神権政治といっても、神格と神性を一般大衆に押しつけた西欧的神権政治とは違います。 イスラームのそれは宗教的階級によって支配されず、身分の高いものも低いものも含めたムスリムの 全共同体 によって運営されています。 2 0 obj <>/Metadata 1620 0 R/ViewerPreferences 1621 0 R>> 〘名〙 君主の権力は神から直接に授かるものだとする思想。ヨーロッパ近世初頭の絶対王制で君主による中央集権化を正当化し、領主層による君主批判をおさえるために唱えられた。国王神権説。, (英語表記)divine right of kings; Gottesgnadentum. <> また、当サイトで提供する用語解説の著作権は、(株)朝日新聞社及び(株)朝日新聞出版等の権利者に帰属します。 そのための手段として、江戸時代初期に誰のものか分からなくなっていた肖像画の中から状態のよいものを選び「源頼朝」の像と名付たのではないか? | Copyright ©  はじめての三国志 All rights reserved. 3 0 obj そして神護寺はもちろん今もこの説を主張しています。, 上部の賛と呼ばれる文字部分に源頼朝像との記載があったことも説を補強しました。 家康に向けての神護寺再興運動のタイミングです。 黒田日出男さんによると、神護寺は戦国時代に荒廃していたのだそうです。 「武士」――日本が有する長い歴史の中で1000年近くの間、実質的な頂点として君臨し、支配してきた武将集団。, 日本の歴史の中で重要な位置づけをされる武士ですが、実はその発生・登場の起源については諸説あり、まだ決定的な学説が生まれていません。, それにより、ネット上はおろか教科書・参考書においても旧説や新説が混在しており、その本当の姿を見出すのが非常に難しい状況となっています。, そこで今回は、それらの学説についてなるべく中立的な立場をとりながら、武士の発生・登場の起源について新旧両方の説を紹介していくとともに、, 律令制の崩壊に伴い、朝廷による地方支配は徐々に弛緩し、9世紀末~10世紀半ばにかけて地方政治は大いに混乱・変質していきました。, さらにそこに、徴税方式の転換に伴い徴税請負人と化した国司が、朝廷から一任された地方政治をおろそかにしていたことも加わり、, 地方の治安は大いに悪化し、人々の間では「自分の身は自分で守る」という自衛の必要性が生まれたのです。, ここから、地方豪族や有力農民が武装したことを契機として、「武士」は自然発生的に登場したのだと、従来考えられてきました。, さらに、開発領主へと成長していた地方豪族・有力農民(有力田堵)が、国司による激しい徴税攻勢への対抗や、, 私領の維持・拡大、開発領主間の抗争のために、一族で武装して小武士団を形成することもあったと言われています。, いずれにしても従来武士は、自衛や財産の維持・拡大を目的とした農民や地方豪族たちの間において自然発生的に登場したものなのだと考えられてきたのです。, 律令制の崩壊に伴う治安の悪化から生まれた自衛の必要性こそ武士のルーツであるという1章の説は、, 具体的には、例えば武士団の主要メンバーであった源氏や平氏などの上級武士などの発生起源や、, また同様に、初期に登場した武士たちの身分の高さについても説明することができません。, そこで今日では、地方における紛争を解決・鎮圧するために中央から派遣された中下級貴族たちがそのまま土着し、現地の武将集団を従えてそのまま武士化したり、, 国司として中央から派遣された中下級貴族が、国衙で子弟や在庁官人を組織化・武装化し、自らが棟梁となって大武士団を形成していったのだという説が、, 1章の旧説が自衛を行った農民や地方豪族が武士の起源と考える一方、新説では中央の中下級貴族や地方官人こそが、武士のルーツだと考えられているのですね。, 日本という歴史において1000年近くも日本の実質的な頂点に君臨し、支配してきた「武士」という存在ですが、, 先ほど述べた通り「武士」とよばれる武装集団の発生・登場には様々なルーツが考えられており、まだ明確な答えが出ていないというのが現状です。, いずれにしても、それぞれの出自・起源をもった武士たちは、この後複雑な過程を踏みながら台頭・発展していくことになるのです。, こうして台頭・発展してきた武士たちは、平安時代半ば頃において様々な分野で活躍しました。, 例えば、中央に関していえば、官人貴族たちが自己の生命や財産を維持するために、自らの従 者を組織し、家人として武装させることがありました。, 武士を意味する言葉に、「侍」というものがありますが、これは貴人の傍に仕えるという意味を持つ動詞「侍ふ(さぶらふ)」に由来しています。, また、宇多天皇が ‘‘ 滝口の武士 ‘‘ を設置したように、平安時代半ば頃には朝廷の警護のために武士が利用されたこともあります。, 中央・京都の治安維持を目的に設置された「検非違使」の職務を全うしたのも武士たちです。, 他にも、地方に目を向けてみれば、頻発するようになった地方紛争を鎮圧するために中央から派遣された「押領使」や「追捕使」も、この時代において大いに活躍しています。, その実力が中央に認識される大きな契機となった事件が、平安時代の半ば頃に発生しました。, 関東を中心とした東の地域で平将門が、瀬戸内海を中心とする西の地域で藤原純友が、それぞれほぼ同時期に反乱を起こし、, 朝廷による地方支配体制の動揺やその軍事力のなさが大いに露呈した一方で、地方武士の実力が認識される契機となった点で、, 今回の記事では、武士の登場・発生のルーツに焦点を当てるとともに、初期の武士たちの活躍について説明していきました。, 日本史において非常に重要な存在であるはずの武士ですが、その起源やルーツ、さらに初期の在り方については, まだまだ解明されてないところも多く、今までの学説が覆される余地が大いに残されたテーマです。, 一言でまとめることが難しく、とっつきにくいテーマであることは間違いないですが、単語・用語を中心に復習を進めていただけるとよいでしょう。, ①【官物・臨時雑役とは?】租税賦課方式の一大転換と国司の変容&‘‘売官売位‘‘の風潮【論述対策】, 【新旧の説、徹底解説】武士の発生・登場の起源について解説!「武士」はどのようにして生まれた?【武士のルーツ】, 例えば、中央に関していえば、官人貴族たちが自己の生命や財産を維持するために、自らの従 者を組織し、, 他にも、地方に目を向けてみれば、頻発するようになった地方紛争を鎮圧するために中央から派遣された「. そこで身分の高い人だと思われる名無しの肖像画として発見され、新たに源頼朝像として再利用されるようになったのではないか?, 非常に説得力のある内容にぐいぐいと引き込まれる本ですので、ぜひ一読をオススメします。. 人類はその「人類誕生」より自然の中で生きてきた。自然は人類に対して恩恵と厄災の両面を与え続けて今に至る。 科学知識がほとんど無い古代において、人々はあらゆる自然現象を神格化して、それらを祭ってご機嫌を取って、豊穣と平穏を願った。 甲骨文に現れる殷の自然神は数多く有り、何を表しているのか分からない文字(自然神)も多いらしい。しかしこれらの神の多くは川の神と山の神に大別できるという。その他には土や土地、動物、方角などを神格化している。龍などの想像上の動物も自然 … endobj 神護寺三像と呼ばれ、伝源頼朝像、伝平重盛像、伝藤原光能像の3種類がセットになっています。, まずは、旧説ではなぜ源頼朝像ということになっていたのか述べていきます。 そんなとき、夢窓疎石はあるエピソードを足利直義に語ります。, 聖徳太子は達磨大師の弟子南天の生まれ変わりなのです。 人類はその「人類誕生」より自然の中で生きてきた。自然は人類に対して恩恵と厄災の両面を与え続けて今に至る。, 科学知識がほとんど無い古代において、人々はあらゆる自然現象を神格化して、それらを祭ってご機嫌を取って、豊穣と平穏を願った。, 甲骨文に現れる殷の自然神は数多く有り、何を表しているのか分からない文字(自然神)も多いらしい。しかしこれらの神の多くは川の神と山の神に大別できるという。その他には土や土地、動物、方角などを神格化している。龍などの想像上の動物も自然神の一部らしい。, このような自然神がじつは、王朝以外の諸族によって祭られていた神であり、征服の過程で、殷の祭祀にとり入れられたものである[中略] 。殷王朝は異族の神を祭祀することによって、異族との間に連帯意識を表明し、その支配を有効にしようとしたものと思われる。, 祖先神とは、文字通り祖先を神格化したものであり、甲骨文字では先王への祭祀が多く見られる。特に直系の先王が重視されており、祭祀の例数が多く、また配妣(先王の配偶女性)が祀られているという特徴がある。一方、甲骨文字の末期を除いて傍系の先王は祭祀上で軽視される傾向がある。, 殷代において先王の祭祀が多くおこなわれた背景には、王の正当性を保証する目的があったと考えられる。一般的に言えば、王朝の支配権は王が代わるたびに新しくなるのではなく、始祖や建国者が得たものを代々のおうが継承したと認識される。おそらく殷代も同様であり、殷王は代々の先王を祀ることで自己の正当性を主張したのであろう。, 祖先神というのは、いったいどのような力をもつと当時の人々に考えられていたのであろうか。[中略], 大きな傾向としてみるならば、祖先神の最も明らかな特色は、王をはじめ生人に対するたたりということであろう。[中略], さらに興味があることは、祖先神のうちでも比較的世代の近い人々に、その力が強く認められていたことである。[中略] 父や母[つまり直系の先王や配妣--引用者]の称をもってよばれる祖先のたたりが多いのである。このことは死者の霊にたいする畏怖感から、考えられるようになったものであろう。, 伊藤氏は祖先崇拝の根源は死者崇拝(死霊崇拝)にあり、死霊は祟られる人の父母など 近い関係にある人(死者)ほど祟る力が強いと信じられていた、と主張している。(p72), ただし伊藤氏は、祖先祭祀が固定化することにより、祖先神は「祟り神」ではなく、祭祀を行えば受益を与えてくれる「守護神」と考えられるようになった、としている。(p80), 殷王朝では自然神と祖先神が信仰されていたが、武丁代には、これに加えて「帝」という神が崇拝された。甲骨文字の記述では、帝は神々の中でも権能が強いものとされ、しかも他の神よりも上位に置かれていた。[中略], 帝は人間が祀ることすらできない至高の存在とされていたようであり、甲骨文字には帝に対する直接的な祭祀儀礼が見られない[間接的に「帝雲」や「帝臣」に対して祭祀を行っていた]。[中略], 神話上で神々の頂点に立つ存在は、現代の用語で「主神」と呼ばれる。一般的に言えば、多神教の古代文明では、支配者が主神を祀ったり、主神との血縁関係を主張したりすることで、自己の権威を高めることが多い。神話上の神々の関係を現実社会に投影することで、支配を容易にするのである。, 殷王朝においても同様に、武丁は「帝」を神話上で主神として設定し、その信仰を司ることで、自身の宗教的権威を高めようとしたのであろう。, ただし、武丁の死後、「帝」への信仰は一旦とぎれたようだ(甲骨文字でその言及がほとんど見られなくなる)。これが周代に復活する。武丁の代に周へ流入したのだろう。(p135), 殷代では、祭祀の時に家畜を犠牲として神への供物とした。これは新石器時代などでも、また世界各地でも認められる。, 王が主催する祭祀は臣下も参加し、犠牲として殺された家畜は祭祀の後に彼らに振る舞われたようだ。殷代でも家畜は貴重なものであり、これらを(祭祀に使用した)酒と共に臣下に振る舞うことで、「①王の宗教的権威を構築」「②臣下に王の経済力を示す」「③供物の分配を媒介として君臣関係を確認する(強める)」という意義があった(落合氏/p98)。このようなことも世界史の古代では一般的なことだと思われる。, 例えば「燎」という漢字は「組んだ薪に火をつけた」様子を表しているが、これは犠牲を焼き殺す儀礼である。ほかにも儀礼として幾つかの「処し方」がある。, 犠牲の処し方に幾つもの種類がある理由はよく分からないが、これらの「儀礼」は後代の中国史では死刑のやり方に出てくる(『史記』に登場する)。これを考えると、「儀礼」の効果は「見せしめ」または「見世物(ショー)」である可能性がある。, 家畜だけではなく、人も犠牲として大量に「使用」されていた。犠牲となる人々は主に戦争捕虜だったが、犠牲の目的で「人狩り」をすることもあったようだ。犠牲にされた人々で最も多いのが「羌」の人々だ。殷からみて北西の人々。落合氏によれば、殷代には「人食」の習慣はなかったので、「人牲」の目的は軍事力の誇示ではなかったかと推測している。(p104), 奴隷の中では、祭祀の犠牲にされなかった人々もいた。彼らは王や貴族の家内奴隷になって、主人が死んだ時は強制的に殉死させられて主人の墓に埋葬されるか人牲になった。奴隷の一部は逃亡防止のために足首を切断されていたり(刖)、目を潰されていた(民)。(p104-106), マルクスらの唯物史観の発展段階説の一つの段階に「奴隷制社会」というものがあり、郭沫若らがこの段階を殷王朝に当てはめた。, その論拠となる代表的なものが「衆」だ。甲骨文字の中に「衆」が農作業に動員されていることに着目し「衆」を奴隷とみなした(p100)。しかし、当時の甲骨文字で奴隷は「宰」の字で表されており、農業に従事していた記録もない。その他の論拠もすべて論駁されてしまった。, 中国では、新石器時代から亀の甲羅や家畜の肩甲骨を用いた占い、すなわち甲骨占卜が行われていた。占いの方法は、甲骨に熱を加え、生じたひび割れの形によって将来の吉凶を判断するものである。[中略], 占卜の内容には、王自身の安否や夫人の出産のような王の身辺だけではなく、祭祀や狩猟の挙行、あるいは収穫や降雨の有無、さらには戦争の可否まで含まれており、重要な政策であっても占卜でその実行を決定していたのである。, 一つは、甲骨自体への細工。王が祭祀や狩猟を行おうとすることへの可否を問う占卜に対して、結果を「吉」(自分の思い通りの結果)になるように甲骨自体に細工を施した。この手の占卜の結果はほとんどが「吉」あるいは「大吉」だったから占卜というよりもむしろ儀礼的なものだったのだろう。, もう一つは、占いの「改竄」。天候や収穫など人為的には決められない事項について占った結果、その占いが的中したという文字資料が遺っている。これらは天候・収穫などの結果が出た後で、「占卜」(とその結果の添え書き)が作られたと考えられる。なぜこんなことをしたのかと言えば、王の呪術的能力あるいはカリスマを演出するためだろう。, (文献:落合淳思/古代中国の虚像と実像/講談社現代新書/2009/第3章 政治手段としての甲骨占卜), 殷代の王は盛んに祭祀儀礼を挙行したが、それは純粋な信仰心からではなく、神への信仰を通して自身の宗教的権威を確立することが目的であった。また、祭祀で用いられた青銅器や犠牲についても、王の経済力や軍事力を誇示する働きがあった。, 殷王朝の政治は「神権政治」と呼ばれるが、それは決して「紙に頼った政治」ではなく、「支配者が神への信仰を利用した政治」だったのである。, 落合氏によれば、武丁代におこなっていた「改竄」も次の代では行われなくなって、西周では呪術的行為自体の数が少なくなっていった*2。, 新石器時代から考えれば、殷代の「神権政治」は人々への呪術的行為の効力が減退していく過程・過渡期だったのかもしれない。, rekisi2100さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog

東大 和 南高校 校則 7, 受任通知 時効 援用 37, Paravi ダウンロード ソフト 21, ロトム図鑑 Dx 違い 5, ドラクエウォーク ガチャ 渋い 6, フジテレビ バイキング 平井 8, Polycom 電話会議 つながらない 7, 左利き っ ぽい 10, 上り 3ハロン 見方 17, マイクラ ラヴェジャー スポーン 6, Which Do You Eat More Often Rice Or Bread 答え方 36, 読売テレビ アニメ 2020 4, Tiktok Ego 和訳 16, 舌ピ 滑舌悪く なった 5, 意見文 テーマ 音楽 9, 豚の角煮 甘酒 ソレダメ 29, 彼女 料理 うますぎる 4, 真 女神転生2 修正版 11, リゾナーレ八ヶ岳 デラックスルーム ブログ 4, 走る 吐き気 冷や汗 4, Rain 大江千里 歌詞 5, 青春高校 アイドル部 センター 6, アルバ トリオン 対策 太刀 18, Zoom 問い合わせ 日本 7, さよならポエジー 二月の中を 歌詞 7, ばんかん 着物 押し売り 5, ドラゴンマークトフォーデス 皇女 武器 15, 日本 大麻 合法化 いつ 51, コストコ パンオショコラ レシピ 6, 東京都交通局 採用 2ch 2019 32, が が まる ユーチュー バー 23, 虫 顔に寄ってくる 理由 8, ご確認 させ ていただければ幸いです 16, 白血病 M3 生存率 10,