2018年に放映された韓国ドラマ『人形の家~偽りの絆~』 平凡な家族と財閥一家を背景にした欲望や秘密が絡み合うドロドロ愛憎劇! 『人形の家~偽りの絆~』の日本語字幕付動画を1話〜最終話まですべて視聴可能な動画配信サービスを一覧にしました。 そんなヨンスクの娘で高級ブランド店で働くホン・セヨン(パク・ハナ)は、有名デザイナーになりたいという夢を持ち、モンスタークレーマーの対応にもきちんと対処できるほどの優秀な販売員。 ヤフーの無料動画サービスgyao!(ギャオ)では、韓流スター、韓流アイドルの映像や韓国番組が見放題!恋愛系や歴史系の韓国ドラマをはじめ、韓国映画、韓国バラエティー番組、k-popなど、ラインアップ … 毎日の疲れの癒しになる話題の最新韓国ドラマをより一層楽しんでもらうために、キャスト情報についてもお届けします。テレビを見逃して友達との話題についていけないピンチの時に役に立つ、無料動画の視聴方法もあわせてご紹介していきます。, その為、もし再放送を見逃してしまった場合はビデオオンデマンドで見ることをおすすめしています。, 「人形の家(韓国ドラマ)」はU-NEXT・FOD・TSUTAYA TV・ビデオマーケット・GYAO!の5サイトで見ることができます。, そして、無料キャンペーンに登録するとポイントがもらえ、そのポイントでレンタルできます。, 平凡な家庭の妻であり母親であるクム・ヨンスク(チェ・ミョンギル)は、30年間家族には決して明かしていないもう一つの姿があった。 2020年7月6日 人形の家 キャスト – は コメントを受け付けていません。 韓国ドラマの動画 あらすじ . 違法サイトをオススメしない理由②:不正アップされた動画を視聴するだけでも罪になる!? 『人形の家~偽りの絆~』の日本語字幕付動画を1話〜最終話まですべて視聴可能な動画配信サービスを一覧にしました。 実質無料で視聴できるサービスもあるのでオトクに楽しみましょう!, ▼今すぐ『人形の家~偽りの絆~ 』を無料で視聴したい方はこちらから▼『人形の家~偽りの絆~』の動画を無料で視聴する31日以内に解約すれば料金はかかりませんよ!(1,990円→0円), 韓国ドラマを視聴するなら動画配信サービスを利用しましょう。国内の主要な動画配信サービスでの配信状況を一覧にまとめました!, 「人形の家~偽りの絆~」は、こちらの動画配信サービスで配信中です。 ※1月26日時点での配信状況です。 最新の配信状況は各動画配信サービスをご確認ください。, この中で一番おすすめなのがU-NEXT! U-NEXTでは現在、見放題で配信しています。 さらに、初回登録でもらえる600ptを利用すれば、他の韓国ドラマも無料で視聴ができます!, 主要な動画配信サービスの中で無料トライアル期間が一番長いだけでなく、韓国ドラマにもっとも力を入れているため『人形の家~偽りの絆~ 』以外にもたくさんの韓国ドラマを視聴できますよ!, 31日間の無料お試し期間中に解約すれば料金も発生しないので、オトクに視聴できます!, ▼今すぐ『人形の家~偽りの絆~』を無料で視聴したい方はこちらから▼『人形の家~偽りの絆~』の動画を無料で視聴する31日以内に解約すれば料金はかかりませんよ!(1,990円→0円), 手持ちのテレビ、PC、スマホ、タブレットとすべてデバイスにも対応しているので好きなときに好きな場所で動画が楽しめる!, 事前にWi-Fi 接続で作品をダウンロードしておけば、ネット環境がなくても視聴可能!, どれだけ使っても月額たったの1900円で利用可能! ※別途ポイントが必要なコンテンツもあります。, U-NEXTは韓流ドラマを始めとしたアジアドラマファンにオススメの理由がこんなにたくさんある動画配信サービスなんです!, アニメやドラマを無料で見ようと思ったら、Dailymotionやpandoraのような動画共有サイトが頭に浮かびますよね。最近ではkissasianなんてサービスもでてきました。, ただ、こういったサイトにアップされている動画は、不正に公開されたものです。 不正アップされた動画を扱う違法サイトを利用することは、絶対にオススメできません。, 不正にアップされた動画は、著作権者の依頼で定期的に削除されていきます。 一部の回がアップされてても続きが見れないんてこともよくあります。, 『続きが気になるのに、動画がみつからない!』なんてストレスを溜めるくらいなら 正規の動画配信サービスを使って好きなときに好きな回を視聴しましょう!, 無料動画サイトに不正に動画を公開することが罪になることはなんとなく理解しているかもしれませんが、不正に公開された動画を視聴しただけでも罪になる可能性があるんです!, 誰かが勝手にアップした動画を視聴しただけで罪に問われるなんてことになるくらいならせなら正しい方法で安心して作品を楽しみましょう。, すでに閉鎖されていますが、anitubeという不正配信サイトが流行っており、さまざまな動画もアップされていました。, ただ、こういったサイトにアップされたデータには、ウイスルが仕込まれていたという話があとを絶ちませんでした。。, PCやスマホが不具合を起こすだけではなく、大事な個人情報が流出するリスクもあるので絶対に利用しないでください。, U-NEXTでは、現在31日間の無料トライアルを実施中です! TV放映中の作品から、U-NEXT独占配信の作品まで幅広いラインナップが揃っていて韓流ドラマ好きの方にオススメのサービスです!, 韓国国内でも大ヒットした名作ドラマの数々がU-NEXT独占で見放題配信されているケースも!, 『人形の家~偽りの絆~』以外にもさまざまな韓流・アジアドラマを見ることができますよ! U-NEXTでは、動画作品によって ・見放題作品(登録すればいつでも見放題) ・レンタル作品(ポイントを使って視聴) この2種類に分かれています。, 『人形の家~偽りの絆~』は見放題作品なので、登録すればいつでも視聴が可能になります!, 最新作はレンタル作品となっている場合もありますが、無料トライアル登録でプレゼントされる600ptを利用すればレンタル作品も視聴できちゃうんです!, まずは、31日間無料トライアルを体験してみましょう。 31日間の無料トライアル中であれば、いつ解約しても一切料金はかかりません!, 『人形の家~偽りの絆~ 』を視聴する31日以内に解約すれば料金はかかりません(1,990円→0円), U-NEXTの無料体験の登録方法を詳しく知りたい!という方はこちらの記事を参考にしてください!画像付きで詳しく紹介しています! ⇒簡単登録!U-NEXT 無料体験の登録方法をご紹介!, 『TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV』は、CD/DVDレンタルでおなじみのTSUTAYAが提供している動画配信とDVDの宅配レンタルサービスがセットになったサービスです。, 『人形の家~偽りの絆~』は、現在、準新作作品のため、トライアル期間を利用すれば実質無料でDVD視聴がたのしめます!, ほかにも、動画配信サービスで見放題になっていない作品や、日本ではまだ未配信の韓国ドラマのDVDも合わせてレンタル出来るので、自宅で韓国ドラマを楽しんでいる方にはオススメです!, ▼登録はこちらから▼TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVで『人形の家~偽りの絆~』を視聴する31日以内に解約すれば料金はかかりませんよ!(2,417円→0円), TSUTAYATVでは、韓国ドラマの独占配信がたくさん! 話題作をいち早く視聴したい方は登録して損のないサービスです!, 無料期間から利用できるDVDの宅配サービスは送料・延滞金なしで毎月DVDを借り放題!長編の韓国ドラマも無料期間中にイッキ見できますよ!, TSUTAYA TVでは韓国ドラマの配信がたくさん! 見放題作品もどんどん更新されるので韓国ドラマ好きの方にはオススメです!, ▼登録はこちらから▼TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVで韓国ドラマを視聴する31日以内に解約すれば料金はかかりませんよ!(2,417円→0円), 平凡な母親と財閥以下の執事として二重生活を送るヨンスクを中心に、デザイナーの夢と家族との間で悩む娘セヨン、衝動調整障害を抱え、買い物中毒財閥令嬢ギョンへ。2人の女性の奇妙な友情と戦いの行方をドロドロ200%で描いた愛憎劇。, ヨンスク(チェ・ミョンギル)は娘セヨン(パク・ハナ)に見送られて家を出る。ついたのはアパレルブランド「ウィナーズグループ」のウン会長の邸宅。家族は知らないが、彼女はここで執事として働いていた。, 一方、ウン会長の孫娘ギョンへ(ワン・ビンナ)は買い物中毒でノイローゼに苦しみ、夫ミョンファン(ハン・サンジン)との関係も破綻。家を抜け抱いたギョンへは高級ブランド店へ向かうが、そこはセヨンが働く店だった。ギョンへが商品を万引しようとバッグに入れる様子をセヨンが目撃してしまいトラブルになってしまう。, ヨンスク役は「あなたは贈りもの」のチェ・ミョンギル、セヨン役は「凍える華」のパク・ハナ、ギョンへ役は「漆黒の四重奏〈カルテット〉」のワン・ビンナと、一線級の女優陣がときに愛し合いときにお互いを陥れ合う愛憎劇を繰り広げます。 財閥家を舞台にした女達の壮絶バトルと飽きさせない展開に注目です。, チェ・ミョンギル/クム・ヨンソク ワン・ビンナ/ウン・ギョンヘ パク・ハナ/ホン・セヨン イ・ウンヒョン/イ・ジェジュン, 原題:人形の家 話数:1話〜103話(最終話) 演出:キム・サンフィ 脚本:キム・チェナ, この記事では、韓国ドラマ『人形の家~偽りの絆~ 』の各動画配信サービスでの配信状況をご紹介しました!, 財閥令嬢ギョンへと夢見る平凡な女性セヨンの出会いがいかにもドロドロ展開が予想させますが、セヨンにとっては愛情深い母、ギョンへに撮っては財閥会長宅で機械的に働く執事という二重生活を送るヨンスクという女性を登場させるところがこの作品のキモになっています。境遇の違う2人とそれぞれを想うヨンスクの関係が物語をドラマチックなものにしていきます。, 更に、ギョンへの夫役のハン・サンジンと、財閥秘書室長役のイ・ウニョンが野望と秘密を抱えた男たちに扮し、復習と陰謀が入り交じる物語に拍車をかけます!, 華やかな世界も裏側はお互いを騙し合い欲のために操る人形の家だった!欲望入り交じる愛憎劇をお楽しみください!, 内容が気になった方は、この機会にU-NEXTへ登録して、オトクに視聴してみてくださいね!, 以上、韓国ドラマ『人形の家~偽りの絆~』日本語字幕付動画を1話から最終話まで無料で視聴できる方法!あらすじや見どころもご紹介!でした。, 映画やアニメ、特撮ドラマから韓流ドラマまで様々な動画をオトクに視聴する方法をご紹介するブログです。, 「人形の家~偽りの絆~」はNETFLIX,Hulu,Amazon primeで配信してる?. 人形の家はまだ比較的新しいドラマですが、そのうちu-nextでも見放題作品になるとは思います。(確実なことは言えないけど) 動画レンタルではなく、見放題作品になれば月額約2000円の会員になればすぐに見ることができますね。 一方、仮面夫婦として生活している財閥の令嬢ウン・ギョンヘ(ワン・ビンナ)と夫のチャン・ミョンファン(ハン・サンジン)はそれぞれの事情により水面下で憎しみ合う程の関係だった。 韓国ドラマ「人形の家」の見逃し動画を見れるサイトをご紹介していきます。 当サイトではu-nextで視聴することをおすすめしています。 無料期間中にポイントももらえるので、有料作品も見ることができます。 これから始めるなら無料で登録できるので、一度試してみるのもいいですね。 セヨンをかばいミョンファンに撃たれたヨンスク。ショックで絶叫するセヨンとギョンヘ。さらにギョンヘはヨンスクを緊急搬送する救急車の中で母親が撃たれたショックで心臓発作を起こしてしまう。ヨンスク、ギョンヘの運命は?ウィナーズの未来は?そしてセヨンとジェジュンの不器用な恋の行方は? 韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪ 毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡. それは大財閥であるウン会長家の執事として働いていること… イヴの愛 – 人気記事ランキング. コメントは受け付けていません。 楽しい我が家 – 「ボーダーランズ プリシークエル」8 楽しい我が家. チェ・ミョンギル/パク・ハナらが出演する『人形の家~偽りの絆~』の動画を配信!【無料動画もあり】国内最大級の動画配信数を誇る【ビデオマーケット】では人形の家~偽りの絆~の視聴いただける関連動画や関連作品をまとめてご紹介しています。 高級ブランド品を扱うブティックの販売員を務めるセヨン。彼女の夢はデザイナーになることで、仕事の合間をぬって自分でデザインした服を東大門(トンデムン)の洋品店に持ち込む、まさに寝る間も惜しむ毎日を送っていた。一方で裕福な屋敷に暮らす財閥会長の孫ギョンヘ。医師に“買い物依存症”と診断されており、夫である社長のミョンファンとの関係は険悪だった。そんなギョンヘがセヨンの働く店を訪れたことで二人の人生が激変し始める。, セヨンはギョンヘにいきなりバッグで殴りつけられるが、それはギョンヘが店の商品を万引きするのを目撃したからだった。ギョンヘがVIPであるため、逆に被害者のセヨンが上司に叱責されてしまい憤懣やるかたない。しかも騒動を隠すため、ギョンヘの祖父の会社の会長秘書が買い取った店の全商品を配達させられる羽目に。ところが、セヨンは配達にいったホテルでギョンヘが不審な男に連れ去られるのを目撃してしまい…。, ギョンヘを不審な男から救おうとして怪我を負うセヨン。軽傷にも関わらずウィナーズの秘書室長ジェジュンのはからいで入院することになるが、それは警察の事情聴取に協力してほしいという意図もあってのことだった。一方、セヨンがギョンヘを助けて入院したことを知ったセヨンの母ヨンスクは二人の入院先に向かうが、セヨンの容体を心配するより、ギョンヘと同じ病院にセヨンが入院していることが気になる様子を見せ・・・。, 入院先の病院の庭で雑談をするギョンヘとセヨン。ギョンヘは店での諍(いさか)いを謝り、セヨンのわだかまりは少しとける。そんな中で病院に到着したヨンスクは、なぜかセヨンを無理やり病院から連れ帰ってしまう。セヨンの証言を期待していたギョンヘは、自分との約束を守らずいきなり消えてしまったセヨンに激しい怒りを覚える。一方、入院に過剰な反応を示してセヨンを連れ帰ったヨンスクの行動に家族は不審に感じる。, ギョンヘは店でセヨンを執拗に責め騒動を起こしてしまうが、ミョンファンはそれを聞いてむしろ満足げな様子を見せる。そんな中ジェジュンは、ギョンヘを襲ったキム・ドンマンと接触する。彼はウン会長を恨む20年前の染色工場の労災被害者だったが、ジェジュンもまた被害者でこの件で父が命を落とし妹とは生き別れになるという過去を持っていた。それにも関わらずウン会長の元で働くジェジュンをキム・ドンマンは非難するが…。, ジェジュンが気に入らないミョンファンは、ウン会長にジェジュンのことを告げ口するが、それに対して激しく叱責されあまりの剣幕に驚く。そんな中、店のためにギョンヘに謝罪をしようと屋敷を訪ねるセヨン。そんなセヨンを一旦は拒絶するギョンヘだったが…。そんな中、ギョンヘが騒ぎを起こしたことが記事になってしまう。焦るウン会長は、ミョンファンの口車に乗せられてギョンヘにハワイへ療養に行くように言うが…。, セヨンと出会ってから少しずつ変わり始めたギョンヘは、依存症治療の薬を飲むのを止めると言い出す。ギョンヘを薬漬けにしておきたいミョンファンは焦り、不倫関係にある主治医のヒョジョンに相談するが、ヒョジョンは心配ないと言う。そんな中ギョンヘに食事に誘われるセヨン。ところが、なぜか二人が仲良くなることが心配な様子のヨンスクは、それを阻止するかのようにセヨンを呼び出して留学を勧める。, 食事の席で、ギョンヘの心の中を少し垣間見たセヨンは、ホテルのレストランからギョンヘを外に連れ出す。二人の距離は少し縮まった様子で、同行するジェジュンもその様子を優しげに見守る。それに反比例するようにヨンスクの不安は次第に大きくなり、しきりにセヨンに留学を勧めるが、セヨンはなかなか決心できない。そんな中、セヨンの勤めるブティックのVIPイベントが開かれ顧客としてギョンヘもやって来るが…。, 店の前でぶつかってしまったセヨンの父ピルモクを汚い言葉で罵るギョンへ。それを見たセヨンは激怒してギョンヘに謝罪を求める。これは薬を止めた影響が出たもので、ミョンファンと通じる主治医ヒョジョンの狙い通りの結果だった。ギョンヘは自分自身に困惑し、その姿を見守るヨンスクも心を痛める。一方ジェジュンはウン会長に命じられて、ギョンヘに接触しないようセヨンに頼みに行く。それに対してセヨンは大いに気分を害し…。, 留学を決意したセヨン。一方ギョンへはウン会長にハワイへは行きたくないと懇願し、セヨンをパーソナルショッパーとして雇ってほしいと頼む。ウン会長はギョンヘの望みを聞こうと考え、その人柄を見定めるためセヨンを呼んでくるようジェジュンに命じる。そんな中、ウィナーズの全役員にギョンヘを中傷する内容のメールが届けられるが、それはギョンヘを陥れたいミョンファンが画策したものだった。, 母ヨンスクが働いているのは、ギョンヘの暮らすウィナーズグループの会長の屋敷であることを知ったセヨンは激しく動揺するが、同時にその心の内も理解する。ウン会長は屋敷に戻ったヨンスクに、セヨンをギョンヘのパーソナルショッパーにするように迫るが、頑として承諾しない様子に一旦は諦める。そしてギョンヘを自分の後継者にするためイメージアップを図るべくPR戦略を実行し始める。, ジェジュンはバイクにはねられそうになったセヨンを助けて手に怪我を負ってしまう。恐縮するセヨンにジェジュンは、さる人物の買い物をアテンドするアルバイトをしてほしいと頼む。自分のせいで怪我をさせたことを申し訳なく思うセヨンは、断れずに承知する。待ち合わせ場所に行くとそこにはウン会長がいて、セヨンはそうとも知らずに買い物のサポートをする。最初はぎこちなかったが次第に実力を発揮し始めて…。, 薬を止めた影響で精神状態が不安定なギョンへは、苦しみながらも絶対乗り切ると悲壮な決意を見せ、ヨンスクはそれをハラハラしながら見守る。そんな中、留学の試験に合格したセヨンはその喜びをヨンスクに伝える。その会話の中で買い物をアテンドした人物の話題となり、その人物になぜか親しみを感じると言うセヨン。その人物がウン会長だと気付いているヨンスクは、その言葉を聞いてにわかに顔色を曇らせる。, 深まるギョンへとセヨンの確執。落ちてくる照明器具からギョンヘがセヨンを救ったというニュースを聞きウン会長は喜ぶが、事実はまったくの逆だった。そんな中、セヨンは買い物アテンドをした人物からウィナーズのファッションショーに招待される。バックステージやランウェイを見てデザイナーになる夢をさらにふくらませるセヨンだったが、自分を招待してくれた人物がウン会長だと知ると…。, ギョンヘのパーソナルショッパーを断ったセヨンに、ジェジュンは今後大変なことが起きると忠告する。そして留学への出発も近づいたある日、セヨンはコピー商品を作った疑いでいきなり逮捕されてしまう。セヨンを救おうと事実関係を調べるヨンスクは、これが誰の仕業か気づき…。一方マスコミから逃れるため別荘に隠れたギョンヘは、ハワイに送られることに怯え錯乱する。その様子を見たヨンスクは…。, ヨンスクはセヨンに、濡れ衣を着せたのはウン会長であることを明かし、二人の娘がこれ以上苦しむのを見たくないという気持ちから、ウン会長の言うとおりパーソナルショッパーになるように勧める。一方ウン会長は、ギョンヘに対する後継者の資質への疑念を払拭するため役員会を開き、セヨンに証言させて役員たちを抑えつける。そんな中、ヨンスクはミョンファンに、これ以上ギョンヘを傷付けることは絶対に許さないと警告する。, セヨンはウン会長の屋敷にパーソナルショッパーとして初出勤する。そこでヨンスクが家政婦ではなく、屋敷のすべてを取り仕切る執事であることを知って茫然とする。一方ウン会長は、ギョンヘをウィナーズの後継者にするべく準備を始める。ミョンファンは現在のプロジェクトを中止してギョンヘをサポートするよう命じられ内心穏やかでない。そんな中セヨンはパーソナルショッパーとしてギョンヘの洋服選びに同行するが…。, ヨンスクはギョンヘを一人にしたことを責めてセヨンの頬を叩くが、それはウン会長からこれ以上叱責を受けないよう守ろうとしての行動だった。さらにヨンスクはギョンヘがミョンファンに脅迫されているらしいことに気付き、ミョンファンを詰問するが…。一方、ウィナーズのデザイン研修生の選抜試験に臨むセヨンだったが、そのことを知ったギョンヘは自分が利用されたと思い込んで…。, デザイン研修生選抜試験の面接に臨むセヨン。一着の洋服を見てウィナーズの特徴を述べよという難問に、ただ一人挙手して…。一方、セヨンがヨンスクの娘であることを知ったヒョジョンは、邪魔なヨンスクを牽制するためセヨンを利用することをミョンファンに提案する。その方法とはミョンファンがセヨンに近づきギョンヘを嫉妬させるというものだった。そんな中ヨンスクはミョンファンの車を尾行して…。, ミョンファンとヒョジョンの不倫を知ったヨンスクは二人を激しく攻撃する。そしてセヨンはギョンヘの態度に耐えきれず屋敷を去る。そんな中ギョンヘは入院したウン会長の代行を務めることに。一方ミョンファンは中止になったプロジェクトで裏金を貰っていた業者から、返金してくれなければ会長に暴露すると脅され絶体絶命に。それを聞いたヒョジョンはウン会長の過去をネタにギョンヘを脅迫して利用することを提案する。, 忘れ物を取りに屋敷に戻ったセヨンは、ギョンヘがミョンファンに暴力を振るわれているところに遭遇し体を張ってギョンヘを守る。そのことを知ったヨンスクはミョンファンを問い詰めるが、ギョンヘに止められ逆に謝罪させられてしまう。これはウン会長が関与した過去の染色工場の有毒物質事故のことでミョンファンに脅されていたからだった。一方ジェジュンは、パーソナルショッパーを辞めると言うセヨンをある場所に連れていく。, ヨンスクが30年前にギョンヘの亡き父親のウン・ミンス夫妻と同じ住所に住んでいた事実を知ったミョンファンは、何かがあると直感する。一方ヨンスクは、ミョンファンの横暴に耐えるギョンヘが心配でならず、セヨンが前に言っていたことを思い出し、励まそうと三人で小旅行に出かける。新商品のコンセプト作りに悩んでいたギョンヘとセヨンは、この旅で着想を得て旅行をコンセプトにすることを思いつく。, ミョンファンは5年前のひき逃げ事件の再捜査が決まったことを知り、被害者の様子を探りに行くが、それはセヨンの姉のチキン店で働くコンニムだった。一方ヒョジョンは、ヨンスクの過去を調べるうちにギョンへとセヨンの因縁に気付く。そんな中、新商品開発責任者にギョンヘが指名されるがミョンファンはそれを潰そうと考える。そしてデザイン研修生として初出社したセヨンを待ちうけていたのは“情実合格”と中傷する同期生だった。, ギョンヘのために新商品のデザインを公募にすることを提案したセヨンを、ミョンファンが激しく威嚇する。ジェジュンはセヨンをかばおうとしてミョンファンと衝突し、ウン会長に激しく叱責されてしまう。そして公募の参加資格が拡大されたため、自派のデザイナーが多いミョンファンが圧倒的に有利になりギョンヘは窮地に。公募でミョンファン派のデザイナーに勝つためギョンヘが白羽の矢を立てたのは、やはりセヨンだった。, キム・ドンマンは、染色工場の事故の責任がウン会長にないことを知る。ヒョジョンはその証拠を奪おうとして彼と揉み合うが、セヨンはその様子を見てヒョジョンが襲われていると思い、助けに入り右手を負傷してしまう。公募のデザイン画が思うように描けなくなりセヨンは大ピンチに陥る。一方ヒョジョンはミョンファンと共謀して、ギョンヘがDVをはたらいているとウン会長に思い込ませて、敵対するヨンスクを牽制しようとする。, セヨンはヨンスクの激励で立ち直り、右手が思うように動かない状態でも諦めずに公募のデザインに取り組む。一方でヨンスクは、主治医としてのヒョジョンが信じられず、ギョンヘの心の病が真実なのか疑いを持ち始め、処方された薬の分析を別の医師に依頼する。そんな中、コンニムが5年前に遭ったひき逃げ事故の再捜査が決定する。記憶を失ったままのコンニムは、捜査の一環として事故の状況を思い出すため催眠療法を受けることに。, スランが入院する精神科病院の医師はヒョジョンの先輩で、ヒョジョンはギョンヘの実母が生きていることを察知する。そんな中、ウィナーズのデザイン研修生たちは食事会をすることになりセヨンも参加するが、それはセヨンに嫌がらせをしようという企みで、そのことに気付いていたギョンヘはセヨンを助け出す。そしてセヨンは、車で迎えにきてくれたジェジュンに酔った勢いで好きだと告白してしまう。, 孫に寄せる祖父の思いを痛感したセヨンは、ウン会長の好物をギョンヘに教えて一緒に調理し、会長を感激させる。生き別れの妹を捜すジェジュンは、生存の望みは薄いと調査を依頼した探偵から告げられ気持ちをすさませる。一方でミョンファンは、ギョンヘが後継者として存在感を増していることに危機感を募らせ、デザイン公募の最終審査を妨害するため、ならずものを雇ってセヨンを拉致しようとする。, ギョンへの機転でセヨンは無事に最終審査のプレゼンテーションを終えるが、ギョンヘのミョンファンに対する怒りは収まらない。一方でヒョジョンは、スランに薬を投与して過去を聞き出すが、それは心臓病だったのはギョンヘではなくセヨンのほうだという衝撃的な事実だった。そんな中ジェジュンは、生き別れの妹が亡くなっていたという報告を受け、衝撃で高熱を出し寝込んでしまう。しかし自分を必死で看病するセヨンに気付くと…。, ヨンスクはスランが危篤だと聞いて入院先の病院に駆けつける。意識のないスランの前で跪き30年年前の出来事を告白して、すべては自分の娘の命を助けるためのことだったと涙ながらに言い許しを求める。そんな中、セヨンはギョンヘの代わりにジェジュンと一緒に奉仕活動に行くことに。二人きりになり自分への思いをとつとつと告白するジェジュンに対してセヨンは…。一方でヨンスクは、ミョンファンの重大な背徳行為に気付く。, ウン会長はミョンファンが不妊手術を受けていたことを知り激怒して、屋敷から追い出してしまう。そんな中デザイン公募で入賞を果たしたセヨンはウン会長に連れられて、とある寺院へ。そこには莫大な費用をかけて開発した生地が隠されており、ギョンヘのために投入すると打ち明けられる。ところが、その寺院でウン会長が亡き息子のために祈る姿を見たセヨンは自然に涙があふれ、あとでそのことをヨンスクに話すと…。, ヒョジョンのマンションに呼び出したヨンスクにミョンファンは、ギョンヘがウン会長の孫でなくヨンスクの娘であるという事実を、自分に協力するなら秘密にすると取引を持ちかける。ところがヨンスクは、ミョンファンに協力するくらいなら会長に事実を告白すると一蹴してしまう。一方ヒョジョンは、セヨンがウン会長の本当の孫であると見当を付け、それを確かめるために口実を設けて何も知らないセヨンを呼び出す。, セヨンこそがウン会長の孫だと言う事実を確認したヒョジョンは、まずセヨンを追放すべきだとミョンファンに進言する。一方ウン会長は新開発の生地の特徴を生かしたセヨンのデザイン案を絶賛して試作品の製作を開始することを指示する。セヨンは秘密裏に製作を進めるため在宅勤務をすることに。このことで何かあるとにらんだミョンファンは、セヨンの自宅に押しかけ留守をいいことに作業部屋をあさって新開発の生地の存在を知る。, ヨンスクは生地を盗み出すようヒョジョンに強要されるが全く動じることはなく、かえってミョンファンがヨンスクに跪く羽目に。そんな中、セヨンは新開発生地の試作品を完成させ会長室に向かうが、その途中でミョンファンが雇った男にすり替えられてしまう。ウン会長に激しく叱責され落ち込むセヨンに、ギョンヘも腹を立てて冷たくあたるが、自分を信じてくれたことを思い出し、気を取り直してセヨンを励ます。, ミョンファンは盗んだ生地を持って会長室に現れ、闇市場に出回る前に自分が取り返したと嘘をついてウン会長に取り入ろうとする。ところが話の途中で現れたギョンヘとセヨンが、新開発生地の製法を他社に公開することで危機を脱しようという提案をし、結局その案をウン会長が受け入れたためミョンファンの目論見ははずれ、屋敷に戻る計画は徒労に終わる。事態を打開すべくヒョジョンがウン会長を訪ねるが…。, セヨンがデザインした服が品評会で落選した理由は、社長派の専務が販売店のオーナーに裏で手を回していたためだと判明する。ギョンヘは、そのオーナーに会いに行くが、前に買い物に来たギョンヘに嫌な思いをさせられたので、その仕返しのためにしたことだと言われてしまい、自分の過去の行動を反省する。一方でギョンヘはウン会長に、ミョンファンと離婚しないと告げるが、それはミョンファンに握られている“弱み”のためだった。, コンニムは自分のそばで急ブレーキをかけた車の運転席の人物に声をかけるが、運転席にいたのはセヨンに会うためチキン店に向かうギョンヘだった。そんな中ギョンへは、ヒョジョンの過去と染色工場の事故について調査するようジェジュンに命じる。一方、5年前のひき逃げの再捜査で催眠療法中のコンニムの担当医師はヒョジョンで、思い出させるどころか記憶を封じ込めようとしているのであった。, 決して妥協しないヨンスクに、ミョンファンとヒョジョンが放った矢は、ギョンへのひき逃げ事故だった。屋敷に戻ったヨンスクがギョンヘに真偽を問いただすと、否定はするものの動揺している様子に胸騒ぎを覚えるが、その言葉を信じることに。そんな中ミョンファンは、ギョンヘにセヨンを切るように命じる。ところがギョンヘは、セヨンを解雇するだけでなくプロジェクト統括までミョンファンに譲ると言い出す。, 解雇されたセヨンが向った先にはギョンヘとヨンスクが待っていた。ギョンヘがミョンファンの言うことを聞いたのは、ミョンファンを操ろうと考えたヨンスクの作戦だったのだ。ウン会長はミョンファンに新商品のデザインからセヨンの作品を外し、前に候補にあがった作品を採用するように言うが、これは以前ミョンファンがギョンヘを陥れようと用意した盗作デザインで、ミョンハンは自分で自分の首を絞めることになってしまう。, ミョンファンは自分が罠にはまった自覚すらないままに、ギョンヘに助けを求める。その結果セヨンを呼び戻すためにギョンヘを責任者に戻すことになる。新商品発表会のファッションショーの準備は急ピッチで進み、いよいよショー当日を迎え…。コンニムもセヨンの家族と一緒に応援に来ていたが、気分が悪くなり会場の外に出ると、そこには少し前に顔を思い出したばかりの5年前のひき逃げ事件の犯人がいて驚く。, 犯人と名指しされたミョンファンは、コンニムを煙に巻いてその場はうまく逃れる。一方ギョンヘはセヨンとジェジュンがキスしているところを見てしまい、二人の関係を直接尋ねるとセヨンは…。そんな中、ウン会長はギョンヘに昇進を伝えるが、当のギョンヘはその前にミョンファンを副会長にしてほしいと頼み会長を戸惑わせる。そしてミョンファンの言葉に傷ついたヒョジョンはギョンヘの実母のスランに接触するが、その目的は…。, なんとヒョジョンはスランをウン会長の屋敷に連れて行ったのだった。屋敷の前で30年ぶりに見た娘に思わず「ギョンヘ」と声が出るがそこにいたのはセヨンだった。一方ミョンファンは副会長に昇進して、以前中止にされたプロジェクトも再開できることになり、あれほど憎んでいたギョンヘを今では信用し始める。それに反発するヒョジョンはウィナーズに乗り込むが、そのためセヨンにもミョンファンとの不倫関係を知られてしまい…。, 母親だというスランの姿をヒョジョンに見せられ動揺するギョンヘだったが、セヨンに励まされ落ち着きを取り戻し勇気を出してウン会長に母親のことを聞く。そんな中ミョンファンは“ギョンへの筋書きどおりに事態が進んでいる”とヒョジョンに指摘され、思い当たることが多く疑心暗鬼となる。そこでギョンヘを試すためセヨンを自分のプロジェクトに異動させようとするが、それに対してギョンヘは…。, ギョンヘがセヨンの家に行くとそこにはヨンスクの姿があり、二人が親子であることを知る。衝撃を受けて立ち去り、自分の母だというスランに会いに入院先の病院に行くが、実際に会っても親子としての感情が動かないまま病院を出る。一方コンニムは、ふとしたことを切っ掛けに自分をひき逃げした車のナンバーを思い出す。そんな中、屋敷に戻ったセヨンはギョンヘがすっかり傷ついている様子にショックを受ける。, セヨンはミョンファンの影響下にあるデザインチームに異動になるが、嫌がらせのためまったく仕事をさせてもらえず、つらい立場に追い込まれる。一方、体調が悪化したウン会長はキム・ドンマンを捜すようジェジュンに指示するが、これは後継者であるギョンヘのために自分が健在なうちに染色工場の有毒物質事故の問題を解決するためだった。そんな中ヨンスクはミョンファンとの取引に応じ、執事を辞め屋敷を去る決心を固める。, ジェジュンは目の前でキム・ドンマンを死なせてしまい嘆き悲しむ。死の直前にドンマンから「すまなかった」というウン会長への伝言を託されるが、彼は死の直前「許さない」と言ったと嘘の報告をする。そんな中ギョンへはミョンファンの排除を目論み、セヨンを屋敷から遠ざけてしまう。そしてギョンヘとミョンファンの激しい攻防が始まるが、その過程で、とうとうギョンヘは自分とセヨンの出生の秘密を知ってしまう。, セヨンは唐突に中国への転勤を命じられ驚くが、それがギョンヘの決定だと聞いて驚きは嘆きへと変わる。一方でギョンヘを脅迫して別荘に閉じ込めたミョンファンは本性をあらわにし、病床のウン会長に敵対心むき出しの言葉をぶつけて会長を憤慨させる。そんな中コンニムは、思い出したナンバーには自分をひき逃げした車に該当するものがないと聞き自信を失うが、ふとしたことから自分の思い違いに気付き…。, ミョンファンはギョンヘのひき逃げ事故の捜査が自分に及んだことに焦りを隠せない。さらにヒョジョンとの不倫関係をウン会長に知られて絶体絶命の状況に。一方でヨンスクはギョンヘ本人から、ひき逃げをしたことは事実だと聞いて嘆く。そんな中、起死回生を狙うミョンファンはギョンヘに、出生の秘密をウン会長に隠す代わりに会社を譲る委任状を書くように迫るが、別荘で待ち構えていたギョンヘは…。, セヨンがギョンヘを心配して別荘に駆けつけたところ、そこで見たのは血まみれで倒れているミョンファンと傍らに猟銃を持って立つギョンヘだった。一足遅れで到着したヨンスクはセヨンを口止めして帰し、心ならずもギョンヘは犯人ではないと口裏を合わせる。ミョンファンは意識不明ながら息があり病院に運ばれる。ところが別荘近くの防犯カメラ映像に慌てて帰るセヨンが映っており、セヨンに容疑がかかってしまう。, このままではギョンヘがセヨンに濡れ衣を着せてしまうと悟ったヨンスクは、自分が犯人だと自首する。驚いたセヨンはギョンヘに自首するよう懇願するが、ギョンヘはヨンスクに罪を背負わせる決意を固める。またギョンヘは防犯カメラ映像を回収しろという指示に従わなかったジェジュンにも警戒の目をむけ始める。そんな中ヨンスクはギョンヘの手配した弁護士の力で一旦釈放され家に帰り、セヨンには容疑が晴れたと嘘をつく。, ヒョジョンは中国から逃亡して警察に駆け込み銃撃犯はギョンヘだと告発する。ところがギョンヘに意識不明のミョンファンの命を奪うと脅迫され、証言を翻してしまう。セヨンは警察で面会したヨンスクに、なぜ家族よりギョンヘを優先するのかと感情をぶつける。そんな中ギョンヘは、ウン会長自身から病状が深刻であることを聞き動揺する。さらに、セヨンがウン会長に銃撃事件の真相を話す覚悟であることを知りそれを阻止しようと…。, セヨンがギョンヘの指示で拉致されたことを知ったジェジュンはヨンスクに面会して、セヨンを返すようにギョンヘを説得してほしいと頼む。セヨンのためにギョンヘを説得するヨンスクに、彼女が実の母だと知っているギョンヘはさらに疎外感を深めてしまう。そんな中セヨンは、監禁されていた精神科病院からやっとのことで逃げ出し家にたどり着くが、セヨンを待ち受けていたのは苦悶の表情を浮かべるヨンスクであった。, セヨンが目覚めるとそこは最初に監禁された所とは違う精神科病院で、傍らには見知らぬ女性がいた。セヨンを見てギョンヘと呼び、自分は母親だというスランにセヨンは不思議な感情が湧きあがる。そんな中ジェジュンは、行方不明の妹が過酷な人生を送ってきたことを知り、ウン会長への復讐をあらためて心に誓う。一方、監禁していたセヨンをヨンスクに奪われたギョンヘの怒りはすさまじく、その変貌ぶりにヨンスクは驚く。, ギョンヘは、あくまでもセヨンを守ろうとするヨンスクに感情を爆発させ実の母だと知っているということを話してしまう。さらに自分がいかに孤独であったかを語るが、その言い分は身勝手なものであった。そんな中ジェジュンは、ヨンスクから二人の仲を認めるのでセヨンを最後まで守ってほしいと頼まれセヨンの居場所を聞く。ジェジュンが病院に駆けつけ再会を果たした二人はお互いの大切さを確かめ合うのだった。, ヨンスクは病床のウン会長にギョンヘとセヨンが30年前に入れ替わった事実を告白する。会長は大きな衝撃を受けるが、二人の娘にはすぐ事実を話さないよう命じる。そんな中、セヨンとともにホン家に現れたジェジュン。二人が付き合っていることを知った家族は興奮して大騒ぎに。そんな中ウン会長が贖罪の気持ちでスランを訪ねると、そこには見舞いに来たセヨンがいて、その姿に心を打たれた会長はセヨンにある提案をする。, セヨンはデザイン制作を手伝ってほしいというウン会長の願いを聞き入れ、出生の秘密を知らないまま屋敷に戻る。一方ギョンヘはウン会長の本当の願いは実の孫と暮らすことと察知しており心中穏やかではない。そんな中ヨンスクに執行猶予付きの判決が出るが、ヒョジョンはこれを利用して膠着状態を打開すべく、コンニムをけしかけマスコミにリークさせる。狙いどおり記者が殺到して、セヨンの家族とウン会長が事件を知ることになる。, 屋敷を追われたギョンへは睡眠薬自殺を図るが、それはウン会長の態度を軟化させる作戦で狙い通りに助けられ屋敷に戻ることに。一方でセヨンの家族、特にピルモクはヨンスクのもう一つの顔を知った衝撃から立ち直れない。それを知ったジェジュンはセヨンの家を訪ねて落ち込むピルモクを励まし、家族全員に向かってある提案をする。そんな中ギョンヘは自分が血縁でないことを隠してウン会長の臓器移植のドナーになる申し出をするが…。, ギョンヘはジェジュンに社長昇進を迫るが、それはセヨンから彼を奪うのが目的だった。ところがジェジュンの真の目的はウン会長への復讐で、孫のギョンヘもその標的であった。一方、セヨンはジェジュンの父親の遺骨の前で二人の絆を誓うが、そこで彼の父親が無実の罪で獄死したことを知る。そんな中ウン会長は屋敷を去るというセヨンを後ろ髪を引かれる思いで見送るが、婚約式に出席した後にセヨンが孫であることを発表しようと考える。, ジェジュンが婚約式に現れずセヨンは胸が張り裂けそうになる。これはギョンヘに敵であるウン会長の本当の孫はセヨンだと聞かされたせいだった。そのまま婚約式は中止になり、そのあと屋敷で別人のように変わったジェジュンに会ったセヨンは激しく混乱する。一方ギョンヘは追加検査で手術ができないと診断される。ヨンスクはウン会長を救うにはセヨンがドナーになるしかないと考え、真実を伝える決心をする。, 自分がヨンスクの実の娘ではないことを知って悲嘆にくれるセヨン。追い打ちを掛けるように実の母親であるスランが病院から消えるが、これはセヨンとの親子関係の発覚を恐れたギョンヘが拉致させたためだった。そしてセヨンはウン会長の命を救うため自分をドナーにするようギョンヘンに掛け合うが、ギョンヘは認めないばかりか遺産放棄の覚書まで作れと言い出す始末で移植手術のタイミングはどんどん遅れて…。, 役員会でウン会長が亡くなったことを告げるギョンヘ。結局手術は間にあわなかったのだった。セヨンは、手術を遅らせ会長を死なせたギョンヘに復讐したいとジェジュンに言う。そんな中、染色工場事故の被害者家族のリストを入手したギョンヘは、仲間に危害を加えられたくなければジェジュンが匿っているセヨンを渡せと脅迫する。一方ジェジュンはセヨンに、自分の父の敵とはウン会長のことであると打ち明ける。, セヨンはウン会長の葬儀に喪主の服装で現れて、ギョンヘや他の会葬者を驚かせる。そして葬儀のあとギョンヘを訪ね、会長の復讐をすると宣言するが、ギョンヘは動じない。一方、ジェジュンはセヨンに復讐をやめるように言うがセヨンの決意は固い。そんな中ギョンヘは、セヨンにウン会長の遺言どおり会社を半分相続させ、自分は会長にセヨンは代表の座につけるという決定をするが、真の狙いはセヨンを陥れることにあった。, ピルモクはセヨンとギョンヘが入れ替わっていたことを知ってショックを受け、それを今まで自分に隠し続けていたヨンスクに怒りを隠すことができない。一方ギョンヘは、代表として出社したセヨンに早速嫌がらせを始め、ジェジュンに対しては自分の味方をしてセヨンに復讐しろと圧力をかける。そんな中ジェジュンはセヨンに、恋愛関係は継続できないが陰ながら守ることを誓う。, 就任式を目前にしてセヨンとギョンへは、同時に逮捕されてしまう。セヨンはでっち上げられた横領容疑で、ギョンヘは5年前のひき逃げ容疑での逮捕だった。ギョンヘの逮捕はヨンスクがコンニムに通報させたためで、それは罪を償わせて再出発させたい親心からだった。そんな中、容疑が晴れて釈放されたセヨンはギョンヘに拉致されていたスランの居場所を見つけ、母娘として感動の再会を果たす。, セヨンは実の母と分かったスランを1人にしておけず屋敷に連れ帰る。一方で保釈されたギョンヘは出迎えに来たヨンスクに対して、自分を逮捕させたことを恨む気持ちもあり複雑な思いを抱く。屋敷に入ったスランは、セヨンがヨンスクの娘として育ったこと、スランの娘が死んだと嘘をついたのはヨンスクだったことを知り激昂する。そんな中ウィナーズでは、ギョンヘとセヨンに会社を混乱させた責任を追及する動きがあり…。, セヨンとギョンヘは2人とも会社の代表者としての職を解かれてしまう。そして後任として役員会が選んだ会長は、なんと回復したミョンファンだった。一方で、30年間だまされ続けていたことが許せないスランはヨンスクを罵倒し続け、見かねたピルモクはヨンスクを屋敷から連れ帰る。ギョンヘは自分が撃ったミョンファンが回復して現れたことに茫然自失となるが、これはウィナーズを巡る新たな死闘の始まりにすぎなかった。, ミョンファンはウィナーズを手にするため再び暗躍し始め、セヨンに自分と手を組むように迫るがきっぱりと断られてしまう。屋敷では相変わらずスランがヨンスクに怒りをぶつけるが、そのやりとりを聞いてギョンヘは初めてヨンスクが自分を産んだ当時の境遇を知る。そんな中ミョンファンはギョンヘとセヨンに足を引っ張り合わせて自滅させようと考えるが、それに気付いたセヨンはギョンヘにある提案をする。, ヒョジョンは、こっそりスランに接近し始める。これはミョンファンのためスランを思い通りに操ろうという思惑でのことだった。一方、キム専務が亡きウン会長に恨みをいだく染色工場の被害者家族の中の1人であることを知ったミョンファン。キム専務に、ジェジュンではなく自分と組んで、会長の実の孫であるセヨンを追放しようと持ちかける。それを知ったセヨンはウン会長の潔白を証明できる証拠を手に入れようと…。, 染色工場の事件はヒョジョンの父親である自殺したキム社長の責任で、ウン会長は関与していなかったという証拠を入手し遺族に公開したセヨン。多額の補償金で遺族を取り込もうとするミョンファンに対し、セヨンは遺族たちに相続した株を譲るので自分を支持して欲しいという驚きの提案をする。そのことでセヨンに怒りをあらわにするギョンヘだったが、ミョンファンはセヨンに警戒感を強める。, セヨンは、亡きウン会長の遺作デザインを商品化することで会社を守ろうと考える。それを自分の手で実現したいと考えて、デザイン室へ復帰できるようジェジュンに手回しを頼む。一方、遺族がセヨンを支持したことで危機感を強めるミョンファンは、ギョンヘを脅して自分の味方に付けようとする。そんな中、ヒョンジョンはスランへの干渉を強めるが、その目的はギョンヘとセヨンの関係を引き裂くことだった。, 屋敷に帰るとスランがいなくて慌てるセヨン。ミョンファンはセヨンに、スランはギョンヘが拉致しており、セヨンの持ち株をギョンヘに譲れば無事に帰すと脅迫する。そんな中、ジェジュンの生き別れの妹ジェヨンを捜すドンスクのもとに、ジェヨンを虐待していた工場主を発見したという情報が入る。一方、ヒョジョンとともにスランを拉致したギョンヘは、このままでは自分が陥れられると悟り策を巡らせる。, ギョンヘからの連絡でヒョジョンのマンションに駆けつけたセヨンは、階段から転落し意識を失って倒れているスランを発見しパニックに陥る。さらに救急搬送された病院で経過観察以外治療方法がないと医師に言われショックを受ける。一方、家には戻ってこないヨンスクにピルモクはついに離婚を切り出す。そんな中、セヨンはスランの事故現場で、相続した株を放棄するという覚え書きが入った鞄をギョンヘに奪われたことに気付く。, セヨンはこれまでにないほど激しい怒りをギョンヘに向け、ギョンヘをかばうヨンスクにも怒りの矛先を向ける。そして屋敷を出ていこうと荷物をまとめ始めるうち、スランのノートを見つけヒョジョンがスランを操っていたことに気付く。怒りに震えながらもヒョジョン、ミョンファンそしてギョンヘの3人への復讐を誓うセヨン。手始めにヒョジョンの元患者に協力を要請して罠を仕掛ける。, セヨンの罠にかかり身に覚えのない盗みで逮捕されたヒョジョン。ほどなく釈放されるが、助けを求めるため何度も電話をしたミョンファンに無視されショックを隠せない。そんな中ギョンヘは、結局ミョンファンとまた手を組むことに。2人はセヨンから奪った株を染色工場の被害者遺族に譲るとキム専務に提案するが、そのキム専務から驚きの逆提案が。それはヒョジョンを引き渡せば亡きウン会長の秘密の遺産を渡すというものだった。, ミョンファンは被害者遺族にヒョジョンを引き渡すが、そこに現れたセヨンに狼狽する。ヒョジョンは信じていたミョンファンに切り捨てられたことに傷つき復讐を誓う。そんな中ウィナーズの店舗でピエール・ジャンという人物に声を掛けられたセヨン。彼は世界的なブランドの創設者で、セヨンは遺作デザインでコラボを提案したいと考えるが、セヨンを監視していたギョンヘが先手を打ってピエール・ジャンを買収しようとする。, セヨンはピエール・ジャンを説得するため食事中のレストランをアポなしで訪ね、食事を邪魔した代償にとバーに誘われる。デザインを見せる約束は取り付けたものの、その様子を見ていたジェジュンが不機嫌なのに戸惑う。一方ギョンヘとミョンファンも“ピエール”とのコラボ契約を結ぼうとピエール・ジャンを屋敷に招待する。ところが彼はセヨンを伴って現れ、とまどうギョンヘはいら立ちを隠せない。, ピエール・ジャンはセヨンに、コラボ契約を結ぶ条件として自分の恋人になることを求める。セヨンは悩んだもののコラボを諦め断るが、彼からの回答は意外なものだった。彼の来韓の真の目的は少年時代の恩人の亡きウン会長への弔問と恩返しだったのだ。一方セヨンと通じたヒョジョンは、記者会見を開き染色工場の事故の責任は亡きウン会長にはないことと、自分がミョンファンと不倫関係にあったことを明かしダメージを与える。, ヒョジョンはジェジュンの生き別れの妹ジェヨンを虐待していた工場主デギルに接触し、コンニムこそがジェヨンであることを知る。一方、退院してセヨンの家にいるスランは、話すことができず食事も進まず、それを心配したコンニムが一生懸命話しかける。ウィナーズではセヨンの遺作プロジクトチームが立ち上がるが、ギョンヘの嫌がらせで予算も少なく、メンバーは社員食堂さえ使わせてもらえないありさまで…。, 兄だと名乗る男がコンニムの前に現れる。警察に届けてあったDNAが一致したというのだが、その男は実際にはジェヨンを虐待していた工場主で、DNAサンプルをすり替えて認定させたものだった。一方でヒョジョンは、コンニムがジェヨンであることを隠してジェジュンを脅迫し、自分の指示に従わなければ妹に危害を加えると言う。そんな中ミョンファンは、セヨンのプロジェクトが着実に進んでいることに焦りを感じ始める。, デギルは、ヒョジョンには言わず勝手に屋敷に乗り込んでコンニムの慰謝料を要求するが、ヨンスクに偽物であることを見破られてしまう。一方で粗暴な言動を繰り返すデギルにとまどうセヨンの家族だったが、とりわけ兄だと信じているコンニムの苦悩は大きかった。そんな中、ジェジュンは妹を虐待していた工場主としてデギルを見つけ捕まえようとするが、そこに居合わせたコンニムがジェジュンを制止して…。, 役員会に提出する遺作プロジェクトの試作品が盗まれてしまい焦るセヨン。ギョンヘは自分がプロジェクトの責任者になることを認めなければ試作品は廃棄するとセヨンを脅し、セヨンは仕方なく認める。これは2人に協力してミョンファンに立ち向かってほしいと考えるヨンスクの索だった。そんな中ヒョジュンのマンションを見張っていたドンスクは、ついに工場主のデギルを捕まえて問い詰め…。, ジェジュンはコンニムこそが妹のジェヨンだと知って2人は感動の再会を果たす。そんな中セヨンは、デザイン室がギョンヘに監視されていることに気付くが、これを利用してミョンファンを陥れることを計画する。ミョンファンはセヨンのパソコンから生地の加工法を盗み出すが、これはセヨンが用意した偽の加工法で、これを自分のプロジェクトの試作品に使ったミョンファンは服を台無しにしてしまう。, 自分がひき逃げしたコンニムがジェジュンの妹と知って驚愕するギョンヘ。一方ジェジュンが妹と再会したことを知らないヒョジョンは、妹の命と引き換えにギョンヘを殺すよう彼に命令する。セヨンの計略にはまって窮地に陥ったミョンファンは、恩松コレクションに不可欠な生地の調達を妨害することを思いつき、ギョンヘに資金を要求する。そんな中ジェヨンに、なぜ両親が死んだのか尋ねられたジェジュンは言葉をにごしてしまう。, 悪夢を見て怯えるジェヨンを慰めようと、事故後初めて言葉を発したスラン。セヨンはもちろん家族も自分のことのように喜ぶ。一方ジェジュンまで怒らせたギョンヘに、ヨンスクは味方の重要性を説き、頭を下げてでもセヨンと組むよう言う。そんな中、業者から生地の納品ができないと言われ、セヨンはギョンヘの仕業だとを疑う。ギョンヘはそんなセヨンにミョンファンに勝つためには自分の力が必要だと説得する。, ジェジュンは、ヒョジョンにギョンヘの始末はすると約束する。だがそれは計略で、セヨンはギョンヘにミョンファンの排除のため、自分たちに協力して殺されたふりをしてくれと頼む。そんな中ミョンファンは、セヨンのプロジェクトを妨害するために必要な資金が調達できず焦るが、そんな彼の前にヒョジョンが現れ、資金は自分が工面するのでその代償にギョンへと離婚して自分とやり直すよう持ちかける。, ミョンファンはヒョジョンに、資金と引き換えにギョンヘと離婚することを約束する。そして屋敷からギョンヘの印鑑を盗み出す。ヒョジョンはギョンヘが死亡したという嘘の記事にだまされ、ミョンファンの離婚届をジェジュンに渡す。そんな中ミョンファンは突然現れた闇金融業者に拉致されてしまうが、これはジェジュンの指示でヒョジョンがミョンファン名義で借金をしたためで、さらにヒョジョンはこの金を持ち逃げしようとして…。, ヨンスクは、ギョンヘ本人から自殺は偽装だったと聞き安堵するが、その矢先に目の前でギョンヘが意識を失って倒れてしまいパニックに陥る。一方、闇金融業者に監禁されたミョンファン。金を持ち逃げしようとして捕まったヒョジョンも連れてこられて2人は醜く罵り合う。そんな中ギョンヘは臨時の役員会を開き、これまでのミョンファンの悪行をセヨンと2人で暴露して、会長職から解任する決議を求める。, ヒョジョンとミョンファンは闇金融業者から別々に逃げ出す。ヒョジョンは微罪で警察に自首して追っ手から逃れようと考えるが、ジェジュンが提出したギョンヘの殺害を教唆する音声データのせいで長期の服役が確実な状況に。そんな中、屋敷の前で過去の記憶を取り戻したジェヨン。その記憶とは、自分の母親がウン会長に何かを懇願し冷たく無視される姿で、不審に感じたジェヨンはジェジュンやセヨンにウン会長のことを尋ねる。, もう一度やり直したいと言うジェジュンに、セヨンはまずジェヨンに過去のすべて打ち明けるべきだと自制を求めるが、彼女もまた彼を思う気持ちは抑えがたい。一方でミョンファンは、ヨンスクの狙い通り闇金融業者に追われていると思い込み、助けを求めて屋敷に現れる。そんな中スランは病院で死期が近いと告知されるが、一緒に病院に行ったピルモクにセヨンには内緒にしてほしいと頼む。, ジェジュンはジェヨンに染色工場の事件のすべてを打ち明け、セヨンを信じてあげてほしいと頼むが、しばらく1人で考えたいと返事をされる。そんな中、遺作プロジェクトの服は発売日が近くにつれ評判も上がり、販売店からの追加注文の対応に追われるセヨンたちのデザイン室は活気にあふれる。一方スランは亡き夫の墓参りに同行してくれたジェジュンに、自分の命はもう長くないことを伝えセヨンを支えて欲しいと頼む。, セヨンのデザインは盗作だという、著作権者を名乗る人物からの訴えで、恩松コレクションは発売日直前で販売差し止めにされてしまう。これはギョンヘが仕組んだ罠で、セヨンは亡きウン会長のデザインを世の中に出したければ会社から出て行けと脅迫される。一方、追っ手を恐れて屋敷を出られないミョンファンは、ヨンスクの要求どおり、過去のギョンヘの虐待を詳細に陳述書にまとめさせられることに。, ギョンヘが捨てようとした亡きウン会長の遺品である杖の握りの中から、金庫の鍵を発見したミョンファン。一方でジェジュンは、ジェヨンが過去の事実を知って以来、ウン会長の孫であるセヨンに複雑な心境を抱いていることを知り、表情を曇らせる。そんな中、見つけた鍵で開けられる金庫を探そうとミョンファンが一計を案じる。そんな中、ギョンヘの脅迫に対し、亡きウン会長の遺作を世に出すためセヨンが断腸の思いで下した決断は…, 心ならずもウィナーズを去ることになり悔しいセヨンは、絶対に会社を取り戻すと誓う。一方、屋敷ではヨンスクがミョンファンの行動を察知して隠し金庫の存在を知る。中身がセヨンに残した遺品であることを確信するヨンスクだが、自分がセヨンに渡すと言うギョンヘを信じて遺品を託してしまう。そんな中セヨンがギョンヘに会社を追われたことを知ったピルモクはヨンスクに事実を知らせ、ヨンスクはギョンヘを問い詰めるが…。, 血を吐いたスランを見て驚くセヨン。母に残された時間が長くないことを知り悲しむセヨンをスランは懸命に慰める。そんな中ギョンヘは、亡きウン会長の遺品の印鑑が銀行の貸金庫を開けるためのものだということを知る。ところが亡きウン会長との契約で、印鑑の中に仕込まれたセヨンの父親のへその緒とDNAが一致しないと金庫を開けられないと告げられ焦りを隠せない。そしてあろうことかミョンファンに協力を頼んでしまう。, スランは苦しい体で屋敷を訪ね、ヨンスクに自分の命は長くないことを伝えて自分の最期を看取って欲しいと頼む。セヨンは、その気持ちが理解できず、なぜそばにいさせてくれないのかと嘆くがスランの決意は固い。一方、ギョンヘはヨンスクの言葉に従い、亡きウン会長の遺品を渡すがそれは偽物のへその緒が入った印鑑だった。ギョンヘを信じたセヨンはスランに、父ミンスのへその緒だと言ってそれを渡してしまう。, ギョンヘと意を通じたミョンファンは、亡きウン会長の遺品が保管されている銀行の頭取に面会して、頭取のスキャンダルをネタに金庫を開けるよう脅す。そんな中、スランの病状は悪化して、医師から終末が近いことを告げられ、それを知ったセヨンは悲嘆にくれる。そんな中、スランは家族一人ひとりに感謝の言葉を伝え、スランの思いやりに触れたジェヨンは兄とセヨンの仲を認めることに。そしてついに最期の時が迫り…。, スランの死を乗り越えようと、セヨンは洋服作りに専念する。そんな中ギョンヘはセヨンに、遺品の印鑑を銀行に持参すれば貸し金庫を開けてもらえるという情報を伝えるが、これはセヨンが本物の印鑑を持っていないことを証明して、頭取に不正に金庫を開けさせる目的からだった。DNAは一致せず、へその緒が犬のものだと知ったセヨンは、それを死ぬまで大切にしていたスランを思い、ギョンヘに対する怒りが爆発する。, ギョンへとミョンファンは、ついに不正に金庫を開けさせることに成功するが、中身が金目のものでなく「創業白書」と書かれた薄汚れたノート数冊だったことに落胆する。それでもミョンファンはそれを持ち帰る。一方セヨンはヨンスクを訪ねウン会長の遺品を取り戻してほしいと頼む。そんな中、「創業白書」の価値に気づいたギョンヘは自分に譲るよう頼むが、すでにセヨンの手に渡ったと知り、ミョンファンに奪い返すよう依頼する。, 垣間見た「創業白書」にインスピレーションを得たギョンヘは、国の機関と共同でベンチャー企業を対象にした新規企画公募を実施することになり、得意満面で記者会見に臨む。一方、度重なるギョンヘたちの嫌がらせに業を煮やしたセヨンは、この公募に入選してウィナーズに戻ることを考え、亡きウン会長の「創業白書」を参考に企画を練り始める。ギョンヘはミョンファンに「創業白書」を奪うことを指示し2人の最終決戦が幕を開ける。, セヨンの作業室に「創業白書」を奪うため不審者が侵入し、ジェジュンを襲撃する。それをかばったセヨンが負傷し、部屋の中の鞄を持ち去られるが、中身は偽物の「創業白書」で本物は奪われずに済む。そんな中セヨンは、ピルモクの言葉に着想を得てユニバーサルデザインの服を企画しウィナーズの公募に応募する。セヨンの企画は大賞に選ばれるが、そうと知らずに選んでしまったギョンヘは、会長室に来たセヨンを見て驚愕する。, ヨンスクはギョンヘから遺産相続資格を剥奪する決心をして、留置場にいるミョンファンにそのことを伝え韓国を離れるように言い聞かせる。ところが釈放されたミョンファンは警察を出た瞬間に意識不明になって道端に倒れてしまう。一方ギョンヘは、セヨンの会社の職員はウィナーズを懲戒解雇された人々であることを理由に、大賞を取り消すよう次官に進言するが、かえって不信感を招きセヨンと一緒に聴聞会で説明するはめに陥る。, ミョンファンは銃撃の後遺症で、次第に全身が麻痺すると診断され悲嘆にくれる。一方、会社の株を取り戻したセヨンは新社長を指名し、自分自身の処遇も決めるが…。そしてセヨンはベネチアに旅立つギョンヘに会いに行くが、2人とも猟銃を持ったミョンファンに拉致され別荘に監禁されてしまう。ミョンファンは2人を道連れに自殺する覚悟を固めていたのだった。そこにヨンスクも駆けつけて混乱の中、別荘に響き渡る銃声…。.

Mt 坂道発進 サイドブレーキ 使わない, Android バイブレーション 鳴らし続ける, 新横浜から豊橋 新幹線 予約, アパホテル 幕張 イーストウイング, ネイビージャケット 黒パンツ ビジネス, 新松戸 バス テラスモール, ディズニー 背景画像 高画質, オートバックス バッテリー交換 持ち込み, ネイティブ っ キャンプ, 大阪駅 お好み焼きランチ 予約, ダイキン エアコン プリント基板, 風水 冷蔵庫 位置, ミュゼ 広告 2020 モデル, Facebook 顔文字 意味, ドイツ語 過去分詞 形容詞, 七 つの 大罪293, ナノユニバース福袋 2021 レディース, アディダス グリーン スニーカー, フリーランス 収入証明 賃貸, マスキングテープ ホルダー 作り方, 家庭総合 教科書 内容, 上司 食事 お礼 手紙, Asus 修理 代理店, マイクラ 統合版 サーバー おすすめ, プロスピ2019 盗塁 コツ,