巴戦(ともえせん)とは、大相撲における優勝決定戦の方式の一種で、本割の結果、相星の力士(または優勝決定戦の途中の勝ち残り)が3人いる場合の優勝者決定のための戦いである。 連続して2勝した力士が優勝となる。 巴戦ってどういう意味ですか? 14 :お前名無しだろ:01/10/10 18:53 ID:??? 10/28 デジタル大辞泉を更新. 優勝決定戦(ゆうしょうけっていせん)は、大相撲において、各地位での最高成績者が複数出た場合に、優勝者を決めるための本割以外の取組である。, 1909年(明治42年)6月場所に大相撲の優勝制度が設けられ、優勝額の授与が始まったが、このときは勝敗同点者がいた場合には、番付上位の力士が優勝することとされていた。, 特別なケースとして、春秋園事件からの復帰力士を別席として追加した1933年(昭和8年)1月場所の十両で、別席同士の綾曻と番神山両者の地位序列が不明なため、番外として2人の間で決定戦が行われた(優勝は綾曻)ことがある。, しかし、第二次世界大戦後の大相撲人気回復の方策の一つとして、優勝争いへの興味を喚起するために、同点の場合は優勝決定戦を行い決着をつけることが企画され、1947年(昭和22年)6月場所から実施された。最初の場所には東西制がまだ行われていたこともあって、幕内で9勝1敗の同点者が4人出た(横綱羽黒山・大関前田山・同東冨士・前頭8枚目力道山、優勝は羽黒山)。これは後に5人の決定戦が開催されるまで(1996年11月場所)長らく幕内の優勝決定戦出場人数としては最多記録であった。, そのこともあり、この制度はすぐに定着した。ただし、幕下以下に関しては、1950年(昭和25年)1月場所から1956年(昭和31年)の1月場所までの一時期は決定戦は行われず、上位力士が優勝となっていた。, 十両以下の優勝決定戦は、千秋楽の中入(幕内の取組の直前)に行なわれるが、十両優勝に関係する力士が幕内力士と対戦が組まれていることもあり、その場合には該当する力士の結果を待って行なわれる。行司はそれぞれの地位に対応した行司が裁き、呼出も該当の地位の者が土俵上で呼び上げるので、序二段や序ノ口の場合には、裸足の行司が満員の観衆の中で裁く(呼出は見た目では地位が分からない)こととなり、そして通常の取組では幕下以下の行司や呼出は土俵に上がっても場内放送で名前が呼ばれることは無いが、決定戦だけは例外として名前が呼ばれるので、行司や呼出にとっても晴れ舞台である。決定戦が行われることが館内にアナウンスされると歓声が上がり、千秋楽の相撲観戦における醍醐味の一つとされる。なお、勝負審判は当日の十両取組を担当する者が十両以下各段表彰式まで引き続き担当する(幕内取組の途中で決定戦を行なう場合は幕内前半戦の審判が担当する)。, 2020年現在同部屋間または4親等以内の親族間であり本割での対戦が組まれない相手でも決定戦は行われるので、同部屋対決や兄弟等の4親等以内での対決になる場合もある。代表的なものは、1989年(平成元年)7月場所の千代の富士-北勝海の同部屋横綱同士、1995年(平成7年)11月場所の3代若乃花-貴乃花の同部屋兄弟同士(いわゆる「若貴対決」)の決定戦などがある。また、同部屋同士の力士が本割で対戦することはないことから、同部屋力士が2人以上15戦全勝し、同部屋同士の15戦全勝での優勝決定戦になることも可能性としてはあるが、現在まで15戦全勝同士の優勝決定戦が行われた例は一度もない(そのため、現在まで15戦全勝で優勝を逃した力士というのも存在しない)[1][2]。, 幕内の決定戦も「それぞれの地位に対応した行司が裁く」という決まりが適用され、横綱・大関の登場しなかった過去3例の場合、1972年(昭和47年)3月場所の決定戦(長谷川勝敏 - 魁傑將晃戦)では、長谷川が関脇であったために三役格筆頭の3代木村正直(後の24代伊之助)が裁いた(控行司は2代式守伊三郎)。史上初の平幕対決となった2012年(平成24年)5月場所の決定戦(旭天鵬勝 - 栃煌山雄一郎戦)では、幕内格筆頭の11代式守勘太夫(現・41代伊之助)が裁いた(控にも幕内格の6代木村玉治郎が入った)。呼出も「それぞれの地位に対応した呼出が呼び上げる」という決まりから、幕内呼出筆頭の重夫が呼び上げを担当した。史上初の関脇対決となった2019年(令和元年)9月場所の決定戦(御嶽海久司 - 貴景勝光信戦)では、三役格筆頭の6代木村玉治郎が裁き(控にも三役格の3代木村容堂が入った)、呼出は三役呼出筆頭の次郎が呼び上げを担当した。なお呼び上げは本割とは異なり、三役以上の力士であっても一声である。, それ以外の幕内の決定戦には、横綱か大関が登場しているため、裁きは原則として立行司の仕事である。現在の規則では木村庄之助が土俵に上がり式守伊之助が控に入る。出場力士が多かったり巴戦で決着がつかなかったりすると一定の番数(通常は2番)ごとに行司を交代するので伊之助も土俵に上がることになるが、庄之助が裁きを譲りたいとして伊之助を先に土俵に上げることもある。また立行司が休場や空位等により1名しかいない場合には控は三役格行司ということもある。また立行司が1名もいないケースでは、土俵上・控ともに三役格行司となる。過去には「庄之助は1番限り」として伊之助が先に土俵に上がっていたこともあったがこの時でも控行司として庄之助も入場していた。優勝決定戦が制定された当時は立行司が木村玉之助を含む3名だったため、当時の13代玉之助が裁いたり控えに入ることもあった。また副立行司が存在した時代には土俵上と控のどちらか、あるいは両方が副立行司ということもあり、降格後の13代玉之助や当時副立行司の2代木村正直(後の23代庄之助)が裁いたことがあった。呼出に関しても、幕内の決定戦では原則として(横綱か大関が登場している場合)立呼出が呼び上げるが、行司を交代するときは呼出も交代するので、その場合は原則として副立呼出が呼び上げることになる。十両以下の決定戦でも、番数が多いと一定の番数ごとに行司・呼出を交代する。, 本割では無いため、優勝決定戦に敗れても本割での連勝記録については中断しない事となっている。例として白鵬は2009年1月場所10日目から33連勝を記録したが、同場所千秋楽朝青龍との決定戦には敗れた。2020年7月場所現在まで例はないが平幕力士が横綱に勝って優勝しても金星にはならない。, また番付編成においても、優勝決定戦での勝敗そのものは反映されない。そのため、例えば東西横綱(あるいは大関)の決定戦になり、西横綱(大関)が勝って優勝した場合でも、翌場所でも優勝力士は西方にとどまり、優勝同点の力士が東方ということがしばしば起こった。, 近年の例では、1996年(平成8年)11月場所において、幕内史上最多となる5人もが優勝決定戦(横綱・曙、大関・3代若乃花・武蔵丸・貴ノ浪、関脇・魁皇)に進出、当時西正大関の地位だった武蔵丸が優勝した。ところが、翌1997年(平成9年)1月場所の番付で大関陣は、優勝同点の3代若乃花が前場所と同じく大関最高位の東正大関で、先場所優勝者で綱取りの掛かった武蔵丸は西正大関の地位に留まっていた(貴ノ浪は東2(枚目)大関)。さらに1997年5月場所でも、東正横綱・貴乃花-西正横綱・曙の優勝決定戦は、曙が優勝し貴乃花が優勝同点だったが、次の7月場所番付は引き続き東正横綱・貴乃花、西正横綱・曙だった。このようなケースが発生する度に、「同じ横綱(大関)の地位で優勝した力士が、翌場所も優勝同点力士の下位に据え置かれるのはおかしい」との声が挙がり、1997年9月に日本相撲協会の理事会において、規約が「同地位で優勝決定戦を行った場合、優勝者を上位とする」と改正された。2001年(平成13年)1月場所、西正横綱・武蔵丸-東2(枚目)横綱・貴乃花との優勝決定戦で貴乃花の優勝時には、翌3月場所の番付は東正横綱に優勝の貴乃花が上がり、西正横綱に優勝同点の武蔵丸が据え置かれ、前場所との位置が逆転した。, 3人以上での決定戦で複数の横綱(大関)が優勝同点となった場合は、翌場所の番付の序列は前場所のものが反映される。, 出場予定の力士が急な怪我などで出場できなくなり、対戦相手が不戦勝となった例は幕内では存在しない(後述の通り、三段目で1例発生したのみ)。決定戦が引分や痛み分けといった決着をつけることが不可能になるようなケースは2020年7月場所終了時点で存在せず、実際に発生した場合にどのような対応をとるのかを示す規約についても存在が確認できないため、勝敗をつけられなくなった際に何が起こるのかは不明。, 組み合わせ抽選の方法も記す。勝ち進んで人数が減った後は該当の人数を参照。過去の記録では最大で12人による決定戦が序二段で行われた例があるので、12人までの実施方法を記す。, 理論的には、13人以上の場合も考えられるが、一般的にn人(4人以上)の場合を考えると、nが偶数の場合は、くじ引きによって「東1」~「東n/2」、「西1」~「西n/2」のくじを引いて、東西同じ数字の2人によりn/2組の対戦を行ってn/2人に絞り、nが奇数の場合は、くじ引きによって「東1」~「東(n-1)/2」、「西1」~「西(n-1)/2」及び「○」のくじを引いて、東西同じ数字の2人により(n-1)/2組の対戦を行い、「○」はシードとして(n+1)/2人に絞ることになる。そしてこれを繰り返して最終的に2人になれば通常のトーナメント戦からの決勝戦となり、3人になれば巴戦となるのである。13~16人はトーナメント戦、17~24人は最終的に巴戦、25~32人はトーナメント戦となる。, 大相撲の優勝決定戦では、それぞれの対戦で負けると基本的に脱落するが、巴戦の場合だけは対戦で負けても優勝の可能性が残る場合がある。, 他に、幕内最高優勝未経験の力士であり、優勝決定戦制度導入以前に番付下位による優勝同点を2回記録した, https://www.asahi.com/articles/ASM7P42L8M7PUTQP01B.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=優勝決定戦_(相撲)&oldid=80311082, 直接対戦する。組み合わせが1種類なので抽選は無く、番付の東西にかかわらず上位者が東から上がる。, 「東1」「東2」「西1」「西2」「○」のくじを引いて、東1対西1、東2対西2で2組の1回戦を行い、「○」はシードとして、3人に絞る。その後は3人の場合と同じ(巴戦)。, 「東1」「東2」「東3」「西1」「西2」「西3」のくじを引いて、東1対西1、東2対西2、東3対西3で3組の1回戦を行い、3人に絞る。その後は3人の場合と同じ(巴戦)。, トーナメント戦を行う。「東1」「東2」「東3」「西1」「西2」「西3」「○」のくじを引いて、東1対西1、東2対西2、東3対西3で3組の1回戦を行い、「○」はシードとして、4人に絞る。その後は4人の場合と同じ。, トーナメント戦を行う。「東1」~「東4」、「西1」~「西4」のくじを引いて、東西同じ数字の2人により4組の1回戦を行い、4人に絞る。その後は4人の場合と同じ。, 「東1」~「東4」、「西1」~「西4」、「○」のくじを引いて、東西同じ数字の2人により4組の1回戦を行い、「○」はシードとして、5人に絞る。その後は5人の場合と同じ(最終的には巴戦)。, 「東1」~「東5」、「西1」~「西5」のくじを引いて、東西同じ数字の2人により5組の1回戦を行い、5人に絞る。その後は5人の場合と同じ(最終的には巴戦)。, 「東1」~「東5」、「西1」~「西5」、「○」のくじを引いて、東西同じ数字の2人により5組の1回戦を行い、「○」はシードとして、6人に絞る。その後は6人の場合と同じ(最終的には巴戦)。, 「東1」~「東6」、「西1」~「西6」のくじを引いて、東西同じ数字の2人により6組の1回戦を行い、6人に絞る。その後は6人の場合と同じ(最終的には巴戦)。, 出場が最も多かったのは貴乃花と白鵬の10回。貴乃花はうち5回で優勝し1対1の決定戦は8回(4勝4敗)。白鵬は10回全てが1対1の決定戦で6勝4敗で6回の優勝。2人決定戦に限れば白鵬の10回が最多だが、実際に取った番数では貴乃花が11番(6勝5敗)で、曙(決定戦出場自体は7回でうち4回優勝)も決定戦で白鵬と並ぶ10番(6勝4敗)を取った。, なお曙は、2人決定戦、3人決定戦、4人決定戦、5人決定戦のいずれをも横綱の地位で出場した。意外なことに、曙は十両以下では優勝が皆無だった。, 優勝決定戦をもっとも多く争った顔合わせは貴乃花-武蔵丸で5回、うち1対1の2人による決定戦は4回(貴乃花4勝)、1回は4人による決定戦で実際には対戦しなかった(貴乃花-魁皇と曙-武蔵丸が1回戦で組まれ、貴乃花と曙が勝ち上がった)。2人決定戦に限れば朝青龍-白鵬も4回で最多タイ(朝青龍3勝、白鵬1勝)。, 幕内の優勝決定戦出場を経験した力士の中で、引退までに幕内最高優勝を一度も果たせなかった力士は13人、このうち決定戦に複数回出場した経験を持つのは, 決定戦出場者の地位別内訳ではやはり横綱大関が圧倒的に多く、延べ167人中の120人を占める(横綱77人、大関43人)。横綱、大関のいずれも出場しなかった優勝決定戦は、, 千秋楽優勝圏内の対戦で、リードされた力士がトップの力士に勝ち、優勝決定戦も勝利した例は、1959年5月場所の若乃花-栃錦が最初。それ以来9例あるが、下位力士が上位力士に本割、決定戦とも連勝して優勝となった例は、1999年1月場所の千代大海-若乃花(3代)の1例のみ。ただし、前述の1959年5月場所では栃錦が東正位横綱、若乃花は東張出横綱であり、この様に同じ地位の中で上位に当たる相手に対して逆転した例は4例(横綱同士3例。大関同士1例)。, 1996年(平成8年)11月場所では、横綱曙、大関3代若乃花、同武蔵丸、同貴ノ浪、関脇魁皇の5人(いずれも11勝4敗)による優勝決定戦が行われた。これが2018年現在においても、幕内における優勝決定戦の最多出場人数。また、この時の11勝4敗は、2009年現在幕内最高優勝としては15日制定着後最少勝星である(ほかに, * 昭和47年1月場所千秋楽で栃東が負けていた場合は前述の平幕4人に加え大関清國、大関琴櫻、関脇長谷川、小結輪島を加えた8人の決定戦となっているはずであった。もしそうなっていれば成績は10勝5敗という最低記録が作られていた。. 10 :お前名無し ... 長州と健介と田中がいつもやってること 12 :お前名無しだろ:01/10/09 23:42 ID:vPn2e7vM 巴戦つまんなそう 13 :お前名無しだろ:01/10/10 18:46 ID:??? 10/28 デジタル大辞泉プラスを更新. 10/12 故事成語を知 … 12月10日(日) 上智大学のグラウンドin四ッ谷 天気 少しあたたかめ。晴れ 気持ち 忘年会前で勝利の美酒を。 河合、そろそろ決めようぜ。 巴戦 vs 東京バナナさん スコア 0ー1 得点者 なし アシスト なし ①前半 0ー0 相手の勢いに押され押し込まれる場面も。 12月10日(日) 上智大学のグラウンドin四ッ谷 天気 少しあたたかめ。晴れ 気持ち 忘年会前で勝利の美酒を。 河合、そろそろ決めようぜ。 巴戦 vs 東京バナナさん スコア 0ー1 得点者 なし アシスト なし ①前半 0ー0 相手の勢いに押され押し込まれる場面も。 10/27 日本大百科全書(ニッポニカ)を更新. ュ ドライブまたは DVD を挿入します。, ISO ファイルを保存した場所に移動した後、ISO ファイルを右クリックして, ISO ファイルを右クリックして、, ISO ファイルをダブルクリックして、中のファイルを表示します。. 10/12 四字熟語を知る辞典を追加. 白鵬は10回全てが1対1の決定戦で6勝4敗で6回の優勝。2人決定戦に限れば白鵬の10回が最多だが、実際に取った番数では貴乃花が11番(6勝5敗)で、曙(決定戦出場自体は7回でうち4回優勝)も決定戦で白鵬と並ぶ10番(6勝4敗)を取った。 Windows 10 は、デジタル ライセンスを使用して、後で自動的にライセンス認証されます。 Windows 10 をインストールする準備ができたら、選択内容とアップグレード中に保持される項目が、確認のために … 10/19 図書館情報学用語辞典 第5版を更新.

言葉にすれば 合唱 コツ 4, 弓道 当たら ない 初心者 4, またたび 人間 酔う 15, 萬屋 錦之介 殺陣 11 4, 江口洋介 織田裕二 仲 39, 彩風咲奈 潤花 仲 9, Ptp Gene 歌詞 5, の ん いのチャンネル 飼い主 16, Sp 女性 身長 6, 有理数 無理数 交互 4, 謗法 韓国ドラマ 感想 30, Tnc 問い合わせ 電話番号 6, 可愛い 虫 のイラスト 4, ワンピース クロコダイル 現在 22, Ff7 神羅屋敷 金庫 コツ 5, 坂上 忍 原発 5, 子猫 病院 初期費用 4, ゴーン 2ch 勢い 10, からくりテレビ 昌平 みはや 現在 36, ジュリー ドレフュス 現在 39, 漸進的筋弛緩法 厚生 労働省 4, ドラフト会議 司会 歴代 17, おやすみのうた 童謡 歌詞 31, カランコエ 病気 白い粉 14, 親和性 高い 英語 10, とある科学の超電磁砲t 13話 感想 8, Vs嵐 Mmda 2013年度 動画 27, ソ イングク ファンレター 14,