平手さん演じる響は響そのもの。蹴りやパイプ椅子も良かったですが高校生らしい可愛さもあり見ていてほっこりしました。 心の整理出来るいい映画でした。, エピソードのチョイス、多彩な出演者、無駄がない演出、なにより主役の平手さんが響そのものでした。原作はまだ続いているので続編希望です。, 平手さんはテレビで観た事がある程度でしたが、原作を知っていたので観にいってみました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 31日間の無料トライアル期間中に解約すれば一切お金はかからないので、お試しだけでもどうぞ!. 提供:乗換案内のジョルダン ※ネタバレありのため注意※, 『スポンサーリンク』 中盤まで眠気に耐える事が出来ました。 All rights reserved. Copyright © 1996document.write("-"+new Date().getFullYear()); Jorudan Co.,Ltd. 感想・レビュー, 総合評価4.5点、「響 -HIBIKI-」を見た方の感想・レビュー情報です。投稿はこちらから受け付けております。, 平手友梨奈さんハマッてましたね。原作どおり。パコをやったアヤカウイルソンさんめっちゃ綺麗になっていて、びっくりです。小栗旬さん、柳楽優弥さん、北川景子さん、その他の役者さんも良かった。, レオン・カーウエイ監督の名篇〈慾望の翼〉にインスパイアされた見たいな月川監督「グリーンworld」,高1の天才文學少女・鮎喰響役の平手友理奈のポーカーフェイス,ストレートな性格等に惹き込まれるんだ。原作コミックも読みたく為るね, 最高でした! 小説も読みましたが小説も最高です! この作品は、感動できます!また見に行きたいと思っています!, とにかく面白かった。 見終わった後に もう一度見たいと思える映画だった。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 次の機会もないですが グイグイ引き込まれても良いかと 自分をしっかり見つめ治せる (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({ 続編としての本編を希望します! p.n.「だんな」さんからの投稿 ... そして彼女がこれからどう成長していくのか、見続けることを決めました。9月15日、映画・響を観に行きます。またまた、平手友梨奈に魅了されている自分の近い未来が見えます。 レビュー投稿お待ちしております. 管理人の名前:Kazu(かず) 吉沢亮、メガネ姿で眼孔開く! 最高の映画でした!, 似た境遇に照らし合わせて、 }); 大人気コミックスが原作の上、平手友梨奈さんが主演ということもあり、気になっているという方も多いのではないでしょうか。, 本記事では、そんな『響-HIBIKI-』は続編があるのか、エンドロール後に何か映像はあったのかについてまとめていきます。, 『スポンサーリンク』 実写版『響HIBIKI』続編はあるの?エンドロール後に予告映像はあった?特報についてまとめ 響 hibikiの映画レビュー・感想・評価一覧。映画レビュー全427件。評価3.8。みんなの映画を見た感想・評価を投稿。 作品情報 → 映画 2018.09.15 2019.03.06 Kazu. 続編があれば是非観たいです。, 思ったよりかなり面白かったです。 絶対に寝ないよう努力します。, 欅坂46の平手友梨奈がサバン症候群・ADHDの難しい役どころを演じています。 google_ad_client: "ca-pub-6512423868835360", (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ©Copyright2020 Kazuログ.All Rights Reserved. 個人的には小栗旬さん良かったな。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 欅坂は個人の識別ができてなかったが、平手は大当たり。 2017年11月頃「Kazuログ」運営開始。 しっかり想いや気持ちが表現できていたので見て居るこっちまで力が入った! 『スポンサーリンク』 All Rights Reserved. 邦画にはあまりいい印象がなかったのですが、邦画も捨てたものではないと感じました。, 正直期待していなかったのですが終わってみるとあっという間でした。 脇が豪華で、北川の横顔は美そのもの。野間口や北村、柳楽は相変わらず良い味を出している。, 見ているうちに響の沸点がわかり痛快でした。ちょっとやり過ぎだけど…^^    友達思い・仲間思いによるホロリと涙する15歳らしい場面もあり面白かったです。凄い俳優さんたちがたくさん出てきて、さすがの演技力で最後まで目が離せず、映画初主演の平手さんも目の動き 表情もよく演じられていて引き込まれました。, サイレントマジョリティーのMVを観終わった瞬間から平手友梨奈に心を奪われました。そして彼女がこれからどう成長していくのか、見続けることを決めました。9月15日、映画・響を観に行きます。またまた、平手友梨奈に魅了されている自分の近い未来が見えます。. 響は違っていると思ったり、誰かを守るためには相手がだれであろうと躊躇せず向かっていく。 響役はこの子しかいないと思ってしまった。100分余りの上映時間があっという間に過ぎていた。もっと早くに観に行けばよかった。時間を見つけてまた観に行こうと思う。, 初主演、初映画とは思えない演技力ですごいと思う! 響という天才小説家を平手さんが見事に演じていました。 一見、全然関係ないんだけど『カメラを止めるな!』の大成功のことを考えずにいられなかった。カメ止めの上田慎一郎監督は昔はかなりヤンチャなことをしていた人だが、今ほどSNSが発達していなかった時代のことでもあり、ある意味武勇伝で済んでいる。もし過去の行為でいろいろ言われ、そういう人間を持ち上げるべきではないという空気が世の中にもっと蔓延していたら、あの映画の成功はなかったかもしれない。あるいは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の監督を降板させられてジェームズ・ガン監督のことを思い浮かべる人もいるかもしれない。才能を持つ人間はしばしばネジが飛んでいることがある。そういう人間を受け止める度量が社会にあるかどうかは、実は豊かで多様な文化を育むためには大事なことではないか。この映画はそういう問いを投げかけているように思う。響もまた、やっかいな性格をしている。しかし才能は本物である。現代社会は彼女ような人間を受け入れる余裕を持っているだろうか。, 淡々と響の魅力に魅かれてただただあっという間に時間が過ぎました。今仕事で少し息詰まった時でもあり、更年期の微妙な時期でもあり、観た後はとてもすがすがしい気持ちになれました。自分に素直に自分の好きなことを立ち止まらず進んでいこうと背中を押してもらいました。主演の平手さんもこの映画に背中を押してもらったのかな?なんて考えてしまいました。女優としてこれからも活躍してほしいです。, 平手さんの役が感情表現の不得意な、ただのキワモノでしかなかった。映画だから誇張したくなるのはわかるが、それでは人間味無く、現実感が無い。感情移入できない。もっと豊かな感情を描き、主人公の魅力をちゃんと作らないと。平手さんが勿体無い。, しばしば、原作のキャラクターと映画の配役が、かけ離れていて、漫画ファンが激怒した──というエンタメニュースが、滑稽な風物詩のように語られることがありますが、私は漫画をぜんぜん読まない人なのですが、単に絵面を見ただけで「これ、ぜんぜん違くない?」と思うことが、結構あります。邦画のキャスティングってのは、相当に不誠実な代物、だということは知っています。平手友梨奈に、特にシンパシーがないので、序盤はよくある生意気な女子高生に見えました。表情に動きが無いのがつらいです。でも、現実世界では言えない正論をずけずけ言ってしまう響に、このキャラクターの態度として、達観や粗暴や不遜が適していると感じるに至りました。なので、失礼ながら原作未読なのですが、おそらくミスキャストを回避している珍しい実写なのではないか、と推測しています。ただし平手友梨奈に、崇めたてるほどの才能があるかどうかは、この映画だけでは解りませんでした。個人的には、世間のエンタメニュースに見る、彼女に対する逸材の扱いは、妙にアイドルバイアスがかかった評価だと思いました。文壇を知りませんが、響の周囲で小説を書いている登場人物たちには、なんとなくリアルなため息を感じました。「ああ、こういうひとホントにいるんだろうなあ」という気がしたのです。だから、有り得ないことが描かれているにしても、一定のリアリティがありました。案外、出版業界という所には、似たようなキャラクターが大勢いるんだろうという感じがしました。線路の真ん中に佇んで、何度も受賞を逃して消沈している作家役の小栗旬に、「10年やってたなら、あなたの小説を読んで面白いと思った人、すくなくともいるわけでしょ。それはわたしかもしれないし。売れないとか、駄作とか、だから死ぬとか、人が面白いと思った小説に、作者の分際で何ケチつけてんの」と言い放つところが、映画としても白眉で、セリフもカッコ良かったです。このセリフで書き続けることを決意した人だって絶対いると思います。登場人物が多すぎてやや片手落ちになっている感はありますが、達者な人ばかりだったので、破綻はなかったと思います。個人的には、短い登場時間ですが、高慢なキャラクターの柳楽優弥が良かった。響に反撥するものの、その後感化されて「読んだこともねえ奴が批判すんじゃねえよ。俺はあれ読んで、心が震えたよ」と言うシーン、高慢だけれど、単純で公平な人物像がやたら決まってました。青春の話だと思います。若さが絶対の価値を持っているからです。響だって、大人になれば、もっと世知辛い考えにならざるを得ないでしょう。だから青春の物語だと思ったのです。その刹那の輝きをとらえている、と感じました。, イマイチ自分にはハマらず。天才なら何をやっても許される、実力があれば周りは黙るしついてくる。これをエンタメとして見せるのはめっちゃ面白いと思うし主人公の天才性にワクワクする。でもコレはイマイチでした。響ちゃんの圧倒的な才能っていうのが周囲の反応からしか見えてこない…だから彼女の成功が周りを傷つけながらも周りに助けられているだけのキャラの濃さゆえのものにしか見えない。才能の片鱗を見せる方法が、強すぎるこだわりと周りに馴染めない奇行がそれだっ!ってのは天才はこういう人種だという押し付けに感じてしまうし、もっと主人公の持つ抑えられない何かを共感出来なくても納得させるシーンが欲しかった様に思います。流れを楽しめば良かったのだけど、途中で色々考えちゃってあまり楽しめませんでした…, 物語だけ見れば正統派ではないけれど、正統派なアイドル映画でした。「君の膵臓を食べたい」では、浜辺美波の眩しいほどの純朴さを小栗旬と北川景子が落ち着いた演技で支えていました。今作は平手友梨奈の孤独さに北川景子が寄り添い、小栗旬が救われる。月川監督での2人は特にいい仕事をしています。平手友梨奈の演技はまだまだこれから。ただ、彼女だからこそ演じられた役だと思いますし、これこそがアイドル映画の魅力です(恋愛について敏感な反応をするのが意味深ですね)。響は自分がどう悪く言われるかではなく、喧嘩を吹っ掛けられたときや信頼している人が傷つけられたときに暴力を振るうことで周囲を魅せていくという共感が難しいキャラクターでした。自分の御し方が分からない中でラストシーンに少しその感情の答えが見えたような気がします。彼女が文章に求めているのは、テクニックではなく魂であり生命力で、それに気付いて欲しいんだろうなと思いました。物語を創造する天才を描いた作品と言えば、『バクマン。』も思い出されるのですが、どちらの映画も親の存在にはあまり言及されないんですよね。こういう環境に対して親はどう思っているのかとか、どう親が導いたのかは個人的に描いてくれるのが好みです。ライバルのアヤカ・ウィルソン演じる凛夏の方ががっつりやっていたのも影響しているのかもしれませんが。原作未読なので、掴みきれないところも多くありましたが、すっきりとした余韻が残る作品でした。この作品の後、平手友梨奈はアイドルという職業に棺を用意し、辞めて(病めて)しまいます。もし続編が作られるのだとしたら、彼女自身の物語も相まってさらに面白いものになるでしょう。逆に言えばそこに物語を乗っけないと自分にとっては掴み所がない作品でした。僕は天才ではないので。, 私は当時、熱狂的な欅坂46(主に平手友梨奈)のファンだった。一ヶ月で五回ほど観に行った、、、エンドロールで流れる『角を曲がる』を聴きに行くために、、、、, 正直平手さんが主演と言う事で単純に興味があったけど作品として全く期待はしてませんでした。しかし見てみると主人公の響の変人ぶりにコミカルさを感じたり。夢を追いかける事の難しさ等シリアスな面もあり。友情もあり。でも結局最後までぶっ飛んだ主人公のまま終わったり。とても楽しめました。ここ1ヶ月めっちゃ映画見てますが今の所今年見た中で1番面白かった。そして何より圧倒的カリスマ性の平手さんと天才の響が上手くリンク出来てたと思います。続編とかあれば見たいな。, 圧倒的な才能を持つ少女を、圧倒的な存在感で演じきる平手さんを、彼女のぶれない真っ直ぐな言動と対峙する大人たちに扮する素晴らしい演者の方たちが昇華させ、いくつもの心震えるシーンをつくり出している。”演じている”と感じてしまうと一気にチープになりそうなストーリーを、最後まで魅了し続け、終幕までかっこいいまま押し通す、完成された作品。だと思う。愛おしく愛らしい恋愛映画を数多く手がける月川翔監督は、人間を魅力的に見せる視点をもった方なのだと、気づかせる一作。, 原作マンガは未読。天才的な小説書きの女子高校生が主人公。しかも、かなり破天荒。目上の人に敬語なんて使わないし、やられたらやり返すの暴力行為(実際に暴力されたわけじゃないのに)。たしかにそんな話もあり。天才はその作品・能力によって周りをねじ伏せていくってところが痛快だった。主演の平手友梨奈も結構がんばっていた。つかみどころのない主人公をうまく演じていた印象。動物園の和気あいあいとした雰囲気だけ違和感を覚えたけど、あれは演出の問題かな。あと、ちょっとやりすぎなんじゃないの?と思うところもいくつか。ラストあたりもそう。ちょっとちょっと!と思ってしまった。でも、なるほど!とうなるラストだったのもたしか。結果、まあまあ面白く鑑賞させてもらったのだからあまり文句は言えない。, ただただ監督が月川翔監督だったので鑑賞。平手友梨奈の演技も気になったんでね。おっと?あれ?好みの問題もあるかも知れないけど、この作品が高評価なのはあまり分からない...レビューでも「面白い!」と「は?」とで賛否両論別れてますね。私は後者ですが高校1年の天才少女響は、小説を書き編集社に提出したものの応募方法が誤っていた。しかしとある編集者はその小説に目が止まった...50分ずつぐらいで前編後編と分けるのなら、前編は☆2.0、後編は☆3.0という感じ。始まりから見るのが辛かった。平手友梨奈の演技的には役柄に合ってるのかもだが、棒読みが目立つ。台本読んでます感が強い柳楽優弥や北川景子が支えてる。響を好きになれない。スカッとするシーンや理にかなってるなと思うところはあるが、友達にしたくない...w個人的な好き嫌いもあるかもだけど、なんなら自分大好き!って人の方がいい。楽しめない。ワクワクすることもなければどうなるの?ってシーンもない。見てる側が傷付いちゃう。認められなかった側を描いてるのはいい。2位の人がいるから1位がいるし、30位の人がいるから1位が称えられる。やな気持ちになっちゃいました。だが、応援するぞ!ガンバレ、平手友梨奈!, 原作未読ながら普通に楽しめました。主演に抜てきしれた欅坂絶対エース平手友梨奈は上手いのだか下手くそなのかわからない魅惑の芝居。アイドルものだと割り切って観ればその上を軽くクリアできる作品でした。興行成績は厳しかったみたいです。, 奇抜な作品を観ちゃったな~という感じ。これを見ると若者は、何が正しいか分からなくなるんじゃないかな。素晴らしくかっこ良く技術がずば抜けていれば、社会のルールを守らなくて良いんですか?人のテリトリーの本棚を倒していいんですか?踏み切りに入っていいんですか?いやいやいや、駄目です。技術が一流で、人の気持ちも考えられて、嫌な目にあった時は一旦ぐっと我慢できる大人をめざしましょう。もちろん社会のルールを守りましょう。自分を表現するなとは言っていません。天才的な技術を手にしたとしても、同じ努力をしましょう。, ただただ驚きしか出てこなかった。原作は読んだことはないがこれは賛否両論わかれると思う。ただメッセージ性が伝わってこなかったのがこの作品の1番もったないところだと思う。主人公役の平手友梨奈さんには期待していたがその期待を遥かに超えるような、そして平手さんにさえ恐怖心を覚えるような演技だったと思う。ただただ驚き本当にそれしか出てこない。初主演映画と聞いていたがこんな役を初めてで出来たのがすごい。ボソボソ喋っているのがまるで感情の無い人形の様な印象を受けて逆に好印象だった。平手友梨奈さんはこれからソロでやっていくようだがどんな人物のなるのか予想がつかないのでとても楽しみだ。ただ欲を言えばもっと平手さんらしい映画、笑顔を見てみたいと思った作品であった。これからずっと「平手友梨奈」という役者として彼女を追いかけたいと思いました。, 響のキャラが良い!女優さんも「脳内文章力が高く自分の言いたいことをはっきり言うが感情的な勢いを喋りに載せるのが苦手なコミュ障」という雰囲気が出ていました。そういうキャラでいいの?この物語は響のサクセスストーリーというよりは、主人公売れる&才能があることはゆるぎないので、その周囲の悲喜交々に焦点を当てた群像劇。喩えるなら新妻エイジが主人公の小説版バクマン。みたいな感じを受けて興味深かった。っか〜狂人レベルの天才に振り回されてぇ〜!原作未読なのでもっと創作的ドロドロはあるのかな?とは思いますが視聴後すっきり爽快!となるとこのラインなのかなあ。面白かったです。, 平手友梨奈ちゃんは、ファンでもなんでもないけどそのダンスに見惚れたことがあります。ダンスの技術がどうとかは分かりませんが、彼女しか目がいかなくなるんです。圧倒的表現力、ある意味天才その彼女が破天荒な天才作家を演じているって事でずっと気になっていた映画でした。原作知らないから良かったのかそれはわかりませんが、ストーリー展開も飽きさせず響の真っ直ぐ過ぎて破天荒な人格に対して、友人リカが嫉妬や羨望を越えて認めて成立した固い友情など、青春映画としても楽しめますあんまり悪すぎるキャラクターがいないのも娯楽映画として良かった。この淡々とした感情の起伏を抑えた演技下手なひとがやると目も当てられなくなるが平手友梨奈ちゃんはハマってたと思います上手いからこそこういう演技も出来るんじゃないかな一方、小説に対する敬意みたいなものが根底にあって読む側も書く側にも潔く警鐘を鳴らしている映画でした。賞をとることに捕われて自分は何を世に送り出したいのかわからなくなる作家達やそれの取り巻き達欲望と金儲けが渦巻く大人の社会作品の読み手はその作者が社会不適合の烙印を押されてしまった人物でも読みたいと思えるか。日々、嘘か本当か分からない情報が洪水のように押し寄せる世の中で、自分が良いと思ったものを純粋に評価することの大切さ、直感の大切さ自分だけの本音でいいって思わされました。このレビューも私の思ったまま他人がどう思おうと私はよかったそれでいいんですよね久々に小説を読んでみたくなったし原作のコミックも読んでみたくなりました, 天才的な小説を書くのに言動は短絡的でまるで動物。暴力シーンはホラーのように怖く実際の社会ではあり得ない動物的な行動に爆笑さえしてしまいました。圧巻は小栗旬さん。出てくるだけで嬉しささえ感じる華を持ちながらあそこまでオーラのない演技ができるなんて凄い役者さんだなと思いました。, 言いたい事も自由に言えない日本に、キレのある主人公が舞い降りてしまった感が良く出ていました。記者会見の「世の中がどうとか誰が言ってたじゃなくて、彼方の意見は?」と言う台詞が特に好きです。度々の「貴方の小説好き…握手して下さい」も最高でした。嫌な人たちもいますが、しつこ過ぎずバランスが丁度良かったです。「お伽の庭」と「四季降る塔」、共に具体的な内容は良さは観客には伝わってこなくて、上手い具合に雰囲気進行なのが何か良いです。友人の方がスランプに陥っていくのも違いが際立って良かったです。東宝なのに面白く、浜辺美波でもこうはいかないと思うので、平手さんの主演作をもっと観たいです。「センセイ君主」は画面が真っ白でしたが、月川監督なのに画面がクリアなので観易かったです。, Netflixにあったので見てみたが、つまらんね。ちょっと期待してたんだが。原作の面白味が全く伝わらん。響の奇行ばかりクローズアップして、天才らしさってのが、伝わってこない。原作をパラパラ読んでエピソードをぶつ切りに映像化した感じ。北川景子って、演技下手だと思うわ。, 【2週間無料トライアル】メジャーからZ級まで世界中のホラー映画・ドラマが《見放題》, “アマゾンズ”谷口賢志「劇場版 仮面ライダーセイバー」にゲスト出演!「何かの細胞が躍ります」2020年11月15日 09:30, 【「バック・トゥ・ザ・フューチャー」評論】35年を経た今でも容易には越えられない、エンタメの“ワールドレコード”2020年11月15日 06:00, のん×林遣都「私をくいとめて」 大九明子監督が語り尽くす“綿矢文学”の魅力2020年11月15日 11:00, 岡田准一「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」にカシラ役のインコが続投! 新カットお披露目2020年11月15日 10:00, セーラー服の幽霊がストローで鼻血を吸う…「海の底からモナムール」衝撃シーンおさめた予告編2020年11月15日 09:00, 「鬼滅の刃」興行収入200億円突破! 歴代興収ランキング5位に2020年11月9日 12:12, 「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」邦画アニメ初のドルビーシネマ上映が決定2020年11月7日 08:00, 【コラム/細野真宏の試写室日記】劇場版「鬼滅の刃」のメガヒットで、どの会社に、いくら利益が出るのか?2020年11月12日 14:00, 【国内映画ランキング】「鬼滅の刃」が4週連続首位、歴代興収5位に 新作は「モンスト」「461個のおべんとう」「羅小黒戦記」が初登場2020年11月10日 13:00, ポルノまがい、女性嫌悪主義のレッテルを貼られた写真家ヘルムート・ニュートンのドキュメンタリー予告編2020年11月10日 06:00, “アマゾンズ”谷口賢志「劇場版 仮面ライダーセイバー」にゲスト出演!「何かの細胞が躍ります」, 【「バック・トゥ・ザ・フューチャー」評論】35年を経た今でも容易には越えられない、エンタメの“ワールドレコード”, 岡田准一「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」にカシラ役のインコが続投! 新カットお披露目, セーラー服の幽霊がストローで鼻血を吸う…「海の底からモナムール」衝撃シーンおさめた予告編, 「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」邦画アニメ初のドルビーシネマ上映が決定, 【コラム/細野真宏の試写室日記】劇場版「鬼滅の刃」のメガヒットで、どの会社に、いくら利益が出るのか?, 【国内映画ランキング】「鬼滅の刃」が4週連続首位、歴代興収5位に 新作は「モンスト」「461個のおべんとう」「羅小黒戦記」が初登場, ポルノまがい、女性嫌悪主義のレッテルを貼られた写真家ヘルムート・ニュートンのドキュメンタリー予告編, 「ストックホルム・ケース」(C)2018 Bankdrama Film Ltd. & Chimney Group.

ミズノ ランニングシューズ サイズ感, チャイルドシート 2台 配置, イラレ 線 途切れる, 韓国語 動詞 活用, 松屋 牛焼肉定食 レシピ, フェリシモ 500色 色鉛筆 名前 一覧, インスタ アップデート 不具合, 楽天ペイ コンビニ 使い方, 的 中 占い 幸福 宣言, 日本語 美しい 海外, 川崎 ヨドバシカメラ 営業時間, 受験生 イライラ 友達, ぐうたら 妻 離婚, Yahooメール 検索 日付, Dior リップグロウオイル 使い方, スマホ Sdカード データ移行 Pc, ファイアーエムブレム 風花雪月 キャラクター 人気, 人参 グラッセ お弁当, Csh ファイル存在チェック ワイルドカード, Office 2016 For Mac 再インストール, ワンピース 夢小説 ルフィ, 検索履歴 時間 表示, 北杜市 温泉 休館, アイアンマン 飛行 原理, ドンキホーテ お米 安い, 米粉 パンケーキ バナナ 離乳食, パワーポイント 印刷 余白なし 2018, 西尾市 インフルエンザ予防接種 補助, バナナケーキ ホットケーキミックス 炊飯器, Nvidia アカウント ディスプレイ名 変更, ペンケース 女子 人気ランキング, シエンタ 5人乗り 価格,