デジタルオーディオ製品のなかでも特にポータブルオーディオ製品の開発に注力しており、DAC内蔵ポータブルヘッドホンアンプ、デジタルオーディオプレーヤー(DAP)、インイヤーモニター(イヤホン)を中心とした製品展開を行っています。, ブランド名「FiiO」は、Fi (Fidelity) と iO (1 and 0, Digital)に由来し、その設計品質と安定した製造品質が高く評価されています。現在は世界最大級のポータブルオーディオ機器ブランドとして世界各国に展開しています。. portable headphone amp. ファイルASIOProxyInstall-0.7.3.exeをダブルクリックし、インストールを承認します。 「次へ」ボタンをクリックし,「インストール」ボタンをクリックしてASIO Proxy for Foobar2000をインストールしてください。, 3-2。 foo_out_asioファイルをダブルクリックしてcomponent ASIO supportをインストールします。, Yesボタンをクリックして続行し,Preference: Componentsの「OK」ボタンをクリックし、foobar2000 Preferenceの「OK」ボタンをクリックし,変更を適用します。同じ手順で,foo_input_sacdプラグインとfoo_input_dsdiffプラグインのインストールを続行します。インストールが完了すると,これらのプラグインは次のように表示されます。, 4.現在,DSDファイルはfoobar2000で再生できます。 DTSなどの特殊な形式のファイルを再生する場合は,引き続き他のプラグインをインストールします。, 5-1. デバイスの選択: “ASIO:foo_dsd_asio” (Files -> Preference -> Playback-> Output), 5-2.出力(File -> Preference)からASIOをクリックし,次に “foo_dsd_asio”をダブルクリックします。 以下の図に従って,ASIOプロキシ0.7.3のポップアップウィンドウを変更してください。, Q3やK5 ProのようなDSD512まで対応する機器では、「DSD to DSD Method」の値を「DSD512」にするとDSD512のフォーマットまでネイティブで再生可能になります。, 6.以上の設定が終了すると,DSD再生時,foobarは以下のように再生状態を表示します。, K3のDSDインジケータ(緑)が表示され,K3でDSD形式の音楽を楽しむことができます。, USB AUDIO 1.0では,ほとんどのケースでコンピューターにドライバをインストールする必要はありません。K3とコンピュータを接続すると使用可能となります。最大96k / 24ビットまでサポートできます。, USB AUDIO 2.0では,Windowsでの利用においてはFiiO公式ドライバをインストールする必要があります。詳細についてはこちらをクリックしてください。このモードでは384k / 32bitとDSD256までサポートできます。現行のWindows 10にはOS標準のUSB AUDIO Class 2.0ドライバが内包されているため,FiiO公式ドライバのインストールを行わなくても動作する場合がありますが,OS標準ドライバを用いるとDSD再生に問題が生じますので,必ずFiiO公式ドライバをインストールしてからご利用下さい。, macOSではドライバーは必要ありません。ただしOSの仕様としてDSD再生ではDoPのみ利用可能であることに起因し,DSD128(5.6MHz)までの対応となります。, 2つのモードを切り替えた後,USBオーディオモードの変更を反映させるには,USBケーブルを抜き差しするか,K3の電源をオン/オフする必要があります。, K3の同軸デジタル出力および光デジタル出力は,ヘッドフォンやラインアウトポートと同時に出力することができ,音量調整の対象にはなりません(ヘッドフォンとラインアウトポートはボリュームに連動します)。同軸デジタル出力では最大192k / 24ビットおよびDSD64 DOP出力をサポートできますが,光デジタル出力は最大96k / 24ビットをサポートできます。, 例えばWindows環境だと,プレーヤーソフトウェア側の出力デバイスが “KS”または “ASIO”に設定されている場合には,原則としてK3の同軸および光デジタル出力からは再生するソースのサンプリングレートそのものが出力されます。ただし,S/PDIF入力を備えたほとんどのアクティブスピーカーは,48kHzのサンプリングレートしかサポートしていないため,ハイレゾリューションフォーマットなどの信号が受けられず,音が出ません。, このような使用環境では,コンピュータのプレーヤーソフトウェア側で出力デバイスを “DS”または “wave out”に設定することをお勧めします。このようにすることでWASAPIを使用する状態となり,OSのサウンドミキサーを介するようになるので,タスクバーのスピーカーアイコンなどからFiiO Q seriesのプロパティを開き,「規定の形式」を48000 Hzにすることで,アクティブスピーカーが対応しない信号が出力されないように出来ます。, 可能です。K3のラインアウトはボリュームと連動しています。K3のラインアウトを使用するときは,ラインアウトとヘッドフォンの両方の出力が同時に機能するため,特にプリアンプや別のヘッドホンアンプなどへ入力するときには,ヘッドフォンをK3から取り外すことを強くお勧めします。ラインアウト使用時にK3のボリュームを絞ると原理的に音質低下に繋がるため,ボリューム最大とすることが最適ですが,そうするとヘッドホンアウトも大音量となりヘッドフォンが損傷する可能性があります。, K3には音量つまみでもある電源スイッチがあります。K3を使用していないときは,ノブを回してK3をオフにするだけかまいません。Type-C USBケーブルを取り外す必要はありません。, K3のバランス出力は,3.5mmシングルエンド(SE)ヘッドフォン出力よりも優先度が高いため,K3が2.5mm バランスヘッドフォンと3.5mm (SE)ヘッドフォンの両方に接続されている場合,バランス出力ポートのみがサウンドを出力します。, サポートページよりFiiO USB DAC Driverを別途インストールしてください。, Windows10はOS自体にUSB Audio Class 2.0デバイス用のドライバーが内包されているため,USBケーブルでつなぐだけでオーディオデバイスが利用できる場合があるのですが,メーカーが提供するドライバーを使用しないと動作が不安定になる場合があります。Windowsで利用される場合には,必ず別途ドライバーをインストールしていただきますようお願い申し上げます。, 機器の故障ではなく,ほとんどが伝送系のトラブルです。次に挙げる内容をご確認ください。, USBDACとして使用することが目的である場合、基本的には使用できないとお考え下さい。特にPlaystation 4などでは原則として公式認定されたサードパーティの特定機器しか動作しないため繋いでも使用することができません。, K5 ProにおいてはS/PDIFが出力可能な機器である場合は同軸/光デジタルケーブルなどを使えば利用可能です。ただしサラウンド音声は入力できないのでステレオリニアPCMとして出力するよう設定をしてください。, 動作条件があり,LT-TC1はOTGケーブルとなっており,規格仕様に従うためホストからクライアントに充電が行われます。FiiOの一部製品には充電機能をオンオフする機能があるため,充電機能をオフにすれば動作するケースが増えますが,組み合わせる機器によっては要求電力が増えるために,他社製品やスマートフォンとの組み合わせでは正しく動作しない場合があります。また,動作したとしてもモバイル機器ではホストのバッテリーを消費するため,ホストの動作可能時間が減ります。やってみて初めて可否がわかる類のものとお考えください。詳しくはLT-TC1サポートページをご参照お願い致します。, USB Power Delivery充電を行うにはUSB PDに対応した充電機を使用する必要があります。, また現在では,これまでに複数存在したUSB3.X規格がすべてまとめてUSB3.2として規定がされており,詳細な区分けとしてジェネレーション表記(Gen1やGen2など)が行われています。, USBにおける端子は,物理的形状と通信規格を複数の組み合わせから選べるようになっているため,どの用途に作られたケーブルであるかを外観だけでは特定できませんが,特定の組み合わせにおいては厳格な規定がされており,Type-Cを用いる組み合わせが該当する例です。, Type-Cでは機能拡張に伴い大電流が流れることが予想されるため,特定のコネクター形状の組み合わせを用いることが禁止されていたり,それらを判断するための仕組みがケーブル側に必要になります。ですので安全性に配慮した品質の高いケーブルにはそれを担うためにケーブル側に専用の電子回路を搭載する事が行われており,それがE-Markerと呼ばれるものです。これはUSB Power Deliveryの枠組みで動作します。, 一方,FiiO製品はコネクタ端子形状としてType-C端子を装備しておりますが,特にUSBDAC製品などはUSB2.0の枠組みで動作しております。USB Power Deliveryに対応しておらず,そのためE-Markerを搭載したケーブルと接続すると,ネゴシエーションが行われないためにデータ通信も電力も伝送されない状態になります。使用することができません。, E-Markerが搭載されているかどうかや,商品情報として明記するかどうかは各々のメーカーに依存している市場状況であり,サードパーティ製品でどれを使用していいかは第三者に判断することが難しいものとなっています。サードパーティ製を使用される場合は,これらの内容を踏まえて各ケーブルメーカーに事前にお問い合わせいただくことを強く推奨します。, FiiO Electronicsは2007年に中国で設立された音響機器の企画製造および販売を行うオーディオブランドです。 現在のFiiO製品において2.5mmジャックを装備しているものは、11.5mm長のものに対応しております。中国の電気産業界標準である[SJ/T 10495-94 Concentric plug and jack model CS(CK)25,CS(CK)35]に基づいています。リケーブルを使用される場合、この規格に則ったヘッドフォンプラグの使用を推奨いたします。, 一部のサードパーティ製2.5mmリケーブルのプラグ長は、ある事情から11.5mmよりもわざと長く作られているものが存在し、それらのリケーブルプラグを挿入すると接触不良となる場合があります。そのため基本的には正しいプラグ長のリケーブルを使用して頂く必要があります。, ※X7 Mark IIにおいては、その長さを埋めるスペーサーとしてゴムワッシャを付属(トルクスドライバーが収められている箱の中に予備のトルクスネジとともに同封)していますので、それをご利用いただくことも出来ます。, K3はRGBインジケーターを装備しています。USBの電源プラグを差し込み,電源スイッチを入れると点灯します。再生していない状態では赤または黄色が表示されます。, サンプリングレート表示に伴う色は,実際に再生(入力)が行われた状態でのみ表示されます。, USBケーブルを挿した状態で電源をオンにしたり,またはUSBケーブルをプラグインすると,K3は一度セルフテストを行うため,LEDの色が変わります。 イヤホン このドライバをコンピューターに1回インストールするだけで,複数モデルのFiiOプレーヤーをDACとして接続することができます。また,Q5やQ1mk2などのUSBDAC機能対応ポータブルアンプ製品でもこのドライバを使用できます。 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. ‚éUSB DAC“à‘ ƒfƒXƒNƒgƒbƒv—pƒwƒbƒhƒzƒ“ƒAƒ“ƒvB, AKM»DACƒ`ƒbƒvuAK4452v‚ƁA3.5mmƒVƒ“ƒOƒ‹ƒGƒ“ƒho—Í’[Žq‚ƃtƒ‹ƒoƒ‰ƒ“ƒX\¬‚̃wƒbƒhƒzƒ“ƒAƒ“ƒv•”‚É‚æ‚é2.5mmƒoƒ‰ƒ“ƒXo—Í’[Žq‚𓋍ځB, “Á’Žd—l‚̃wƒbƒhƒzƒ“‹ì“®ê—pƒIƒyƒAƒ“ƒvuOPA926v‚ðÌ—p‚µA320mWi16ƒ¶Žžj‚Ì‘åo—Í‚ðŽÀŒ»‚µ‚Ä‚¢‚éB. MacBook Pro に「FiiO K3」とバランス接続のイヤホン「SE-CH5BL」を接続してハイレゾを聴いてみたお話です。, 日頃から聴いている結花乃(ゆかの)さんのアルバムがハイレゾで配信されているので、ハイレゾを聴ける環境が欲しくなりました。, 最初に考えたのは、ポータブルオーディオプレーヤーで聴くということでした。予算をあまりかけないでハイレゾを聴ける機器を調査しました。, いちばん手軽にハイレゾを聴けそうなのはソニーのウォークマンAシリーズでした。ノイズキャンセリングのイヤホンが付いたモデルは、通勤時にも快適にハイレゾを聴けそうです。, https://www.sony.jp/walkman/products/NW-A50_series/, オンキョー&パイオニアのXDP-20という製品も良さそうだと思いました。ホームページを見ると音へのこだわりを強調しています。実際、2.5 mm バランスヘッドホン端子(※後で解説)を搭載しています。公式オンラインショップですと割高ですが、家電量販店や通販などでは値下がりしていてお買い得感もあります。, https://pioneer-headphones.com/japanese/dap/xdp-20/, いろいろ調べていると中国のFiiO(フィーオ)というブランドが気になりました。ネットでの調査によると、手頃な値段の割に高級オーディオでも使用されているチップを使用しているとのこと。コストパフォーマンスは高そうです。主にワイヤレス前提のM6と、バランス出力を備えたハイエンドのM9があります。, 通常のヘッドホン(=アンバランス)では、電気信号が通る線は全部で3本あり、プラス側(行き)は左側と右側で別々の線になっているのですが、マイナス側(帰り)は1本の線を左側と右側で共用していて左側と右側の電気信号が同じ線を通る仕組みとなっているそうです。, それに比べて「バランスヘッドホン」は、電気信号が通る線が4本あり、左側と右側で完全に独立してるとのことです。それによって、音質の向上などが期待できるそうです。, https://www.fujiya-avic.jp/contents/headphone/190.html, FiiOの製品を調べるうちに、USB DAC内蔵ヘッドホンアンプ「K3」が気になりました。バランスヘッドホン端子を搭載していて、高級機種にも採用されているチップを使用しているのにもかかわらず、価格が携帯プレーヤーを買うよりも安く収まります。ハイレゾを聴くならバランス駆動も試してみたいと思っていたので非常に魅力的な製品です。Macならばドライバをインストールせずに使用できるというのも手軽です。, ただし、Macでハイレゾ音源を再生するには専用のソフトウェアが必要なのですが、品数が少なく有償のものがほとんどというのが問題でした。, Webで調査したところ、「JRiver Media Center 24」というソフトは日本語での情報があり英語が苦手でも使えそうだと思いました。, http://www.vector.co.jp/magazine/feature/160518/02.html, 悩んだ末、結局Macでハイレゾを楽しむことにして以下を購入しました。イヤホン(SE-CH5BL)は2.5mmバランスと明記されている製品が他に見つけられなかったので選択しました。, 購入した製品の箱はこんな感じです(「JRiver Media Center 24」はダウンロード販売でした)。, 「FiiO K3」には簡単なマニュアルが付属していて日本語での記述もあります。USBケーブルも付属しています。, あと、K3は机の上に置くと滑るので、付属の滑り止めをK3に貼ると滑りにくくなります。, Mac(MacBookPro)と「FiiO K3」の接続はK3に付属のUSBケーブルで繋ぐだけです。ドライバのインストールも必要ありません。ただ、K3の音量つまみを回して電源をONしないとMacが認識しないので注意が必要です。, イヤホンも「FiiO K3」の2.5㎜バランスヘッドホン端子に問題なく挿すことが出来ました。, 「JRiver Media Center 24」は、Vectorから購入しました。購入後、シリアルNoをメモしてプログラムをダウンロードします。「JRiver Media Center 24」には日本語のマニュアルもあるので、それを見ながらインストール、ユーザ登録、日本語化を行います。, まず、ファイル「MediaCenter2400**.dmg」をダブルクリックします。, 「Media Center 24.app」を下の「Applications」にドラッグ&ドロップします。, 以上でインストールは完了です。あとは、日本語マニュアルに従ってユーザ登録、日本語化を行います。, 「JRiver Media Center 24」で「FiiO K3」を使用するには、K3を接続して電源ONしたあと、「JRiver Media Center 24」を起動し、メニュー[ツール]-[オプション]を選択します。, 設定ダイアログが表示されますので、左側で「オーディオ」を選択した後、「オーディオデバイス」にある「(デフォルト)[Core Audio]」をクリックします。するとプルダウンメニューが表示されますので「K3 [Core Audio]」を選択します。, 「FiiO K3」+「SE-CH5BL」+「JRiver Media Center 24」でハイレゾの音楽を聴いてみたところ、今までに聴いたことがないようなハイクオリティーな音を聴くことが出来ました。ノイズもほとんど無くて音の広がりやシャープさがとても良いです。全くの素人ですが、この音の良さはやみつきになります。, ソニーのウォークマンを買うのが一番手軽だったのですが、あえて他の製品を視野に入れて調査することで、ハイレゾに関していろいろ勉強になりました。あと、「バランス駆動」のヘッドホンなどオーディオの進化を肌で感じました。, Macで再生しているので、当然、Macに負荷がかかると音飛びしてしまいます。ある程度は予想していたのですが、ブラウザでWebページを読み込むといった ちょっとした負荷でも音飛びしてしまうのが予想外でした。Macで作業しながら音楽を聴く場合は作業内容に制約が出てしまうかもしれません。そう考えると、やはりポータブルオーディオプレーヤーを購入するのが無難だと思います。, iTunesで再生した曲も「FiiO K3」を通して聴くことが出来ます。ただしiTunesはハイレゾには対応しておりません。実際にiTunesで再生した曲を聴いてみると、音の鋭さと力強さが少し足りないように感じました。再生ソフトによって音が変わるのかも知れません。そう考えるとポータブルオーディオプレーヤーは音の再生からチューニングされているわけで、ポータブルオーディオプレーヤーを選択するのが確実なような気がしました。, イヤホンだけ替えて聞き比べてみました。普段使っているイヤホンはノイズキャンセリングが付いているので比較できないため、10年以上前に購入して最近使っていないイヤホンを引っ張り出してきました。, 聞き比べた結果、やはり「アンバランス」なイヤホンは、音の再生領域が狭い感じがして、音が少しこもって聞こえました。これは「バランス」云々ではなくてイヤホンのせいですね。ハイレゾ対応の「アンバランス」なイヤホンと比較してみたいです。, ソニーのハイレゾに関するWebページで、ハイレゾ音源(FLAC)とそうでない音源(AAC)のサンプルがダウンロード出来ます。, https://www.sony.jp/high-resolution/about/, 残念ながら私には違いが分かりませんでした。私の耳が悪いのと、もしかしたら「FiiO K3」や「JRiver Media Center 24」がハイレゾでなくても良い仕事をしているのかもしれません。, ハイレゾに対応した機器は非常に音が良くて、一度味わってしまうと元に戻れなくなってしまう感じがします。今後はハイレゾ再生が出来るポータブルオーディオプレーヤーを購入してハイレゾ環境をもっと楽しみたいと思います。, 素人がハイレゾ環境に挑戦しました(Fiio K3+Pioneer SE-CH5BL) | 女性シンガーとスポーツカーに関するブログ.

マルコス パーカー 釣り 7, ゾロアーク 育成論 Bw 5, 血界戦線 Back 2 Back 第 01 06 巻 16, エアロバイク 消費カロリー 時速30km 43, ボイジャー Ultra Spiral 25, 外国人 毎日 メール 11, 上司 ありがとう 返事 Line 5, 塩まじない 借金 書き方 8, スズキ エアコン 保証延長 13, 二胡奏者 中国人 男性 4, 宝塚 96期 主犯 13, Wp_query Orderby カスタムフィールド 7, マジョマジョ ピュアーズ 25 話 5, Apple Id サインアウトできない 34, 蒼穹のファフナー スロット 回想 37, 敬語 うるさい 人 5, 四葉のクローバー 花言葉 怖い 4, 深淵のデカダンス 歌詞 意味 13, ピクミン 愛の歌 社畜 7, てれび戦士 元太 2020 23, Cloudready ストレージ 管理 7, 相撲 廻し 臭い 26, ミツエイ 洗濯洗剤 口コミ 41, いや 違う 英語 6, 安住 紳一郎 Podcast 11,