Copyright © 筋トレでドーン!. 今回は、初心者でも簡単に行うことができる筋トレメニューを集めてみました。自宅やマンション、アパートの部屋などでも行えます。 自宅でできる自重筋トレ(器具なし) スクワット 誰でもすぐに挑戦できるのが自重スクワットです。大腿四頭筋(太ももの前側)をメインに、大殿筋(お尻 弓道は日本古来の武術で、バランスと筋力が必要なスポーツで、一連の所作はとても美しく、その姿に惹かれ弓道を始めた人も。弓道に必要な筋力はどんなものか、どうすれば効率的に鍛えることが出来るのか、弓道に必要な筋力をつける筋トレ法をご紹介。 弓道に必要な筋肉 下半身の筋トレ, 競技としての弓道は弓と矢を用いて的に当て、点数の高さで勝敗を決めるという非常にシンプルな競技, 背筋を伸ばしているため不安定になりやすく、下半身を使ってバランスを取らなければまっすぐ飛ばすことすら難しくなります. All Rights Reserved. 上半身の筋トレ 弓道 の上達には 筋トレ が欠かせません。弓道はもともとは古武術の弓術をもとにして生まれたスポーツであり、競技を通して心身を鍛えることを目的にしています。, 弓術は幕末から始まり、現在まで続いているので非常に長い歴史を持った競技であり人気も高いです。, 競技としての弓道は弓と矢を用いて的に当て、点数の高さで勝敗を決めるという非常にシンプルな競技です。, ほかの武道のように大きな動きはなくほとんど移動することはないので運動量としては少なくなります。, 日本の中では競技人口が約14万人ほどおり、その中でも競技人口の半分を高校生が占めており、高校生から非常に人気の高いスポーツになっています。, 弓道はその他の武道と比べても特に厳しく作法や所作を見ており、試合の中でも採点に加わるほど重要です。これほど作法を重要にした武道はありません。, アーチェリーと違うところは弓道の場合は弓と矢以外にはほとんど何も使わないところでしょう。, アーチェリーは多くの補助器具をつけて競技を行うので純粋に実力を試されるのが弓道だと言えます。, 弓道は背筋を伸ばし、矢を構え、弓を引いて的を射るという動作を行うだけの競技になるので上半身だけを鍛えていればできると思われがちですが、そうではありません。, もちろん一連の動作を行うためには上半身の筋肉がなければなりませんが、背筋を伸ばして弓を引くという動作は上半身だけで行うのは困難です。, 背筋を伸ばしているため不安定になりやすく、下半身を使ってバランスを取らなければまっすぐ飛ばすことすら難しくなります。, そのことを考えると移動することがないながらも全身の筋肉を必要とすることがわかります。, 具体的にどの部分の筋肉が必要なのか、それは大胸筋、上腕三頭筋が主に必要になります。, 最後まで引き絞ると若干胸を突き出すような姿勢になり、その状態まで引くとしっかりとした筋を描く矢を飛ばすことができます。, 逆に大胸筋の力が足りず最後まで引き絞ることができなければ十分な力を屋に伝えることができず、うまく飛んでいきません。, 実際に弓を引くのと同様の動きをイメージしながらチューブを引っ張ることで弓道に必要な大胸筋になっていきます。, 最初のうちは長めのチューブを使い、筋肉がついてきた時点でチューブの長さを短くする、半分に折って使うなどで強度を上げることでさらに強い負荷をかけることができます。, 次に必要になるのが上腕三頭筋ですが、こちらも大胸筋と同様にして鍛えることができます。, 最後まで引き絞るためには大胸筋が必要ですが、引き絞った後狙いを定める際に姿勢を保つためには上腕三頭筋が必要になります。, こちらの筋肉が弱いと姿勢を保つことができず、引き絞った状態で弓と矢が震えて狙いを定めることができません。, 鍛えるためにはチューブを引いた後姿勢を保つようにしてチューブを伸ばしたまま何秒かキープするというトレーニングを繰り返し行うことです。, 弓を引き絞ったところまではよかったものの、握力がなければ矢を安定して持っておくことはできません。, 弓道では所作が重要だと言いましたが、試合でも入場の段階から審査が行われており姿勢が見られます。, この際重心がずれていると上体がふらついてしまったりと原点の対象になってしまいます。, また、弓を引いて姿勢を保つ段階では背筋を伸ばしているため人の身体の構造上力を入れにくく、下半身を使って姿勢を保つしかありません。, 踏ん張るための筋力をつけるためにはやはりスクワットをトレーニングに取り入れることが最適です。, スクワットは正しい姿勢で行わなければ効果は得られないので姿勢を正すトレーニングにもなります。, また、ゆっくりとした動作に合わせてスクワットも行うことで動作に合わせた筋肉をつけられます。, いかがだったでしょうか、今回は一見弓道にはあまり筋肉は必要なさそうに思えますが、実は身体全体の筋肉を必要とすることが分かっていただけたと思います。, 既に始めている人、これから始める人も上達するためには筋力も必要だということを理解しておいてください。, 弓道のための筋トレ ~弓道が上達する筋トレメニュー~ 弓道とは (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); このプランクでは、背中の筋肉や腹筋、腰回りの筋肉を同時に鍛えらえるトレーニングです。筋肉の縮小運動を活用していない分、筋肉の増加は少なめです。, しかし、普段鍛えずらい内側の筋肉(インナーマッスル)の筋トレも出来るので弓道の体幹アップさせるのでしたら、ぜひ取り入れてください。, 初めのうちは30秒するのも大変かもしれませんが、毎日続けることで徐々に時間も伸ばせるようになってきますよ。, 太ももとお尻の筋肉を筋トレで鍛えることで、弓道で重要な下半身が圧倒的に安定します。, スクワットでは、お尻の筋肉(大殿筋:だいでんきん)や太ももの筋肉(大腿四頭筋:だいたいしとうきん)を同時に、強く鍛えられます。, その分、ハードな動きとなっているのでフォームをしっかりと保って行うようにする必要があります。, フォームが乱れてしまうと、筋肉を傷めたり怪我をしてしまう可能性があるためです。弓道ができなくなると大変!, 膝の向きはつま先方向に、膝の角度は直角までを意識しながら上体をゆっくり下ろしていきます。, スクワットは、膝を曲げる方法と膝を曲げる角度を注意しながらトレーニングしてください。, どの筋トレも自宅でできる内容なので、さらに弓道に必要な筋肉と体幹をアップさせたいと思っている人は取り入れてみてください。, ずばり体幹というのは、胸・背中・腹筋・腰・お尻を全てまとめて「胴体」の事を言います。, つまり、胴体の筋肉をバランス良くトレーニングして鍛えることで体幹がアップするのです。, 猫背だったり姿勢が乱れていては、体の芯が通っていないため弓道でスムーズかつ安定した動きが出来ません。, さらに弓道で上を目指したいのであれば、体幹のトレーニングをして鍛えることをおすすめします。, 弓を引いても長時間の試合でも体がぶれない体幹を会得できれば、必ずあなたの満足のゆく得点を取れるようになります。. 胸筋と腹筋、背筋を筋トレで鍛えることで弓道の体幹も格段にアップするはずです。 お尻を鍛えるトレーニング【スクワット】 太ももとお尻の筋肉を筋トレで鍛えることで、弓道で重要な下半身が圧倒的に安定します。 スクワットでは、お尻の筋肉(大殿筋:だいでんきん)や太ももの筋肉( 弓道の上達には筋トレが欠かせません。弓道はもともとは古武術の弓術をもとにして生まれたスポーツであり、競技を通して心身を鍛えることを目的にしています。弓術は幕末から始まり、現在まで続いているので非常に長い歴史を持った競技であり人気も高いです。 弓道初心者が筋トレメニューで鍛えておきたい筋肉とは . 弓道は腕の力でなく体で引くものと聞いているかと思います。 しかし、ある程度腕の力もなければ弓を引き切ることができません。 そこで今回は弓道で重要な腕の筋肉を鍛える筋トレメニューをご紹介です。 筋トレを行って、弓を引くため・・・ 弓道というと、ゆっくりとした動きがメインですよね。しかし、ゆっくりと動くためにも筋肉が必要です。, では、弓道上達のために必要な筋肉はどの部位なのでしょうか?初心者でもできる筋トレメニューとは?, 弓道上達のために必要な筋肉とその筋肉を鍛えるための筋トレメニューをご紹介します。さっそくチャレンジしてみて下さい。. 弓道は古来より伝わる、心身を鍛錬するための日本の武道です。現在ではスポーツとしての面を持ち合わせ、海外に普及しています。 一人でも楽しめるスポーツで、年齢や性別に関係なく、幅広く親しまれています。姿勢を正し、袴姿で矢を射る姿に憧れを抱く人も多いと思います。 弓道は勢いをつけずに、ゆっくりとした動きになるので、筋肉が必要になります。 弓を引く時に必要なのは、腕の力の他にも必要な筋肉がいくつかあります。 弓道に必要な筋肉の場所. 弓道の練習をすることで自然と体幹は鍛えられますが、休日などに体幹トレーニングを行い常に筋力を維持しておくことをおすすめします。, というのも、プロのスポーツ選手は休日でも軽めの運動をするようにされています。これは、筋力を完全に休めてしまわないためだと言われています。, 弓道に大切な体幹トレーニングの筋トレをすると、胴体はもちろんのこと体中の筋力をアップできます。弓を弾く力や姿勢を保つ力が圧倒的に増すのではないでしょうか。, まずは、10回を目標に毎日頑張ってみてください。慣れてきたら回数やセット数を増やして、さらに胸筋を強化していきます。, ただ、まだまだ胸筋が鍛えられておらず、普通の腕立て伏せでさえ難しい…という人は、両膝を床につけた状態でトレーニングしてみてください。. 弓道は一見、筋トレとは無縁のように見えます。 激しい動きがあるわけではないし、たくましく発達した筋肉が必要なようにも見えません。 しかし、それは誤解なのです。 弓道の動作は基本ゆっくりとした動作です。 このゆっくりとした・・・ 日本のプロ野球やメジャーにはツーシームが得意な選手がいますが、自分が投げたいと思ってもどうやって投げ... ソフトテニスを始めたばかりの人は、前衛のポジションをどう取ればいいのかわからないことが多いのではない... ソフトテニスを始めたばかりの初心者だと、スライスの打ち方がよくわからないですよね。スライスを... 子供に少年サッカーをやらせてる親の中には、コーチが特定の子供だけをひいきしているように感じている保護... 上司にからいつも愚痴ばかり聞かされる・・・。聞かされる方もストレスが溜まりますよね。愚痴ばか... 警察官の面接で合格するためにはコツはあるのでしょうか?そもそも、警察官採用試験の面接ではどん... バレーボールの上達法には自宅で一人でも簡単にできる練習方法があります。コツを掴んで自宅でも練... 卓球のドライブを打てるようになるにはどんな練習をしたらいいのでしょうか?なかなかドライブが安... 毎日見かける駅員さん。なんだか仕事が楽そうでいいなと思っていませんか?一見楽そうに見える駅員... 楽しみにしていた旅行。でも旅行直前になって会社から「仕事に出てくれ」と休日出勤を命じられてしまうこと... アルバイトとしてスーパーのバイトは求人も多く、通いやすいという点でも人気です。年代もさまざまな人... 公務員試験の面接では第一印象が大切ですが、良い印象を与えようと面接中終始笑顔でいるだけでは合格は難し... 市役所の臨時職員など公務員のパートの仕事に応募したいという人も多いのではないでしょうか?では... 体調不良で新入社員が欠勤するときには、どのように連絡をしたらいいのでしょうか?どんなに体調が... 雪が降ってバスも止まると、会社を休んでもいいのでしょうか?公共交通機関がとまってしまうと、通勤が... 胸を開くようにして弓を引ききるのに必要な筋肉は、普段の生活ではなかなか鍛えられる事が少ないところが多いです。, なので、普通に腕などの筋肉をつけようとトレーニングしようとしていても、必要なところと違ったところだけ鍛えられただけになってしまう事が多いです。, なので、腕立て伏せなどの筋肉トレーニングは弓道をするにあたって必要はありません。弓道に必要な筋トレは、ゴムチューブを使用するのがお勧めです。, 弓を引く時に、上腕二頭筋を使用してしまっていては、的が外れやすくなってしまうので気をつけましょう。, もしも上腕三頭筋が使用されていなく、張っていない状態だったら、手先に余分な力が入ったり、手首の曲がりの原因になり、軌道がズレやすくなります。, しかし体幹をちゃんと鍛えていないと、その歩き方さえ難しく、ぶれてしまう事があります。, 背筋も、弓道をやるのにもとても大切な役割をしていますので、筋トレに取り入れましょう。, 背筋を伸ばして手はひし形の形のまま、胸の真っすぐ下になるように腕立てふせをします。.

ビッグファットキャット 試し 読み, しらさぎ トイレ ランプ, 武蔵境 ひばりヶ丘 バス, ポールスミス オールドレザー コインケース, ポートフォリオ リート 不要, Btc 半減期 2020 いつ, グラクロ 最強の男 攻略, 山中湖 11月 気温, ビットフライヤー コインチェック 手数料, 英語 長文 文法どっち, グラブル Pcスペック 2019, Airペイ Qr 管理画面, 青魔法 ラーニング Ff11, 中山駅 ズーラシア バス 時刻表, 水族館 誕生日 関西, 敬老の日 ポップアップカード 手作り, 日本語 美しい 海外, 黒い砂漠 頻繁に 落ちる, 2011年 ドラフト 広島, 日本語 アクセント 辞典, 日本語 アクセント 辞典, 彼女 財布 ケイトスペード, 2wd 雪道 走り方, 神戸 市バス 41系統 時刻表, スズキ アルト 警告灯, 三碧木星 ラッキーカラー 2020, シャープ 糸くずフィルター 対応表, グラブル Pcスペック 2019, フルラ ケイトスペード 年齢層,