4 中古車

買取カービュー, https://autos-pctr.c.yimg.jp/vrwP1cu9cY2YL4Fg3aXpJjfQT29D0bAhxPD5ZCb4LrsXuCNTUKcd2WXhHl2Nazp8TFjRAxLmVtY7zBrrIENqwtfH0ZkEyMpjv4Rpj4uUR48a3r1La0P2TGUQQTfvwIVor4ZlwufvmllrzdlBQA-PQh_Mxh9GmTB0gMRJ7Zni3wl0Atmj9RH7kmIsA7-j0ft09Cj-iQMX5jCfA3qVRzo_HbY9DxvHAPa3PWeXqaJ1wKY=, https://carview.yahoo.co.jp/usedcar/model/renault/renault-4/4240403668UC/, K-MAX AUTOのルノー4 ルノー4 GTL クーラー 1990年式 走行9.5万km 110.0万円の中古車詳細ページです。ルノー4の他にもたくさんのクルマ情報を毎日更新。 -Yahoo!とカービューが運営する自動車総合情報サイト【carview!】. ガイドライン |

「新品」と言いたいところですが、多少走っている様なので9分山ということで・・・。, エンジンやミッションに不具合ありません!って言うか好調!

悩んでいても時間が経つばかりなので、根本的な対策をすることにしました。, オリジナルのベルトのかかり方は二番目の写真のようにカムプーリー、ウォーターポンプ、クーラーコンプレッサーに三角に掛かっていますが、このベルト、ウォータポンププーリーを介してオルタネータも駆動しているので実は相当な負荷がこの細いVベルトに掛かっています。 利用規約 | クーラー付きのルノー4でクーラー、ウォーターポンプベルトが700キロ走行くらいで緩んできてしまうトラブル

主な装備.

(画像クリックすると別ウインドウが開き、スライド画面でご覧いただくことも出来ます。), 食欲をそそられる・・・つまりは本能に響くこの色、このたたずまい!特別な事は何もないのに、何故でしょうね。キャトルの懐の深さを感じられる個体ではないかと・・・。, 過去にオールペイントされているので、塗装状態は良いと思います。・・・にしても、この色にするセンス・・・ステキです。, 弊社入庫時、少し劣化を感じるところがありましたので、前後バンパー、左右サイドプロテクターを塗装、グリル、フロントウインカー、ドアミラーを新品交換!・・・なので、このキリッとした顔立ちなのです!, ソリッドの水色なので、色褪せなんかにも比較的強い色です。塗装状態はクリア劣化も無く、ツヤのある状態です。, キレイな個体ではありますが、気になるところはある訳で・・・弊社入庫時、本来付いていたはずのサイドマーカーが取り外され、少し粗い仕上げの板金で埋められており、凸凹したところがあります。, こちら側は、良く見ると、マーカーの下に塗装割れも・・・サイドマーカーは車検に関わる部分なので、弊社で改めて取り付けました。, とてもキレイな色で、塗装もキッチリと仕上げられているのですが、少し時間は経過しているようで、小キズはいくつかあります。その中でも目立つのがコレ。右リアフェンダー部に、ご覧のタッチアップ補修跡があります。遠目にはほとんど分かりませんが・・・。, グリル、ウインカーは新品、バンパーも塗装済なので、フロントマスクはかなりの好印象かと・・・って言うか、新品だし、塗装済だし、これ以上キレイに出来ませ~ん!, サイドプロテクターも塗装済!しかも、バランスを考えて、ちゃんとバンパーと同色にしてあります!, もともとは黒い樹脂製ミラーのGTLですが、やはりこのボディカラーの場合は、このメッキミラーだと思うんですよね、なので思い切って新品交換しちゃいました!これは正解だったぁ~!, アメリカ建築の3大巨匠の一人、ルイス・サリバン氏曰く、「形態は機能に従う」・・・まさに、そのものずばりのインテリアへ、どうぞご覧ください~!, 確かに、機構的には単純だけど確実なシフトレバーだし、物入れだってあるし、ドアの開閉はこれで十分だし、ガラスの開閉も・・・まんま「形態は機能に従う」だぁ~!, シートだって、簡単な造りだけど、柔らかい乗り心地を求めたら、おそらくこのシートになるはず!, しかも、ご覧の状態!ビニール部分は、ヒビ割の無いモッチモチ状態なので、夏に短パンで乗っても、「痛てててっ!」ってならない~!(笑), 前2席は張り替えてから、それほど時間も経っていない様ですね。こんな良い状態のキャトルのシート、久々に見ました!, リアシートはオリジナルのままの様です。前席と比べると、ビニール部分に少し質感の違いがありますが、かなりの年数が経過している事を考えれば当然と言えば当然かと・・・もちろん、破れや割れ、ステッチのホツレもありません。, 決して、広くも無いし、豪華、高級でも無いのですが・・・なんて言うか・・・え~っと・・・そうっ!「真冬のコタツ!」・・・え~、つまり。, コタツに座って、必要なものが、すべて手の届く範囲にある幸せって言うか・・・(苦笑), 実走行11.2万km!過去の大量の記録簿を見ますと間違いないようです。また近々の主な整備記録をご参考までに記載しますと・・・平成26年4月、ドライブシャフトブーツアウター左右交換、右ロワーボールジョイント交換、ミッションマウント交換、バッテリー交換、平成26年8月、77,760km、フライホイール研磨、クラッチ板交換、デスビキャップ交換、プラグコード交換、クランクシール、カムシール交換、スターターモーター交換、クラッチワイヤー交換、シフトレバーリンクブッシュ交換、シフトレバーブーツ交換、マフラーフロントパイプ吊りゴム交換・・・。, 更に、平成26年9月、左リアホイールシリンダー交換、左右リアブレーキシュー交換、ブレーキマスターシリンダー交換、平成27年6月、85,613km、エキマニ面研、マニホールドガスケット交換、プーリ―交換、ベルト交換、フロントハブベアリング交換、キャニスターブリーザーホース交換・・・え~と、画像の通り、本車両は、クーラーも装備!しかも、これなら夏も怖くない!ってくらい、チョ~冷えてます!, え~と更に、交換歴の続きです。平成28年3月、95,098km、フロントブレーキパッド交換、ブレーキオイル交換、LLC交換、ラジエターアッパー&ロワーホース交換、ヒーターホースIN&OUT交換、平成28年5月、左ドライブシャフト交換、アイドルジェット40→50へ交換、平成28年6月、右デフサイドシール交換、ミッションオイル交換、リアハブベアリング左右交換等々・・・。あっ、ETCももちろん装備です!, ふ~、疲れた~、交換した主な部品だけでこれだけあります。消耗品のエンジンオイル交換や、点検、調整等は記載してありません、。オーナー様がご購入されてからの、この3年間に、ほぼすべてに亘って仕上げられたのがお判りいただけるかと・・・ちなみに、それらの金額を合計すると・・・ひえぇぇえ~!ほぼ車両価格やんけぇぇえ~!・・・あっ、画像はフロントドアの内張りです。それなりに劣化は感じますが、目立つ汚れ、損傷はありません。, あ~、ビックリした・・・このキャトル、アウトレーヴで良くある、「仕上げて満足しました物件!」の典型ですね。・・・え~と、画像のリアドアの内張りも目立つ汚れ、損傷はありません。ドア周りのウェザーストリップも張り替えてあるようです。, 天張りも、薄汚れはありますが、不潔な感じはありません。弊社入庫時、タバコ臭がありましたが、室内清掃、脱臭処理で、今はほとんど気にならないと思います。, ご覧の通り、ヘッドライトも酷い劣化はありません。その他は、新品なので、何も言う事は・・・。, 特徴的なリアレンズも、もちろん割れはありません。燃料タンクキャップも、純正の黒いものから、クローム製のものに交換済!, 純正の鉄ッチンホイールも過去に塗装されており、比較的キレイな状態です。一部、キズの補修跡がありますが、ほとんど気にならない程度です。, タイヤ残溝はご覧の通り。6~7分山というところでしょうか。当分交換の必要はなさそうですが、交換したとしても安価なタイヤですので、おサイフにもやさしいですよ~、奥さ~ん!(笑), 実用車の本領発揮!このボディサイズでこれだけのラゲッジスペースは優秀ですよね。残念ながらラゲッジトレーは紛失しておりますが、もともと簡素なトレーなので、それほどお困りになる事も無いかと・・・。, オーソドックスな構造故の丈夫なエンジン!フランス実用車らしく、低回転からトルクフルだし、特に、こういうメンテナンスの行き届いた調子の良いエンジンは、ホント乗りやすいです。走りだって、現代車と比べても、軽い車重(700kg)のおかげで、むしろ出足は早いくらいなのです!, そして、前述の交換歴にもありましたが、本車両の状態を端的に物語るのがこれ!キャトルの唯一と言っていい弱点が、このベルトがちゃんと機能するかどうかなのですが、オリジナルの細いVベルトから、エンジン、ウォーターポンプ、オルタネーター、コンプレッサーの、すべてのプーリ―ごと、幅広のリブベルトに交換対策済!こういうところまで気を使って仕上げてあるキャトルなのです!, エンジン下面です。もちろん経年汚れはありますが、酷いオイル漏れ、損傷が無いのが、お判りいただけると思います。, トランク下面です。ほとんど使われていなかったんでしょうね、スペアタイヤにサビはありますが、ボディに目立つサビ、損傷はありません。むしろマフラーの状態なんかは、ご安心いただけるのではないかと・・・。, 30年も経過した旧車なので、ご覧いただいてきたように、もちろん気になる点もあるのですが、これだけ、機関の細部に亘って手の入ったキャトルも珍しいのではないかと・・・。, キャトルは過去に数多く見てきた私ですが、この雰囲気、機関面ともに、単に仕上げた良さと言うより、共に生きてきた良さを感じる個体なのです。, それは実用車としては、最も大切なことではないかと思うのです。だって、飾って置くクルマではないし、日常の足として、ドライブにだって行くし・・・。, スーパーにだって買い物にいくし、お子様の送り迎えだって・・・そういう生活の一部に溶け込んでこその実用車なのですから。, 唐突ではありますが、あのルー・リードの名曲「Sweet Jane」にこんな一節が・・・。, 『それに人生なんて死ぬためにあるんだ。 でも言っておくことがあるよ。』



あともう少しロードテストしてOKだと良いな~, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 試乗した印象は、そんなに走ってるかなぁ?という感じです。, 後付のタコメーターと水温計を装備!キャトルで水温計は事前にトラブルを回避するために心強い味方なのです!, クーラー装備ですが、これも経年劣化の定番のガス漏れがある様です。すべて一新すればもちろん良いのですが費用が・・・。

『いちど役を演じてしまったら、それを嫌になることなんかできない。』, そう、いちどキャトルを知ってしまうと、必ず心を奪われるような時間を経験するはず!それを忘れる事も、ぶち壊す事も出来ないと思うし・・・。, 「キャトルとの生活」と言う舞台で、主役を演じてしまえば、将来、例え違うクルマに乗り換えたとしても、その役を嫌いになんてなれないのではないかと・・・。, ♪Sweet Jane!Sweet Quatre!♪・・・さぁ、そろそろ貴方が演じる番ですよ!. 32年の間に813万台が生産されたルノー4は、特段珍しいモデルではないが、1992年に生産が終了しているため最後期モデルでもすでに25年が経過している。そのため、良好な個体が減少しているのは当然のこと。ユーズドカーマーケットを見渡せば、高年式のgtlは数台見つけることが出来るが、 …

見た目と違って意外とパワーもあって走りも楽しいのです!, 車体後部下面です。もちろん汚れはあるものの、酷いサビや腐食が無いのがお判りいただけるかと・・・。, もともとPOPなキャトルが、更にPOP度パワーアップした印象のマルセイユブルーのキャトル!, そんなライク ア ローリングストーンでサティスファクションなキャトル! ♪いかがですか~、ベイベ~♪.





ルノー 4に実際に乗っているオーナーのレビューや口コミが満載。実燃費やエクステリア・インテリアに関する情報や、メンテナンス・カスタム方法が充実。ルノー 4の様々な情報がここに!日本最大級のクルマ情報サイト「みんカラ」 4はフランス語で『カトル(Quatre)』。キャトルという呼び方も日本で浸透しているが、フランスでは主に、最もポピュラーな仕様「4L」から「カトレール(キャトレール)」と呼ばれる。, 商業的に成功した世界初のハッチバック車とも考えられている。生産台数は1992年12月の生産終了までに約835万台で、フォルクスワーゲン・タイプ1、フォード・モデルTに次ぐ、モデルチェンジなしの量産車としては累計台数世界第3位の生産台数を記録している。, 1950年代のフランスにおける人気車種であったシトロエン・2CVを徹底的に研究して設計、開発された。, 当時ルノーでは最小モデルとして750cc級リアエンジンのルノー・4CVを生産していたが、リアエンジンは室内空間が広くできるものの、車体前部のトランク容量は小さく、使い勝手がいいとは言えなかった。また、エンジン、タイヤ、エンジンオイル、道路舗装の進歩による速度や路面グリップ力の向上も、リアエンジン車にとっては不安要素となった。, 4CVは1946年から長らく生産されており、時流に比べてやや旧態化・陳腐化していた。後継モデル開発にあたっては、前輪駆動の2CVが当初『缶詰』等と嘲笑されつつも、着実にフランスの路上に繁殖している以上、それを凌駕する車にすることが必須だった。, このため前輪駆動方式を採用するとともに、機能性を優先し小型の貨物バンを思わせるバックドア付きの2ボックスハッチバックスタイルを採用した。乗用車ではあるが貨物車のような汎用性を備え、ラゲッジスペースに限りのあったシトロエン・2CVに差を付けたのである[1]。, ルノーのベーシックモデルとして企画された4シリーズ(当初は排気量750cc。当初600ccのルノー・3も存在した)は、経済的で実用性の高い小型車であったことから庶民に受け入れられ、ルノーの大衆車市場での足場を固めた。, このモデルの基本設計を基礎として、1968年にルノー・6、1972年にルノー・5の各前輪駆動車が登場し、それ以外にも、商用仕様の「4/F4、4/F6(フルゴネット)」や様々な特別仕様車、レジャー用の『ロデオ』シリーズ等を派生した。2CVのような熱心なファンこそ少なかったものの、商業的には大きな成功を収め、1992年まで生産が続けられた。, 2CVはラゲッジスペースとなる車体後部が大きく傾斜しているため、かさばる大荷物を積む場合、トランク蓋や屋根のキャンバストップを外して、荷物を車外に露出させる必要があった。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ルノー・4&oldid=73878619, 室内からのドアの開閉は、ちょうど手が入るサイズに開いている穴に、手を差し込んで操作する簡素な方式である。, 長いトーションバー・スプリング2本はどうしてもずらして配置せざるを得ないが、上下並行では室内空間が圧迫されることから、前後に平行に配置した。その結果、左右の.
このプーリーを介する事によりウォーターポンププーリーとクーラーコンプレッサープーリーにベルトが円周の半分以上接触することが出来るようになる為、充分な摩擦が得られるので強くテンションを掛けずに済むように対策しました。, 取付位置や方法テンショナーの選定など大変でしたが、上手く回っているようです。



触るとサビがボロボロッと崩壊!キャ~!(笑) なんてヒドイのも多いですからね。, タイヤはご覧の通り!ヒゲヒゲのバリ溝状態!

『いちど心を持ってしまったら、それをぶち壊しになんかできない。』 JAPAN IDでログインするとお気に入りに登録や複数見積もりができるようになります。, ※当情報の内容は各販売店により予告なく変更されることがあります。また、(株)リクルートおよびヤフー株式会社は当コンテンツの完全性、無誤謬性を保証するものではなく、当コンテンツに起因するいかなる損害の責も負いかねます。, ※コンテンツもしくはデータの全部または一部を無断で転写、転載、複製することを禁じます。, ※カーセンサーの支払総額は店頭納車を前提にしています。自宅への納車をご希望された場合などは、別途納車費用がかかります, ※販売店の所在する所轄運輸支局以外で登録する際や、車の定置場所、登録月によって、手数料や税金の額が異なる場合があります。詳しくは販売店にお問合せください, 現在位置:


Copyright © Autoreve Co.,Ltd. ETC; AC; 左; AUTOREVEがおススメする特選中古車 …



ご意見・ご要望 |


会社 サボる 頻度 6, ブラキキトン ルペストリス 育て方 5, 平子理沙 ヒルナンデス 服 4, ブラッディ マンデイ アニメ 動画 7, あつ森 キザ系 2人 10, Gonin 映画 動画 6, 十 二 人の し にたい こども たち セリフ 12, 派遣 社内選考 長い 32, 仁王2 評価 2ch 4, セカンドストリート スタッフ コーデ 15, 魔轟神 デッキ 2020 22, フィナーレ 曲 盛り上がる 18, Ryzen 7 3700x マザー 14, Mtgアリーナ デッキ 配布 59, Places 意味 読み方 5, チェ ロウン 現在 10, 8utterfly 遊んであげてるの 歌詞 7, ファンタ 瓶 年代 9, 世界シェア 日本企業 2020 5, 小学5年生 プレゼント 女の子 14, モデルガン おすすめ 初心者 8, 天使にラブソングを2 黒人 男の子 アドリブ 9, ミリタリー ウォッチ 専門店 4, Beyondcorp Remote Access 料金 46, 紅龍 Ff14 魚拓 29, 佐藤健 ブログ With 29, Crazy Raccoon Apex 7, ハワイ ブログ コロナ 4, 今日は会社休みます 田之倉 性格 4, 将棋 棋士 酒 7,