俺ガイル、やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 第5話「その部屋には、紅茶の香りはもうしない。」の感想です。, 八幡(これは小町がくれた1つの答えだ。どこかでずっと理由を探していた。俺があの場所を、あの時間を守っていい理由を), 自分で理由をみつけたほうが良いんだろうけど、他人から理由をもらうというのが今回の話のテーマを一つになってる気がする。, 材木座『話してみよ。今までどれだけ我が貴様に与太話をしてきたと思っている?貴様の与太話くらい聞いてやるさ。』, 八幡『…セリフだけはカッコ良かったな。で、それ誰のパクリ?』材木座『いや、我だよ』, 二期は次回予告以外ではオタクな場面がないので(というか二期でまともに会話したのはこれが初めて)、まともな人に見える。, 小町『お兄ちゃん!小町は雪乃さんと結衣さんに奉仕部に残ってもらいたいの。ぶっちゃけ生徒会選挙とかどうでもいいの!』, 八幡『おう でもそうすると一色がなあ』小町『お兄ちゃんはその一色さんて人が大事なの?』, 小町『なら何で悩んでるの?仕事と小町どっちが大事なの?』八幡『小町に決まってるだろう。俺は働く気はない』, 八幡『ああ、それは面白い。けど30人も推薦人を集められねえんだ。』川崎『知ってる 言ってみただけ。』, 八幡『大丈夫だ。正体を見つけようにもこのアカウントの人間は存在しない。誰にもダメージはいかない。知ってるか?材木座。問題は問題にしないかぎり問題にはならない。』, 原作8巻が出た時期(2013年11月)を考えると、ちょうどTwitterでネットビジネス(なりすまし含む)が流行りだした頃なので、原作者はちゃんと流行をチェックしてることにビックリ。, それを高校生の八幡がさらっとやっちゃってるところがスーパーハッカー八幡な雰囲気を醸し出してます。, 八幡『一色が何をどうしたところで雪ノ下と由比ヶ浜には勝てないからな。そういう意味じゃ無意味だ』, 『それに最初の推薦人の連中だって一色には投票しないし。そいつら今頃大爆笑だろうな』, 八幡『ネット上で一色の応援アカウントが稼働していたんだ。全校生徒の3分の1、これだけ支持者がいれば勝てる』, いろは『い、いきなり言われても無理ですよ!あんまり自信ないっていうか。それに部活もあるし…』, 雪乃『どうしてあなたまで?』結衣『だってゆきのんがいなくなったら、なくなっちゃうから。私そういうの嫌だよ。』, 雪乃『どういう意味かしら?あなたの案は否定したはずだけれど』八幡『だからあの案じゃない。ああいうのはもうやめだ。』, 雪乃『これはあなたがやったの?』八幡『有志の人間だろ。どこの誰かまでは分からん。』, (最も、一色いろはにそれだけの支持を集めることは不可能。つまりここに1つだけ大きな嘘がある), やってもかまわない、なんていう遠回しの言い方でしたが、生徒会長になるきっかけがほしくて今回の依頼を利用したとか、そんな考えがよぎります。, 『見えるところでは何もしてないよね。けど見えてたらさ、結構嫌なことやってるんだと思う』, 八幡(問題を与えられなければ、理由を見つけることができなければ、動き出せない人間がいる。俺は何か間違えたのではないか。その疑念だけが残った。), 八幡が小町を理由に奉仕部を守ろうと動いたのと同じ、ゆきのんも生徒会長へ立候補するのに理由が必要だったのかな。, 城廻めぐり『…ほんというとね、期待してたんだ。雪ノ下さんが会長になってくれたらなって』, 例えばもしゲームのように1つ前のセーブデータに戻って選択肢を選び直せたとしたら、人生は変わるだろうか。), サブタイトルが不吉なので心配していたのですが、期待通りにバッドエンドだったようです…, それに原作は本編が10巻までしかでていない(サブストーリーの10.5巻は先日発売してます)。, とくに奉仕部が生徒会に変わってもメンバーがそのままなら良いじゃないの?っていう考えは、前回の記事の最後で攻殻機動隊の名言に準えてありだよな〜って考えてました。, 俺ガイル二期感想|4話「そして、由比ヶ浜結衣は宣言する。」|やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続|伏線乱立で後が気になる, 八幡は、頭が回るのにこれに気づかなかったのは、他人から与えられた理由で動いていたからでしょう。, ゆきのん、ガハマさん、そして八幡という人と人の関わり合いに意識を向ければ、肩書きが変わっても良かったのに。, だれかが気づいても良かったような気がしますが、ゆきのんは直接そう言うことは言わないし。, しかし、八幡自身が言っているように、セーブポイントまで戻ってもう一度やり直しても同じ結果になったのでしょう。, なぜなら、この時点では八幡自身にゆきのん、ガハマさんとどうしたいのかという気持ちが言葉に出来ていないから。, ずっと、ぼっちだったし、これからもそれでいいと思っているうちはなんどやり直してもIFルートにはたどり着けないのでしょう。, でもサイゼで相談にのってくれた仲間がいると言うこと自体、まわりの環境はぼっちではなくなっている。, やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。|名言クイズ俺ガイル、アプリをリリースしました。, 視てるだけじゃなくて自分でも何か作って発信できないかと思い、AndroidとiPhone用に好きな作品のファンアプリを開発していくことにしました。, アプリを作ってほしいアニメやマンガがあったらお問い合わせフォームから書き込んでもらえると有り難いです。もしくは、記事のコメントに書いてくれるのもあり。, Copyright ©  あにあぷ|アニメとマンガとアプリの情報発信サイト | Wordpress Thema SINKA, 俺ガイル二期感想|5話「その部屋には、紅茶の香りはもうしない。」|やはり俺の青春ラブコメは…, うしおととら第5話感想|ヒョウさん準レギュラー獲得、そして麻子はいつも男前|「符咒師 鏢」, 俺ガイル二期感想|7話「されど、その部屋は終わらぬ日常を演じ続ける。」|ゆきのんと八幡は別れてしまうのか?|やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続, のんのんびより りぴーと 2期3話感想|れんちょんがグレた|「連休中にやる気を出した」, 俺ガイル二期感想|12話「未だ、彼の求める答えには手が届かず、本物はまちがい続ける。」|ガハマさんが空気読みすぎて辛い|やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続, 俺ガイル二期感想|9話「そして、雪ノ下雪乃は。」|雪乃は恋に落ちたのか|やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続, 俺ガイル二期感想|2話「彼と彼女の告白は誰にも届かない」|ゆきのんは何故怒ったのか考察|やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続|iPhoneクイズアプリも登場!, 俺ガイル二期感想|8話「それでも、比企谷八幡は。」|平塚静名言連発、そしてホンモノとは?|やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続, のんのんびより りぴーと 2期5話にゃんぱす感想|みんなお楽しみのプール回だよ|「お好み焼きを食べた」, のんのんびより りぴーと 2期4話にゃんぱす感想|笑いと涙の神回だった|「てるてるぼうずを作った」, 俺ガイル二期感想|6話「つつがなく、会議は踊り、されど進まず。」|はたして、いろはすは八幡にデレているのか|やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続, 俺ガイル二期 13話感想|雪乃の依頼は何なのか考察|最終話「春は、降り積もる雪の下にて結われ、芽吹き始める。」|これ絶対続きあるだろ!?|やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続, ゆきのんが生徒会長になっても奉仕部のメンバーで生徒会を組織すれば問題ないこと。(自分の口からは言いづらいので気づいて協力してほしかった?), ゆきのんは八幡が自分のことを同じ信念を共有する仲間だと思ってくれていると考えていた。. よろしければ、「いいね・フォロー」ちょいとポチポチっとお願いします(*´∀`*)!, しゃべる絵描きで,こっそり隠れ気味に熱心な皆さんと共に歩んでいきます. 待ちに待った【俺ガイル】こと【やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。】の12巻。2017年9月20日にとうとう発売されましたね!といっても私は電子書籍版派なので、おとなしく9月29日まで待ちました。長かった。前巻11巻の発売日が2015年 また、P210の「雪乃先輩」という呼び方も雪ノ下をライバルとして意識していることが窺えます。(他に下の名前で呼んでいたのは由比ヶ浜だけだったと記憶しています) 俺ガイル完(3期)第11話「想いは、触れた熱だけが確かに伝えている。」を考察して ... 俺ガイル完第12話(3期最終話)の感想・考察その2。「あなたが好きよ。比企谷くん」. ついに俺ガイル完。が全力のハッピーエンド、第12話で最終回を迎えた。制作会社が異なる第1期からの伏線が見事に回収され、ともすればやりきれなさが残る原作を昇華し、最高のエンディングを見せてくれた。 さらに、プロムの件では安易に八幡の助けを求めないところからも、彼女もまた雪ノ下と同じく本物を求めて八幡からの自立を目指しているのではないかと思います。結果、P247での雪ノ下の事は結構好きという発言に繋がっているのではないでしょうか。 それは恋ではなく単なる依存だったと雪ノ下自身が気付いたから 2. 待ちに待った【俺ガイル】こと【やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。】の12巻。, 前巻11巻の発売日が2015年6月24日なので、今回発売された12巻は約2年3ヶ月ぶりですね。, 俺ガイルは12巻で終わり、と予想されている方も多かったようですが、安心してください。, 11巻から2年3ヶ月もあいたものですから、どんな内容だったか忘れてるところもたくさんありましたが、大丈夫でした。, 12巻の冒頭は丁寧な回想から始まるので、過去にあった内容をゆっくりと思い出させてくれました。, でも思い出すと同時に過去の話をまた読みたくなってしまう、という副作用も発動します。, 俺ガイル初期のころは女王様然とした凛々しい印象が強かった雪ノ下雪乃(ゆきのん)ですが、巻を重ねるごとに弱さというか脆さが浮き彫りになってきましたね。, しかし、今回の12巻では、雪ノ下が自分自身の問題に真正面から向かい合う決意をします。, 雪ノ下が昔やりたいと思っていたことは、父の仕事の後を継ぐことだったそうですが、それに関してはすでに姉の陽乃という存在がいる。, 雪ノ下雪乃はその優秀さとは裏腹に、本当に大事な決断を自ら行う、ということをずっとしてこなかったんですね。, 雪ノ下の依頼を聞いた由比ヶ浜は、その依頼内容が本当に雪ノ下が望むところなのかと疑問を呈します。, それを聞いた雪ノ下も「もしかしたら、違うかも」と答えますが、雪ノ下自身もまだ完璧な答えにたどり着いていないのでしょうね。, 12巻を読んでいて思ったのですが、由比ヶ浜だけは雪ノ下、八幡、そして由比ヶ浜自身が追い求める答えをすべて知っているような気がします。, 残酷な真実の答えを知るよりも、真実をうやむやにしたまま楽にやり過ごすことのほうがいいことっていっぱいありますからね。, 妹の小町の受験エピソードや、一色いろは(いろはす)との絡み、そして雪ノ下へ差し伸べる救いの手など、八幡お兄ちゃんが炸裂してます。, 陽乃にはこのお兄ちゃんぶりを諭されたりと、何かにつけて八幡の「お兄ちゃん」がクローズアップされることがやけに多かったですね。, この八幡の「お兄ちゃん」というキーワードが今後の3人の関係性に実は大きく関わってくるのではないか、と勝手に思ってるのですが、いかがでしょうか。, 俺ガイル作中で八幡が通う総武高校は、八幡曰く「偏差値60くらい」のなかなか学力レベル高めの高校です。, 小町の中学校の成績では厳しい、ということで兄の八幡にも勉強を教えてもらいつつ、塾にも通い頑張ってましたよね。, 一日目は筆記試験、ここでほぼ趨勢が決まるようなのですが、筆記試験を終えた小町いわく結果は「ぼちぼち」とのこと。, 今更じたばたしてもしょうがない、という小町の覚悟の決まり方を見て少し安心する兄の八幡は、二日目の面接試験終了後にご褒美として一緒にご飯を食べることを提案。, 二日目の面接試験はお昼ごろに終わるので、八幡お兄ちゃんは総武高校の近くのマリンピアで時間を潰しながら待つことに。, そんな中、マリンピア出口のすぐ横にあるサンマルクカフェのカウンター席に座っている川なんとかさんと、その妹の川崎京華(かわさきけいか)を見つける。, 川なんとかさんいわく、買い物に来ただけ、ということらしいのですが、弟の川崎大志(かわさきたいし)もまた同じ総武高校を受験しているので、八幡と同じく入学試験が終わるのを一緒に待っていたようです。, 面接が終わった小町は一緒にご飯を食べるという最初の提案ではなく、家に帰って家事をしたい、ということでお買い物だけして家に帰ることに。, 帰ってからパタパタと家事をこなし、一段落ついたところで、小町は折り目ただしく正座をし、受験を手助けしてくれた兄に対してお礼の言葉を述べます。, このシーンはぽんかんさんのイラストもしっかりと描かれており、個人的には12巻で一番の名シーンだと思います。, 俺ガイル第三期がアニメ化されたときの楽しみがひとつ増えました。(アニメ化されるよね?), 俺ガイルに一色いろは(いろはす)が登場してから、依然として高い存在感を放ち続けてますよね。, しかし、八幡の助けを受けて生徒会長に就任してからは、いつの間にか一色いろはの魅力にやられている自分ができあがっていたという。, 巻を重ねるごとに一色いろはの八幡への好感度が徐々に高くなっていく様子が、なんともいいんですよね。, 一色いろはが早口でまくし立てて、最後に「ごめんなさい」で締めくくるくだりにしても、最初は完全な拒絶だったのが、だんだんと脈あり?な内容へと変わっていくところが目が離せません。, プロムとはアメリカやカナダなどの高校で行われる卒業パーティーのことで、正式にはプロムナード(舞踏会)と呼びます。, 何か個人的な目的があるようなのですが、その真意は12巻ではまだ明かされていません。, プロムの応援に関しては、今回は雪ノ下が単独で手伝うことになるのですが、そのことがまた大きな問題へと発展してしまいますが、それもまた13巻を待たなければなりません。, 「俺ガイル」こと「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」の12巻の感想について気ままに書きましたが、いかがだったでしょうか?, 様々な作品へのオマージュを高い文章力で散りばめられているだけでなく、読んでいるときの語感のテンポもいいから、するすると読めてしまいます。, また、青春ラブコメとタイトルについていながら、実は恋愛要素がほとんどなく、意外とストイックな内容がまたいいんですよね。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, 自分のやりたいこと、すなわち「父親の仕事を継ぐ」ということについて、家族にはっきりと意思表示を行った上で、希望が叶うかどうかをきっちりと確かめる. 未だに恋心を抱いているが隠しているから, どれが本当の理由か、あるいはもっと他の理由があるのかは続巻を待たなければならないが、少なくとも由比ヶ浜は本12巻における二つのinterlude(P96, P358)において「それは恋だったが諦めた(由比ヶ浜に譲った)」ことを示唆、独白している。前述の通り、由比ヶ浜は「全部わかっている」のであり、それは極めて有力な見解だ。, 一色いろはが持ち込んだ謝恩会をプロム形式で行うという提案を雪ノ下が手伝ったのは、雪ノ下にとってプロム自体をやりたい動機があったからではない。雪ノ下にとってはそれがプロムでもそうでなくてもどうでもいいことで、自分が変われるチャンスがそこにあったから自分の意志で依頼を引き受けた。, 一色がプロムをやりたい理由は12巻を読む限り「プロムをやりたい」というただそれだけの理由による。卒業生や他の誰のためでもなく、自分が将来プロムクイーンに選ばれるという痛快なまでの私利私欲のためだけにやりたいと言っている。, つまり、一色と雪ノ下の利害が一致したのである。自分のためにプロムをやりたい一色と自分が変わるチャンスが欲しかった雪ノ下。雪ノ下にとっても他の誰のためでもなく、言ってしまえば自分を変えるという私利私欲のために協力する。, このプロムの企画に論理はない。以前までのように「頼まれたから」という言い訳がましい理由もない。あるのは明確で美しい真っ直ぐな感情だけだ。, 雪ノ下が単独で生徒会主催のプロムの手伝いをする中、それまでは奉仕部に足を伸ばしていた比企谷は放課後にやることがなくなってしまった。それをいい機会とばかりに家でテレビゲームに熱中するが、数日で飽きてしまう。で、クラスメイトの戸塚に「そのうち暇な日あるか?」(P220)と誘うなど以前の比企谷であれば考えられない見ようによっては奇行とも言うべきことさえし始める。それは比企谷自身も「ここ最近の俺の有様は以前の俺からすれば病的にさえ映る」(P347)と自覚している。, 奉仕部に入らさせられる以前の比企谷はぼっちであり、学校が終わればそのまま真っすぐ帰るのが当たり前だったのだが、ここきて比企谷も変わり始めていることが明白になっている。それが、積極的に人と関わるようになったというポジティブな捉え方をすべきことか、葉山たちリア充グループに倣うように没個性化しつつあるというネガティブな捉え方をすべきことかはわからないが、大いなる変化であることには違いない。, 本12巻における本題は卒業式の後に開かれる謝恩会をプロムナード(舞踏会)形式で行いたいという一色いろは率いる生徒会の発案を雪ノ下が手伝うことである。だが、このプロム発案が出てくるのが物語も後半に差し掛かる頃(P188)から。, では前半では何が起こっているのかというと、前巻11巻からの続きと、比企谷のクラスメイト川崎沙希とその妹と偶然居合わせるエピソード、それと比企谷の妹である小町とのエピソードである。私は読みながら、あらすじにある「ある大きな依頼」がなかなか登場しないぞと訝っていたのだが、この前半のエピソードの積み重ねが後半に大きな意味をもらたすことを読み進めるうちに知ることとなる。, かつて陽乃が、雪ノ下が比企谷に寄せる感情について「そう、あれは信頼とかじゃないの。……もっとひどい何か」(10巻P340、アニメ2期12話)と発言していることを踏まえ、それは信頼ではなく恋愛感情でもなく「依存」であると大いに推測された。, そして、本12巻においてそれがまさしく「依存」であったと物語中で初めて言葉で示されるのだけれど、ただの依存ではなく陽乃曰く「共依存」(P346)であるという。, つまり、雪ノ下は自分の意志・決断を比企谷に委ねることで依存し、比企谷は比企谷で雪ノ下を助けることにまんざらでもない喜びを見出しているという意味で依存していたということである。, この結論を読者に提示するために、比企谷が川崎沙希の妹である京華を甘やかすシーン(P118)を提示し、小町が明確に兄離れするシーン(P146)を描き、「と言いつつも、わたしに頼られてすごく嬉しそうな先輩なのでした」(P247)、「過保護」(P250)という一色いろはの台詞を差し挟み、雪ノ下を助けようとする比企谷に対して最後に会心の一撃「……まだ、『お兄ちゃん』するの?」(P336)という陽乃の台詞でとどめを刺す。, 物語を通じて比企谷は単独行動を好み、他人に積極的に介入しない良くも悪くも理性的で自立した人間であると思っていたのだが、頼られると黙っていられない比企谷の信念・善意が相手の自立を阻害してしまうことがクローズアップされている本12巻での問題提起には唸った。人に任せることができない「何でも自分でやらなければ気が済まない病」であるとも見ることができる。, 雪ノ下が自分で問題を解決すると強がりではなく本心で言っているのだから静かに見守ればいいのに、結局はプロムの開催に拘泥してしまってそれができない比企谷。平塚先生に「君は人の心理を読み取ることは長けているけれど、感情は理解していない」(9巻P225-226、アニメ2期8話)と指摘されていたのがそのまま当てはまっている。9巻での一色いろはの荷物を持ってあげるシーン(アニメ2期6話など)も小さな伏線になっていると考えることもでき、その一貫性には戦慄する。, 本12巻は雪ノ下は自分の意志で自分の足で踏み出そうとしているにも関わらず、比企谷は何も変わらず立ち止まったままであることが対照的に描かれているのが印象的だ。, 実際、手作りというアイデアは悪くない。貰った側の心に強く訴えかけるものがあるし、何より手間暇をかけて作ってくれた事実に胸を打たれる。それが憎からず思っている相手であれば、なおのこと。

キャメロン ジャニーズ 現在 30, 激レアさんを連れ てき た 将棋 6, 島田紳助 淡路島 焼肉 12, コレクチム軟膏 プロトピック 比較 22, ヨガインストラクター 有名 女性 9, 鳥羽 周作 レシピ動画 12, Anone 診断 退会 30, 嵐 日本よいとこ摩訶不思議 Mステ Jr 15, ハワイ 事件 最新 6, 鳩 学名 読み方 5, 怪しい義母 韓国ドラマ キャスト 14, 英語 メール 件名 支払い 5, 日本刀 英語 説明 21, 三菱自動車 社長 炎上 18, 原 息子 薬物 10, 資生堂 ステロイド 系 7, Windows リモート デスクトップ 2 要素認証 10, Aaa 人気ランキング 2020 6, Sekiro 鐘 難易度 8, 坂道の家 動画 2014 44, Adele Hello 音域 4, 田丸麻紀 ハワイ なぜ 20, アウトソーシング Peo 評判 17, 故事成語 四面楚歌 意味 11, 故事成語 四面楚歌 意味 11, センメ ハモネプ 高校 15, 逃げ恥 衣装 ヒラマサ 28, フォー エイト ゲーム 9, さとるくん 歌詞 意味 55, 中国人 チート なぜ 25, Mazda2 15mb 違い 5, 7 Men 侍 入所日 38, Jyp 練習生 学校 12, 冴羽 獠 体型 6, Brave Heart~last Evolution Version~ 9, A と The 練習問題 4, ラジオ収録 マイク プロ 4, 大臣 辞任 一覧 20, チャヨ 韓国語 意味 14, 内職 辞め方 電話 28, あそびあそばせ 絵柄 変わった 47, スズキ スイフト Xgリミテッド 4, ポケモン プラチナ サイクリングロード 6, 七つの大罪 完結 アニメ 5, シックスパッド ジェルシート ヤマダ電機 18, 腓骨神経麻痺 低周波 効果 53, 東京メトロ 平均年収 総合職 4, ミラティブ 毎日配信 消える 10, 産経新聞 購読料 クレジットカード 大阪 38, 俺たちの旅 30年sp 三十年目の運命 17, 今田耕司 ペッパー いつから 4, 中村獅童 病気 現在 9, 明け方 のゲッタウェイ Cd 13,