猫の後ろ足が突然動かなくなったら、それは「動脈血栓寒栓症(血栓症)」という病気かもしれません。我が家ではブリテッシュショートヘアを飼っておりある日の朝、後ろ足が動かなくなりました。その時の症状をまとめました。 気になる行動が見られたら、ぜひ動画を撮影してみましょう。, 飼い主の方が「この歩き方はおかしい」と感じた場合は、何らかの病気やケガが発生している可能性が高いです。 このケースでは脳や耳の「前庭」と言われる部位が障害されている可能性があります。, 両側もしくは片側の前後足を上手く動かすことができず立ち上がることができないことを、「起立困難」といいます。 足を気にしているようだけれど触っても痛がらない、元気や食欲もあるなど症状が極めて軽度である場合は数日程度様子を見てもいいですが、それでも治らない場合や症状が重い場合はできるだけ早く動物病院を受診して診断を受ける必要があります。 そんな時に役立つのが動画です。 猫が飛節を着いて歩行している場合、末梢神経が障害されている可能性が考えられます。 猫の後ろ足の異変・・ びっこを引く、歩けない、 引きずる感じ・・などが見られる 場合、その原因は多岐に渡ります。 こちらでは、猫の足、歩行の 異常の原因や考えられる病気などに ついてまとめてみましたので参考に してください。 猫の発症しやすい病気のひとつに尿石症があります。患者さんも多く身近な病気のひとつかもしれません。尿石症対策の食事をしてい... 眼の充血が気になりはじめた、涙や目やにが多くなってきた、しきりに目をこするなどの症状が見られたら、結膜炎かも。今回は、猫... 猫は、便秘になりやすい動物ですが、便秘をそのままにしておくと「巨大結腸症」という大変な病気になるかもしれません。便秘を繰... 尿毒症は、腎臓が重篤に障害された時に見られ、その名の通り身体にとって毒となる物質が排泄できなくなる状態であり、早急に対応... 猫は運動神経抜群で、めったに大ケガをしない…といったイメージを持っている人も多いのでは?確かに人間と比べたら、高いところ... 「〈 アニコム獣医師監修 〉猫との暮らし大百科」は、愛猫との健やかな暮らしをサポートする猫情報サイトです。猫の種類ごとの特徴や飼い方、愛猫を健やかに育てるための食べ物やお手入れ、知っておきたい猫の心や病気に関する情報を獣医師監修でお届けします。. 犬と違って、どこの隙間にも潜り込めますし、どんな高いところも簡単に昇ることができます。, ただ、そんな猫も年をとってくるとだんだんと足腰が弱くなってきて、行動できる範囲が限られてきてしまいます。, そんな老猫の歩いている姿をふと見た時、よろけて歩いていることに気づくこともあるかもしれません。, 問い合わせでも、後ろ足が突然ふらつくというご質問を頂くことも多くあり、老猫の症状の一つと言ってもいいかもしれません。, 今回は、高齢猫の足のふらつきのよくある原因と対処法をそれぞれご説明したいと思います。, 当たり前の話のですが、加齢とともに筋量は落ちはじめ、特に後肢の筋量は年齢とともに著しく落ちます。, この場合、その他の一般状態はほとんど変わらず、食欲もほぼ変わらないか、やや低下している程度であることが多いと思います。, 治療などは特にする必要がありませんが、自宅での環境を整えてあげたり、食事を老猫用などではなく、あえて栄養価の高い食事してみるのがよいでしょう。, 病気でそうなっているのでないのであれば、飼い主様がその状況をを受け止めてあげる必要があるので、優しく見守ってあげるのが一番だと思います。, ご自宅であるようなタンスや机の高さは、猫が落下に備える準備がちょうどできない高さのため、大抵は背中や腰から落下します。, こうした事故は、時に脊髄の損傷を引き起こし、自宅を留守にしていたら突然後肢が動かなくなっていたのを発見したという飼い主様も大勢いらっしゃいます。, 対応法としては、落下しそうな場所をなくすのが大前提ですが、どこにでも上ることができる猫の行動を制限するのはとても難しいことだと思います。, できることであれば、床にクッションなどを敷き詰め、落下の衝撃を防止するようにするしかないでしょう。, もし落下による脊髄損傷で何かしらの症状が出た場合は治癒は大変難しく、後遺症を残した形になることも多いので注意が必要です。, 馬尾とは腰と尾の付けの部分にある脊髄神経のことで、細い神経が枝分かれし分岐しています。, この場所で先ほど述べたような外傷や椎間板、骨格自体の変形などによりこの分岐した神経が圧迫され症状を起こします。, 実際に歩行に影響するような神経症状が出るというよりは、痛みにより腰を落として歩くようなしぐさが見られます。, 基本的には手術などをせず、痛み止めやステロイドなどの投薬により様子を見ることがほとんどですが、中には徐々に進行し、痛みにより食欲が落ちるケースもありますので、病状の変化は注意して観察する必要があります。, 心臓の筋肉が異常に肥大することで、心臓内の血流に乱流が起こり、血液が滞っているところで血栓が発生します。, この心臓で発生した血栓が血管をつまらせ、詰まった血管によっていろいろな症状が発生します。, 特に多いのが血管が2本の後肢に分岐する部分のため、後肢がいきなりつんのめるような形で動かなくなり、どこかを痛がるかのように呼吸が荒く、時には大きな鳴き声を上げることもあります。, 手術などの方法で血栓を除去することもできますが、残念ながら予後はとても悪く、猫にとって最悪な病気の一つだと思います。, 個人的にはしかっりと沈痛をかけてあげて、できるだけ痛みを和らげてあげるのが一番猫にとって誠実な治療なのではないかと思います。, もし水を飲む量や尿の量が多く、かかとをつけて歩くようになったのであれば糖尿病の可能性があるので、早めに獣医師と相談する方がいいと思います。, 老猫がふらふら歩いているときに、果たしてそれが病気なのかどうか迷うことがあります。, 動物病院に連れて行って診てもらいたいけど、連れて行くのも負担になりそう・・・と思った時には往診という手もあるので、ぜひとも一度受診してみてはどうでしょうか?, 人もそうですが、犬も年をとってくると足腰が弱ってきます。老犬は背骨が変形し、背骨の中に入っている脊髄神経の機能が衰え, 人間もそうなのでしょうけれど、ペットの世界もアンチエージングという言葉が一つのキーワードになっています。老いというも, ペットの高齢化が進み、約半数近くのペットがシニア世代と言われるようになってきました。猫の頭数は変化がないと言われつつ, 獣医師としてどんな病気も必ず治してあげたい気持ちはあるのですが、現実はそんなに甘くはないことを常々痛感させられています。, 年齢は等しく誰もがとっていくもの。人間、犬に限らず色々な機能が老いとともに低下していきます。年齢による衰えは完全, 飼っているペットを動物病院に連れいてこうと思っても・・・物理的に難しい時って結構あると思います。動物病院で勤めている, 【往診動物病院が提案】飼っている犬が年をとってきて、後ろ足がおぼつかない時の自宅での普段のケアの仕方。, 【老齢犬の悩み】大型犬が年をとってしまい、動物病院に連れて行けない方へ。往診で定期的な検診をお勧めします。. 心筋症(拡張型・肥大型)|どうぶつ病気大百科 病気と上手く付き合おう(02)<心臓病>|どうぶつ病気大百科, 猫大好きオペレーターがお電話を承ります! 猫の後ろ足が突然動かなくなったら、それは「動脈血栓寒栓症(血栓症)」という病気かもしれません。, 猫の場合は後ろ足に詰まる場合が多く、そのまま放置していると、後ろ足が壊死し、最悪の場合は死に至ります。, 我が家の愛猫たびも、ある日の朝、後ろ足が動かなくなりました。 猫の歩き方がいつもと違っていたら飼い主の方はどんな病気になってしまったのかと、心配になりますよね。 完全に歩けない場合を「歩行困難」と言います。 そのため、発症しやすいと言われている猫種はもちろんのこと、そうではない猫種においても、この病気の可能性を頭の片隅に入れておく必要があるでしょう。, 猫の心筋症は、初期では、これといった症状が出ないことがほとんどです。そのため、健康診断や手術前の術前検査で偶然に見つかることも多い病気です。, もう少し進むと、「少し食欲が落ちているかな」「元気がないかな」「疲れやすくなったかも…」といった症状が現れてきます。, さらに病気が進行すると、呼吸が苦しくなったり、動くことを嫌がるような症状を見せはじめ、循環不全がさらに進むと、繰り返し失神してしまうこともあります。, また、麻酔処置やステロイド剤の投与、各種検査によるストレスなどでもにより症状が強く現れることがあり、他の病気の治療などをきっかけに診断されることもあります。, 心臓が狭くなることで、一回の拍動で全身に送れる血液量が減るため、その分心臓は「数」でかせごうとします。そのため「心拍数が高い」というのが初期の症状として見つかることが多いです。, 初期には、呼吸数が増えたり、しんどそうに呼吸をしたりといった症状は、ほぼみられません。安静時の猫の呼吸数は1分間に30回以下とされていますが、この呼吸数が多いときには要注意です。慢性的な咳は、猫ではほとんど見られないのが一般的です。, 心筋症が進行すると「肺水腫」という状態となることもあります。非常に呼吸が苦しくなるため、異常に呼吸数が上がったり、口を開けて一生懸命呼吸をしたり、舌が真っ青な状態(チアノーゼ)になります。, また、肺水腫と同じく血液のうっ滞(渋滞)が原因で、胸(胸腔内)に水が溜まる「胸水」が起こることもあります。胸に溜まった水によって肺が十分に広がらなくなることから呼吸がしづらくなり、胸やお腹を大きく上下させて呼吸をする症状(努力性呼吸)が見られるようになります。, 食欲不振は、心筋症の初期から見られることがあります。ただ、心筋症に限らず多くの原因から起こるため、それだけでは心筋症のサインとは判断しにくいでしょう。, 心筋症の初期では、元気がない、あまり運動をしなくなった、といった症状が見られることが多いです。心筋症が進行して呼吸がしんどい状態が続くようになるにつれて、少し動くとすぐにうずくまってしまう、ほとんど動かなくなるといった症状が顕著になってきます。, 前述の通り、心臓内の乱流が原因で、血栓ができやすくなります。その血栓が血流にのって運ばれたとき、途中で詰まってしまうのが「動脈血栓塞栓症」です。肥大型心筋症の猫の約16%で動脈血栓塞栓症を併発したとの報告もあります。, 猫では、後ろ足の根元の血管(大動脈の両足への分岐部)に詰まることが多く、血栓が詰まることで後ろ足への血液が遮断されて、後ろ足の麻痺や壊死を起こします。, 程度にもよりますが、劇的な症状を見せることが多く、近くにいれば異変に気づきやすいでしょう。突如、激しい痛みを訴え、後ろ足に力が入らなくなり、立てなくなります。血流が遮断された足の肉球(片方、または両方)は青白く冷たくなり、全身の体温も下がります。, また、後ろ足の麻痺が起こると移動の際は前足だけで体を引きずり、興奮して瞳孔が開いている、呼吸が荒くなる、など明らかに普段とは異なる様子が見られます。動脈血栓塞栓症の治療は緊急性が高いため、疑われる場合は早急に動物病院を受診しましょう。, なお、動脈血栓塞栓症を起こしていても、これらの症状が軽度であったり、見られないという場合もあります。明らかに症状が合致していなくとも、疑わしい場合には動物病院を受診するようにしましょう。, その他、後ろ足の血管以外にも腎動脈や脳動脈、また複数の部位で詰まってしまうこともあり、急性腎不全やけいれんを起こすことがあります。, 残念ながら、心筋症そのものを治すことのできる治療は、現在ありません。初期の段階では、心臓の負担を減らす薬の投与や、血栓をできにくくする予防治療を行っていくことが治療の柱となります。, 心筋症の薬は、血圧降下剤や抗不整脈薬などさまざまな種類の薬がありますが、いずれも、根治させる薬ではなく、「進行を緩やかにする」や「負担を軽減する」といった目的で使用されます。また、動脈血栓塞栓症を防止するため、血栓ができにくくする内服薬(血を固めづらくする薬:血液抗凝固剤)も使われます。薬を飲むのが苦手な猫も多く、どのような薬をどの段階で始めるかは、かかりつけの動物病院と十分に相談をすることが望ましいです。, 動脈血栓塞栓症を起こした場合には、可能な限り緊急的に診療を受けることが望まれます。 このケースは非常に多くの病気が原因として考えられます。 猫の歩き方が何かおかしい…ということはありませんか?よろけたり、足をかばったりすることはありませんか?何か原因があるのかもしれません。今回は猫の歩き方がおかしい、よろける場合の原因を解説 … 猫と一緒に生活を始めると、突然ふらつく姿を見ることがあります。後ろ足に力が入らないように歩き方がよろけたり、足を引きずるようにしたり、片足を上げながら動いたりなど心配になりますよね。, 愛猫には元気にはしゃぎ回ってほしいので、上手に歩けない姿はとても可哀想なもの。そこで、猫がふらつく原因や歩き方がよろけるときの対策方法を紹介します。, 猫の歩き方が不安定になる原因はいろいろあります。ただ、間違いなく言えるのは、何かしらの理由があって、足腰に問題が出ているということ。そこで、どのような理由があるのかを紹介します。, 私たちでも同じですが、猫も高齢になるほど身体の筋肉が衰え、足腰が弱くなってしまいます。これが下半身のふらつきや歩き方がぎこちない原因になるのです。, 私たちとは年齢の重ね方が違うので、7歳や8歳でも立派なシニア猫です。老猫は運動量も激減するため、骨もスカスカになってしまいます。, さらに動かなくなることで肥満体質になりやすく、自分の体重を支えることも難しいのです。後ろ足へ大きな負担がかかり、ふらつくこともよろけることも多くなります。, この場合は、加齢による足腰への影響が強いです。正しい対策をすれば、もう一度元気に歩けるようになっていきます。, 私たちでも足を怪我すると、その部分をかばって歩き方がぎこちなくなりますよね。猫も同じように、足に怪我をしていると歩き方がおかしくなるのです。, 特に大切なのは、前足よりも後ろ足です。後ろ足に力が入らないと、踏ん張る力を引き出せずに、歩行障害が出やすいのです。, 交通事故や高い場所から落下したときに多いです。もしかしたら骨折をしている可能性もあるので、優しく猫の足をチェックして、外傷がないかを確認しましょう。, 内出血をしていたり、骨が身体の臓器を傷つけていることもあるので、怪我を発見したらなるべく獣医さんへ相談して診察を受けさせてあげましょう。, 猫の下半身に力が入らずに、腰が据わっていないように見えませんか?脳や神経に関係する場所の病気や感染症により、脳からの伝達を足にまで伝えることができないので、よろけやふらつきの症状が出るのです。, 注意が必要なのは心筋症や血栓症です。痛みも感じるので、激しく鳴いたり、後ろ足がマヒすることがあるのです。ひどいときは突然死んでしまうことがある程、怖い病気です。, このような症状も一緒に見られるのなら、なるべく早めに獣医さんへ相談しましょう。心当たりがある飼い主さんは、十分に注意してくださいね。, 猫は私たちと身体の作りが違うので、食べていいものといけないものがあります。中には中毒症状を引き起こす食材もあるので、十分に気を付けてください。, 食べ物と同じように猫に危険な植物もあります。観葉植物などを家の中に置いている飼い主さんは、安全なものなのかどうかを確認しましょう。, 猫が中毒症状を起こす食べ物や植物によっても、突然ふらつくことが多いです。後ろ足を引きずるように歩いたり、歩き方がヨロヨロするのであれば、家の中のチェックも欠かせません。, 猫の下半身がふらつく原因を知ったら、どのように歩き方がおかしいのかを確認しましょう。後ろ足に力が入らないだけで、いろんなタイプの歩行異常が出るのです。, 猫の4本の足のうち、どれかをかばう様にして歩きます。他の3本の足で体重を支えるため、ぎこちない歩き方が特徴です。足の骨折や関節、肉球への痛みによるケースが多いです。, 猫は普段歩くときは、かかとを上げて、つま先立ちで移動します。そのため、かかとを浮かせるように歩行するのも異常なのです。子猫や成猫よりも高齢になったシニア猫によく見られる状態で、神経障害や糖尿病などが原因になっていることが多いです。, 腰が立たない状態で、前足はしっかりと動かすことができても、後ろ足に力が入らないので引きずるようにして歩きます。下半身が麻痺している可能性があり、病気などによる影響が強いです。, 足を床から浮かせた状態で歩くのであれば、痛みを感じていることが多いです。床に足を付けると激痛が走るため、ふらついてでも床に付けないように挙上させて歩くのです。, 骨や関節への痛み、脱臼、骨折などの怪我、肉球へ何かが刺さっているなどの原因が考えられます。, 同じ場所でクルクルと旋回していたり、まっすぐ歩いていたのに横に反れてしまうようなふらつきを見せることもあります。, 目の焦点が合っていなかったり、首がまっすぐしていない、老化による認知症などの影響が考えられます。, 酔っ払いのように平衡感覚を保つことができずによろけるのなら、身体のバランスが保てない状態です。運動不足、病気、怪我など多くの原因が考えられます。壁などにぶつかって、2次災害になることもあるので注意が必要です。, 立ち上がることができないのであれば、4本の足のうち少なくとも2本が満足に動かせない状態です。両足を怪我していることも考えられますが、足を麻痺しているケースの方が圧倒的に多いです。, 紹介してきたように、ヨロヨロ歩きや後ろ足に力が入らずふらつく理由は、病気などによって足腰が弱くなっているケースがほとんどです。, 「普通に歩く」という当たり前の行動をさせてあげたいですよね。とても可哀想だし、飼い主さんも猫のそのような姿を見るのは辛いはず。早く元気いっぱいになって、またキャットタワーで遊ぶ姿やおもちゃとじゃれる姿を見たいと思います。, そのためにおすすめの対策方法が、ペット用のサプリメント「キングアガリクス」です。口コミでも人気で、多くの飼い主さんが使っているサプリメントです。(アガリクスというのは近年注目を集めているキノコの一種です), 何よりすごいのは口コミで評価が高いとか、おすすめ紹介というレベルではないこと。より信用性の高い『論文』として、世界的に認められているのです。, それに、「足腰がしっかりしてきた!」「元気でたくさん歩くようになった!」などの声が多数あります。, 猫の歩き方がふらついているのは、間違いなく身体が弱っている証拠です。愛猫のためには、信頼できるサプリで対策するのは大切なことなのです。, 猫の後ろ足に力が入らない、ふらついて歩き方がおかしい。そんな時に頼れるサプリ「キングアガリクス」ですが、どのような商品なのかを詳しく紹介します。, もともとは私たち用に作られているサプリを、そのままの品質でペット用にリニューアルしたものです。だからこれだけの効果が期待できるし、リピートして購入する飼い主さんもたくさんいるのです。, 免疫力を高めたり、血糖値を抑える働きが昔から報告されており、日本の企業「東栄新薬株式会社」という専門のメーカーが販売しています。, 東京大学、慶應義塾大学、東京薬科大学などの有名大学と共同で、ペットへのアガリクスの有効性と安全性を研究しています。安心と確かな実績があるサプリだからこその人気なのです。, アガリクスの中でも、ペット用として最高品質に仕上げたものが「キングアガリクス」です。一般的なアガリクスよりも、栄養素やミネラルが豊富で、有用成分の含有量が圧倒的に多いのです。, いくら歩き方がヨロヨロしていたり、ふらついていても、身体に悪いものは与えたくないはず。キングアガリクスは、人工添加物や量を増やすためだけに使われる賦形剤(ふけいざい)を一切使っていないのです。, 身体に優しい無添加処方なので、可愛い愛猫に飲ませるのもおすすめ。もちろん無添加なのに、確かな実績があるというのもキングアガリクスならではです。, キングアガリクスの形状は私たちと馴染みが深い、一般的なものと同じです。錠剤タイプなので、猫にも簡単に飲ませることができます。, 個人的におすすめなのは、①のキャットフードに混ぜる方法。これなら猫に気が付かれずに簡単に飲ませることができます。, 10kg未満の体重なら1日にたった1粒を飲ませれば大丈夫です。ふらつきを対策するために、お手軽に続けていけるのもキングアガリクスの特徴なのです。, もしも自分が歩くだけでフラフラしたり、よろけるようになってしまったら…。私たちなら言葉を話せる分、誰かに助けを求めたり、病院に行けば回復するかもしれない。, 助けてあげることができるのは、飼い主さんしかいないのです。猫1人では病院にも行けないし、辛い思いを伝えることもできません。, 飼い主さんの側に近寄ることも、キャットタワーの上に登りたいときも、思いっきり遊びまわりたくても、それができない。飼い主さんの愛猫は、まさに今そんな状態なのです。, 1日でも早く元気一杯に歩けるようになって、ソファーの上に登ったり、おもちゃで無邪気に遊ぶ姿を見たり、朝早くにベッドに来て餌をおねだりしたり。, 猫はペットに生まれても、飼い主さんのかけがえのない家族の一員。私はキャットシッターとして「いつも通りに普通に歩く」という、猫の当り前という自由を早く取り戻してあげてほしいと心から思います。, 猫の後ろ足に力が入らない。腰が安定せずに下半身がふらつくのは、病気や怪我、加齢による影響などいろんな原因があります。よろけながら歩く姿はすごく辛そうだけど、しっかりと対策をすることで元気を取り戻せるのです。, 突然のふらつきにも頼りになるサプリメントなので、飼い主さんの強い味方になってくれます。これまでの生活を変えずに飲ませるだけなので、猫のストレスになりにくいのもポイント。, 実績も高いので、信頼感も抜群。1日でも早く飼い主さんの愛猫が元気いっぱいに歩けるようになったら、私もすごく嬉しいです!, 猫が舐めても安心安全な瞬間消臭スプレー「カンファペット」は、東京都から表彰を受けた特殊な技術で作られています。, 猫にも人にも使えて、さらに除菌効果まで。食品の衛生管理にも使われる高い消臭力と安全性があるから、お部屋の中をずっと快適な空気に保てます。, キャットシッター/キャットケアスペシャリストの資格を所有。猫のケアやお手入れ、疑問、困った行動への対策の仕方などをできる限り分かりやすく伝えます。メッセージもお気軽にお寄せください。.

Smap ブログ かな 9, 右翼 左翼 とは わかりやすく 4, 香水 小分け 法律 7, ハクビシン 忌避剤 自作 19, ぺこぱ ネタ Youtube 4, アルティメットニッパー 切れ味 復活 4, 浅草寺 ご利益 縁結び 16, 時短勤務 5時間 社会保険 19, 溶岩 英語 マイクラ 9, ラパン ドアガラス 外し方 4, 宝塚 山梨 出身 5, 既婚者 夜中 メール 16, ファフナー あらすじ 各話 13, イッテq 緊急生放送 動画 9, サンコー ドライブレコーダー ダッシュボード 20, ヲタ恋 腐 向け 4, あつ森 株価 チャート 9, Beck 漫画 蘭 8, 民王 ドラマ ネタバレ 26, 揖保川 トラック 事故 42, 子安 武人 独身 7, グッドドクター 名医の条件 Wiki 4, 高石タケル 闇 小説 37, Noritake イラスト 有吉 5, Jr 西日本 新型車両 計画 7,