安心感が持てた。グループワーク討議は民間圏と公立圏が混じり、それぞれ問題点の違いはあったが、情報交換でき、また、お互い考え合うという点では今後も続けていけると良いと思う。, *リーダーシップとリーダーの役割について具体的でわかりやすい講義内容だったので、自分自身の役割と職場の中での対応等を再確認する事が出来た。自分の中でモヤモヤとしていたものが今回の研修を受けて、よく見えるよう になったと思う。, ・保育の質の向上=職員の質の向上という点では、ひとりひとり皆違うということを理解した上で、タイプ、特性を知り、しっかり見ていくことが子どもにとっても大人にとっても大切だということ。職員の成長をどのように省いていくかついての方法も学べたので意識を持ち、実践していくようにしたい。, ・始めに目的をハッキリと示し、最後に振り返りきちんと評価する講師の方の講義の進め方もとても参考になった。, *まず研修の内容のタイトルに魅力を感じました。立場的にはドキドキでしたが、わくわくもしながらの受講でした。6人グループで話し合っている時、長い状況説明にさりげなく問いかけていた方がいて、時間的にとてもスムーズに流れました。6人の中での自分の動きで、「何でも自分でやってしまう」という共通のことがあり、これは他人の成長を奪ってきたということに気付き、いい機会でした。講義を聴いていてまた、研修のメンバーと話をした中で、「ふりかえり」が出来ました。常々言われているふりかえりの大切さを実感した瞬間でした。何といってもギリギリに提出した質問に丁寧に答えて頂き、当日は採用されたことが励みになりました。つい先日、意見交換の準備(議題を全部伝えていない)をしないまま打ち合わせをはじめてしまい、意見が出せない空気を作ってしまいました。後日園長に、話し合いの準備はどうだったのか訊かれ、この歳の職員には言いにくかっただろうと思うと反省とともに、園長としての姿をみました。これからも気負わずに、待って、他人の考えを訊いて、聞いて、聴いて、引き出して、いこうと思いました。そして、子ども職員も保護者もよくみて、その人の心に届くような言葉を使っていこうと思っています。研修ありがとうございました。, *常に心に刻んでおきたい言葉です。「忙中閑(余裕)あり」意識が高ければ常に忙しいものだと。大事なことは、一人で机に向かい、原理原則・理念に照らして自分がどんな意思決定が出来るか5分~10分考える。それを習慣化すること。(哲学的用語で慎独:「答えは出ずとも考えの整理整頓はできる」), ①現状把握→まあまあ出来ているかな。②その行動・現象の理由を考える→不十分の事が多い。(忙しいに逃げている)③みんなで答えをみつけていく行動が起こせるか→行動は起こせていると思うが時間がかかる。, ・私立圏2名、公立園4名でグループ討議をしました。「忙しかったり、急ぎの仕事となると、人に説明や指示するより自分でやった方が仕事が早く終わるので、やってしまうことが多い」この点が自分達のリーダーとしての一致する大きな反省点でした。「リーダーの役割」を再確認しました。, ・私立園の副園長さんが新人指導のご苦労を話され、服装・化粧などについても指導する事もあるとか・・・。, ・「保育の質の向上」の討議に持っていくまで大変だったということです。公立園は、12年以上の経験者で「保育観の違い」が討議の内容になることも多いと伝えると、「うらやましい」と言っていただけました。それぞれに議題をしっかり受け止め、互いに意見交換ができて新鮮な気分になりました。, ・突き詰めて考えれば、リーダーは「人に役割を与える事で人に成長する機会を与えること」をしっかり自覚し、そのことを意識しながら「待つこと」「適材適所への配置」「子どもを真ん中に保育の質の向上を目指そう」と6名の決意表明となりました。, *私自身、‘皆も大変そうだから自分でやってしまおう‘とか‘これを言ったら大変だからやめておこう‘という気持ちで私の今までの姿は、人を育てることにはなっていないことを反省しました。後輩に対して「大丈夫?」と考えさせる事前に、答えを教えてしまっていることも、相手に対しての成長につながらないということを知り、やさしさではなく相手の成長を止めたと…胸が痛みました。 子どものことについては、注意深く見て、その子どもたちにとってどうしたらいいのかと考えるのと同様にリーダーとしても職員も同じように見なくてはいけないことを学び、みることで、この職員は何に困っているのかをコミュニケーションし、解決していくことの大切さを知りました。今後、この学びを念頭におこなっていきたいです。(コミュニケーションを作るのも日時を決め話せる場をつくることが大事である), 最後に、「忙中閑あり」の言葉で常に忙しい中でも5~10分机の上でひとりになって考える余裕を持つ言葉が印象に残りました。私自身もそのようにして心にゆとりをもっていきたいと思います。ありがとうございました。, *今、自分の置かれている立場で視点を変えなければいけないと思う点がいくつかあり参考になりました。, ・「職員の成長をどう見ていくのか」何に職員が悩んでいるのか?何が出来ないのか?行動の事実を注意してみてあげることが大事である事。気になる行動があれば、望まれる行動を伝え色々なパターンを与えてあげるようにする。, ・「成長のプロセスは一人一人異なる」人は役割で成長する。仕事を与えないということは、成長の機会を奪うことになる。レベルに合わせて、計画的に成長のプロセスを経験させる必要がある。, ・どうしても人は「他人も自分と同じように考えるだろう」と考える傾向がある。自分固有のフィルターを介して相手の話を聞いている。フィルターを取りプラスの情報を与える。, ・「コミュニケーションのポイント」相手のタイプを知ること。後半に小グループ(6人)に分かれて自己紹介、不満、不安、不公平など感じるところについて話し合いをしました。各園の置かれている現状(民営化したばかりの園、8年経った園、若い保育士の悩み)は様々でした。不安・悩みを共有し、話すこと聴いてもらえることで、受け入れられることを実感する、体験することができました。時間が短いと思いました。最後に一人ずつ研修の感想と明日からの決意を発表しましたが、ヒントを与えていただいたようで元気になりました。ありがとうございました。, *「組織は理で動かし、人は情で動かす」という言葉の意味がとても興味深く、また人の上に立つ時の心構えがよくわかりました。マネージメントの基本「不」を取り除くこと、それぞれの職員のレベルに合わせて手順、やり方をしっかり指導、共有していくことの大切さもわかりました。私の中では、「リーダーシップ」とは「人の先頭に立って集団をまとめ引っ張っていく」というイメージだったのですが、先生のお話を聞き、「それぞれの力を把握しそれぞれに合った手助けの方法を探し、後ろから後押ししていく」という事なのではないかと思いました。また子どもの発達をみるのと同様に、職員の成長を見る。行動の事実を省いて注意をして行動の改善が出来るようなアドバイスをすることが良いことも学ぶことが出来ました。コミュニケ-ションのポイントは「単なる伝達ではなく相手の理解納得を得て、行動してもらうまでのプロセス」なのだそうです。そのことも、心に留め、人と話をしていて、わからない?どうして?と思った時には「そう思った(考えた)のはどうして?なんで?」と素直に言葉にし、相手の気持ちを理解するようにしていきたいと思いました。ありがとうございました。, 日時 2012年 「そうは言っても、ビジョン・目標をどうやって掲げさせて良いかが分からない」という方は、以下の図をご覧ください。, 上記は、「ハリネズミの概念」という名称でも知られる、人や組織が価値発揮をしていく際のポイント創出の際に使われる図です。3つの円が重なるポイント(「スィートスポット」と呼ばれています)を見出して、そこをこれからのビジョン・目標として定めていきます。  また、自分自身足りない点として明日は、感情や感性で対話する事を超意識します。    始めの発声では、やはり人はこんなにも試験を受けると変わるものだと感じました。Iさん、Uさん、Nが特に実感しました。      また明日、そしてまた次の日も諦める事なく進んでいけるように残りの研修にも自分を照らし合わせて少しでも成長して帰りたいと思います。いつも応援ありがとう。これからもよろしくね。, 上記のような特徴を持つ「きずな至誠塾」の研修。その体験は、御社にとって、そして何より参加者にとって貴重な財産になるはずです。 掛け替えのない価値ある体験を大切な仲間にさせてあげたい。あるいは、直接トレーナーから内容を聞いてみたいと少しでも感じて頂けましたら、是非、ご一報下さい。, 〒252-0244神奈川県相模原市中央区田名2676‐25『きずな至誠塾合同会社』.      7月28日(土)14:00~17:30    6月30日(土)14:00~17:30 スイートスポットは、最初は小さいもの、些細なものであっても問題ありません。そこを意識し続けさえしていれば、段々と領域は広がっていくものです。, 続いて大切なことは、「リーダーシップの活動サイクルを(小さくても構わないので)回していくこと」です。リーダーシップの活動サイクルは、イメージ化すると以下のようになります。, サイクル内の要素を見て、お気づきになられた方もいらっしゃるかもしれませんが、これら要素は先ほどの「リーダーシップを構成する要素」とほぼ同じ内容なのです。, つまり、これら要素は単独で存在するものではなく、互いに影響しあいながら循環しているものということですね。そしてこの循環は、継続することによって働きかけは高まっていきます。

ディズニー フード付きタオル 使い道, ステーキソース にんにく バター, Jcom 4kチューナー 仕様, 勘定科目 英語 略, Kichiri 茶屋町 コロナ, ハイゼット アイドリング ハンチング, 86 フル デッドニング, レポート 書き方 中学生 体育, ステップワゴン 車中泊 5人, 粗大ごみ シール 間違え, Videoタグ 再生ボタン 非表示, 有吉 指原 写真, 水耕栽培 トマト 室内, クリスタ サブツール アイコン 変更, 大人 計算ドリル 無料, 三州総本舗 パスタスナック ディズニー, ラズパイ 有線lan 繋がらない, ぐうたら 妻 離婚, できる韓国語 中級 単語集, スマホ エクセル 入力, Ff11 ミシックウェポン おすすめ, 原付 キック 固まる, アシックス 子供靴 計測, コミネ 胸部プロテクター レディース, 月食 日食 英語, 洗濯機 異音 ギーギー, 夜間 専門学校 関東, 上司 食事 お礼 手紙, ポルテ スライドドア リセット, Windows10 パーティション分割 割合, 第五人格 ハンター 人格 芸者, Facebook ページ 管理者変更, Amazon サンクスメール 例文,