「史記」項羽本紀より。「項王の軍、垓下に壁す、兵少く食尽きぬ、漢の軍および諸侯の兵、之を囲むこと数重、夜、漢の軍四面皆楚歌するを聞きて、項王乃ち大いに驚いて曰く、漢皆己に楚を得たるか、是何ぞ楚人の多きやと。」楚の項羽が垓下に囲まれた時、夜更けて東西南北四面の漢軍の中から楚国の歌が聞こえ、楚の民が全て漢に降伏したのかと驚いたという故事から。, 【故事】 元々は中国の故事であり、『史記』という書物に記されている。中国の春秋時代後期に越の王として天下を取り、後に春秋五覇の一人として名が挙がった勾践(こうせん)が天下を取る以前の話が元になっている。呉の王・夫差(ふさ)と会稽山という中国の紹興市南部にある山で戦うも敗れ、夫差から様々な屈辱を与えられる。その時の苦しくも悔しい想いを“会稽に恥”と勾践が表現したことから転じてきている。, 学問を修めるためには、一つ一つの基礎を積み重ねて学んでこそ初めて習得するものであり、裏技は存在しないという意味。, 【故事】 宋の狙公(そこう)が飼っていた猿に橡(とち)の実を与えるとき、朝に三つ、夕方に四つやろうと言うと怒ったので、それなら朝に四つ、夕方に三つやろうと言うと大喜びしたという、『列子』『荘子』にある寓話に基づく。, ・金持ちが見栄をはったり、儀礼的に多くの寄進をするよりも、貧しい人が真心を込めてする寄進のほうが尊いということ。 「膏」は心臓の下、「肓」は横隔膜の上部にあたり、ここに病気が入ると治療できないとされた。「春秋左氏伝・成公十年」にある故事に基づく。晋の景公が病気になり、秦から名医を呼んだところ、医者が着く前に景公は、病気の精が二人の童子となって、膏と肓の間に逃げ込む夢をみた。医者が到着し、景公を診察すると「膏と肓の間に病気があり、薬も針も届かないので治療のしようがありません」と言ったので、景公はその医者を厚くもてなした。まもなく景公は亡くなった。, 「有終」は最後をまっとうする、しかっり締めくくるという意味。最後まで物事をやり遂げて、しかも立派に締めくくること。, 【故事】 中国・唐の曹松(そうしょう)「己亥歳(きがいのとし)」による。唐の時代の末期には、各地に多くの戦乱が起こっていた。将軍が功名を争う陰には、犠牲になった無名の兵などたくさんの屍(しかばね)が戦場にさらされていることを嘆いたことが由来。, 烏(からす)の集まりということで、数は多いが、まとまりがなく役にも立たない人々の集まりをたとえたことば。, 【故事】 この悲壮な物語から生まれた故事成語が「四面楚歌」です。楚の人間が楚の歌に囲まれるのですから、なぜ周囲がみな敵という意味になるのか不思議です。実は味方がみな寝返り、敵方に回って自分を包囲しているという話からできた故事成語なのです。 故事成語「塞翁が馬」の意味や読み方、由来の話について 「牛首を懸けて馬肉を売る」とは?意味や由来の話について. 「大同小異」の故事は、中国の戦国時代に書かれた『荘子』(そうし・そうじ)の中に出てきます。『荘子』は荘子、つまり荘周によって書かれた思想書で、故事成語「大同小異」はこの本の第3部「雑編」の最後の項目「天下」に出てきます。「大同而与小同異、此之謂小同異。万物畢同畢異、此之謂大同異」がそれです。意味は「世の中には大同にして小同と異なるものがあり、これを小同異という。これに反して万物ことごとく同じく、ことごとく異なるものがあってこれを大同異という」ということ。, 他人の失敗や、誤ったり劣っている言動は、自分の為に利用する事が出来るという事。知徳を磨いたり、反省材料にする際に参考になるという事。, 【故事】
 「論語」「子路」から。「君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず」君子は人と協調するが、安易に同調したり雷同したりすることはない。主体的に人とつき合うべきであるという言葉。. 史然 整理 font print 人氣: 188 【字號】 大 中 小. 更新: 2004-04-27 9:17 PM 標籤: 成語. 「後漢書(ごかんじょ)」朱浮(しゅふ)昔、遼東に住む男の家に、頭の毛が白い豚の子が生まれた。これは珍しいからと王に献上しようと思い、河東まで行ったところで豚の群れを見たら、そこの豚はみんな頭の毛が白かった。そこで男は恥ずかしくなって、こそこそ引き返してきたという故事に基づいている。, 良い薬は、苦くて飲みにくい。人の忠言は聞きずらいものだが、ためになる。という事のたとえ。, 【故事】 中国・後秦の王嘉による志怪小説集『拾遺記』 より、「周の太公望は、若い頃貧乏なのに働かず読書ばかりしていたので、妻は愛想を尽かし出て行った。後に太公望が出世して高位につくと、出て行った妻が復縁を求めてきたが、そのとき太公望は盆の水をこぼして「この水を元に戻せたら復縁に応じよう」と言った。」という記述から。 「顰み」とは、眉間にしわを寄せること。 「荘子」「天運」より。美女の西施が、心臓の病のために苦しげに眉をひそめたのを醜女が見て、美しいと思い、自分もそのまねをしたが、それを見た人は気味悪がって門をとざしたことから。, 【故事】 「荀子」の言葉から。 青色の染料は藍から取るものだが、もとの藍の葉より青くなることからいう。「藍」は、たで科の一年草。「青は藍より出いでて藍よりも青し」ともいう。, 【故事】 「史記(しき)」蘇秦(そしん)戦国時代に、六国「韓(かん)・魏(ぎ)・趙(ちょう)・燕(えん)・楚(そ)・斉(せい)」が合従(がっしょう)して、大国秦(しん)に対抗すべきだと主張した蘇秦は、韓の宣王に「小国であっても、一国の王として権威を保つべきである。秦に屈服してその家臣に成り下がってはいけない。」と、説いたということに基づく。, 古い習慣や過去に偶然成功した経験にこだわり、いつまでも進歩がなかったり融通がきかない事。, 【故事】
 故事成語とは、ある故事がもとになってできた言葉です。故事とは、昔の出来事のことで、故事成語のほとんどは中国の古典に書かれた話からできています。, この記事では、沢山ある故事成語の中でも、厳選して有名な故事成語を100個にしぼり意味と故事付きで掲載しました。, 小・中学生はもちろん、高校生も大学生も、そして大人の方の勉強としても十分活用できます。, また、それぞれの故事成語の上の⭐️印は知っておきたい故事成語の重要度を表しています。, 【故事】 北夢瑣言。「天荒」は天地が分かれる前の混沌とした状態。中国の唐時代、官吏になるための試験に合格者を出したことのない、荊州(現在の湖北省)は天荒と呼ばれ、そこから合格者が出た時に天荒を破ったと言われたという故事による。, 善し悪しも考えずに、やたらに人のまねをする。また、他人にならって物事をするのを謙遜していう言葉。, 【故事】 周りを敵に囲まれてしまって味方がおらず、孤立してしまっている状態のことを言います。敵という事ではないですが、自分の考えに「反対する人」しか自分の周りにいない状態でもこの言葉が使われることがあるようです。 まわりを見ても敵しかいない状態で味方もなく独りぼっち、です。非常に気の毒な状態ですよね。 「四面楚歌」は、助けがなく、周りが敵だらけである状態という意味を持つ四字熟語です。, 周囲の人間が全く賛同してくれないような状況も、「敵に囲まれていて、味方がいない状態」と捉え、「四面楚歌」であると表すことができます。, このように「四面楚歌」は「周りが敵だらけで、誰も味方してくれない」という状況を表す言葉として用いられます。, 『史記』(※)という書物で、紀元前202年の中国で行われた「垓下(がいか)の戦い」という出来事について記されています。この記録が「四面楚歌」という言葉の由来なのです。, この「垓下の戦い」とは項羽(こうう)という武将が率いる「楚」という国と劉邦(りゅうほう)という武将が率いる「漢」という国の戦争です。, 劉邦に追い詰められた項羽は、垓下という地で漢軍に何重にも包囲網を敷かれてしまいます。, 夜になると、周りを囲んでいるのが漢軍の兵士であるはずなのに、四方から楚の国の歌が聞こえてきます。, これを聞いた項羽は、自国の兵士(楚軍の兵士)が敵軍に降伏したのかと思い、絶望します。, 「四面楚歌」という言葉は、4つの面、つまり全方位から敵軍に囲まれた自国(楚国)の民の歌が聞こえてくる状況のことを表しています。, そこから転じて、「助けがなく、周りが敵だらけ」という意味を持つ言葉になったのです。, have the whole world against one. 孔子(こうし)が弟子たちに言った言葉からこの語ができた。 「温」はたずね求める意。一説に、冷たいものをあたため直し味わう意とも。「故(ふるき)を温(たずね)て新しきを知る」または「故(ふるき)を温(あたた)めて新しきを知る」と訓読する。, 戦いや勝負ごとに負け、恥や屈辱を受けること。また、己の名誉に対する侮辱を受けること。, 【故事】 故事成語は、一つ一つに由来となった歴史や物語があります。 この記事では、沢山ある故事成語の中でも、厳選して 有名な故事成語を100個にしぼり意味と故事付き で掲載しました。 「李下」は、スモモの木の下のこと。スモモの木の下では、冠をかぶりなおそうと手を上げないほうがよい。なぜなら、人からスモモを盗んでいるのではないかと疑われないためである。【出典】古楽府[君子行], 【故事】 ・物の多少よりもまごころが大切であるということ。, 【故事】 秋は空気も澄んでいて、空も高く感じられ、馬も肥えるような収穫の季節でもあることから。杜審言(としんげん)の詩「蘇味道(みそどう)に贈る」に「雲浄くして妖星落ち、秋高くして塞馬肥ゆ」とあるのに基づくという説があります。「馬が肥ゆる秋には必ず事変が起きるから、今年もその季節がやってきたので警戒しましょう」という意味です。, 【故事】 中国前漢時代の討論会(塩鉄会議)の記録を、政治家・学者の桓寛が60篇にまとめた書物『塩鉄論・詔聖』より。「死して再びは生きずとなれば、窮鼠も狸(野猫)を噛む(死に物狂いになった鼠は猫を噛むこともある)」という記述から。, 【故事】 中国の儒学者・孟子の逸話・問答を集めた書『孟子』の『梁恵王・上』より。「土地僻き秦楚を朝せしめ、中国に莅んで四夷を撫せんと欲するなり。若き為す所を以て若き欲することろを求むるは、猶お木に縁りて魚を求むるがごときなり」 から。武力で天下統一を企んだ斉の宣王に、武力のみで天下を取るのは不可能であり、ずは仁政によりて民の生活を安んずることが肝要であるということ、まるで木に登って魚を捕らえようとしていること、と指摘した言葉から。, 心配しなくてもよいことを、むやみに心配すること。取り越し苦労。「憂」は心配する意味。, 【故事】 「後漢書」の中の「今東帝無尺寸之柄、驅烏合之眾、跨馬陷敵、所向輒平」が由来です。東帝(劉秀・りゅうしゅう)が王郎と戦う事になりましたが、敵は兵の数が多いため、東帝は王郎を倒せるか心配になりました。すると部下が「王郎は烏合の衆を集めただけだから、この戦は勝てますよ」と言って東帝を励ましました。そこから、統率のない群衆や軍勢をあざけて、烏合の衆と呼ぶようになりました。, 遠国と親交を結び近国を攻略する外交政策。遠い国と手を結び、背後から牽制(けんせい)させながら近い国を攻める策。遠い国は最後に攻めるという策略。, 【故事】 元々は『礼記』という書物に記された中国の故事である。孔子は中国の山東省泰安市にある泰山を歩いていると、一人の女性が墓の前で泣き崩れているところ見かける。孔子は女性に涙の分けを聞くと、女性は家族を虎に殺されたという。孔子はそのような危険な土地から去るように勧めるが、女性は「別のとこでひどい政治に苦しめられるよりもここにいる方が何倍も良い」と答えたという。, 自分ではなく他人の利益のために、そそのかされ危険をおかし、酷い目にあうことのたとえ。, 【故事】 明智光秀が備中(びっちゅう=岡山県)の毛利氏を攻めるため出陣したが急に方向を転じ、「わが敵は本能寺にあり」といい本能寺にいた主君織田信長を急襲したという戦国時代の話から。, 【故事】 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ©Copyright2020 ことわざ・慣用句の百科事典.All Rights Reserved. 中国前漢時代の学者・劉向が戦国時代の遊説の士の言説、国策、献策、逸話などをまとめた書物『戦国策』の『燕策』 より。「シギがハマグリの肉を食べようとしたが、ハマグリはシギのクチバシを挟んだ。今日も明日も雨が降らなければ水が切れ、死んだハマグリになってしまうだろう、というシギに対し、「今日も明日もクチバシを出せずにいたら、飢えて死んだシギになってしまうだろう」というハマグリ。両者譲らないところに漁師が来て、シギもハマグリもどちらも捕らえてしまった。 」という記述から。, 鶏の口になっても牛の尻にはなるなということで、大きな集団の中の下にいるよりも、小さな集団の先頭に立てといういましめ。人に従属するよりも独立したほうがよいとするたとえ。, 【故事】 薪(たきぎ)の中に寝て、苦い胆を嘗めることの意味。春秋時代、呉王夫差は、父の仇を忘れないために、薪の上で寝ることにより自分自身を苦しめ、その屈辱と志を忘れないようにして、越王勾践を破った。また、敗れた勾践も苦い獣の胆をなめることにより、その復讐心を忘れないようにして、その後、見事に呉王夫差を打ち破った。, 【故事】 ±ã‚’知れば百戦殆からず, 過ぎたるは、なお及ばざるが如し. 故事成語とは、昔の出来事を元に作られた熟語のことです。ここでは日本語の中にある中国の故事成語を、その由来となった出来事の歴史地図、年表、関連する参考画像などとともに紹介していきます。. 唐(とう)の国の詩人賈島(かとう)は、自分の作品中の語句の「僧は推す(おす)月下の門」の一句を「僧は敲く(たたく)月下の門」にするべきか迷っていた。ロバに乗って考えにふけっていた賈島(かとう)は、有名な詩人の韓愈(かんゆ)の行列につっこんでしまった。韓愈(かんゆ)は、その非礼(ひれい)を怒るどころか、「敲く(たたく)」の方がよいと教えてくれたことから。, ①著作で、誤りが多く、いい加減なこと。 故事成語は、一つ一つに由来となった歴史や物語があります。 この記事では、沢山ある故事成語の中でも、厳選して 有名な故事成語を100個にしぼり意味と故事付き で掲載しました。 故事成語とは、ある故事がもとになってできた言葉です。故事とは、昔の出来事のことで、故事成語のほとんどは中国の古典に書かれた話からできています。故事成語は、一つ一つに由来となった歴史や物語があります。その中から、サイト管理人が「これはかっこいいな!... 当サイトに収録したことわざ・慣用句・故事成語の逆引き検索一覧になります。日常生活のちょっとした会話や、手紙、スピーチなど必要な場面で必要な表現をすばやく検索できます。ことわざ・慣用句の逆引き検索辞典としてご活用ください。メディア掲載情報➡︎メ... ことわざ慣用句の百科事典が大阪市港区、財団法人ことわざ検定協会、Wikipedia、GMO運営ニュースサイト、大阪市立港中学校ホームページに掲載。. きわめて親密な付き合いの事。, 【故事】
 日本の戦国武将・武田信玄の軍の旗印として有名な「風林火山」ですが、これは元々『孫子』の中に出てくる言葉です。『孫子』の軍争篇で孫子は、戦術の基本は敵をあざむくことだ、と言っています。そしてその行動は変幻自在のものでなければならない、と。風のように行動したかと思えば、林のようにシーンと静まり返り、燃え上がる火のように襲いかかったかと思えば、山のように微動だにしない。ここがいくさでの変幻自在を説いた「風林火山」の部分です。, 一度離縁してしまった夫婦の仲は元に戻らない事。また、一度してしまった失敗は取り返しがつかないという事。, 【故事】
 中国の「漢書(かんじょ)趙充国伝(ちょうじゅうこくでん)」にある言葉が由来。「百聞は一見に如かず。兵はるかに度(はか)り難し。臣願わくは馳せて金城(きんじょう)に至り、図して方略をたてまつらん。」戦のことは遠く離れたところにいたのではわかりません。私が金城に駆け付けて状況を探り、図に書いて作戦計画を奏上いたしましょう。とあることに基づく。, 時勢や情勢に合わせた対処の方法のこと。もとは軍を指揮するときの四つの心構えのこと。風のように速く行動して、林のように静かに機会を待ち、火のように激しく襲い掛かり、山のように動かずに構えるという意味。孫子の中の句を略した言葉で、武田信玄が旗印に使ったといわれている。, 【故事】 白い眉毛という意味。三国時代、蜀にいた馬氏の5人兄弟はいずれも優秀で、兄弟すべての字(あざな)に「常」という字があったことから「馬氏の五常」と言われていた。その中でも、眉毛に白い毛があった長兄の馬良は特に優れていたため、最も優れているものの例えとされている。【出典】蜀志[馬良伝], 【故事】 「史記」より。中国、漢の韓信が趙の軍と戦った際に、川を背にして陣取って大勝したという故事から。, 【故事】 元々は中国由来の言葉である、前漢のことを記した歴史書『漢書』・枚乗伝に「泰山之霤穿石」と記述されていた。現代語訳すると「泰山に降る雨の霤は石を穿つ」となる。泰山とは、中国山東省中部にある名山を指しており、その山から染み出た雨の雫(蕾)が長い時間をかけ、滴る雫で石を砕いたと言う意味であり、それが転じてきている。, 石を枕にして眠り、川の流れに口をすすぐように、世間から離れ、自然の中で自由な生活をすること。, 【故事】 四面楚歌の意味・英語表現・由来・類義語・対義語・例文・出典を解説。 故事ことわざ検索. 中国最古の詩編『詩経』の『小雅・鶴鳴』篇にて、「他山の石、以て玉を攻むべし」とあるのに基づく。「よその山から出た粗悪な石でも、自分の玉(宝となるもの)を磨く砥石として利用できる。」という意味から。, 【故事】 『詩経』の中にある滅びゆく周王朝について述べた部分が元となってできた故事成語。原文は『詩経』大雅・蕩と名付けられた詩です。この詩は全8章で、「有終の美を飾る」はこの第1章の最後に出てきます。ただこの言葉と同じ文字は出てきません。原文の最期にある「鮮克有終」が「有終の美」の元になった言葉です。この歌は西周が滅びようとするのを周の文王に託し、殷の紂王になぞらえて傷み歌ったものとされています。, 【故事】 梁の画家である張僧ヨウが、金陵の安楽寺の壁に四頭の竜の絵を描いたが、「ひとみを描けば竜が飛び去ってしまう」と言い、ひとみは描きこまなかった。人々は、でたらめだといい、無理やりにひとみを描かせた。すると、たちまちいなずまが壁を突き破り、ひとみを描いた二頭の竜は天に昇っていってしまった。ひとみを描きこまなかった二頭は、そのまま残っていたという話から。, 【故事】 「列女伝」鄒孟軻母より。孟子の母親は、孟子への悪い影響を避けるため墓地の近くから市場の近くに引っ越し、さらに学校に近くに引っ越した。その結果、孟子は勉学に励み偉大な儒者になったという故事から。, 苦労して一度はよくなったものが、またもとの好ましくない状態に戻ること。せっかくの苦労や努力が無駄になること。, 【故事】 楚の人が、人を突く武器である矛(ほこ)と身を守るための盾(たて)を売っていた。そして、「この盾は頑丈で、どんな武器でも突き通すことができない。」と言い、また「この矛は鋭く、どんなものも突き通すことができる。」と言った。その時、ある人が「それでは、あなたの矛であなたの盾を突いたらいったいどうなるのか」と尋ねたところ、その人は何も応えることができなかった。, 心が清く澄み切っていて邪念のない心境のたとえ。「明鏡」は曇りが一点もないきれいな鏡のこと。「止水」は止まっていて澄み切った水のこと。, 【故事】 黄河の上流に龍門があり、ここをのぼることができた鯉は龍なることができたという伝説がある。漢の国の李膺(りよう)はりっぱな役人で、彼の目にかなった者は立身出世(りっしんしゅっせ)を約束されたようなものだから、たとえの鯉が龍門をのぼったのと同じようなものだということから、この語ができた。, 【故事】 前漢時代の「戦国策」(せんごくさく)の「聖人の事を制するや、禍を転じて福と為し(かをてんじてふくとなし)、敗に因りて功を為す」と、「史記」蘇秦列伝(そうさいれつでん)の「臣聞く、古の善く事を制する者は、禍を転じて福と為し、敗に因りて功を為す」からきています。, 人と争わず仲良くするが、自分の意見はしっかり守っていてむやみに人に同調したりしないという意味。, 【故事】 昔、中国の杞(き)の国の人が天地が崩れ落ちてきたらどうしようと心配して、夜も寝られず、食事もしなかったという故事による。「列子」より。, 【故事】 ・不幸なことが一転して幸福に転じるさま。, 【故事】 「戦国策・斉」より出典。中国の楚(そ)の国で、祠(ほこら)の司祭者が召使に大杯に盛った酒を振る舞った。しかし、召使たちはみんなで飲むには酒が足りないので、地面に蛇の絵を描き、早く描き上げた者が酒を飲もうと提案し、さっそく蛇の絵を描き始めた。 最初に蛇を描き終えた者が、酒を引き寄せながら、自分の早さを自慢するために、ついでに足まで描けるぞと描いているうちに、もう一人の者が蛇を描き終えて杯を奪い取った。「蛇に足はない。だから、酒を飲む権利は私にある。」そう言って、その酒を飲んでしまった。, 自分にとって都合が良い方につこうとして、どちらつかずな態度で様子をみることのたとえ。, 【故事】 知りたい故事成語をえらんで、クリックしましょう。 【あ行へ】 【か行へ】 【さ行へ】 【た行へ】 【な行へ】 【は行へ】 【ま行へ】 【や行へ】 【ら行へ】 【わ行へ】 ②いい加減なやり方で、手落ちの多いこと。ぞんざい。, 【故事】 中国の戦国時代に張儀が、魏王に秦と連合することを説いた話から。「高枕」ともいう。, 【故事】 春秋時代、敵同士の呉と越の人でも、乗り合わせた舟が嵐で転覆しそうになれば互いに協力し合うだろうという孫子の言葉からきている。, 【故事】 「晋書(しんじょ)」王敦(おうとん)管鮑(かんぽう)は、中国春秋時代の斉(せい)の、管仲(かんちゅう)と鮑叔(ほうしゅく)のこと。若い時から二人はとても仲が良く、管仲が貧しかったときには鮑叔は援助を惜しまなかった。そればかりではなく、管仲を斉の宰相に推薦した。管仲は「我を生みし者は父母、我を知る者は鮑叔なり」と、鮑叔を称賛した。二人の親交は、終生変わることなく続けられたと故事にあることに基づく。, 【故事】 「荘子」徳充符より。「明鏡(めいきょう)」とはくもりのない鏡のこと。「止水(しすい)」とは波の立たない静かな水面のこと。どちらも、ありのままに姿や形を写し出すことができたことから、この語ができた。, 子どもは周りの影響を受けやすいので、子どもの教育には環境を整えることが大事であるということ。, 【故事】 孟子はこう言いました。「自分自身をだめにする人間とは共に語ることはできない。自分自身を捨てるような人間とは共に何かをすることはできない。その言葉で礼儀をそしる者、これを自暴と言う。自分自身を仁の中に置いたり、義に基づくことができない者、これを自棄と言う。仁とは安心して住める家のようなものである。義とは人が正しく歩める道のようなものである。その家を空き家にして住まず、その道を捨てて歩まないとはなんと哀れなことだろうか」, 【故事】 晋の孫楚(そんそ)と言う人が隠居(いんきょ)する時に友人に「石に枕し流れに漱ぐ」と言うべき所を「石に漱ぎ流れに枕す」と逆に言ってしまった。友人にそのことを言われると、負け惜しみで石でくちをそそぐのは歯をみがくためで、流れに枕するのは耳をあらうためだ」とこじつけたことから、この語ができた。, 功績が上に立つ者だけのものとなって、下に働く者や陰になって苦労した人たちの努力は報われないというたとえ。, 【故事】 中国、趙(ちょう)の都・邯鄲(かんたん)で、盧生(ろせい)という貧しい若者が宿で呂翁(りょおう)という道士から不思議な枕を借りて寝た。すると、出世して50年余りの栄華を極めて一生を終えるという体験をした。しかし、目が覚めてみると宿の主人が炊いていた粟もまだ煮え切らないほどの、短い時間だったということから。, お互いのことを理解して、信頼しあうこと。利害のあるなしに関わらず、親密な交際のたとえ。, 【故事】 してくれた人はひとりもおらず、全員が敵だった」.

観音寺 ジョイフル 事件 4, Line Chromeが停止 しま した 4, マルコ ボディメイク 値段 15, やさしい生活 カネコアヤノ 歌詞 23, チケトレ 出品 期限 16, 福島原発 本当は ヤバイ 2020 7, 黒革の手帖 米倉 スペシャル 動画 4, Dam 香水 瑛人 5, 投資信託 最強 ポートフォリオ 20, 英名 学名 違い 33, キャタピラージャパン 明石 事故 37, スカッとジャパン 嫌い 2ch 4, スキャットマン ジョン なんj 36, 木村 雅美 横山やすし 24, ジュノン ボーイ 2020 ベスト 70 結果 28, たわし 東大 センター 2020 25, しまむら パーカー ペイント 5, Microsoft Teams Api 4, 食戟のソーマ ブルー 結果 48, レペゼン地球 夢小説 男主 4, 愛ちゃん だるま 離婚 19, アクセラ セダン 評価 5, Wowow 悪党 感想 7, 森本レオ子 待ち受け 画像 7, ランクル100 アクティブサス 交換 6, エニアグラム タイプ4 雰囲気 6, Docomo Cm 大竹しのぶ 5, ラプチャー 意味 医療 12, 福生 焼肉 和光 閉店 22, Let There Be Light 意味 7, 坂道 写真集 まとめ 5, 人生のメリーゴーランド ピアノ 楽譜 簡単 13, ゼン リー インストール 12, 公務員 ブロガー 坂本 40, アンダー グラフ ロードオブメジャー 4, 高校 苦情 生徒 7, ツイッター 株価 掲示板 32,