Ab... 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 信濃のコロンボ事件ファイル17(テレ東ドラマ)再放送はいつ?あらすじや出演者キャストは?, カーブパンツ(ユニクロ)CM出演の女優は誰? ボールを投球する女性や曲のタイトルと歌手も!, 都市伝説の女1(ドラマ・2020)9話最終回の再放送はいつ?動画で見逃し配信視聴!, 恋愛ドラマな恋がしたい~Bang Ban Love~(ドラ恋・2020)放送日はいつ? 出演者は?, 蒼穹のファフナーthe beyondはテレビ放送される? 4話5話6話はいつから上映?, 38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記放送地域どこ?福岡や仙台は?. 2時間ドラマ『西村京太郎トラベルミステリー59 /終着駅殺人事件 上野~青森、愛と死の寝台特急“あけぼの”暗闇に消えた女』のあらすじ、ネタバレ、見逃し、作品データまとめ。キャストは高橋英樹,高田純次,浅野ゆう子,原史奈,岩城滉一,石垣佑磨,黄川田将也,三津谷葉子 他。テレビ朝日・土曜ワイド劇場で2013年1月5日に放送。2017年5月27日(土)、2018年5月5日(土)、2019年5月26日(日)に再放送。, Posted on 2019年5月26日 by tomo2014 in 2時間ドラマ, サスペンス, テレビドラマ, ミステリー | 0 Comments, 高橋英樹さん出演ドラマ『西村京太郎トラベルミステリー59 終着駅殺人事件 上野~青森、愛と死の寝台特急“あけぼの”暗闇に消えた女』のあらすじ、ネタバレ、見逃し、作品データまとめです。, テレビ朝日・土曜ワイド劇場で2013年1月5日に放送されました。2017年5月27日(土)に再放送されます。, テレビ朝日・土曜ワイド劇場で放送されている西村京太郎の推理小説「十津川警部シリーズ」を原作とする刑事ドラマシリーズ。, 主演の十津川警部役は、三橋達也さん(1979~2000年)、第34作からは高橋英樹さんが演じている。亀井刑事役は綿引洪(綿引勝彦)さん、第34作からは愛川欽也さん、2012年の第58作からは高田純次さんが演じています。, 上野駅近くの公衆トイレで、経済通商省の若手官僚・安田章(篠田光亮)の刺殺体が発見された。現場には被害者のスーツケースが残されていたほか、遺体の内ポケットから、21時15分上野発青森行きの寝台特急あけぼののチケットが見つかった。, 臨場した警視庁捜査一課の十津川警部(高橋英樹)は、思わぬ偶然に驚く。実は、今頃、親戚の法事に向かう妻の直子(浅野ゆう子)が同じ寝台特急あけぼのに乗っているはずなのだ。, まもなく、殺された安田は青森で行われる同級生・片岡清之(一條俊)の結婚式に出席するため、野球部の仲間6人と共に帰郷する予定だったことが判明する。友人たちなら、何か事情を知っているかもしれない。寝台特急あけぼのに乗車した5人の後を追って、十津川は青森に赴いた。, 片岡の結婚式に招待されていたのは、 このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, TODAYI HC003 片岡の結婚式に招待されていたのは、死んだ安田のほか、旅行代理店社員の宮本孝、フリーターの町田隆夫、運送会社勤務の川島史郎という野球部仲間と、当時マネージャーだった女性2人――百貨店に勤める派遣社員・橋口まゆみ、看護師の村上陽子――という面々だった。 野球部仲間である そんなとき、亀井刑事が遅れて青森にやって来た。亀井は前日、珍しく有給休暇を取っており、捜査に加わるのが遅れたのだ。 放送が12月2日から決定! ・西村京太郎トラベルミステリー59 終着駅殺人事件  そんなとき、亀井刑事(高田純次)が遅れて青森にやって来た。亀井は前日、珍しく有給休暇を取っており、捜査に加わるのが遅れたのだ。, 実は、亀井は故郷・青森で高校の校長職を務める高校時代の友人・森下勇介(岩城滉一)から音信不通の教え子・鈴木紀子(原史奈)の居場所探しを頼まれ、昨日は、上京した森下と共に都内を歩き回っていたのだ。, だが、紀子が2年前に都内で傷害事件を起こしていたこと、バーテンダーの西山英司(安藤彰則)が彼女と親しかったことをつかんだだけで、まだ発見には至ってはいなかった。, 捜査に加入した亀井は、安田と川島の事件は繋がっているとは限らない、それぞれ外部に犯人がいるのではと主張するが、その矢先、また新たな死者が出現した。, 参考サイト:・http://www.tv-asahi.co.jp/dwide/contents/nextweek/0237/ 臨場した警視庁捜査一課の十津川警部は、思わぬ偶然に驚く。, 実は、今頃、親戚の法事に向かう妻の直子が同じ“寝台特急あけぼの”に乗っているはずなのだ。, まもなく、殺された安田は青森で行われる同級生・片岡清之の結婚式に出席するため、野球部の仲間6人と共に帰郷する予定だったことが判明。 『ドクターY ~外科医・加地秀樹~5』あらすじ&ネタバレ フリーランス麻酔科医・城之内博美初登場! ・https://ja.wikipedia.org/wiki/西村京太郎トラベルミステリー だが、川島はどこか途中の駅で降りてしまったのか、“あけぼの”の車内からこつ然と姿を消していた。 だが、紀子が2年前に都内で傷害事件を起こしていたこと、バーテンダーの西山英司が彼女と親しかったことをつかんだだけで、まだ発見には至ってはいなかった…。 ... 「カウンターパート~暗躍する分身~」の続編が } 6人の仲間のうち2人が殺されたという異常事態に、十津川は内部の犯行ではないかとにらみ、川島の体内からクロロフォルムが検出されたことから、薬品の入手が可能な看護師の陽子を疑う。 standardize(ol); テレビ朝日系 テレビ... 出典:photo AC 『庶務行員・多加賀主水5』(2020年9月) あらすじ&ネタバレ 三吉彩花,柴俊夫出演ゲスト出演, 高橋英樹,高田純次,浅野ゆう子,原史奈,岩城滉一,石垣佑磨,黄川田将也,三津谷葉子 他.   犯人はどうやって、佐賀で男性を殺害したのか? 舞台:長崎県佐世保・大阪・兵庫県姫路 登場する列車:寝台特急「あかつき」 西村京太郎作品の評価 ミステリー★★★★ 旅情★ トリック★★★★ 面白 … } テレビドラマでもお馴染み、ミステリー作家西村京太郎のおすすめ小説をランキング形式でご紹介します!手掛けた作品は数知れず、名作揃いと言われている西村京太郎。初心者にも読みやすく面白い作品ばかりですので、ぜひチェックしてみてください。, ミステリー小説と言えば西村京太郎と言われる程、その名は広く知られています。トラベルミステリーの生みの親と言われており、名作の数々はテレビドラマでも放映されていたので御存知の方も多いでしょう。, ミステリーと聞くと難解そうなイメージを抱く方もいるのではないでしょうか。しかし西村京太郎の小説は初心者にも読みやすいものばかりなのです。, 西村京太郎が手掛けた作品はおよそ600冊、発行部数は2億冊にのぼり、それだけ作品の幅も広く題材もバラエティ豊かに揃っています。, またトラベルミステリーの第一人者とあって小説の舞台は列車や旅行先、更に野球場など身近な場所が数多く登場します。ミステリー小説を読み慣れていない方でも、西村京太郎作品はイメージが湧きやすく楽しく読み進めることが出来るのではないでしょうか。, 小説家の中でも特に作品数が多い西村京太郎。では、西村京太郎の作品を選ぶにはどの様なポイントを押さえればよいのかご紹介していきます。, 西村京太郎は様々なジャンルをテーマに執筆活動を行っています。好みのジャンルを選択して小説を選ぶ方法もあるでしょう。, 社会派ものは西村京太郎の初期の作品に見られるジャンルです。西村京太郎が小説を執筆し始めた1960年代に注目されたジャンルであり、同時期に松本清張も多数出版していました。, このジャンルは当時の社会で注目されていた事件や事柄を題材にしたリアリティを追及した小説です。西村京太郎の作品では「天使の傷痕」がこのジャンルに当たり、江戸川乱歩賞を受賞した作品としても知られています。, 当時の時代背景を感じながらリアルな感覚を味わいたい方に、おすすめのジャンルではないでしょうか。, 西村京太郎作品の中には、スパイをテーマに描かれた長編小説があります。作品名は「D機関情報」と言い、西村京太郎自身がベスト1に選出した作品としても知られています。, こちらも1960年代に執筆された初期の頃の作品であり、戦時中の極秘任務にあたる主人公の葛藤や心情がリアルに描かれています。またスパイをテーマに描かれているので、非常に緊迫感があり当時の社会情勢をイメージしながら読み進められるでしょう。, クローズド・サークルというのは、家や部屋だけではなく孤島や雪山など外界から閉ざされた空間を意味しています。西村京太郎の作品の中にはこのジャンルのものが幾つかあり、トラベルミステリーとはまた違う面白さがあると人気の高いジャンルです。, 特にミステリー好きの中にはクローズド・サークルが最もおすすめだと言う方も多く、西村京太郎の作品では「殺しの双曲線」「七人の証人」など多数の作品名が挙げられています。登場人物も限られている為、事件の推理をより楽しみたいと言う方におすすめのジャンルでしょう。, ミステリー作家というイメージが強い西村京太郎ですが、歴史ものを読んで驚いたという読者は多いと言われています。江戸時代を舞台にした時代小説「無明剣、走る」などが有名でしょう。, 歴史ものとあって細かい設定や説明が必要なジャンルですが、ミステリーを得意としている西村京太郎の作品は非常に分かりやすく読み進めることが出来ます。歴史ものは分かりにくくて読みずらいという方にも西村京太郎作品はおすすめです。, 西村京太郎はミステリーの中で誘拐ものの作品も数多く執筆しています。このジャンルはミステリーの中でも非常に綿密につくりこまれており、読者の満足度も高い作品なのです。, 西村京太郎作品では「誘拐の季節」「華麗なる誘拐」などがあり、どれも長く読まれているものばかりでしょう。緻密な設定や西村京太郎ならではの発想を楽しみたい方におすすめのジャンルと言えます。, 西村京太郎作品の中には、ドラマや映画として放映されていたものも多くあります。推理ドラマが好きな方でしたら、知っている作品もあるかもしれません。, 西村京太郎のシリーズ作品の中で最も有名なのが十津川警部シリーズです。テレビドラマがいくつも作られており、大ヒットとなったシリーズですので、知っている方も多いのではないでしょうか。, この十津川警部シリーズは読者の中でも根強いファンが多く、長く愛されている作品でもあります。特徴のある人物が多数登場し、ストーリだけではなくキャラクターにも魅力が感じられるでしょう。また十津川警部シリーズはかなりの作品数がありますので、習慣的な読書にも非常に適したジャンルと言えます。, 西村京太郎作品のシリーズでもう一つ人気なのが、探偵左文字進シリーズです。こちらも十津川警部シリーズと同様にテレビドラマ化され、その名を一気に世間に広めました。, 元弁護士である私立探偵左文字進が難事件を次々と解決する爽快なミステリーは、最後まで飽きさせないと読者から人気が高いシリーズなのです。探偵ならではの視点を楽しめるおすすめのジャンルでしょう。, 消えた巨人軍は、西村京太郎が1976年に著した推理小説で、1978年の9月に日本テレビで連続ドラマ化されました。1976年の日本プロ野球のペナントレースを舞台にした作品で、王貞治さんや張本勲さんといった、誰もが知っている実在の巨人軍選手が出てきます。, ドラマでは藤岡弘さんと水沢アキさんが主演となり、2009年12月11日にはDVDも発売されています。野球好きの方には是読んでいただきたい作品です。, 西村京太郎の作品の中には、映画化されてた作品も数多くあります。1964年に刊行された「四つの終止符」は西村京太郎初の長編書き下ろし作品で、1965年と1990年の2回に渡り映画化されています。無実の罪によって獄中で自殺したろう者である青年と、その事件に関わる人々を描いた作品です。, 他にも1966年に発表された長編スパイ小説である「D機関情報」も「アナザー・ウェイ ―D機関情報―」というタイトルとなって、1988年に映画化されています。第二次世界大戦末期、ヨーロッパへ渡った海軍中佐が軍務遂行と和平工作のどちらかの選択を迫られ苦悩する姿が描かれています。, 映像化されている作品から気に入った作品を小説で読んでみたり、小説で気に入った作品を映像で見てみると、また違った楽しみ方ができますよ。, 西村京太郎の作品には、文学賞を受賞した作品が数多く存在します。どの作品から読もうか迷っている方は、文学賞受賞作品から読んでみてはいかがでしょうか。, 日本推理作家協会とは、ミステリーと関わりのある作家や評論家、翻訳家に漫画家など、様々なエンターテインメントのプロが集まった集団で、江戸川乱歩が1947年に設立されました。この日本推理作家協会が、その年に発表された推理小説の中から最も優れていた作品に授与する文学賞が日本推理作家協会賞です。, 1967年以降、「D機関情報」や「消えたタンカー」など数多くの作品が、候補に上がり続けました。そして1981年、ついに「終着駅殺人事件」で長編部門大賞を受賞しました。, 公益財団法人吉川英治国民文化振興会が主催し、講談社が後援している文学賞で、大衆小説を対象とした賞です。2016年に創立された文学賞の中でも新しい文学賞です。十津川警部シリーズは2016年から毎年候補に挙げられており、2019年になって遂に吉川英治文庫賞をを受賞しました。, 西村京太郎はこれまで数多くの作品を生み出してきました。その長年の遍歴の中で、執筆している内容も様々に変化しているのです。, 西村京太郎が初期に執筆していたのは、今や代名詞とも言えるトラベルミステリーではなく社会派推理小説なのです。時代背景や社会問題を投影した作品は、当時だけではなく現在も高い評価を受けています。, 初期の頃の作品を読むと、これまでの西村京太郎のイメージが一変すると言われる程です。深く切り込んだミステリーを読みたい方は、初期の頃の作品がおすすめではないでしょうか。, 西村京太郎は社会派を執筆していた初期から、だんだんとスパイものやクローズド・サークルなども手掛けていく様になります。その変化から生み出されたのがトラベルミステリーなのです。, 中期から後期にかけては、定まった主人公が様々なジャンルの事件を解決していくスタイルが定番となっています。奇抜なトリックや驚く様な仕掛けを楽しみたい方はこの時期の作品がおすすめでしょう。, 西村京太郎の作品の中には、短編集もあれば長編の作品も存在します。小説を読むことができる時間に合わせて選ぶことはもちろん、気分や好みで読み分けてみてください。, 西村京太郎の作品の中には、短編集も多く存在します。人気作品である十津川警部シリーズも、そのうちの1つです。連作とはいえ、1編1編が独立した作品となっていて、それぞれにオチがつくので、話にしっかりと起伏があるところも短編の魅力といえます。コンパクトな物語ばかりですので、通勤通学時や仕事の休憩時間など、ちょっとした時間でも読むことができます。, 西村京太郎の作品の中で、名作と呼ばれている作品には長編作品が多くみられます。終着駅殺人事件も長編作品の中の名作のうちの1つです。小説好きな方や、小説を読み慣れている方には、短編集だと物足りなく感じられる方も少なくないでしょう。小説をじっくりと楽しみたい方には、長編小説がおすすめです。, 今や紙で出来た書籍の他にスマホやタブレットで見れる電子書籍も一般的になってきました。では読み方で選ぶにはどの様なポイントで選べば良いのでしょうか。, 電子書籍が普及してきた今も紙の書籍を選ぶと言う方は一定数いるでしょう。やはり子供の頃から紙の書籍に馴染みがある方は、紙製を選ぶ方が多い様です。, また紙製と言っても現在の書籍は持ち運びしやすい様にコンパクトな文庫が多く、鞄にもサッと入れやすいサイズのものが多いでしょう。何より1ページづつめくった厚みで、自分がどの位読んだのかというのが一目で分かるというのも魅力でしょう。, 紙製の書籍で育ってきた年代の方や、読書を始めたばかりでどれ位読んだのかを目で確かめたい方におすすめです。, スマホやタブレットの普及とともに発展してきた電子書籍。今や電子書籍で購入できる種類も非常に豊富となっています。電子書籍の利点は何と言っても紙と違い収納場所を必要としないということでしょう。, またタブレットに様々な書籍を取り込むことが出来るので、読みたい時に読みたい本を取り出すことが出来るのも魅力のひとつです。移動中や空き時間に読書を楽しみたいと言う方におすすめの選び方でしょう。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51Ia1UIOUqL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E8%25A5%25BF%25E6%259D%2591%25E4%25BA%25AC%25E5%25A4%25AA%25E9%2583%258E%25E3%2580%2580%25E7%25B5%2582%25E7%259D%2580%25E9%25A7%2585%2528%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25BC%25E3%2583%259F%25E3%2583%258A%25E3%2583%25AB%2529%25E6%25AE%25BA%25E4%25BA%25BA%25E4%25BA%258B%25E4%25BB%25B6%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E8%25A5%25BF%25E6%259D%2591%25E4%25BA%25AC%25E5%25A4%25AA%25E9%2583%258E%25E3%2580%2580%25E7%25B5%2582%25E7%259D%2580%25E9%25A7%2585%2528%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25BC%25E3%2583%259F%25E3%2583%258A%25E3%2583%25AB%2529%25E6%25AE%25BA%25E4%25BA%25BA%25E4%25BA%258B%25E4%25BB%25B6%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4334746756?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4334746756"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E8%25A5%25BF%25E6%259D%2591%25E4%25BA%25AC%25E5%25A4%25AA%25E9%2583%258E%25E3%2580%2580%25E7%25B5%2582%25E7%259D%2580%25E9%25A7%2585%2528%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25BC%25E3%2583%259F%25E3%2583%258A%25E3%2583%25AB%2529%25E6%25AE%25BA%25E4%25BA%25BA%25E4%25BA%258B%25E4%25BB%25B6%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。, 上野発の寝台列車で同窓会へ向かう青森高校の元同級生7人。しかし向かう途中、列車内で次々に同級生が殺されてくミステリー小説です。十津川警部シリーズである本作は、第34回推理作家協会賞を受賞した作品でもあります。, だんだんと近付いていく犯人像や最後までハラハラが続くトリックの数々は、つい推理に時間を忘れていまします。そして最後まで読み続けるとどこか切ない気持ちになるのも、ストーリーに入り込んでしまう理由のひとつではないでしょうか。, [{"key":"ページ数","value":"449"},{"key":"初版出版年","value":"1980年"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51CY8BWZ22L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%25A4%25A9%25E4%25B8%258B%25E3%2582%2592%25E7%258B%2599%25E3%2581%2586%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%25A4%25A9%25E4%25B8%258B%25E3%2582%2592%25E7%258B%2599%25E3%2581%2586%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4041527643?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4041527643 画像URL:https://images-fe.ssl-"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E8%25A5%25BF%25E6%259D%2591%25E4%25BA%25AC%25E5%25A4%25AA%25E9%2583%258E%25E3%2580%2580%25E5%25A4%25A9%25E4%25B8%258B%25E3%2582%2592%25E7%258B%2599%25E3%2581%2586%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 黒田官兵衛をはじめ、高杉晋作や勝海舟など歴史の偉人を主人公にした歴史小説です。本作は5つの小説を1冊にまとめた短編小説となります。ミステリー小説のイメージが強い西村京太郎ですが、本作で歴史小説にもその才能を発揮しています。, それぞれが短編なので歴史小説を読んだことが無い方でも読みやすいボリュームでしょう。また歴史小説ならではの難解な設定や表現が無く、わかりやすいのもおすすめの理由です。西村京太郎の作品はミステリー小説しか知らないと言う方も、これを読めば新たな魅力を感じられるのではないでしょうか。, [{"key":"ページ数","value":"236"},{"key":"出版年","value":"2003年"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/512Ph6%2BrfHL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E8%25A5%25BF%25E6%259D%2591%25E4%25BA%25AC%25E5%25A4%25AA%25E9%2583%258E%25E3%2580%2580%25E5%258D%2581%25E6%25B4%25A5%25E5%25B7%259D%25E8%25AD%25A6%25E9%2583%25A8%25E3%2580%258C%25E3%2583%2580%25E3%2583%2596%25E3%2583%25AB%25E8%25AA%2598%25E6%258B%2590%25E3%2580%258D%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E8%25A5%25BF%25E6%259D%2591%25E4%25BA%25AC%25E5%25A4%25AA%25E9%2583%258E%25E3%2580%2580%25E5%258D%2581%25E6%25B4%25A5%25E5%25B7%259D%25E8%25AD%25A6%25E9%2583%25A8%25E3%2580%258C%25E3%2583%2580%25E3%2583%2596%25E3%2583%25AB%25E8%25AA%2598%25E6%258B%2590%25E3%2580%258D%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4198936781?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4198936781"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E8%25A5%25BF%25E6%259D%2591%25E4%25BA%25AC%25E5%25A4%25AA%25E9%2583%258E%25E3%2580%2580%25E5%258D%2581%25E6%25B4%25A5%25E5%25B7%259D%25E8%25AD%25A6%25E9%2583%25A8%25E3%2580%258C%25E3%2583%2580%25E3%2583%2596%25E3%2583%25AB%25E8%25AA%2598%25E6%258B%2590%25E3%2580%258D%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 東京と小樽で同日に7歳の少女が誘拐される事件が発生。奇しくも少女の名前はどちらも同じだったのです。更に発生した誘拐事件とともに十津川警部が犯人を追い詰める爽快なミステリー小説。, こちらは複数名の誘拐事件を題材としており、緻密につくり込まれた設定を存分に味わうことが出来ます。その中でも、詳細に描かれた登場人物の心情は思わず感情移入してしまう程でしょう。十津川警部の熱血さを思う存分堪能出来る1冊となっています。, [{"key":"ページ数","value":"347"},{"key":"初版出版年","value":"2003年"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51iVERyLToL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E8%25A5%25BF%25E6%259D%2591%25E4%25BA%25AC%25E5%25A4%25AA%25E9%2583%258E%25E3%2580%2580%25E8%25B5%25A4%25E3%2581%2584%25E5%25B8%2586%25E8%2588%25B9%2528%25E3%2582%25AF%25E3%2583%25AB%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25B6%25E3%2583%25BC%2529%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E8%25A5%25BF%25E6%259D%2591%25E4%25BA%25AC%25E5%25A4%25AA%25E9%2583%258E%25E3%2580%2580%25E8%25B5%25A4%25E3%2581%2584%25E5%25B8%2586%25E8%2588%25B9%2528%25E3%2582%25AF%25E3%2583%25AB%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25B6%25E3%2583%25BC%2529%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4334765521?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4334765521 画像URL:https://images-fe.ssl-"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E8%25A5%25BF%25E6%259D%2591%25E4%25BA%25AC%25E5%25A4%25AA%25E9%2583%258E%25E3%2580%2580%25E8%25B5%25A4%25E3%2581%2584%25E5%25B8%2586%25E8%2588%25B9%2528%25E3%2582%25AF%25E3%2583%25AB%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25B6%25E3%2583%25BC%2529%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], ヨットによる単独世界一周を成し遂げた男性が、突如交通事故で亡くなることから事件は始まります。事故で亡くなったと思いきや犠牲者からは毒物反応が検出され、十津川警部補は殺人事件解決へと動き出すのです。, 本作は十津川警部シリーズの初期の頃の作品なので、十津川警部もまだ警部補となっています。しかしその内容は全く色褪せることなく、長年読者に愛され続けている1冊なのです。また、事件の舞台となる海やヨットレースは西村京太郎が好んでいたと言われており、その熱意が難解なトリックにも表れているのでしょう。, 手に汗握る展開が幾つも散りばめられた本作は、長編推理小説でありながら一気に読めてしまうスピード感溢れたおすすめの小説です。, [{"key":"ページ数","value":"510"},{"key":"初版出版年","value":"1973年"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41LxHYTo3QL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E8%25A5%25BF%25E6%259D%2591%25E4%25BA%25AC%25E5%25A4%25AA%25E9%2583%258E%25E3%2580%2580%25E6%25B6%2588%25E3%2581%2588%25E3%2581%259F%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25AB%25E3%2583%25BC%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E8%25A5%25BF%25E6%259D%2591%25E4%25BA%25AC%25E5%25A4%25AA%25E9%2583%258E%25E3%2580%2580%25E6%25B6%2588%25E3%2581%2588%25E3%2581%259F%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25AB%25E3%2583%25BC%2F 商品検索結果"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4334777015?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4334777015"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E8%25A5%25BF%25E6%259D%2591%25E4%25BA%25AC%25E5%25A4%25AA%25E9%2583%258E%25E3%2580%2580%25E6%25B6%2588%25E3%2581%2588%25E3%2581%259F%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25AB%25E3%2583%25BC%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 原油を積載した巨大タンカーが炎上し、数名の生存者を残し乗組員と共に沈没。その後生き残った乗組員は何者かに次々と殺害され、十津川警部補は犯人捜しに奔走するというストーリーです。様々な舞台で繰り広げられる犯人と警察の攻防は見応え十分!, 海上で起きたタンカーの炎上だけではなく、殺人事件に関わる要素にもいくつものトリックが仕掛けられており読者を飽きさせません。奇抜なアイディアとはまた違ったエンターテイメント性があると、評価の高い作品でもあります。トラベルミステリーとはまた違った面白さを体感したい方におすすめの1冊です。, [{"key":"ページ数","value":"435"},{"key":"初版出版年","value":"1999年"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51RKFySYbLL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E8%25A5%25BF%25E6%259D%2591%25E4%25BA%25AC%25E5%25A4%25AA%25E9%2583%258E%25E3%2580%2580%25E5%25AF%259D%25E5%258F%25B0%25E7%2589%25B9%25E6%2580%25A5%2528%25E3%2583%2596%25E3%2583%25AB%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2588%25E3%2583%25AC%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25B3%2529%25E6%25AE%25BA%25E4%25BA%25BA%25E4%25BA%258B%25E4%25BB%25B6%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E8%25A5%25BF%25E6%259D%2591%25E4%25BA%25AC%25E5%25A4%25AA%25E9%2583%258E%25E3%2580%2580%25E5%25AF%259D%25E5%258F%25B0%25E7%2589%25B9%25E6%2580%25A5%2528%25E3%2583%2596%25E3%2583%25AB%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2588%25E3%2583%25AC%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25B3%2529%25E6%25AE%25BA%25E4%25BA%25BA%25E4%25BA%258B%25E4%25BB%25B6%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/433474656X?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=433474656X"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E8%25A5%25BF%25E6%259D%2591%25E4%25BA%25AC%25E5%25A4%25AA%25E9%2583%258E%25E3%2580%2580%25E5%25AF%259D%25E5%258F%25B0%25E7%2589%25B9%25E6%2580%25A5%2528%25E3%2583%2596%25E3%2583%25AB%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2588%25E3%2583%25AC%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25B3%2529%25E6%25AE%25BA%25E4%25BA%25BA%25E4%25BA%258B%25E4%25BB%25B6%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 寝台特急はやぶさを取材中の週刊記者は、とある個室を撮影中に薄茶のコートを着た女性を撮影。しかしそのフィルムが何者かに盗まれ、翌日その女性は多摩川で遺体となって発見されます。密室殺人とトリックが幾つも絡み合うトラベルミステリーです。, 本作は西村京太郎が手掛けたトラベルミステリーの第1作目と言われており、原点とも言われています。また、当時はあまり鉄道を舞台にしたミステリー小説は無く、身近な寝台列車を舞台にしたことで読者はイメージしやすく読みやすいといったことも人気の理由でしょう。, 出版されて年数は経っていますが、読み応えは現在でも健在です。何より当時の時代背景や生活風景が見て取れるので、現代のミステリー小説とはまた違った楽しみ方が味わえるおすめの1冊でしょう。, [{"key":"ページ数","value":"405"},{"key":"初版出版年","value":"1978年"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51jzj9lBsrL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E8%25A5%25BF%25E6%259D%2591%25E4%25BA%25AC%25E5%25A4%25AA%25E9%2583%258E%25E3%2580%2580%25E5%25AF%259D%25E5%258F%25B0%25E7%2589%25B9%25E6%2580%25A5%2528%25E3%2583%2596%25E3%2583%25AB%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2588%25E3%2583%25AC%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25B3%2529%25E6%25AE%25BA%25E4%25BA%25BA%25E4%25BA%258B%25E4%25BB%25B6%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E8%25A5%25BF%25E6%259D%2591%25E4%25BA%25AC%25E5%25A4%25AA%25E9%2583%258E%25E3%2580%2580%25E5%25AF%259D%25E5%258F%25B0%25E7%2589%25B9%25E6%2580%25A5%2528%25E3%2583%2596%25E3%2583%25AB%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2588%25E3%2583%25AC%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25B3%2529%25E6%25AE%25BA%25E4%25BA%25BA%25E4%25BA%258B%25E4%25BB%25B6%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4062773384?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4062773384"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E8%25A5%25BF%25E6%259D%2591%25E4%25BA%25AC%25E5%25A4%25AA%25E9%2583%258E%25E3%2580%2580%25E6%25AE%25BA%25E3%2581%2597%25E3%2581%25AE%25E5%258F%258C%25E6%259B%25B2%25E7%25B7%259A%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], とある男女6名に届いた山荘への招待状。6人は雪で閉ざされた山荘で殺人事件に巻き込まれていきます。そして遠く離れた東京では連続強盗事件が発生。全く別の事件に見える2つの事件がいつの間にか複雑に絡み合っていくという本格ミステリー小説です。, こちらはアガサ・クリスティの「そして誰もいなくなった」をパロディした、西村京太郎の初期の頃の作品です。そして西村京太郎が手掛けたクローズド・サークルの作品の中でも今作は代表作と言えるでしょう。, また冒頭でトリックの種明かしを行うという、ミステリー作品では本来有り得ない仕掛けで注目を浴びた作品でもあります。2つの事件がどの様に絡み合っていくか、最後まで展開が読めないおすすめの作品でしょう。, [{"key":"ページ数","value":"488"},{"key":"初版出版年","value":"1979年"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/211D61NZNCL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E8%25A5%25BF%25E6%259D%2591%25E4%25BA%25AC%25E5%25A4%25AA%25E9%2583%258E%25E3%2580%2580%25E4%25B8%2583%25E4%25BA%25BA%25E3%2581%25AE%25E8%25A8%25BC%25E4%25BA%25BA%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E8%25A5%25BF%25E6%259D%2591%25E4%25BA%25AC%25E5%25A4%25AA%25E9%2583%258E%25E3%2580%2580%25E4%25B8%2583%25E4%25BA%25BA%25E3%2581%25AE%25E8%25A8%25BC%25E4%25BA%25BA%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4061831402?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4061831402"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E8%25A5%25BF%25E6%259D%2591%25E4%25BA%25AC%25E5%25A4%25AA%25E9%2583%258E%25E3%2580%2580%25E4%25B8%2583%25E4%25BA%25BA%25E3%2581%25AE%25E8%25A8%25BC%25E4%25BA%25BA%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 帰宅途中を襲われ何者かに拉致された十津川警部。目を覚ますと、そこにはある町が再現されていました。そしてそこにいる者たちは、とある事件の目撃者という共通点を持っており次々と事件が起こります。冤罪事件をテーマに描かれた珠玉のクローズド・サークルです。, 奇妙な始まりから最後の劇的な展開まで目が離せないストーリーは、西村京太郎作品の中でもファンが多い1作です。また、それまでのミステリー作品とは異なる仕掛けや構成が更に読者を惹きつけました。, 話しのテンポも良く、あっという間に読み切ってしまうスピード感を感じられるでしょう。ただの殺人事件ではなく、冤罪や法廷を絡めた推理を楽しみたい方におすすめのミステリー作品です。, [{"key":"ページ数","value":"311"},{"key":"初版出版年","value":"1983年"}], ["https:\/\/thumbnail.image.rakuten.co.jp\/@0_mall\/webby\/cabinet\/book\/b0327\/30951129.jpg?_ex=128x128"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fwebby%2Fts9784101285016%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fwebby%2Fi%2F12383486%2F"}], 銀座に突如現れた蝶の大群。その舞った後には男性の遺体と聖書の言葉が刻まれたブレスレットが残されていました。この事件を皮切りに連続殺人事件や集団自殺事件が発生し、十津川警部を始め警察を混乱させる事態に陥ります。事件に関わる狂気じみた集団の目的とは、そして一体何者なのかを解き明かしていくミステリー小説です。, 本作は西村京太郎が初期の頃に手掛けた、社会派推理小説として知られています。また、狂気に憑りつかれた宗教団体が犯す犯罪を様々な思想を絡め現代に投げかける傑作と名高い作品でもあります。, そして社会派だからと言った読みずらさも無く、テンポの良いストーリーが楽しめます。最後まで油断できないストーリー展開が、数十年経った今も読み続けられている理由でもあるのでしょう。西村京太郎の真髄を知りたいと言う方におすすめの1冊です。, [{"key":"ページ数","value":"484"},{"key":"初版出版年","value":"1983年"}], ["https:\/\/thumbnail.image.rakuten.co.jp\/@0_mall\/book\/cabinet\/0208\/9784062930208.jpg?_ex=128x128"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F13076659%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fbook%2Fi%2F17260041%2F"}], 第1位にランクインしたのは、西村京太郎が第2作目に発表し江戸川乱歩賞を受賞した天使の傷痕です。新聞記者の男性と恋人がデート中とある殺人事件に遭遇し、被害者が最後に呟いた「テン」と言う言葉を耳にします。その後テンと言うのが天使の意味だと判明しますが、そこには大きな秘密が隠されいたというミステリー小説です。, 読み進めていくとただの殺人事件ではなく、幾つものメッセージが込められた社会派ミステリーということがわかるでしょう。当時の時代背景や社会問題などに深く切り込んだ構成は、読者からの評価が非常に高い理由でもあります。, また、年数が経過しても色褪せない再読したくなる様な面白さを秘めているとも言われています。名作と名高い1作であり、西村京太郎作品に興味がある方は必読の1冊ではないでしょうか。, [{"key":"ページ数","value":"276"},{"key":"初版出版年","value":"1965年"}], 西村京太郎が手掛けた作品には、一般的に知られているトラベルミステリー以外にも様々なジャンルのものが揃っていましたね。出版された作品は小説家の中でも随一を誇る多さなので、自分の好みに合った1冊を見つけられるでしょう。今回のおすすめ10選や選び方を参考に、是非西村京太郎作品を手に取ってみてください。.

オープニング 効果音 フリー, ワゴンr コンプレッサー 異音, テレキャスター フロント ハムバッカー, ジルスチュアート ラッピング 無料, インデザイン ページ 分割, ハイカットスニーカー メンズ ださい, エクセル グラフ 項目 間隔, 夜間 専門学校 関東, ワード 編集 できない ようにする, 英検 試験監督 マニュアル, すみっこぐらし ふろしき 画像, 埼玉 ドライブ 雨, 白猫 グランドプロジェクト カチカチ, Jcbゴールド ザ プレミア 還元率, 小学生 預ける 施設, 京阪 駅名 読み方, 10キロ痩せる 見た目 画像, 茨城空港 バス 水戸, 角 煮 油 再利用, 京都 市バス 路線図 5, 西日本jrバス 三宮 乗り場, 大阪 ホテル カップル 誕生日, Wordpress アイキャッチ 非表示 Css, ウイルスバスター インストール できない ユーザーアカウント制御, 楽天市場 返金 遅い,