file、*-extension、widgetのプロトコルがローカルであると認識されます。 特に、オブジェクトの.abort()の呼び出しは、そのリクエストが完了する前に中断させることが可能です。, jQuery 1.5では、Ajax実装にプレフィルター(prefilter)、トランスポート(transport)、コンバーター(converter)が含まれ、 このオプションに初期値を設定したい場合は、 異なる種類に変換するためのプリプロセスの処理が行われます。 ');'のようにしてコールバック関数が実行されます。 1つ目はjqXHR(jQuery1.4.xではXMLHTTPRequest)オブジェクトで、 同様に通信が失敗(300番台のリダイレクトも含む)した場合も、errorコールバックと同じ値を引数として受け取ります。, 型:Function( PlainObject data, String textStatus, jqXHR jqXHR ), リクエストが成功した祭に呼び出される関数を指定します。 ランダムな関数名が割り当てられるのは、他のグローバルなJavaScriptの関数名とバッティングしない等の理由が考えられます。, jQuery1.5からは、jQueryはContent-Type内で受け取ったdataTypeを、あなたが必要とするものに変換出来るようになりました。 }); こんにちは、ライターのマサトです!今回は、JavaScriptでサーバーと通信を行う際に欠かせない「POST」を行う方法について学習をしていきましょう!この記事では、, などの応用的な使い方に関しても解説していきます。この記事で、POST通信をしっかり学習して自分のスキルアップを目指しましょう!, 一般的にHTTP通信を行う場合は、「GET」「POST」が主に使われています。特に、本記事のテーマである「POST」による通信には以下のような特徴があります。, 特に2つ目の「第三者に知られずに」…というのは重要です。「GET」の場合はURLに送信する情報が表示されるので、大事なデータは「POST」で通信する必要があります。, この章では、Form(フォーム)を使ったPOST通信の方法について学習していきます。HTMLを使った基本的な手法と、JavaScriptから動的に通信する方法について見ていきましょう!, まずは、HTMLからFormを作ってPOSTする方法について見ていきます。考え方としては、送信先となる「サーバーのパス」と通信方法の「POST」をFormタグに指定すればOKです。, サーバーのパスは「action属性」に、通信方法は「method属性」にそれぞれ記述することになります。例えば、テストサーバーとして「https://httpbin.org/post」のパスに、簡単な文字列を送信する場合は次のようになります。, 入力ボックスに文字列を入れて送信ボタンをクリックすれば、POST通信が実行されるわけです。, 注意点として、送信したいデータのフォーム要素には必ず「name属性」を付与してください。この例だと、「name="mytext"」と記述している要素がデータとして送信されます。, 次に、HTMLタグを使わずにJavaScriptだけでPOST通信をしてみましょう!基本的な考え方はそれほど変わらないのですが、JavaScriptからFormを生成する手順が必要になります。, このように「createElement()」を使ってForm要素とデータを入力するInput要素を生成しておきます。あとは、このフォーム要素をJavaScriptからサーバーのパスや通信の種類を設定するだけです。次のサンプル例を見てください!, この例では、生成したフォーム部品に「action / method」属性を指定しています。また、全体を関数として囲むことで再利用しやすくしており、引数の「value」が送信するデータになります。実行するには次のように記述します!, これにより、サーバーへ「hello world」という文字列が送信されることになります。, この章では、AjaxによるPOST通信について見ていきましょう!「XMLHttpRequest()」の使い方からPOSTによる送受信について学んでいきます。, まずは、Ajax通信に必要な「XMLHttpRequest()」の基本的な使い方をおさらいしておきましょう!一般的には、通信の種類(GET / POST)やサーバーのパスを指定し、データを取得するという流れで進んでいきます。, まず最初に、XMLHttpRequest()のインスタンスを作成するところから始めます。次に、【どんな方法で?】の箇所が通信の種類「GET / POST」になり、続けてサーバーのパスを指定します。, 「onreadystatechange」の処理内で、どのような条件になったらデータを取得するかを分岐処理で記述します。ここで言う「条件」というのは、通信が正常に行われたかどうかをチェックするという意味になります。, 詳細な設定方法については、以下の記事で体系的にまとめているのでぜひ参考にしてみてください!, Ajax通信の基本的な組み立て方を把握したところで、実際にPOST通信をしてみましょう。POSTによる通信では、「setRequestHeader()」の追記が必要になります。次のサンプル例を見てください!, この例では、「open()」を使って通信の種類(POST)とサーバーのパスを指定しているのが分かります。, また、「setRequestHeader()」に関しては「content-type」を上記のように指定しないと正常にデータを取得できないので注意が必要です。あとは、送信したいデータを「send()」の引数として設定するだけです!, 上記のように【name属性 = 値 & name属性 = 値・・・】という形のデータを設定します。もちろん、フォームからユーザーの入力したデータを送信することも可能です。, POSTでデータを送信したら、サーバーからレスポンスが返ってきます。このレスポンスを取得するには、先ほど紹介した「onreadystatechange」を使います。次のサンプル例を見てください!, 「readyState」で通信が完了したかどうか(4は完了の意味)を確認します。「status」で通信が正常に行われているか(200は正常の意味)を確認します。, 両方の確認で問題なければ、サーバーからのレスポンスを正常に取得することができます。取得するには「responseText」を使って、文字列としてデータを受け取ることになります。, 最後に、jQueryによるお手軽なPOST通信の方法についても解説をしておきます。jQueryを使うとAjax通信の処理を大幅に簡略化できる特徴があるので覚えておくと役に立ちます。使うのは「$.post()」メソッドになります。, これは、第1引数に「サーバーのパス」を指定し、第2引数へ「送信データ」を設定するだけです。次のサンプル例を見てみましょう!, 基本的には、この1行だけでPOST通信は完成してしまうのです。ただし、サーバーからのレスポンスを取得しなければいけないので、次のように追記しておきます。, 「done()」を続けて記述することで、正常に通信ができている場合に限りデータを取得することができます。全体のコードを見ても、XMLHttpRequest()を使った処理よりも簡単で理解しやすいことが分かるでしょう。, さらに、詳細なjQueryによるPOST通信に関しては次の記事でまとめているので、ぜひ参考にして見てください!, 今回は、JavaScriptからPOST通信を行う方法について学びました!最後に、もう一度ポイントをおさらいしておきましょう!, 上記内容を踏まえて、ぜひ自分でもプログラミングに取り入れて活用できるように頑張りましょう!, 当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。 $.ajaxSetup()メソッドでこれを行うことが推奨されています。, jsonpリクエストのコールバック関数名を上書きするのに使用されます。 XMLドキュメントは、jqXHRオブジェクトのresponseXMLプロパティを通して利用可能になります。, jsonが指定された場合は、successハンドラへ渡される前にjQuery.parseJSONを使用して、 HTTP通信でページを読み込みます。 この関数はjQueryにおけるAJAX通信の基本部分で、実際には$.getや$.postといった関数を使った方が、容易に実装できます。 但し、これらの抽象化された関数は実装の容易さと引き換えに、エラー時のコールバックなどの複雑な機能を失っています。 送信が行われる前にリクエストがタイムアウトされることもあります。, jQuery 1.4.x、それ以下のバージョンでは、リクエストがタイムアウトするとXMLHttpRequestオブジェクトは不正(invalid)な状態になり、 そういったケースでは、contentTypeオプションをapplication/x-www-form-urlencodedから、 2つ目は'dataType'の値になります。, 型:String 'としてサーバーへ渡されることになります。, jQuery 1.5からは、jsonpオプションをfalseに設定すると、jQueryがURLへ"?callback"文字列を追加することを、 これはAjaxイベントです。, jQueryによる指定されたコンテンツタイプ毎のそのレスポンスのパース方法を決定する、 googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_fixed02_adsense', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1565198391774-0').addService(googletag.pubads()); これはスクリプトとホストページの文字セットが異なる場合に便利です。, Ajaxの1文字目のAは"非同期(asynchronous)"を表すもので、 送信される直前にjQuery.param()を使用してクエリー文字列に変換されます。 Ajaxの使い方を徹底解説 Ajaxの使い方について. jQuery側では動的にjQuery1234567890という関数が作成されているものと思われます。, JSONPリクエストのためのコールバック関数名を指定します。 JavaScriptのwindowオブジェクトに対してonloadでイベントを発生させる場合, インドネシアのシステムインテグレーション業界【2020年代はメーキングインドネシア4.0の追い風あり】, インドネシア市場での安売り競争の回避の戦略【ランチェスターの小が大に勝つための戦略】, 日系企業のインドネシアでの事業展開【ガラパゴス市場に特化するか外の世界で勝負するかという選択】, これからのインドネシア市場での生存戦略【チャンスはあるが勝てる分野を見つけるのが難しくなった】, インドネシアでのビジネスに必要なブランド力と技術力【オンラインとオフラインが繋がった市場】, インドネシアで受注請負形式の労働集約型も悪くない【サービスの絶対的価値と相対的価値】, 会計システムとコンサルタント会社とのデータの整合性を取る作業が難しい件 【会計監査と業務監査】, 会計システムで対応すべき機能通貨と表示通貨とは?【インドネシアの国内取引はルピアベースが原則】, 葉の切れ目や穴から幸運の光を通すと言われるモンステラ【コロナ禍で観葉植物の価格が高騰】, オムニバス法によって外国人のアパート所有が認められるのか?【雇用創出法と税制改正により海外直接投資を誘致】, インドネシアのSDGs(持続可能な開発目標)達成に貢献するオンラインビジネス【日本はアジアDX構想として戦略的に資金や技術を投入】, CDN(Content Delivery Network)をオンラインで使う(テーマ), JavaScriptのwindowオブジェクトに対してonloadでイベントを発生, HTMLフォームにデータを入力させて、ブラウザからデータをサーバーのファイルに引き継ぐ場合に使うのがGETメソッドかPOSTメソッドで、これらは全部HTTPプロトコルの中に定義されています。. (例えば、"jsonp"、"script"のdataTypeでのクロスドメインへの"GET"リクエスト) この場合、例えば{ jsonp: false, jsonpCallback: "callbackName" }のようにして、 XMLDocumentとしてレスポンスが解析されます。 beforeSend()コールバック関数で使用されるかもしれません。, jqXHRオブジェクトは、jQuery1.5でPromiseの全プロパティ、メソッド、振る舞いが与えられたPromiseインターフェース実装されて以降、 jQueryにXMLとして解釈させることも可能です。(翻訳に自信なし) 例えば、これはgetResponseHeader()だけでなく、 このキャッシュされた結果の使用を避けたい場合は、cacheをfalseに設定します。 [jQuery]Ajaxでformの値を送信する. ただし、カスタムデータのタイプを、よく知られているタイプ(例えば、json)にマッピングしたい場合は、 .ajaxError()、 ブラウザの反応が悪くなることがあるかもしれないため、推奨されません。, $.ajax()関数は、作成したXMLHttpRequestオブジェクトを返します。(翻訳に自信なし) リクエストがそれらをトリガする際に、発火することを妨げます。 監視用の低階層のインターフェースを提供し、そのリクエストを操作することが出来ます。 多くのケースで、この関数を直接呼び出す必要は無く、 この処理は、processDataをfalseに設定することで回避することが可能です。 これは、様々なAjaxイベントを制御するのに使用することが可能です。, XMLHttpRequestを使用した通信に使用するリクエストに沿って送信する、 これらの$.ajax()コールバックのフックのために、 data、textStatus、jqXHRオブジェクトになります。 デフォルトのcontent-typeである"application/x-www-form-urlencoded"に合わせた形式でクエリー文字列へ変換されます。 Ajaxは、JavaScriptでサーバー側と非同期通信を行うための技術ですが、具体的にはどのように使っていくのでしょうか?. Ajaxリクエストを送信するオプションをキーと値のペアで指定します。 このオプションに初期値を設定したい場合は、 $.ajaxSetup()を使用します。.ajax( url[, settings] ) 1.5追加.ajax( [settings] ) 1.0追加 settings引数について jQury1.8で非推奨になりました。 URLへクエリー文字列パラメーター"_=[TIMESTAMP]"の追加によるキャッシュの無効化が行われます。, "?callback=? jqXHR.done()、または非推奨のjqXHR.success()のような、 'の、'callback'の代わりとして使用されます。 2019/4/7. 初期値:同じドメインのリクエストならfalse、クロスドメインのリクエストならtrue, もし、(JSONPのような)同じドメイン上で強制的にクロスドメインリクエストを行いたい場合、 更にリクエストが完了している可能性がある後にでもコールバックを割り当てることが出来ます。 データは単にsucessのハンドラへ渡され、jqXHRオブジェクトのresponseTextを通して利用されます。, xmlが指定された場合は、successハンドラへ渡される前にjQuery.parseXMLを使用して、 これはその処理は平行に行われ、それは完了することが保証されない事を意味します。 ifModifiedをtrueに設定します。, scriptCharsetは、