Corel PaintShopのノイズ低減AIでDeNoiseしたら風景も天体写真も効果抜群!... Corel PaintShopのノイズ低減AIでDeNoiseしたら風景も天体写真も効果抜群!. なのでYIMGは使う必要性がないので気にしてませんでしたが、どれくらい使えるのか気になったので、使って見ました。, もしかしたら単純に加算平均合成させるならステライメージ7より処理速度が速いってこともありえるかな?というのもあるので、まずは操作に慣れるという意味で、簡単操作ガイド(ガイドにすらなってないかもしれませんw)をここに書いてみようかなと思いました。, このあと少しPhotoshopで軽く調整してこんな感じになりました。まあ、フォトショじゃなくてもフリーの画像処理ソフトでもある程度は自由に調整できるでしょう。, 使用感は、最後の仕上げに関しては使い慣れたフォトショのほうが圧倒的にいいです。でもフォトショなんて持ってない知らないみたいな状況ならそれでも嬉しくなって触ってたんだろうな♪ MSX1で絵を書いてたころを思えばなんてこたぁないwww, 今回は単純に撮って出しのjpgを加算平均合成させただけですが、8枚合成の速度はどうもステライメージ7より高速な気がしてなりません。一度計測してみたいですね。, このソフトRAWデータにも対応しているらしいので、いつかそれも試してみたいですが、どうしても使い慣れたLightroomにいっちゃうような希ガス・・・w, それにしても無料で公開しているソフトでこれだけ出来るなんて、すばらしいことですよね^^, 政治、鉱物、天体、生物とにかく興味があるものを研究対象としています。但し、反日売国に対しては鬼のように厳しいです。. 星や宇宙が好きでたまりません!, これから、CMOSカメラで、月・惑星の撮像・画像処理を始めようとしています。歴史的な2つの望遠鏡、1923年製25cmF15屈折望遠鏡(公共施設の機材)と1927年研磨の15cmF9.5反射望遠鏡(私物)で、月・惑星像をきちんと残すためです。普段、職場ではWindowsマシンを使っていますが、昔からのMacユーザーですので、画像処理用にWindowsマシンを買いましたが、Windowsマシンの詳しい使用法・さらに画像処理用のフリーソフトの習得と、道のりは遠いなあと思っていました。そんな折、aibouさんの記事のおかげで、迷わずステラナビゲーター8を注文することができました。これからも知識の習得のために、aibouさんのブログを見させていただこうと思っています。貴重な情報を、ありがとうございます。, double_clusterさんへ CMOSカメラで2台の反射望遠鏡ですか。 月とか惑星なら25cmF15は凄く良さそうですね! ステライメージ8は天体の画像処理が1つでかなりいろんな事ができるのでこれから始めるのに凄く良いと思います。 またちょくちょく記事や動画アップしますが、こちらこそいろいろ教えて下さいね。 コメントありがとうございます!. 星見・星撮りに使えるフリーソフト 2015.02.08 2020,01,01更新 天文関連のフリーソフトリンク集は、「天文 フリーソフト」等でググればネット上に沢山あります。 そのため今回は私がよく使用しているソフトに絞って、私なりのレビューを付けて掲載したいと思います。 ステライメージは、天体写真のために設計・開発された画像処理ソフトウェアです。撮影した一枚一枚の天体写真が持つ可能性を最大限引き出し、「データ」を「作品」にまで引き上げます。 ステライメージ8では、近年の天体写真処理 … 街なかで天体写真を撮っていると、光害まみれの背景から星雲を炙り出すために、かなり無茶な強調処理を強いられることがしばしばあります。このとき、どうしても問題になるのがカメラのノイズです。 ここで強い味方になってくれるのが「ノイズ除去ソフト」です。 アストロアーツが販売する天体画像処理ソフトウェア「ステライメージ Ver.6」の製品情報ページ。数多くの冷却CCD・デジタル一眼レフカメラなどに対応、天体写真から情報を最大限に引き出し「画像 … ステライメージ8は現在僕が天体写真の画像処理に使用しているメインのソフト。当初は無料ソフトをたくさんダウンロードして使っていたのですが、現在はとにかくStellaImage8でどこまでできるのかを追求して楽しんでいます。初心者の僕にとって凄く使い易く余計な事を考えずに画像処理 … All rights reserved. 最近、星景写真を画像処理するのに「Sequator」というフリーソフトを使っている。ボクのような怠惰な人間にも便利で楽で使いやすいソフトだ。 昨年12月に母校地学部の合宿に参加したとき、このソフト … 始めた当初は無料ソフトをたくさんダウンロードして使っていたのですが、現在はとにかくステライメージ8だけでどこまでできるのかを追求して楽しんでいます。, まだまだわからない事がたくさんあるのですが、それでも現在では自分がやりたい画像処理がかなりできるようになってきました。, なぜならステライメージ8は初心者の僕にとって凄く使い易く余計な事を考えずに画像処理自体に集中できて学べたからです。, 2017年頃から画像処理をいろいろ始めたのですが、当時はとにかくフリーソフトをいろいろダウンロードして使っていました。, ネットで検索してダウンロードしてはしばらく使い、ダウンロードしては使いとアレコレたくさん使っていました。, 有難いことに先人の皆さんが使い方をブログに記載してくれていたので初心者の僕でも時間を掛けて試行錯誤すれば何とかなりました。, それに同じ画像処理をするにも、どっちのソフトでやった方が良いのかも試しながらやるので、画像処理する時間よりも毎回使い方を調べて覚えたり試したりする時間の方が断然長い。, しかも、初心者なのでこんなに時間を掛けても全く思ったようなマシな写真にもならず、もう天体の画像処理が嫌になりそうでした・・・(-_-;), そんなところに時間を使うよりもっと画像処理自体に時間を掛けたいと思うようになりました。, そこで広く浅くいろんなソフトを使うのではなくて、まずは1つのソフトを使いこなせるようになりたいと思ったんです。, 皆さんの写真データを見ていると、PhotoShopやステライメージを使っている方が多い。, また、ステライメージ8で自動コンポジットやある程度の画像処理をして、最後の仕上げにPhotoShopを使ったりされている方も多い。, 要するにこの2つのソフトがあれば天体の画像処理はOKのようだとわかったので、どっちから始めるかを考えました。, PhotoShopに似た古いCorel PaintShop Prpを持っていたのでそこそこ使いこなせるかな?と思ったのですが難しかった。, 画像処理の初心者の自分がいきなりPhotoShopを使うのはハードルが高いと思ったんです。, フリーのコンポジットソフトもあるけど、やっぱり普通の天体写真も彗星のメトカーフコンポジットも惑星も何でも対応しているのがステライメージ8なんですよね。, ステライメージ8って30,000円位するので一見高そうに見えるのですが、よくよく調べてみると結構安い事に気が付きました。, で、どの位のペースでメジャーアップデートするかと言うと下記のようになっていました。, 発売当初は連続して毎年メジャーアップデートしていましたが、落ち着いてからは3~5年に一度メジャーアップデートしている感じですよね。, 少なく見積もって3年に1度のメジャーアップデートとして計算すると、初回だけで計算すると30,000円÷36ヶ月=833円です。, PhotoShopが毎月1,000円位なので、PhotoShopより安いんだなぁと言う事に気が付きました。, しかもステライメージ8は月額じゃないのでランニングコストが掛からず価格的にも有難い。, 一見高そうに見えますが、これから天体の画像処理を始める方には値段的にも使い易さ的にもおススメなソフトだと思います。, 僕は地上固定+星空追尾の星景写真から天体望遠鏡で撮影した天体写真まで全てステライメージ8で画像処理しています。, 基本的に僕は現状ダーク減算はしていないのですが、やる場合はRAWファイルのままマスターダークを作っておきたいと思うんです。, 自動コンポジットパネルや編集パネルでダーク減算はできるのですが、マスターダークとして保存しておけば後から何度も使う事ができないんですよね。, StellaImage8の場合、ダークファイルをコンポジットして保存するとFitsファイルになっちゃうんです。, なのでベテランの方がやっているのはRStackerなどでマスターダークを作ってRAWファイルのままダーク減算していると思うんですよ。, ※マスターダークについては下記で解決したので今はRAWファイルで保存できなくても良いかな?と思っています。, これをPhotoShopみたいにペンツールで自由に選択範囲を指定できるようになると凄く画像処理が簡単になると思うんです。, これって過剰な画像処理な気もするので悩むところですが、こういうのがあると初心者的にも思い通りに色合いなどを変えれると思うんです。, 殆どの方は改造カメラを使わずノーマルカメラで撮影しているかと思うのですが、ノーマルカメラは基本的に赤が足りていない。, そこで撮影した赤色部分だけ少し濃くしたりする方が自然な色合いに近づくと思うんですよね。, その時にRGB減算マスクなどでマスクを作っても結構思ったような場所に思ったように色彩を変えにくい。, もし自由な選択範囲を指定できれば、ポイントだけ指定してガウスぼかしを掛けてマスクを作って思った位置に赤色を足したりできる。, また、自動で境界線を選択してくれるようになると星景写真とかでマスクを作るのが簡単になると思うんですよね。, 現状でもステライメージだけで新星景写真もできるのですが、こういう機能があると物凄く便利だと思います。, とにかく初心者の方こそステライメージから画像処理を始めると、一番早く基本が学べるんじゃないかと思います。, まだステライメージ8でやりたいことがあるので、PhotoShopはもう少し後かなぁ。, P.S 現在月額のPhotoShopではなくて、ソフトを単品で購入できる「Corel PaintShop」と言う画像処理ソフトも併用するようになりました。, 天体撮影に行くと最近よく見る大容量のポータブル電源。オートガイドなどでノートPCを一晩動かすのに使っているようですね。ただちょっと私には高い・・・, 一眼カメラとレンズで星空写真&望遠鏡で天体写真を撮ってます。 15年ぶりに趣味の世界に帰ってまいりました。はたして天体写真の腕が上達するのか?その足跡を残しておきたいと思ってはじめたブログです。 最近は、DeepSkyStackerというフリーソフトを使えるようになり、画像 … アストロアーツが販売する天体画像処理ソフトウェア「ステライメージ7」の製品情報ページ。数多くの冷却ccd・デジタル一眼レフカメラなどに対応、天体写真から情報を最大限に引き出し「画像」を「作品」に押し上げます。 Jackery ポータブル電源 大容量192000mAh/700Wh 家庭アウトドア両用バックアップ電源 PSE認証済 AC(500W 瞬間最大1000W)/DC/USB出力 ソーラー充電 24ヶ月保証, 広く浅くいろんなソフトを使うのではなくて、まずは1つのソフトを使いこなせるようになりたい, フリーのコンポジットソフトもあるけど、やっぱり普通の天体写真も彗星のメトカーフコンポジットも惑星も何でも対応しているのがステライメージ8. 星の写真、フリーソフトで処理したい(その1) 15/07/24 19:52 Babyelf 梅雨、やっと明けましたね。でも次なる台風が~~~。こんな日は、パソコンでお宝探しです。で、何を探していたかというと綺麗な天体写真の加工に使えるフリーソフトです。 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 最近、星景写真を画像処理するのに「Sequator」というフリーソフトを使っている。ボクのような怠惰な人間にも便利で楽で使いやすいソフトだ。, 昨年12月に母校地学部の合宿に参加したとき、このソフトの使い方を聞かれ「ブログにまとめておく」と口を滑らせたまま、早3ヶ月が過ぎたので、そろそろまとめておく。, 一応、天体写真を撮りはじめたばかりの方でも分かるような説明をしたつもりだが、追記してほしいことや質問などあれば、お問い合わせフォームやtwitterのDMに連絡いただければと思う。, ひとまずSequatorで何ができるのかを知らないと、使ってみようという気が起こらないと思うから、簡単にまとめてみる。ここでは詳しく書いているが、ご存知の方はすっ飛ばしてもらってかまわない。, Sequatorは主に星景写真(星空と景色のツーショット)の画像合成に使う。合成というとたいそうに聞こえるので、よく友人には「合成した」と言いふらしているのだが、実のところボタンをポチるだけである。自慢するにはコスパが良いではないか。, さて、何のために合成するのかというと、それは天体写真の大敵、ノイズを減らすためだ。, 天体写真では暗い夜空を撮るため、露光時間は長いしISO感度も高くしないといけない。そうすると空に実際には存在しない光の点、ノイズがたくさん現れる。, このノイズ、同じ条件で撮影するといつも同じ場所に出る奴もいるが、ほとんどは毎回ランダムに出てくるので厄介だ。, そこで同じ構図で撮影した写真を複数組み合わせてみると、すべての写真で同じ場所にある光の点は実在する星、一枚だけにあって他の写真にない点はノイズ、という具合に星とノイズを判別できる。, この合成方法(比較明合成という)ならば明るい星はよりいっそう明るくなるし、暗い星は暗いと分かるし、ノイズは消えて空が眼で見ているように滑らかになる。肉眼で見たような星空を写真で再現できる!, ところで肉眼といえば、だいぶ昔だが、ワケあって毎晩星空を肉眼で眺め、記録したのち機械で測るという観測をしていたことがあった。この観測に名前を付けることになったのだが、「肉眼観測」を主張したボクに対し、友人たちが「肉っぽい」「肉肉しい」「肉球っぽい」と真っ向から反論、「裸眼観測」になってしまった。以来、「肉眼」の文字を見ると「肉球」を思い出す。, で、ここまでなら別に今までのソフトウェアでもできたこと。Sequatorがすごいのはここからだ。, まず、Sequatorで処理する天体写真には赤道儀がいらない。日周運動で動いてしまう星の位置を、自動的に合わせて合成してくれる。最強。, しかし星の位置を合わせると、地上の風景がブレてしまう。現に今までの星景写真は地上がブレていることも多かったし、星と風景、両方のブレを減らすために、追尾速度1/2という赤道儀も登場したほどだった。, そこでSequatorには、なんと地上だけ星空とは別で合成してくれる機能がある。しかもほぼ自動。完成されたソフトウェアといった様子だ。, 地上の合成まではしてくれないが、星の位置を自動で合わせてくれる天体写真画像処理ソフトに「Deep Sky Stacker」というものがある。星野写真(星空だけの写真)に特化したソフトだ。こちらは数十枚の処理に、数十分~数時間かかる。今までの天体写真用ソフトのほとんどは、だいたいこんなものだろう。, ところがSequatorの処理速度は目を見張るものだった。処理をはじめて最初だけ様子を見て、「終わるまで昼食にしよう」と席を立つ予定が、わずか数分で終了して食べさせてくれない。恐るべきスピードだ。, これと同じ構図で、固定して撮影した写真16枚を合成する(何枚でもOK)。もちろん、赤道儀は使わずに三脚に載せて撮っている。少しざらつきがあるが、あとで処理してノイズを減らすことを考えれば大したことはないだろう。, さらに、レンズにキャップをした画像(ダークフレームという)を4枚用意した。一見真っ暗に見えるが、わずかに出るノイズを星空の写真から差し引くことができる。撮影条件は星の写真と同じにし、温度でノイズ量が変わるので、なるべく星の写真を撮ってすぐに撮影したほうがいい。, ちなみに、カメラの設定で「長時間露光ノイズ除去」がONになっている場合は必要ない。自動的に同じことをやってくれている。ただ、1枚の星景写真撮影に露出時間の2倍かかってしまい、時間がもったいないのでOFFにすることをオススメする。, 上のリンクからSequatorをインストールして起動すると、こんな画面が開く。左上で画像の選択、左下で画像処理の設定、右側にプレビューが表示される。, まずは「Base image」をダブルクリックして、地上、星の位置合わせの基準にする写真1枚を選択する。, つづいて、同じ要領で「Star images」をダブルクリックして、残りの星の写真全部を選択する。, 「Vignetting images」は天体写真の画像処理ではフラットフレームと呼ばれるもので、周辺減光やレンズのゴミを取り除くためのものだが、今回は割愛する。, 出力先を設定する。「Output」を開いて、自分の好きな場所に好きなファイル名を指定して「保存」。, 次に画像処理の設定をしていく。ざっと説明するとこんな感じ。ON・OFFの選択はダブルクリックすることで切り替えられる。, Align stars:星の位置を自動で合わせてくれる。Trails:ただ重ねるだけで、星の動きが線状になる。, 【Computing Options】でさらに詳細な設定ができる。Accumulation:普通の加算平均(もとの画像を足して平均)と思われる。Select best pixels:外れ値を消して加算平均できる。Freeze ground:地上を固定してくれる。「Selective」にチェックを入れると、飛行機などを消せる。Align only:あとで別のソフトで処理するときにオススメ。「Linear」にチェックを入れておきたい。, 適宜、出力したい画像に合わせて選択する。今回は星景写真なので「Align stars」「Freeze ground」の組合せを使った。, 星空の領域を指定する。一番使いやすいのは「Irregular mask」。自分で星空を塗りつぶすと、ソフトがおおよその領域を自動で検知してくれる。ズームの操作で円の大きさを変えられる。「Auxiliary highlight」にチェックを入れると、境界が分かりやすい。, 明るい部分を暗く、暗い部分を明るくして、平均的な明るさにしてくれる合成方法。今回はOFF。, Noise imagesなしでもノイズをなるべく減らしてくれる。一応ONにしておく。, レンズなどによる歪みを補正してくれる。ボクはカメラ側で補正することが多いのでOFFにしている。星が楕円形に伸びてしまうのが気になる方は、利用してみてもいいかもしれない。, ありがたい機能だが不自然になりがちなので、OFFにして出力後、他のソフトで直すべきだと思う。, ここまで終わったら、一番下にある「Start」ボタンを押して、画像処理スタート! 数分後、指定したフォルダに完成した写真が現れるはずだ。, ちょっと暗いが、しっかり合成してくれている。最初の写真と見比べると、相当空が滑らかになっているのが分かる(Googleフォトの圧縮機能で、ここでは分かりづらいかも)。, さて、本来ならここで終了だ。あとは他のソフトを使って、明るさや彩度などをお好みで変えてやればいい。, ところが残念なことに、今回はミラーに反射していた星が消えてしまった。星空の領域指定でミラーを外したからだ。かといってミラーの中も塗りつぶしても、ミラーの中の星は外側の星とは異なる動きをするのでうまくいかない。, そこで一計を案じた。ミラーの中だけを星空の領域に指定して、別でもう一枚合成した。結果はコレ(↓)。, 見事に星空は消えているが、ミラーの中の星は健在だ。こうしてできた〈星空版〉と〈ミラー版〉の2枚の写真を、画像編集ソフト「Gimp」で比較明合成。普通の物理法則が成り立つ世界へようこそ。, このあとはRaw画像現像ソフト「Darktable」で、トーンカーブなどをちょっといじってみた。, 関連記事:【RAW現像フリーソフト】darktableがRawTherapeeより使いやすいかも?, Sequator、一度コツをつかむとあらゆる星景写真を楽に処理できるようになる。なるべく手軽に手短に、楽をして画像処理したい方にはもってこいのフリーソフトだ。, 最初のハードルもあまり高くないので、初めて天体写真の画像処理に挑戦する方にもオススメである。, 【RAW現像フリーソフト】darktableがRawTherapeeより使いやすいかも?, 当サイトの情報管理や著作権についてです。コンテンツの使用や、お問い合わせをいただく前に、一度ご確認ください。.

資生堂 ステロイド 系 7, すれ違う 時 いい香り 25, 冒険type A B C Mp3 31, ジョジョ ラストサバイバー 料金 6, 東京dogs 1話 Pandora 33, チャンピオン シップ 視聴 方法 21, コムテック 808lv 取り付け 4, ラ パン海老名 予約 5, Ir 指紋領域 帰属 14, この恋は初めて だから 相関図 33, おねがい ティーチャー 最終回 ネタバレ 10, タマホーム リフォーム 不祥事 4, 杏 双子 年子 10, レジン テーブル 研磨 16, 三宅健 向井康二 味噌汁 4, 人狼ゲーム ネタバレ ビーストサイド 17, ベビー服 セール H&m 4, かいしん のいちげき 漫画 Amazon 18, 三菱自動車 定年 年齢 8, 赤葦京治 夢小説 結婚 32, サンコー ドライブレコーダー ダッシュボード 20, 揖保川 トラック 事故 42, 邪道 類義語 端 8, 稲沢 火事 動物病院 6, Sql フィールド名 ドット 5, Apple Pencil 第1世代 互換 9, 堺雅人 リーガルハイ 演技 7, Bomb A Head V 歌詞 付き 8, 猫 リンパ腫 高分化型 5, 菩提樹 数珠 作り方 5,