第5条 安全靴を必要とする従業員に対しては入社時に安全靴を一足貸与する。以後、原則として〇年に1度新品を貸与する。, カツの会社事務入門は、総務の担当者であった勝が、自分の仕事マニュアルのつもりでコツコツと書いてきたものです。今はリタイアして時間的余裕が生まれたので、これまで書いたものに間違いがないか点検したり、改正になったところを書き改めたりしています。ご参考になれば幸いです。. 第4条 会社は従業員に貸与した携帯電話の使用状況を随時確認することができる。, 2 従業員は会社から携帯電話等の使用状況について報告を求められた際には、速やかに偽りなく報告をしなければならない。, 3.従業員が個人所有の携帯電話等を業務に使用したとしても会社はその費用を負担しない。, (管理) トップページ>社内規程の作り方>会社規程のサンプル>このページ. (目的) 作業服等貸与規程 (目的) 第1条 本規程は〇〇株式会社の従業員に対する作業服等の貸与について定めたものである。 制服貸与規程 第1条(目 的) この規程は、 (以下「会社」という)より貸与される制服の取り扱いについて定めたもので ある。 第2条(対象者) 本規程は、貸与申請し承認を得た正社員に対して適用する。 第3条(貸与時期) 第5条 従業員は、会社から貸与された携帯電話等を第三者に貸与または譲渡してはならない。, 2 従業員は会社から貸与された携帯電話等を慎重に管理し、破損や紛失などをしないように努めなければならない。, 3 従業員は、貸与された携帯電話等を破損・紛失した際には、速やかに報告をしなければならない。破損・紛失の理由によっては損害を負担させることがある。, 4 従業員は、退職等により業務をしなくなった場合には、速やかに携帯電話を返却しなければならない 。, 5 従業員は、業務上必要な場合を除き、貸与された携帯電話等のデータを第三者に渡してはならない。, (罰則) (目的) i�ۖ$~�f�� �@�e6h���5â�D. 第2条 携帯電話等は総務課が契約し必要な費用を会社が負担したうえで従業員に貸与する。, 2 従業員が貸与された携帯電話等を、無断で私用に場合は、その通信費等の費用を全額負担させると共に、以後の使用を制限することがある。, 3 従業員の誤った操作によって、多額の通信費用を負担することになったときは、従業員はその費用を弁償しなければならない。たとえ、その操作が過失であったとしても、会社はその費用の一部または全部の負担を求めることがある。, (利用状況の確認) Last Updated on 2020年2月2日 by 勝. ③ 大幅な修繕が必要な破損、紛失等のときは、総務課に届け出て、代替品の支給を受けなければならない。その場合、本人に責任があると認められる場合は、それに要する費用の一部または全部を負担させることがある。 x��]ˎ� �7����,�i ��@�}0?P]U� @6���G��E�z�����3�DR�����>?��w�%�~�|~ȯ_�? 第4条 従業員は退職等の事由により勤務しなくなった場合には、遅滞なく貸与された作業服等を返納しなければならない。, (安全靴) �a*s���XoYz���0!7�� 第1条 この規程は〇〇株式会社の従業員に貸与する携帯電話等の管理について定めたものである。, (貸与) 第2条 作業服等を貸与された従業員は、勤務時間中は原則として貸与品を着用しなければならない。, 2 貸与された作業服等は各自次のように管理しなければならない。 ④ 貸与された作業服等は、販売、譲渡等をしてはならない ① 充分な注意をはらって使用または保管すること ⑤ 貸与された作業服等は無断で変造してはならない, (貸与枚数等) 第1条 本規程は〇〇株式会社の従業員に対する作業服等の貸与について定めたものである。, (義務) ?����������?MRy����!��_����2�?/��������Ϗ��7���ׯ��U~�̙�3���Yd���'�KE�G����B7���U5��oXmq���У���t���7���~cF�!^��d�־���;�7�ѓ\�,9���T����]/�]&9�0����\�iyG*��[/�s�%Ly����Mn)a>���!����x!|ŢwY$��'%_�,3��������t�7 現在の会社は作業服=貸与としか規定ないので、 過去の勤務先(食品製造業)での話です。 就業規則では作業服=貸与としか規定していなく それ以外に人事総務部長通達として 決められているものがありました。 [基本] 冬服、夏服各2着 会社が費用を負担して、社員に研修を受講させることがあります。 資格を取得したりして、業務に役立ててもらえれば良いのですが、研修を受講して直ぐに退職してしまうケースがあります。 会社としては、せっかくの費用が無駄になってしまいますので、「研修後の一定期間は退職を認めない。もし、研修後の一定期間内に退職する場合は、会社が負担した研修費用を返還させる」ことができないかと考えるのは当然かもしれません。 このようなことは、できるのでしょうか。 ① 入社時にその季節に対応する作業服等を〇枚貸与する。最初の衣替えの時期に次の季節に対応する作業服等を〇枚貸与する (3)会社の許可なくパソコンを会社外や自宅に持ち出さないこと。 (4)会社の許可なくパソコンを社外の者に使用させないこと。 (5)不正アクセス行為の禁止などの関係法律、著作権法その他の関係法令、およびこの規程を遵守すること。 第7条 貸与された携帯等がスマートフォンやタブレット等であるときは、別に定めるパソコン等使用規程も併せて適用する。, カツの会社事務入門は、総務の担当者であった勝が、自分の仕事マニュアルのつもりでコツコツと書いてきたものです。今はリタイアして時間的余裕が生まれたので、これまで書いたものに間違いがないか点検したり、改正になったところを書き改めたりしています。ご参考になれば幸いです。. 第3条 従業員に対して以下の区分に従い作業服等を貸与する。 第6条 従業員が本規程に違反したときは、その程度により懲戒処分を行うことがある。また、会社に損害を与えた場合は損害賠償責任を負うものとする。, (スマホ等) ② 以後、事務部門の従業員には〇年に1度、工場部門の従業員には〇年に1度、季節毎に似各1枚を貸与する, (返納) ② 日常の洗濯や、軽微な補修は各自の負担とする 携帯電話等貸与規程 (目的) 第1条 この規程は〇〇株式会社の従業員に貸与する携帯電話等の管理について定めたものである。 (貸与) 第2条 携帯電話等は総務課が契約し必要な費用を会社が負担したうえで従業員に貸与する。 (利用) %PDF-1.4 %���� 1 0 obj << /CreationDate (D:20100817125721+09'00') /Creator /ModDate (D:20100817125721+09'00') /Producer >> endobj 2 0 obj << /Pages 3 0 R /Type /Catalog >> endobj 3 0 obj << /Count 2 /Kids [4 0 R 17 0 R] /Type /Pages >> endobj 4 0 obj << /Contents 16 0 R /MediaBox [0 0 595.27502 841.87500] /Parent 3 0 R /Resources << /Font << /F1 5 0 R /F2 8 0 R /F3 11 0 R /F4 13 0 R >> >> /Type /Page >> endobj 5 0 obj << /BaseFont /MS-Gothic /DescendantFonts [6 0 R] /Encoding /Identity-H /Subtype /Type0 /Type /Font >> endobj 6 0 obj << /BaseFont /MS-Gothic /CIDSystemInfo << /Ordering (Japan1) /Registry (Adobe) /Supplement 4 >> /DW 1000 /FontDescriptor 7 0 R /Subtype /CIDFontType2 /Type /Font /W [1 [500]] >> endobj 7 0 obj << /Ascent 859 /CapHeight 859 /Descent -140 /Flags 5 /FontBBox [0 -137 1000 859] /FontName /MS-Gothic /ItalicAngle 0 /StemV 87 /Style << /Panose <0801020b0609070205080204> >> /Type /FontDescriptor >> endobj 8 0 obj << /BaseFont /MS-Mincho /DescendantFonts [9 0 R] /Encoding /Identity-H /Subtype /Type0 /Type /Font >> endobj 9 0 obj << /BaseFont /MS-Mincho /CIDSystemInfo << /Ordering (Japan1) /Registry (Adobe) /Supplement 4 >> /DW 1000 /FontDescriptor 10 0 R /Subtype /CIDFontType2 /Type /Font /W [1 [500] 15 [500]] >> endobj 10 0 obj << /Ascent 859 /CapHeight 859 /Descent -140 /Flags 7 /FontBBox [0 -137 1000 859] /FontName /MS-Mincho /ItalicAngle 0 /StemV 87 /Style << /Panose <010502020609040205080304> >> /Type /FontDescriptor >> endobj 11 0 obj << /BaseFont /Century /Encoding /WinAnsiEncoding /FirstChar 32 /FontDescriptor 12 0 R /LastChar 255 /Subtype /TrueType /Type /Font /Widths [277 295 389 556 556 833 814 204 333 333 500 605 277 333 277 277 556 556 556 556 556 556 556 556 556 556 277 277 605 605 605 443 736 722 722 722 777 722 666 777 833 407 556 777 666 943 814 777 666 777 722 629 666 814 722 980 704 704 610 333 605 333 605 500 333 556 556 443 574 500 333 537 610 314 295 592 314 889 610 500 574 556 443 462 389 610 537 777 537 537 480 333 605 333 605 277 556 277 204 556 389 1000 500 500 333 1000 629 258 1000 277 610 277 277 204 204 389 389 605 556 1000 333 1000 462 258 833 277 480 704 277 295 556 556 605 704 605 500 333 736 333 425 605 277 736 500 399 548 333 333 333 576 605 333 333 333 299 425 833 833 833 443 722 722 722 722 722 722 1000 722 722 722 722 722 407 407 407 407 777 814 777 777 777 777 777 605 777 814 814 814 814 704 666 574 556 556 556 556 556 556 795 443 500 500 500 500 314 314 314 314 500 610 500 500 500 500 500 548 500 610 610 610 610 537 574 537] >> endobj 12 0 obj << /Ascent 985 /CapHeight 985 /Descent -215 /Flags 34 /FontBBox [-165 -307 1246 1201] /FontName /Century /ItalicAngle 0 /StemV 87 /Type /FontDescriptor >> endobj 13 0 obj << /BaseFont /JSMincho-Lt /DescendantFonts [14 0 R] /Encoding /Identity-H /Subtype /Type0 /Type /Font >> endobj 14 0 obj << /BaseFont /JSMincho-Lt /CIDSystemInfo << /Ordering (Japan1) /Registry (Adobe) /Supplement 4 >> /DW 1000 /FontDescriptor 15 0 R /Subtype /CIDFontType2 /Type /Font /W [1 [500]] >> endobj 15 0 obj << /Ascent 859 /CapHeight 859 /Descent -140 /Flags 7 /FontBBox [0 -143 999 859] /FontName /JSMincho-Lt /ItalicAngle 0 /StemV 87 /Style << /Panose <010502020309000101010101> >> /Type /FontDescriptor >> endobj 16 0 obj << /Filter /FlateDecode /Length 4929 >> stream ④その他会社が必要と認めたとき (貸与方法) 第4条 申請は所定の様式「制服貸与申請書」により総務部の長へ申請する。 (貸与基準) 第5条 会社より貸与する制服の貸与基準は次のとおりとする。 担当職種 貸与品目 数量 耐用年数 (目安) ※単価

トゥーンブラスト レベル 4001 5, 鬼滅の刃 52話 無料 29, グラブル ソリッズ 強い 41, どうぶつの森 オオカミ イケメン 7, つるの剛士 子供 年齢 12, 蛇 音 ストレス 14, トヨタ ラジオcm 2020 5, 蜃気楼 英語 読み方 6, 形而上 形而下 わかりやすく 5, 大日本印刷市谷工場整備計画 C 工区 15, カットエー 美容 男 4, Jr四国 就職 評判 8, お忙しい 中 お手数 をおかけして しまい 8, はじめの一歩 間柴 沢村 13, 渡辺 梓 Facebook 6, 高校説明会 服装 生徒 7, レイドバトルで 5 回勝つ 40, イラスト 通信講座 趣味 12, これが 問題 の卒業 記念 集合写真 31, Fia F4 ドライバー 20, 中国人 チート なぜ 25, 会津 クラブ バスケ 6, Vdi Vpn 比較 12, Always 歌詞 アトランティックスター 11, マシュメロ Fly 和訳 5,