ニカッ!」と語り掛ける特別なスポットが放映された。そのため第31話の予告はカットされた。, 織田信長の死までは秀吉の光り輝くサクセスストーリーが展開されるが、天下人となった後は朝鮮出兵や千利休の切腹など、秀吉の陰の部分にも注目する展開になっている。しかし、話自体は秀吉が栄華を極めていた時期、史実からすると小一郎秀長や、母・なか(大政所)が亡くなった時点で終了し、甥・秀次一家の惨殺や朝鮮出兵の失敗などの最晩年は描かれなかった。なお、竹中本人は2003年の再放送でのインタビューの際「天下を取った後の堕ちてゆく秀吉を演じたかった」と発言している[7]。, 本編の最終回のサブタイトルは後述の通り「夢のまた夢」という、秀吉の辞世の一部であり、秀吉がおねのご機嫌を伺う為に大坂城で催した架空の花見と、そこに顔を出した豊臣家の人々や家臣・大名たちが華やかに描かれる。そして最後には一人となった秀吉が亡き母に辞世を伝え、不意に現れた段々畑に挟まれた坂道を、沈みゆく夕日に向かい一人光に包まれて駆け登っていく、という彼自身と一族の最期を暗示する様なラストシーンが描かれた。, ただし、総集編では描き方が変わり、秀吉が同じ道を「さよなら!あぁ~~~!(花吹雪で飛ばされる)来年の大河ドラマ・毛利元就もよろしく!心配御無用!」とアドリブを入れたバージョンで完結し、ラストの印象は本編と総集編とでは大幅に変わったものになっている。2003年の再放送では、翌年の大河ドラマに関する部分がカットされ、「さよなら!」の挨拶と、「心配御無用!」の決め台詞のみのバージョンとなっている。, 尾張国中村の百姓の子として生まれた日吉(後の秀吉)は、松下家に仕えていたが、買い付けの最中に高野聖に金を盗まれてやむなく逐電する。傷心のままに故郷に戻ったときに、たまたま諸国流浪中の明智光秀に出会い、光秀に触発され改めて武士になる夢を抱く。, やがて織田信長の下に小者として仕官した秀吉は、足軽昇進後に拝み倒して家臣になってもらった弟・秀長との絶妙なコンビネーションで、一夜城の建設や竹中半兵衛の調略等に成功し、織田家中の中でめきめきと頭角を現わしていく。, 一方、一浪人にすぎなかった光秀も縁あって、朝倉家に身を寄せていた流浪の足利義昭に仕えるようになるも、将軍位奪還のために信長の元に使者として送り出された際に、その才覚を見抜いた信長が、光秀を破格の厚遇をもって家臣として迎える。秀吉はそんな光秀にライバル心を燃やし、二人の出世競争が始まった。, 本作も通常放送回・総集編のマスターテープは全て保存されているが、総集編が2003年の正月に総合テレビで一括放送されたのを除き、通常放送回は長年にわたりスカパー!の有料専門チャンネルでも再放送されず、NHKアーカイブスでの視聴も不可能であった。背景に出演者の権利問題などが噂され映像ソフト化も完全版・総集編共に行われてこなかったが、放送開始から16年経った2012年1月25日に前半部を収めた『完全版第壱集』、同年3月には後半部を収めた『完全版第弐集』と『総集編』のDVDが発売された。併せてレンタル盤もリリースされ、チャンネル銀河では2012年2月13日、2014年2月3日より放送が開始された。時代劇専門チャンネルでは、2019年4月から放送された。, このドラマで初めて秀吉の妻の名前が「ねね」ではなく「おね」として呼ばれた。この呼び名は6年後の『, 小一郎が道普請をして稼いだ金を全て使ったという台詞があり、高級食品であるという描写はされている。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=秀吉_(NHK大河ドラマ)&oldid=79674824. →聚楽第とは 8年で姿を消した豪華絢爛な京の城, (株)TOLEDO、高田哲哉と申します。 ); しかし、信長と交友のあったルイス・フロイスにも、並外れた女好きだと書かれているようです。側室の数に比べると子供の数は少ない様です。, 秀吉が近江長浜城主の頃の側室二人の子を産んだが、二人とも夭折してしまいます。後に竹生島の宝巌寺にて出家。, 1588年頃、側室になる。秀吉は茶々の母・お市の方に憧れていたようで、浅井三姉妹で母によく似ていた茶々を側室にしたようです。, 最初は武田元明の正室の時には2男1女をもうけています。浅井三姉妹とは従妹ですが身分的には浅井氏の主筋となり淀殿より名門出身になります。秀吉のお気に入りの側室だったと言われています。秀吉が亡くなった後は出家し寿芳院と号しました。, 体が弱く実家で過ごすことが多かったようです。最初は秀吉の側室であり、秀吉の死後万里小路充房の側室になり前田利忠を産んでいます。, 「東国無双の美人」と言われ、武芸や軍事に明るかったといわれ、その噂を聞いた秀吉は側室として迎え入れた。秀吉の死後の消息は不明。, 信長の六女。母は織田信忠の乳母。伏見城の三の丸に住んでいたので三の丸殿と呼ばれました。秀吉が亡くなった翌年、二条昭実に嫁ぎました。, 中国攻めの頃に側室になります。秀吉の元々の身分が低いを理由に元の屋敷に返されたことがあるといいます。, 秀吉は山里丸に広沢寺を建立しますが、大坂に戻ったまま名護屋城には戻ってきませんでした。秀吉の死後、出家しました。, 夫に置き去りにされた後、秀吉の側室になりました。秀吉の側室の中では最も高い身分の家柄出身といわれています。秀吉の死後、京都の東寺で出家しました。, 美貌を見初めた秀吉の側室になります。その後、伊達政宗に下賜され子供をもうけますが、政宗の重臣・茂庭綱元に下げ渡され側室になりました。, 三浦貞勝、宇喜多直家と結婚し宇喜多秀家を出産す。秀吉とは側室的な存在ではないかといわれているが定かではない。名前の「おふく」も確証はありません。, 実際に名前の残っている側室の中でも、秀吉の実子は少ないようです。「英雄色を好む」という言葉通り淫乱な性質のようですが、これほど努力しても子供が出来なかったことを秀吉はどう感じていたのでしょう。. 「この前よりキレイになってるよ」織田信長が秀吉の妻に送った手紙がイケメンすぎるっ!!, 前田利家とまつの娘・豪姫の生涯とは?秀吉に養女として溺愛され、キリシタンとなった一途な賢妻. 信長の側室となったお鍋の方は信長の7男「 信高 」8男「 信吉 」6女「 於振 」を生んでいます。 本能寺の変後は豊臣秀吉にまもられ後に秀吉の正室「 おね 」の側近として豊臣政権ではなかなかの重役として … }, function() { (引用:”楠戸義昭 『風雲児信長と悲運の女たち』2002年 学研文庫”より), とあり、朝廷の日誌として有名な『御湯殿上日記(おゆどのうえにっき)』に、公家の”あここ”と言う娘が信長に惚れたと記載があるようですが、この女性はおそらく朝廷側から信長への”献上品”なのでしょうね。, この時期には、朝廷(正親町帝)と信長の厳しい政治的駆け引き・綱引きが、翌天正10年(1582年)6月2日の『本能寺の変(明智光秀の乱)』まで続きますので、時期的には十分可能性のある話だと考えられます。, この姫君との間に子を成したかどうかわかりませんが、その翌年に信長が本能寺で横死していますので、一切不明となっています。, 信長にはすでに正室『帰蝶』がいた頃(天文18年以降)に、信長付きの侍女だった『中條(ちゅうじょうーお駒)』に手が付き、妊娠したお駒は信長の傅役の平手政秀(ひらて まさひで)により、信長配下にいた埴原常安(はいばら つねやす)の妻として『乙殿』を出産したと言います。, 永禄10年(1567年)11月に信長より埴原常安に20貫文(この当時は200~300万円程度)の知行地が与えられていますが、これは時期から見ると『乙殿』の元服料かもしれません。, その後、常安は尾張在住の吏僚として活躍し、『本能寺の変』後は、次男信雄に仕え500貫文(この当時は5000~8000万円程度)を知行します。, 平手政秀によって『中條』が取り上げられたため、すぐに直子に手を出したと考えられ、直子は天文23年(1554年)5月5日に那古野城で男子(於勝丸ー信正)を生んでいます。, 母の身分が低い事を理由に、後から吉乃の生まれた信忠が嫡男とされ、信正は”庶長子”と呼ばれ、後年32歳で出家して”見性軒(けんせいけん)”と称し、94歳までの長寿を全うしました。, 兄の塙直正は妹が側室になったこともあり、信長に引き立てられ、その後大活躍をして侍大将で方面軍司令官へと大出世を遂げましたが、天正4年(1576年)大坂の本願寺戦の最中、今の大阪難波三津寺筋辺りで討死しました。, おそらく、信長が生駒屋敷に勝手に出入りを始めたのは、馬に乗れるようになって遠出することが出来るようになってから、、、10歳くらいではないかと推察します。, 昔から出入りする織田の若君信長のことは生駒の娘類(るいー吉乃)も見知っていたようです。, しかし、信長が類のことを意識するのは、夫の土田弥平治(どた やへいじ)が討死したことによって後家となり、実家である生駒屋敷に出戻っていた時だと言います。, すなわち上総介信長様、美濃斎藤道三入道の御息女、御縁組以前に、郡邑生駒蔵人の女吉野女、上総介様の御手付きあり。この生駒の後家殿、土田弥平治討死候いてより、雲球屋敷に罷り候ところ、上総介様、雲球屋敷へ御遊行、目を懸けなされ殊のほか御執心の揚句、上総介様の御たねを宿し罷り候なり。 (引用:『濃陽諸士伝記 齋藤氏由来の条 412頁 』国立国会図書館デジタルコレクション), 信長は、難敵斎藤義龍が病死したことを受けて早速、まだ稲葉山城が敵城にもかかわらず、龍興に対して前領主斎藤義龍の遺児である娘をよこせと難くせをつけており、ここにはすでに重臣に渡りがついていることと、信長が評判の美形である馬場殿に執心なようすが感じられます。, ”ふざけるな!”とばかり、義龍の継嗣斎藤龍興(さいとう たつおき)が怒り心頭に発しているようすが見て取れます。, これで話は途切れたと言われていますが、その後織田信長は、永禄10年(1567年)8月15日に稲葉山城を斉藤龍興を降伏させる形で落城させており、どう見てもその時馬場殿は信長の側室になったと考えられます。, 後年、美濃武士に睨みの利く”岐阜殿”と言う”信長の妻”が存在していたことはよく知られていますので、この女性は生きながらえた正室の”帰蝶”であるとの説もありますが、おそらくこの時の『馬場殿』ではないかと考えられます。, 普通『生駒殿』とは、信長最愛の妻と言われる『吉乃(きつのー本名:類ーるい)』の事を指しますが、この『生駒殿』はどうやら別人のようなのです。, 前述しましたが、『吉乃』は3人目の子になる徳姫を永禄2年(1559年)に出産してから、産後の肥立ちが悪く、床に臥せった生活が続きます。, その後信長は永禄2年2月に上洛し、永禄3年(1560年)5月に一世一代の大勝負『桶狭間の戦い』を勝利に導くなど、多忙な毎日が続いており、生駒屋敷の『吉乃』のところへも足が遠のいていた様子です。, 永禄6年(1563年)に小牧山城を落成させると、信長は正室扱いの『吉乃』に生駒屋敷(小折城)からの移転を求めます。, この時『吉乃』の兄の生駒八右衛門は、『吉乃』が簡単に動かせない病状であることを、小牧山城へ出向いて信長に謁見して説明したとあります。, つまり信長は、徳姫出産以来、床に就く『吉乃』をほとんど見舞いにも行っていない状況だったことがわかります。, この間4年近く、他の側室(坂氏など)もいる訳ですが、とりわけ『吉乃』を気に入っている信長にしてはおかしなことです。, これは私見ですが、その間、子は成したとは言え、信長の相手が出来ない妹を見て、生駒八右衛門が手を打って、縁者で吉乃(類)に似た少女を吉乃の代役に立てて、信長に世話したのではないでしょうか。だからこそ、吉乃の小牧城への移動が難しいとの相談を八右衛門は信長に直談判の及んだのでしょう。, 以後、この代役『生駒殿』本人は直接歴史の表面には出て来ませんが、信長との間に出来た五女『永姫(えいひめ)』が、後年大身大名となった前田利家の家へ嫁ぐことによって、彼女は『永姫の母(生駒殿)』として歴史に記録を残すこととなりました。, 三の丸殿は信長が安土城へ移った天正4年(1576年)以降に生まれたもので、『本能寺の変』当時、4~5歳だったと考えられます。, 安土城から安土の留守を預かる蒲生賢秀の差配で日野城へ避難し、秀吉の勝利後一旦日野城を退出しますが、後日また蒲生氏に身を寄せ、そのまま三の丸殿は蒲生氏郷の下で養育されました。, 後年、伏見城へ隠居した太閤秀吉は、蒲生家からこの織田信長の遺児である姫を召し出して、側室として伏見城三の丸に囲い、以後彼女は『三の丸殿』と呼ばれることになります。, 信忠の乳母であった母は、信長の後継争いで反秀吉側に付いた実家の滝川一族が破れて行く騒乱の最中、失意の中で死去したものと考えられます。, 土方勝久は信長の家来でしたが、永禄12年(1569年)10月、信長が次男信雄(のぶかつ)を北伊勢北畠氏へ養子に入れた折、補佐する付侍となり信雄の近臣となりました。, 天正4年(1576年)11月25日の北畠一族粛清の折、活躍しその功で信長より領地を拝領したとされています。信長の死後、信雄の”三家老誅殺”にも加わったとされ、その後信雄⇒秀吉⇒家康と巧妙に渡り歩いています。, 織田信長は、その娘を側室にして、9男信貞を得ています。行く末心配な出来の悪い次男信雄が北畠家へ養子に行くにあたり、この家臣から人質として娘を預かったのだろうと思われますが、たちまち”お手付き”になったのでしょう。, ・・・三条所のあこゝといふもの、信長に焦がれたるよしさたあり・・ 織田信長はたった一代で尾張の小国から美濃、伊勢、大和、近江などなど近畿、中部地方国のほとんどを支配下におさめ戦国武将の中で最も有名な武将と言っても過言ではないでしょう!, 正室の濃姫こと帰蝶は大河ドラマやテレビでけっこう頻繁に出てきますから知っている人も多いでしょうが、側室に関してはほぼ全く出てきません…, 今回は信長の側室について紹介してきますが、いくら信長とはいえ400年以上も前の出来事で、さらに側室の事となるとほとんど記録は残っていないか在ったとしても曖昧です。(^^;), 生駒吉乃は馬借の生駒家宗の娘で身分的には信長とは釣り合いませんでしたが信長に見初められ側室となります。, お鍋の方は始め近江にある八尾山城の城主小倉実房に嫁ぎ二人の子供をもうけましたが夫が戦死したことをきっかけに織田信長の側室となりました。, 信長の側室となったお鍋の方は信長の7男「信高」8男「信吉」6女「於振」を生んでいます。, 本能寺の変後は豊臣秀吉にまもられ後に秀吉の正室「おね」の側近として豊臣政権ではなかなかの重役として仕えることに。, 信長の側室となった時期、生年月日は不明ですが、信長との間に信長の三男「信孝」を出産します。, 最期は非常に残酷で、信孝が賤ヶ岳の戦いで勝家側についたことから秀吉の人質となっていた坂氏は信孝の娘と共に磔にされてしまうのです…, 養観院は生年月日も没年も不明でほとんどが謎に包まれていますが信長の側室となり4男「秀勝」を出産したとの事。, 土方氏に関してはほとんど何もわかっていないですが、父親は土方雄久といい信長はもちろん秀吉や家康にも仕えた人物です。家康に仕えていた時に1万3000石を与えられました。, 慈徳院は信忠の乳母をしていた人物であったことから信長の目に留まり側室となった人物です。, 織田家家臣の塙直政(ばんなおまさ)の妹で信長との間に「信正」を出産したとされているのですが、現在信正は信長の子ではない可能性が高いとされています。, このように、織田信長には多くの側室がいたわけですが、信長の子供には母親不明の子が何人もいることから今回紹介した記録に残っている側室以外にも側室はいると考えられます。, また、憶測ですが信長クラスの武将ともなると数か月、いや数週間だけの側室の関係もあったかもしれませんね。. 20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究している歴史人物研究家です。 Copyright ©2020 歴史好きのつぶやき All Rights Reserved. var notice = document.getElementById("cptch_time_limit_notice_80"); 『言継卿記 第四巻30 永禄12年7月27日の条』国立国会図書館デジタルコレクション, 『美濃國諸舊記 巻の二 土岐頼藝松波庄五郎を立つる事 41頁』国立国会図書館デジタルコレクション. 養観院 側室 秀吉の養子となった 羽柴秀勝の母 。信長の次女・冬姫も養観院の娘であるという説もありますが定かではありません。秀勝が丹波亀山城城主になると共に亀山城へと移りました。 しかし、秀勝は病弱だったため、1585年12月死去。 織田信長と側室吉乃(きつの)は、どこで知り合ったの? 前述していますが、吉乃の実家である生駒家屋敷(小折城)での事です。. なお、羽柴秀吉(豊臣秀吉)は、この長浜城主時代から、於葉の方、南殿など側室を設けるようになっており、浮気する羽柴秀吉に対して織田信長が おね を気遣うようにと、羽柴秀吉に充てた書状も見受けら … 前田利家とまつの娘・豪姫の生涯とは?秀吉に養女として溺愛され、キリシタンとなった一途な賢妻, 秀吉の死後は万里小路充房の側室となり、前田利忠を出産。後に離縁して利忠とともに金沢に戻りました。, 甲斐姫は、秀吉が関東で唯一落とせなかったとされる忍城(おしじょう)城主・成田氏長の娘です。忍城を守り抜いたのは甲斐姫であると言われるなど、男顔負けの強くたくましいエピソードが残されています。さらに絶世の美女でもあったそうで、噂を聞いた秀吉に気に入られ側室となりました。, ▼甲斐姫のエピソードはこちら! 1588年4月14日の後陽成天皇の聚楽第行幸の際には、諸事万端を整えた功により、北政所は破格の従一位に叙せらた。 木曽義昌/木曾義昌(きそ-よしまさ)は、木曾谷領主(木曽福島城主)・木曾義康の嫡男として1540年に…, 早川殿(はやかわどの)は、早河殿とも書きますが、今川氏真の正室になった女性です。 黒田官兵衛の嫡男・黒田長政も、人質時代には長浜城で、おね の世話を受けている。 秀吉は正室の北政所との間に子は出来ませんでした。しかし、信長と交友のあったルイス・フロイスにも、並外れた女好きだと書かれているようです。側室の数に比べると子供の数は少ない様です。では、側室を一覧で確認しみましょう。 また甥にあたる木下利房の備中国足守藩の文書『木下家譜』やその他の文書では、「寧」「寧子」「子為(ねい)」などと記されている事から「ねい」とする説もある。, 織田信長の家臣に加わって活躍を始めていた木下藤吉郎(のちの豊臣秀吉、25歳)と恋愛したようで、1561年8月、おねが14歳の時に、この時代にしては珍しい恋愛結婚をした。 茶々 秀吉の側室。浅井三姉妹の長女。父の浅井長政は信長に討たれ、義父となった柴田勝家は秀吉との織田家の覇権争いで敗れ、母お市の方とともに自害した。 茶々にとって秀吉は親の仇であったが、やがて側室となって秀吉との間に鶴松と秀頼の2人の子を産んでいる。 1547年?に誕生した「おね」は、尾張国の杉原定利の娘(次女)で、母は朝日殿。 二人は、秀吉が織田信長に仕えるようになってから約7年後、秀吉が25歳の時に結婚します。 ねねは織田信長の家臣・杉原定利という武将の娘でした。策略結婚が当たり前の武将達には珍しく、 2人は恋愛結婚 だったのであります。 →小西ワクサ~マグダレナ、マグダレーナ~豊臣秀吉の正室・おねの侍女 .hide-if-no-js { 『秀吉』(ひでよし)は、1996年(平成8年)1月7日から12月22日にかけて放送された第35作目のNHK大河ドラマ。原作:堺屋太一、脚本:竹山洋、主演:竹中直人。全49話。, 堺屋太一の小説『秀吉〜夢を超えた男〜』『豊臣秀長』『鬼と人と 信長と光秀』(主人公:明智光秀と織田信長)の3作品を物語の基とし、脚本家の竹山洋自身が創作した逸話なども随所に取り入れてドラマ化した。, 豊臣秀吉を主人公にした大河ドラマは、1965年の『太閤記』以来、31年ぶり2作目。『八代将軍吉宗』の総集編が終わった後の予告で「これがドラマだ!」と強調、竹中直人やおね[1]役の沢口靖子のほか、信長役の渡哲也の重厚な演技、秀長役の高嶋政伸、なか役の市原悦子、足利義昭役の玉置浩二[2]、千利休役の仲代達矢、光秀役の村上弘明などの脇役たちの存在感もそれぞれ光るものがあった。, 平均視聴率30.5%、最高視聴率は37.4%[3]と、歴代の大河ドラマの中でも上位に位置する高視聴率を記録。この作品以降で平均視聴率・最高視聴率いずれも30%を越えた作品は存在しない。大河ドラマとは無縁とされていた若年層の視聴者層も大きく取り込むことが出来たため、当時の日曜20時の民放二大番組であった「元気が出るテレビ」を終了に追い込み、「ごっつええ感じ」を番組路線改変まで追い込んだ。, 豊臣秀吉役の竹中直人が事あるごとに、手を突き出して5文字を強調しながら言う決め台詞「心配御無用!」は、その年の流行語となった。その後この決め台詞は真田広之演じる石田三成にも引き継がれている。放送初回の第1話の大仁田厚演じる蜂須賀小六が秀吉を担ぎ上げる場面では、褌の横から竹中の陰部が露出していることが放送直後から話題になったが、NHK側は「放送前から承知していたが、モザイク処理を入れたらかえって不自然だと判断した」とコメントした。なおこの場面は総集編でもモザイクが入らずに放送されているが、DVD化の際にはモザイク処理されている。, 渡は『勝海舟』の主役を病気で途中降板して以来久々の大河ドラマ出演となったが、渡演ずる信長に極めて強い反応があり、当初の予定を変更して渡の出演を4話延長する処置をとった。番組終了後、大阪新歌舞伎座での自身の初舞台公演でも信長役を2回演じ、その後2002年には宝酒造の日本酒「松竹梅」のCMでも、信長のような役を演じている。久々の大河出演にあたって、所属する石原プロモーション専務の小林正彦は「渡哲也の完全復活のチャンス」と位置づけ、積極的なプロモーションを展開した。渡の演技に注目が集まったために、信長死後の平均視聴率は32%から28%と4ポイント落ちてしまった。また、30%を超えた回は信長生前は30話中24話だったが、信長死後は19話中5話であった。, 当時高級食品だった豆腐を百姓が食べている[4]、当時日本にいなかったはずの犬種が出てくる[5]、秀吉の母・なかが軍議の席に乱入するなど、時代考証を無視した描写が存在した。また、第6話で描かれた墨俣の一夜城伝説は歴史学者の間では後世のフィクションというのが定説となっているが、それを肯定してしまうと脚本自体が成立しなくなってしまうため、歴史考証を担当した小和田哲男は「立派な櫓や石垣のある城ではなく急ごしらえの砦に見えるようにしてほしい」と進言するに止めたという[6]。, 本作では、秀吉の生涯を人間味を重視して描くとともに、秀吉の弟・秀長(小一郎)にも光が当てられている。秀長が主要人物として登場する大河ドラマは『おんな太閤記』以来15年ぶりであり、『太平記』で足利尊氏の弟・足利直義を演じた高嶋政伸が彼の実務面での奮迅振りを演じた。全体として家族の描写には力が入れられており、史実では没年不詳でドラマでも小説でも描かれることの少ない継父・竹阿弥が終盤まで登場し、秀吉との和解に至る展開も描かれている。, 村上弘明演じる明智光秀は秀吉・信長に次ぐ準主役的な扱いで、その家族・家臣もストーリーの中で大きく取り上げられている。初回から浪人時代の光秀が描かれ、そこから秀吉との出会いと、織田家に仕官した後の互いに認め合う良きライバルとしての関係、更に光秀が信長に虐げられて本能寺に至るまでの過程が詳細に描かれている。, その一方で、徳川家康を演じた西村雅彦は自身の扱いに不満を漏らしていた。局側からは「これからどんどん膨らんでいきますから」と説得されていたという。しかし、西村は「そのまましぼんでしまった」と振り返っている。, 本能寺の変での信長の最期は、自ら太刀を振るっての殺陣で明智軍を震え上がらせ、燃え盛る炎の中で白装束の信長が「人間五十年」で有名な幸若舞「敦盛」の一節を謡った後、「神か…、神が死ぬか!」と叫び頚動脈を自ら斬り、大量の血を吹き出させながら絶命するという壮絶なシーンとなった。数ある本能寺の映像作品の中で、切腹以外の方法で死ぬ信長の描写は初めてであったという。, 本能寺に至る理由として、本作では信長による光秀への冷遇(敵地への領地替えや、光秀の母・美が八上城に人質に取られているにもかかわらず、信長が八上城主・波多野秀治・秀尚を殺害してしまう等)と共に、信長によって長男・信康と正室・築山を失った徳川家康、および信長に茶道を冷遇された千利休の2人が、光秀に謀反をけしかけるという陰謀説を採用している。なお、ストーリーブックに収録されていたあらすじでは、明智光秀が小栗栖で死なずに天海と名を変え徳川家康に仕えたことを示唆する展開がなされていたが、実際に放映された作品では史実通りに光秀は小栗栖で死んでいる。なお、作中ではその最後を見届けた石川五右衛門の計らいで光秀の首は坂本城に届けられ、届けられた光秀の首を抱えて煕子が琵琶湖へ入水自殺するという顛末となっている。, また翌週の8月4日のアトランタ五輪・男子マラソンはNHKで放送されるため、休止の予告として、エンドカードの後、鎧姿の秀吉が「来週の『秀吉』は、オリンピック放送のためお休みいたしまする。がんばれニッポン! 信長の側室となったお鍋の方は信長の7男「 信高 」8男「 信吉 」6女「 於振 」を生んでいます。 本能寺の変後は豊臣秀吉にまもられ後に秀吉の正室「 おね 」の側近として豊臣政権ではなかなかの重役として …

将来の夢 作文 2000字 50, 階乗 逆数 和 収束 9, こち亀 両津 年齢 7, 眼窩底骨折 手術 ブログ 15, ポケモンgo レイドパス 無限 10, プロメア クレイ 考察 7, 山川 銭闘 なんj 7, Fgo ゼパル 擬人化 4, 愛ちゃん だるま 離婚 19, 過労 倒れる ドラマ 9, アメブロ 繋がりにくい 2020 15, 末期癌 せん妄 暴れる 5, 鼻中隔 湾曲症 鼻声 9, 無料 映画 夢心地 14, 織田あきら 俳優 現在 9, 出向 片道切符 島流し 34, タイピング 全然早く ならない 8, 意見 を 煽る 10, レゴ マーベル スーパーヒーローズ 攻略 28, 松坂桃李 綾瀬はるか 共演 11, ザ リリーズ 現在 56, 金田一少年の事件簿 劇場版 動画 30, アクア クロスオーバー グラム オリーブ 16, 恋 空 新垣結衣 画像 5,