いかがでしたか? 新型コロナウイルスに関する情報について. 明日の我が身はどうなるか分からないという無常を感じ、彼女も出家することに決めたのでした。21世紀の現在も彼女たちの庵は祇王寺として、嵯峨野の竹林に、清盛に翻弄された運命の名残を留めています。, 平家は「伊勢平氏」と呼ばれ、その財力は伊勢を中心にした商売で築かれたものです。そのためか、清盛は同じ紀伊半島にある熊野権現をとても信仰しており、盛んに熊野詣でをしていました。, 藤原信西と源義朝が結託した平治の乱が勃発した時、清盛はまさに熊野詣の真っ最中でした。戦支度など何もしていない丸腰で途方に暮れていると、家臣の平家貞が差し出した長櫃(ひつ)が、なんと その数50もあり、その中には鎧など武具が入っていたのです。一大事を予想して準備していたとのことで、まさに武士の鑑ともいえますね。, これを身に着け京へ取って返し、清盛一行は信西、義朝を討ち取ることができたのが平治の乱です。清盛はよい家臣のおかげで、窮地を切り抜けたのでした。, 栄華を極めた清盛ですが、原因不明の熱病で最期を迎えます。なんと、熱で苦しむ清盛の体を冷やそうと水をかけると、身体の熱さで水がお湯になってしまったといわれています。そのさまを平家物語では「あつち死に」と表しています。苦しみに跳びはねるという意味です。, 地獄のような苦しみのなかでも、清盛は、死後の供養などいらぬから、すでに反逆ののろしを上げていた源頼朝の首をはねて供えよ、と遺言しています。最後の最後まで、憎まれ役の清盛らしいですね。, 出世の階段を瞬く間に駆け上がり、みかどにさえ傍若無人のふるまいをもってはばらかない清盛ですが、長男の重盛(しげもり)はこれに似つかず心やさしい、道理をわきまえた人物でした。いわば、平家一門の良心といえます。, ともすれば道理にはずれた行動を取る父、清盛をいさめ、一門の者たちをたしなめる立場にあった重盛は、何かと嫌われる平家一族の中にあって、京の人たちに慕われた稀有な存在でした。, 清盛の悪行に歯止めをかけることができるは息子である彼だけでしたが、父親より先にこの世を去ってしまいます。ブレーキ役を失ったことで清盛の暴挙はエスカレートし、せっかく築いた栄華も、ここから終焉に向かっていくことになります。, 平家が繁栄した大きな理由は海上の覇権を握ったことでしょう。父の忠盛は海賊討伐などで着実に功績を上げ、清盛自身も安芸守(今の広島県の国守)に任じられ、瀬戸内の覇権を手中にしました。, 清盛の中国地方での大事業は、厳島神社の整備と音戸の瀬戸の開通ですが、音戸の瀬戸の工事中、潮の流れなどを考慮して、日があるうちに工事を終了しなければいけないのに、日没を迎えそうになりました。 妻が死に悲しみのあまり左大臣を辞任したり、子ども想いの優しい人物ではあったようですが、棟梁には向いていなかったようです。, 母は平時子。聡明であり、清盛からの期待も高かったようです。宗盛が棟梁になった後は補佐をしています。平家物語では源平合戦の英雄として書かれ、壇ノ浦の戦いでは碇を体に巻きつけて、「見るべき程の事をば見つ。今はただ自害せんと」言い自害します。 清盛は武力と貿易で得た財力を駆使しつつ、天皇や貴族と当初は良好な関係を築いています。清盛の政策は、摂関政治のように貴族的な面もありつつ、日本初の武家政権でもありました。清盛が長生きしていれば、鎌倉幕府とはまた違った武家政権が誕生していたかもしれません。, 平家一門は一族の結束が強く、清盛の兄弟も含めると沢山の個性豊かな人物がいます。こちらでは清盛の妻達と、子供達について紹介します。, 清盛の正室です。当時の女性の名前は隠されている事が多く、名前が残っていない事は不思議ではありません。高階基章は貴族とは言え、勢いづいていた平家とはかなり身分の差がありました。婚姻に至る経緯は不明です。重盛、基盛を産んだ後、記録がなく病死したと言われています。, 清盛の後妻として1145年頃に正室になりました。異母妹の滋子が後白河天皇の妃となり、清盛の政治基盤のパイプ役となります。重盛、基盛が亡くなった後は、時子の子達が嫡流となります。 その息子である平忠盛は伊勢平氏で始めて昇殿(天皇の私的区域に入れる)を許されます。更に日宋貿易で莫大な富を得ます。清盛は後に驚異的な出世を果たしますが、正盛や忠盛の武力や財力を受け継いでいた事も大きいのです。, 平清盛は1118年に平忠盛の長男として生まれます。出生に不明な点も多く、白河法皇の子を身ごもった女房が忠盛に与えられ、生まれたのが清盛という説があります。清盛は驚異的な出世をしており、当時から天皇の御落胤という噂はありました。, 1153年に忠盛が死去し、清盛は平家の棟梁となります。1156年に天皇や藤原摂関家のお家騒動である保元の乱が勃発。清盛は後白河天皇につき勝利します。 平清盛を産んだ母は出産後数年で病没したため清盛には母を同じくする兄弟がいません。 父 忠盛が他の女性に産ませた男子のうち知られているのは池禅尼の子である家盛と頼盛、藤原家隆の娘を母に持つ教盛、藤原為忠の娘を母に持つ忠度、源信雅の娘を母に持つ経盛です。 目標は、子供が小学生くらいになって歴史の勉強を始めた時に「このサイト役に立つ!」と言ってもらうことです(^^; ©Copyright2020 歴史しんぶん.All Rights Reserved. Ameba新規登録(無料) ログイン. 平清盛の兄弟. 源義朝と妻との間に誕生したのは後に征夷大将軍となる源頼朝です。そんな源義朝は平清盛の戦友でもありライバルでもあると知られています。彼は20代半ばという若さで来た関東の豪族を統治すると、その後、保元の乱では平清盛とともに後白河天皇方に味方し、平治の乱... しかし、正室である高階基章の娘は亡くなってしまったため、久安元年(1145年)頃、平時信の娘である, これに対し、平清盛は怒りを見せ、とうとう同年11月、後白河上皇に対しクーデターを起こしたのでした。このクーデターは, 翌年の1月には反平氏方との対立の中で、東大寺や興福寺を全焼させてしまうといった出来事もあり、平清盛は源氏や反平氏勢力だけではなく仏教までを敵に回すこととなります。(. 大河ドラマで放映されていた平清盛ですが、ドラマは視聴者を引き込むために様々な脚色をしています。 史実でどのような生涯を送ったのか? 平清盛が成し遂げたことはどのようなことだったのか? 平清盛死後、平氏は源義経という軍事的な天才の出現によって滅ぼされてしまいます。 清盛が扇で太陽をさし招くと、なんと沈もうとしていた日輪が戻ってきて、無事日中に工事を終えることができたといわれています。, 並ぶことなき権力者の清盛にかかると、天の太陽さえ思いのままにできるというエピソードですが、このあたりから平家の凋落の足音が聞こえてきます。恐れ多くも天の太陽を意のままにするという驕り高ぶりの罰があたったともいわれているのです。, 公平で政治的にも優れており、皆に慕われる格好いい清盛というイメージで書かれた本がたくさんあります。つまり悪いイメージは、勝者の源氏によって作られたのかもしれません。実像を知ることができるといいですね。, ホンシェルジュはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。, 成田凌の人気の理由を出演作品から紐解く!実写化した映画、テレビドラマの原作の魅力も紹介. しかし史実では報復をしたのは重盛で、清盛が重盛を諌めたそうです。清盛は基房に謝罪し、太政大臣に任命しています。, 忠盛の時代までは武士は政治の場に参加する事は出来ず、朝廷に仕える存在でした。清盛は武力と財力を駆使して、武士でありながら政治の場に上り詰めました。これは数百年続く武士にとっての希望となりました。, 特筆すべきは日宋貿易の拡大です。現在の神戸市に大輪田泊という港を作りました。貿易は更に積極的に行われるようになり、宋銭等がもたらされ貨幣制度が日本に定着します。 叔父である平忠正は敗者側の崇徳上皇側についており、清盛は自らの手で斬首しています。源氏も親子で後白河天皇派と崇徳上皇派に分かれて戦っており、崇徳上皇側についた源氏を斬首する事で、源氏の力を削ぐ目的があったと言われます。後白河天皇についた源義朝は、自らの手で父親の為義を斬首しています。, 平治の乱では朝廷に力を持っていた信西が自害。クーデターを起こした藤原信頼や源義朝に勝利する事で、清盛は武士の第一人者となり、朝廷の軍事力を掌握します。義朝は敗死し、息子の頼朝は伊豆に流罪となりました。, 清盛は譲位した後白河上皇と二条天皇の双方に仕えつつ、摂関家に娘を嫁がせる等、朝廷での足固めを続けます。1167年には武士として初めて太政大臣となりますが、実態は名誉職に過ぎず、3ヶ月で辞任します。 「平清盛」43話【忠と孝のはざまで】/〜松ケン、息子にマジで見限られる5秒前! | どら☆ぶろ〜テレビドラマ感想ブログの決定版 . 5分で平清盛について!性格は優男?貿易の港ってどこだっけ?でした。 平清盛をかんたんに語るポイントは ・貴族社会から武家社会へのきっかけを作った ・武士として初めて太政大臣になり平家の全盛期を築き上げた ・孫を天皇にし、清盛自ら政治を行った 芸能人ブログ 人気ブログ. 伊勢平氏の棟梁・平忠盛の嫡男として生まれ、平氏棟梁となる。 保元の乱で後白河天皇の信頼を得て、平治の乱で最終的な勝利者となり、武士としては初めて太政大臣に任じられる。 関連記事 後に出家し、表向きは政界から引退しますが、嫡男の重盛に引導を渡しつつ、朝廷に大きな力を持ち続けました。, その後は福原(現在の神戸)に別荘を作り、厳島神社の整備や日宋貿易の拡大に努めます。清盛は宋と貿易を進め、海洋国家の樹立を考えており、都市整備が進めば福原幕府が出来ていた可能性がありました。, 清盛の勢力拡大に対し、後白河法皇は危険を感じ、両者の中は徐々に悪化。1177年に鹿ケ谷の陰謀で平家打開の陰謀が露呈。その後も死去した重盛の土地を没取する等、法皇は対立を深めていきます。, 1179年に清盛は治承三年の政変にて法皇を幽閉し、多くの政敵を処罰します。翌年には安徳天皇が即位。安徳天皇の母親は清盛の娘の徳子であり、清盛は天皇の外祖父となり、政治の実権を完全に掌握しました。, 平家の繁栄は各地で反平家派を増やし、1180年6月には法皇の息子以仁王が挙兵。清盛は都を京都から福原に強硬に遷都します。火種は大きく、呼応して8月には源頼朝が挙兵します。清盛は重盛の子の維盛を総大将にして関東に派遣しますが、富士川の戦いで交戦せず撤退。福原の遷都も反対が多く、11月には平安京に戻る等、繁栄にも陰りが見えてきたのです。, 1181年2月に清盛は京都で東国の武士達の追討を命じますが、熱病にて倒れます。平家物語では体に水をかけると蒸発したとか、黒煙が部屋中に渦巻いたと書かれています。 清盛亡き後は平家の精神的な支えとなります。壇ノ浦の戦いでは安徳天皇を抱いて身投げして自害します。, 母は高階基章の娘。清盛の嫡男です。平治の乱では勇敢に戦い、後には清盛と後白河天皇の調整役として活躍。人格者として知られ、同世代の貴族の日記でも好意的なものが多いです。, 平家物語では傲慢な清盛、人格者の重盛という構図が出来ています。しかし殿下乗合事件のように、重盛の横暴も清盛の仕業になっている事もあり、全てを鵜呑みには出来ません。, 時子の子ども達が台頭し、更に鹿ケ谷の陰謀で妻の兄の藤原成親が関与していた事が発覚すると、平家一門の中では孤立気味していきます。後に病にて42歳で死去します。, 重盛の子の維盛は富士川の戦いで大敗北し、資盛は殿下乗合事件で傲慢な態度をとる等、ある意味で平家の没落を体現しています。資盛や宗実の子孫を自称した人物もおり、血筋は受け継がれていると思われます。, 母は高階基章の娘。保元の乱、平治の乱で活躍します。24歳の若さで病死しますが、源平盛衰記では保元の乱で戦死した藤原頼長の怨霊の祟りと言われています。, 母は時子であり、重盛亡き後の平家の棟梁となります。壇ノ浦の戦いでは死に切れず、生け捕りにされた後に斬首されます。戦局に対応出来ず、平家滅亡の原因を作った人物として評価は悪く、特に平家物語の書かれようは本当に酷いです。歴史は勝者が作るものなので、意図的に悪く書かれている可能性はあります。 平将門の鎮圧に功があった平貞盛の四男である平維衡は、伊勢に勢力を拡大し、後に伊勢平氏と呼ばれます。平維衡から数えて4代目であり、清盛の祖父でもある平正盛は、白河天皇に仕えて勢力を更に拡大させます。 CopyRight 2010-2020 JUNK-WORD.COM(ジャンクワードドットコム) All rights reserved. 平清盛に対して皆さんはどんなイメージを持ちますか?平家にあらずんば人にあらずと言う台詞に代表されるように、傲慢な性格で悪役のイメージが根強いかもしれません。実は近年の研究から、平清盛の評価は徐々に変わ 成り上がりの傍若無人ぶりをさげすんだのです。, 清盛は太政大臣にまでなり、天皇の外戚となった平家一門、まさに怖いものは何もありません。平家、とりわけ清盛にとっては思うがままの世の中です。, 都に有名な白拍子の祇王(ぎおう)、祇女(ぎにょ)という姉妹がいました。この2人は清盛の寵愛を受けていましたが、ここへ新たに仏御前(ほとけごぜん)という若い白拍子が自分の舞を 死期を悟った清盛は法皇に宗盛(清盛の三男)と協力して政務を行うよう上奏しますが返答はなく、天下の事は宗盛に任せ、異論あるべからずと言い残し、亡くなりました。 平家物語ではその後基房に報復をしたのは清盛で、重盛は清盛を諌め、資盛に蟄居を命じます。 平家物語では死因はあつち死にぞし給けると書かれています。作中の遺言では頼朝の首を刎ねて、我が墓前に添えよ と言ったそうです。, 死因は以前はマラリアと言われていましたが、2月という時期から考えにくいです。九条兼実の日記玉葉には頭痛を病むという記述があり、熱病は髄膜炎や脳出血からきていたと言うのが有力です。, 従来の清盛の性格は平家物語の通り、傲慢、暴君と言われてきましたが、実は優しかったという説が有力です。十訓抄にはそんなエピソードが載せられています。, ・人がどんな無礼をしても笑って許した 妻であった平時子の妹・平滋子を後白河上皇の皇后にし、また娘・盛子を関白であった藤原忠通の息子・基実に嫁がせるなどして朝廷内で発言権を持つようになると、平清盛は1167年、太政大臣に就任となりました。, しかし、翌年の1168年には病に倒れることとなり、わずか3か月で太政大臣を辞任すると出家します。, 出家後、体調を戻した平清盛は念願だった厳島神社の整備や栄(現在の中国)と行っていた日宋貿易の港の拡大を行い始めます。, 平清盛が行った日宋貿易は莫大な財貨を手にする結果となり、またこの頃になると平家一門が朝廷内で権力を持ち始める、全国に500ほどの荘園を保持することができるなど、まさに平家の英華を極めた時代でした。この頃詠まれた有名な「平家にあらずんば、人にあらず」とはまさに、平家一門の隆盛を表す言葉です。, その後、権力を持った平清盛は娘・盛子から誕生した安徳天皇を幼帝としますます権威を強めましたが、平氏討伐のために源氏が挙兵した翌年の1181年、64歳で亡くなりました。, 今回はそんな平清盛の生い立ちや経歴、また平清盛が中国との間で行った日宋貿易や拡大した港、平清盛が整備した厳島神社についてわかりやすく説明します。, 平清盛が誕生したのは平安時代末期にあたる永久6年(1118年)1月18日のことです。, 平忠盛の長男として現在の京都府京都市で誕生したと考えられています。母は判明していませんが、白河法皇に仕えていた女性または祇園女御の妹と考えられています。, しかし、平清盛が3歳の頃に母とされる祇園の女御の妹が亡くなっているため、平清盛はその姉である祇園女御のもとで育てられたとされています。, 大治4年(1129年)正月、12歳となった平清盛は従五位下・左兵衛佐に就任します。, いつ平清盛が結婚したのかは分かっていませんが、平清盛よりも身分の高い延臣・高階基章の娘を正室に迎えたとされ、2人の間には重盛・基盛が誕生しました。, しかし、正室である高階基章の娘は亡くなってしまったため、久安元年(1145年)頃、平時信の娘である平時子を継室として迎えました。久安3年(1147年)には2人の間に宗盛が誕生します。, 久安5年(1149年)頃に安芸守に就任した平清盛は瀬戸内海の制海権を手にします。これによって平清盛と父・平忠盛は西国で勢力を伸ばすこととなりました。, 仁平3年(1153年)、父・平忠盛が亡くなります。これによって平清盛は平家一門の頭領となりました。, 平清盛は義母・池禅尼が崇徳上皇の子供である重仁親王の乳母であったため、どちらに味方すべきか悩むことととなりましたが、後白河天皇方に味方することとなります。, 結果、後白河天皇方の勝利に終わり、平清盛は勝利に導いた功績から播磨守、大宰大弐の地位が与えられました。, 平治の乱で平清盛は政権を握っていた藤原信頼、また反信西派であった大炊御門経宗・葉室惟方などを一掃します。, この平治の乱で源氏ので源義朝・源重成・源季実・源光保といった力のある武士が戦死したため、平家を邪魔するものはいなくなり、これによって平清盛は朝廷内で軍事力、警察力を掌握していくこととなり、急速に政治地位を伸ばしていくこととなりました。. 伊勢平氏の棟梁・平忠盛の嫡男として生まれ、平氏棟梁となる。保元の乱で後白河天皇の信頼を得て、平治の乱で最終的な勝利者となり、武士としては初めて太政大臣に任じられる。日宋貿易によって財政基盤の開拓を行い、宋銭を日本国内で流通させ通貨経済の基礎を築き、日本初の武家政権を打ち立てた(平氏政権)。, 平氏の権勢に反発した後白河法皇と対立し、治承三年の政変で法皇を幽閉して徳子の産んだ安徳天皇を擁し政治の実権を握るが、平氏の独裁は公家・寺社・武士などから大きな反発を受け、源氏による平氏打倒の兵が挙がる中、熱病で没した。, 永久6年1月18日[注 1](1118年2月10日)、伊勢平氏の棟梁である平忠盛の長男として生まれる(実父は白河法皇という説もある。詳細後述)。出身地は京都府京都市という説が有力である。生母は不明だが、もと白河法皇に仕えた女房で、忠盛の妻となった女性(『中右記』によると保安元年(1120年)没)である可能性が高い。『平家物語』の語り本系の諸本は清盛の生母を祇園女御としているが、読み本系の延慶本は清盛は祇園女御に仕えた中﨟女房の腹であったというように書いている[注 2]。また、近江国胡宮神社文書(『仏舎利相承系図』[2])は清盛生母を祇園女御の妹とし、祇園女御が清盛を猶子としたと記している。清盛が忠盛の正室の子でない(あるいは生母が始め正室であったかもしれないがその死後である)にもかかわらず嫡男となった背景には、後見役である祇園女御の権勢があったとも考えられる。, 大治4年(1129年)正月に12歳で従五位下・左兵衛佐に叙任。これについて中御門宗忠は驚愕している[注 3][注 4]。清盛は同年3月に石清水臨時祭の舞人に選ばれるが[注 5]、清盛の馬の口取を祇園女御の養子とされる内大臣・源有仁の随身が勤めていることから、幼少期の清盛は祇園女御の庇護の下で成長したと推定されている。祇園女御の庇護下で育ったことから、清盛の実父は白河法皇であるとの噂も当時からある。落胤説の事実性は乏しいものの、清盛が公卿を輩出したことのない院近臣伊勢平氏の出身にもかかわらず[注 6]、令制最高職の太政大臣にまで昇進したことは、王家との身内関係が当時信じられていたゆえといわれる[4]。, 若い頃は、鳥羽法皇第一の寵臣・藤原家成の邸に出入りしていた。家成は、清盛の継母・池禅尼の従兄弟であった。高階基章の娘との間に重盛・基盛が生まれるが、死別したと推測される。保延3年(1137年)忠盛が熊野本宮を造営した功により、清盛は肥後守に任じられる。久安3年(1147年)、継室に迎えた平時子との間に宗盛が生まれる。時子の父・平時信は鳥羽法皇の判官代として、葉室顕頼・信西とともに院庁の実務を担当していた。, この年6月15日、清盛は祇園社に赴くが、郎等の武具を咎めた神人と小競り合いとなり、郎等の放った矢が宝殿に当たるという事件が発生した(祇園闘乱事件)。祇園社を末社とする延暦寺は忠盛・清盛の配流を要求して強訴するが、鳥羽法皇は延暦寺の攻勢から忠盛・清盛を保護し、清盛の罪を贖銅三十斤という罰金刑にとどめた。その後、清盛に代わり正室腹の異母弟の平家盛が常陸介・右馬頭に任じられ頭角を現す。既に母を亡くし問題を起こした清盛に替わって、母方の後見の確かな家盛が家督を継ぐ可能性もあった。しかし久安5年(1149年)に家盛は急死したため、清盛の嫡流としての地位は磐石となる。家盛の同母弟・頼盛は15歳の年齢差もあって統制下に入り清盛も兄弟間の第二の者として遇するが、経盛・教盛に比べてその関係は微妙なものであり続けた。安芸守に任じられて瀬戸内海の制海権を手にすることで莫大な利益をあげ、父と共に西国へと勢力を拡大した。またその頃より宮島の厳島神社を信仰するようになり、仁平3年(1153年)、忠盛の死後に平氏一門の棟梁となる。, 保元元年(1156年)の保元の乱では義母・池禅尼が崇徳上皇の子・重仁親王の乳母であったため清盛の立場は難しいものであったが、一門の結束につとめ後白河天皇側について勝利をもたらし播磨守、大宰大弐となる。信西と藤原信頼・二条親政派の対立では中立的立場をとっていたが、平治元年(1159年)の平治の乱で政権を握った藤原信頼・大炊御門経宗・葉室惟方などの反信西派を一掃することで、急速にその政治的地位を高めることになる。この過程で源義朝・源重成・源季実・源光保といった有力武士が滅亡したため、清盛は武士の第一人者として朝廷の軍事力・警察力を掌握し、武家政権樹立の礎を築く。, 継室の時子が二条天皇の乳母であったことから、清盛は天皇の乳父として後見役となり検非違使別当・中納言になる一方、後白河上皇の院庁の別当にもなり、天皇・上皇の双方に仕えることで磐石の体制を築いていった。応保元年(1161年)9月、後白河上皇と平滋子(建春門院)の間に第七皇子(憲仁親王、後の高倉天皇)が生まれると、平時忠・平教盛が立太子を画策した。二条天皇はこの動きに激怒し、時忠・教盛・藤原成親・坊門信隆を解官して後白河院政を停止した。清盛は天皇の御所に武士を宿直させて警護することで、二条天皇支持の姿勢を明確にした。翌年3月には平治の乱で配流されていた二条親政派の大炊御門経宗が帰京を許され、6月には平時忠・源資賢が二条天皇を賀茂社で呪詛した罪で配流された。清盛は二条天皇の厚い信任を受け、親政を軌道に乗せた。さらに関白・近衛基実に娘・盛子を嫁がせて、摂関家とも緊密な関係を結んだ。院政を停止させられた後白河上皇への配慮も怠りなく、長寛2年(1164年)に蓮華王院を後白河上皇のために造営している。蓮華王院には荘園・所領が寄進され、後白河上皇の経済基盤も強化された。二条天皇は後白河上皇の動きに警戒心を抱き、長寛3年(1165年)に重盛を参議に任じて平家への依存を深めるが、7月28日崩御した。, 後継者の六条天皇は幼少であり近衛基実が摂政として政治を主導して、清盛は大納言に昇進して基実を補佐した。9月、平時忠が帰京を許され、12月25日に憲仁親王が親王宣下を受けると、清盛は勅別当になった。後白河院政派は次第に勢力を盛り返していたが、清盛は後白河上皇の行動・性格に不安を覚え、院政復活を望まなかったという。永万2年(1166年)7月26日、摂政・藤氏長者の近衛基実が急死して後白河院政が復活すると、基実の子・基通が幼少であることから弟・松殿基房が摂政となる。基実の領していた摂関家領が基房に移動すれば、平氏にとって大打撃となる。清盛は藤原邦綱の助言により、殿下渡領・勧学院領・御堂流寺院領を除いた私的家領を後家の盛子に相続させることで、摂関家領の管轄に成功した。10月10日に憲仁親王が立太子すると清盛は春宮大夫となり、11月には内大臣となった。翌仁安2年(1167年)2月に太政大臣になるが[注 7]、太政大臣は白河天皇の治世に藤原師実と摂関を争って敗れた藤原信長が就任してからは実権のない名誉職に過ぎず、わずか3ヶ月で辞任する。清盛は政界から表向きは引退し、嫡子・重盛は同年5月、宣旨により東海・東山・山陽・南海道の治安警察権を委任され、後継者の地位についたことを内外に明らかにした。, 仁安3年(1168年)清盛は病に倒れ、出家する。原因は「寸白(すばく。※条虫や回虫など人に付く寄生虫とそれによる病気)」で、清盛に付いたのは本人の証言に基づけば絛虫(さなだむし)であった。清盛の病状が政情不安をもたらすことを危惧した後白河上皇は、当初の予定を早めて六条天皇から憲仁親王に譲位させることで体制の安定を図った。病から回復した清盛は福原に別荘・雪見御所を造営して、かねてからの念願であった厳島神社の整備・日宋貿易の拡大に没頭する。嘉応元年(1169年)、後白河上皇は出家して法皇となるが、清盛は後白河法皇とともに東大寺で受戒して協調につとめた。これは、鳥羽法皇と藤原忠実が同日に受戒した例に倣ったものであった。この頃は、後白河法皇が福原を訪れ宋人に面会、清盛の娘・徳子が高倉天皇に入内、福原で後白河法皇と清盛が千僧供養を行うなど両者の関係は友好的に推移していた。この間、平氏一門は隆盛を極め、全国に500余りの荘園を保有し、日宋貿易によって莫大な財貨を手にし、平時忠をして「平氏にあらずんば人にあらず」といわしめた。, ところが、この清盛の勢力の伸張に対して、後白河法皇をはじめとする院政勢力は次第に不快感を持つようになり、建春門院の死を契機に、清盛と対立を深めていく。, 治承元年(1177年)6月には鹿ケ谷の陰謀が起こる。これは多田行綱の密告で露見したが、これを契機に清盛は院政における院近臣の排除を図る。西光は処刑とし、藤原成親は備前国へ流罪[注 8]、俊寛らは鬼界ヶ島に流罪に処したが、後白河法皇に対しては罪を問わなかった。ただし、実際に平氏打倒の陰謀があったかは不明であり、直前に後白河法皇から延暦寺攻撃を命じられた清盛が、延暦寺との衝突を回避するために行ったとする見方もある[注 9]。, 治承3年(1179年)6月、娘の盛子が死亡。すると法皇は直ちに盛子の荘園を清盛に無断で没収した。さらに7月、重盛が42歳で病死。するとまた、後白河法皇は重盛の知行国であった越前国を没収した。さらに、法皇は20歳の近衛基通(室は清盛女・完子)をさしおいて、8歳の松殿師家を権中納言に任じた。この人事によって摂関家嫡流の地位を松殿家が継承することが明白となり、近衛家を支援していた清盛は憤慨する。, 11月14日、清盛は福原から軍勢を率いて上洛し、クーデターを決行した。いわゆる治承三年の政変であるが、清盛は松殿基房・師家父子を手始めに、藤原師長など反平氏的とされた39名に及ぶ公卿・院近臣(貴族8名、殿上人・受領・検非違使など31名)を全て解任とし、代わって親平氏的な公家を任官する。後白河法皇は恐れを覚えて清盛に許しを請うが、清盛はこれを許さず、11月20日には鳥羽殿に幽閉するにいたった。ここに後白河院政は完全に停止された。清盛は、後の処置を宗盛に委ね福原に引き上げた。しかし、院政停止後の政権構想は拙いものであった。高倉天皇・近衛基通・平宗盛の三人はいずれも政治的経験が未熟であり、結局は清盛が表に出てこざるを得なかった。清盛は、解官していた平頼盛・花山院兼雅の処分を解除するなど一門の結束につとめ、基通の補佐のため藤原氏の有力者である左大臣・藤原経宗、右大臣・九条兼実の懐柔を図った。実際の政務に関しては、平時忠・四条隆季・土御門通親などの能吏が清盛の代弁者となった。治承4年(1180年)2月、高倉天皇が譲位、言仁親王が践祚した(安徳天皇)。安徳天皇の母は言うまでもなく清盛の娘・徳子である。名目上は高倉上皇の院政であったが、平氏の傀儡政権であることは誰の目にも明らかであった。さらに、法皇を幽閉して政治の実権を握ったことは多くの反平氏勢力を生み出すことになる。, 平氏の独裁に対して反抗の第一波となったのは、後白河法皇の第3皇子・以仁王の挙兵であった。以仁王は優秀であったが、平氏方である建春門院の圧力で親王宣下も受けられず、八条院の猶子となって即位の機会を伺っていたものの、今回のクーデターでその望みは絶望的なものとなっていた。以仁王には、八条院直属の武力ともいえる源頼政・下河辺行義・足利義清・源仲家などが付き従い、平氏に反発する興福寺・園城寺もこの動きに同調した。しかし計画は未然に発覚、清盛の手早い対策により検非違使で平氏家人の藤原景高・伊藤忠綱が300騎の兵で追撃して、以仁王と源頼政らを討ち取った。しかし寺社勢力、特に園城寺と同じ天台宗で親平氏の延暦寺でも反平氏勢力の動きがあり、清盛は有力寺社に囲まれ平氏にとって地勢的に不利な京都を放棄し、6月、一門の反対を押し切り、平氏の拠点である国際貿易港の大輪田泊(現在の兵庫県神戸市和田岬付近)を臨む地への遷都を目指して福原行幸を強行する。, しかし以仁王の令旨が全国各地に飛び火して、8月には伊豆に流されていた源頼朝、武田信義を棟梁とする甲斐源氏、9月には信濃国において木曾義仲が挙兵する。これに対して清盛は頼朝らの勢力拡大を防ぐため、平維盛を総大将とした大軍を関東に派遣したが、富士川の戦いでは交戦をせずに撤退してしまった。, この敗戦を契機として寺社勢力、特に以仁王の反乱に協力的であった園城寺・興福寺が不穏な動きを見せ始める。さらに、近江源氏が蜂起し園城寺・延暦寺の反平氏分子と提携して、物流の要所・琵琶湖を占拠し、反乱勢力は旧都を攻め落とす勢いにまで成長した。また、九州でも反乱が勃発、高倉帝や公家衆、さらに平氏一門や延暦寺からも遷都を望まない声が高まり、11月23日、清盛は平安京に還都する。12月になると清盛は、平知盛・平資盛・藤原清綱らが率いる軍勢を差し向けて園城寺を焼き払い、近江源氏の山本義経・柏木義兼を打ち破って、近江の平定に成功する(近江攻防)。次に清盛が標的としたのは、畿内最大の反平氏勢力・興福寺であった。清盛は背後の脅威を一掃することを決め、重衡を総大将とした大軍を南都に派遣、12月28日、興福寺・東大寺など南都の諸寺を焼き払った。確かにこれにより都周辺の反平氏勢力の動きは鎮静化したが、南都焼討は数千もの市民を犠牲とし、同地方にある大仏の殆どを焼失させる惨事となり、清盛自身も「仏敵」の汚名を着ることとなった。, 治承4年(1180年)末までには、平氏の勢力基盤である西国においても伊予国の河野通清・通信父子、翌治承5年(1181年)には豊後国の緒方惟栄・臼杵惟隆・佐賀惟憲ら豪族が挙兵し、伊勢志摩においても反乱の動きがあった。東国においても平氏方であった佐竹秀義などが頼朝によって討伐される。, このようななかで、清盛は京都を中心に新体制を築こうと、畿内近国の惣官職を置いて宗盛を任じた。これは天平3年(731年)に京・畿内を対象に兵馬の権を与えられた新田部親王の例に倣ったものであり、畿内近国に兵士役と兵糧米を課して臨戦体制を築いた。また、丹波国に諸荘園総下司職を設けて、平盛俊を任じた。さらに、越後国の城資永と陸奥国の藤原秀衡に源頼朝・武田信義追討の宣旨を与えている。2月26日には平重衡の鎮西下向を中止し、宗盛以下一族の武士が東国追討に向かうことが決められていたが、清盛は27日に謎の熱病に罹って倒れた[注 13]。死期を悟った清盛は、自分の死後はすべて宗盛に任せてあるので、宗盛と協力して政務を行うよう法皇に奏上したが、返答がなかったため、恨みを残して「天下の事は宗盛に任せ、異論あるべからず」と言い残し、閏2月4日、鴨川東岸にある平盛国の屋敷(※後述)で死亡した。享年64。, 清盛の死により、平氏の新体制作りは計画倒れに終わる。『平家物語』では清盛が死に臨んで「葬儀などは無用。頼朝の首を我が墓前に供えよ」と遺言を残したとしている。死亡した年の8月1日、頼朝が密かに院に平氏との和睦を申し入れたが、宗盛は清盛の遺言として「我の子、孫は一人生き残る者といえども、骸を頼朝の前に晒すべし」と述べてこれを拒否し、頼朝への激しい憎悪を示した[注 14]。, 清盛の死後、嫡男の重盛はすでに病死し、次男の基盛も早世していたため、平氏の棟梁の座は三男の宗盛が継いだが、全国各地で相次ぐ反乱に対処できず、後白河法皇の奇謀に翻弄された上、院政方も勢力を盛り返すなど、平氏は次第に追いつめられていった。しかも、折からの飢饉(養和の大飢饉)という悪条件なども重なって、寿永2年(1183年)、倶利伽羅峠の戦いで平氏軍が壊滅した後、義仲軍の攻勢の前に成す術無く都落ちする。そして元暦2年(1185年)の壇ノ浦の戦いに敗れて平氏は滅亡した。, 清盛の死没地については『吾妻鏡』の記す「九条河原口盛国家」が最も重要な拠り所であり、これを根拠として、鴨川東岸にあった平盛国の屋敷であると、長らくそのように語られてきた。, しかし、1989年(平成元年)、「九条河原口盛国家」の「盛国家」は平盛国邸ではなく権大納言・藤原邦綱の父・右馬権助盛国(藤原盛国)の屋敷であるとの説を、上横手雅敬が提唱した[7]。, 次いで2005年(平成17年)、今度は高橋昌明が、鴨川東岸の平盛国邸が憲仁親王(高倉天皇)の生誕地でもあることを手掛かりに照合した結果、「九条」は「八条」の誤記であろうとの見解を表明した[8]。八条河原口であれば、鴨川を挟んだ対岸に後白河院御所(法住寺殿御所)、西に西八条第(清盛邸。別称:八条亭)、北北東に六波羅が位置しており、また、西八条第および六波羅とはほぼ等距離にあるため、平氏の家政を預かる盛国の屋敷としては最適所と言える[8]。, なお、『平家物語』「慈心坊」の巻6 には、清盛の葬送の夜、拍子をとって舞い踊りながらどっと笑う2、30人の声が法住寺殿のほうからしたとの記述がある。また、『百錬抄』の養和元年閏2月4日条には、より具体的に、法住寺殿の最勝光院から今様乱舞の声が聞こえてきたとある。八条河原口からはそれを確かに聴くことができるが、九条河原口では距離がありすぎてこの逸話は成立し得ない。, 平清盛は、山城国の京都または伊勢国の産品(うぶしな)の生まれとされる。桓武天皇の孫・平高望(たかもち)の子孫で、坂東の桓武平氏の流れを汲む伊勢平氏の一族。, 平忠盛の長男。『公卿補任』の記事から逆算すると、元永元年(1118年)の誕生となる。『中右記』保安元年(1120年)7月12日条の「伯耆守忠盛妻俄に卒去すと云々。是仙院の辺なり」という記事により忠盛の妻が仙院(白河法皇)の周辺に仕えた女房であったことがわかり、この女性が清盛の母である可能性がある。『平家物語』は、白河法皇の寵愛を受けて懐妊した祇園女御が忠盛に下賜されて清盛が生まれたとしている(いわゆる落胤説)。しかし、『平家物語』の成立は鎌倉時代以降であり、祇園女御は当時40歳を越えていたと推測されることから信憑性は薄い。また、明治26年(1893年)に発見された滋賀県・胡宮神社所蔵の『仏舎利相承系図』(文暦2年(1235年)の日付を持つ)には、清盛の母「女房」は祇園女御の妹であり、姉の祇園女御が清盛を「猶子」として白河院所有の仏舎利を清盛に伝えたことが記されている[注 16]。, 作品に当たらない、日記、研究書、研究書的文献などは、「史料」「参考文献」「関連文献」のいずれかに記載する。, ここでは、近世以前(江戸時代以前)に著された全ての関連作品のうち、特筆性の高いものを挙げる。, ここでは、明治時代以降に著された全ての関連作品から、平清盛を主題とした創作性の高い作品に絞って記載する。, 通常、武士の任官は三等官の尉から始まり、二等官の佐に任じられるのは極めて異例であった。, 河内祥輔は治承元年事件(鹿ケ谷の陰謀)は具体的な陰謀があったものではなく、平清盛からみて後白河法皇の延暦寺攻撃命令そのものが平家と延暦寺と争わせるだけでなく、平家を「仏敵」にして延暦寺攻撃の仏罰によって滅亡に追い込むための陰謀と解されたとする, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=平清盛&oldid=79593417, 検非違使別当・右衛門督両官職辞任。閏2月9日、検非違使別当・右衛門督兼職。4月7日、, 軍記物で政治上手の戦下手と書かれることも多いが、平治の乱で複数の部隊を連携させた戦術で藤原信頼軍を撃破し、御所や市街地の被害も最低限に抑えることに成功しており「洗練された戦法(評:元木泰雄)」を得意とする優秀な武将でもあったとされる。, 京都・奈良で大きな勢力を持ち始めていた仏教勢力の抑制に努めた。皇位継承問題に干渉した興福寺と園城寺に総攻撃をかけたことは当時は評判が悪かったが、強大な武力をもつ宗教勢力が重大な政治問題に関わることを阻止した意義は無視できない。皮肉なことに、この政策は敵である鎌倉幕府に僧兵を擁しない禅宗や念仏宗の保護といった穏健化した形で受け継がれていった。.

Rds 保留中の変更 確認, Chrome 通知 右下, Jcom 4kチューナー 仕様, 安室奈美恵 私服 ブランド, 失恋ソング 男性 バンド, ヤフオク 自動入札 見破る, R6s エイム感度 計算, Drm 解除 フリーソフト Mac, 羽田 航空機 騒音, クリスタ トーン 小さく, オープニング 効果音 フリー, Excel 初期設定 フォント, ソラマチ 駐車場 予約, 韓国 結婚式 教会, ワゴンr コンプレッサー 異音, ヨーグルト 酸っぱい 食べ方, キャンプ 水切りかご 折りたたみ, 川崎 ヨドバシカメラ 営業時間, プレミア プロ カラーグレーディング 基本, Iphone 数字 電話番号 認識させない, イラレ 型抜き できない, 入江くん 琴子 病気, ディズニー バス 池袋, 保育園 献立表 テンプレート, 17w エブリィ ワゴン 新古 車, 三菱 エアコン リモコン 時刻合わせ, 最大限の努力 英語 ビジネス, 中学受験 プリント 無料, コマンドプロンプト ドライブ 一覧, ルームサービス 美味しい ホテル, Joytokey 右スティック 反応しない, タグホイヤー 電池交換 埼玉, 日立 エアコン B 01,