海外に行くと、日本人は普段おとなしいのにステージに立って踊りだすと豹変するってよく言われるんですよ。, 江守:うん、いざパフォーマーとして魅せるとなるとすごい力が出るんだけど、一歩ステージから降りると、日本人特有の控え目感があるよね(笑)。, YOSHIE:私もそうゆうところあります(笑)。時によっては、とっぱらわないといけない瞬間もあるんですが、そうゆう日本人の美学っていうか、奥ゆかしさも好きですけどね。, 江守:うん、それは日本の素晴らしい文化の1つだし、日本人として大切なこと。けれど、ダンスを踊るときにもしかしたら、そうゆう美学とされていることが邪魔をしているのかもしれないね。, ——お二人はいつごろからダンスと関わりの深いブラックカルチャーを意識し始めたのでしょうか? そして、今後のダンスシーンを背負っていくだろう若い世代のダンサーたちにメッセージをお願いします。, 江守:僕は元々、ブラックミュージックが大好きで、それから踊りを始めた。そして、踊っていくうちに、ある日突然、自分が大好きなブラックミュージックの歴史を意識し、勉強するようになったんだよね。, YOSHIE:私の場合は、当たり前のようにYOSHIBOWさんをはじめとした博多の先輩たちがいたので、日常のなかで音楽の話や歴史とか、色々なことを教えていただけたことが大きかったですね。ブラックカルチャーを意識するっていうよりは、そこが始まりでした。 しかし、それほどダンスに夢中なのに、どうしてストリートダンスの本場アメリカのように、日常の習慣としてダンスが根付いていないのか。, そこで、今回は現代のストリートダンスシーンを肌で感じているYOSHIEを迎え一緒に考えてみました。, ——今、日本は一般的にもストリートダンスが認知されて身近になってきていますが、日本とアメリカのダンスカルチャーの違いってどんなところにあると思いますか?, 江守:先日、バラク・オバマが黒人としてはじめてアメリカ大統領になった就任式をテレビで見ていたんだけど、そこでオバマ夫妻が2人で踊るシーンがあったんです。世界中の人が見ているなかで、抱き合ってチークを踊りながらキスをしたり。ああゆうのって日本じゃ考えられないじゃない? それを見て、日本とアメリカのダンス文化の大きな違いをあらためて感じさせられましたね。 初回仕様特典:平成武道館オリジナルステッカー封入, ※本作品のアーティスト収益の一部は「公益財団法人スペシャルオリンピックス日本(SON)」に寄付させていただきます。, 好いとっと <DJ Noodles Daphne Su Extended Remix>, 好いとっと <Love rainbow train won't stop remix>(feat. ストリートダンス・カルチャーを日本で最も古くから見てきた男、江守藹。米国ブラックカルチャーのリーダーたちがリスペクトするほどの知識人であり、BE BOP CREWの創始者、YOSHIBOWも師と仰ぐほどの大御所である。その彼が次世代を担う若者たちのため、このカルチャーの活きた歴史を伝える!, 江守藹 でも、アメリカは日本のパーティーダンスのように無くなってはいかない。遊びのダンスとパフォーマンスとしてのダンス、ちゃんと両方のダンスがあるんだよ。そこが、日本との大きな違いじゃないかな。, ——ダンスが日常の生活に根付かない理由として、日本人とアメリカ人と決定的な違いってどんなところなんでしょうか?, 江守:歴史的なものもあるんだけど、日本人特有の美学ってあるじゃない。恥じらいだったり、謙虚さだったり。武士道の世界とかね。, YOSIE:わかる!! 4/28(土)は横浜アリーナへ、20th ANNIVERSARY THE SUPER TOUR OF MISIA Girls just wanna have funを観に行きました。4月上旬の大阪2Daysと今月末の横浜2Daysで行われた、MISIAのデビュー20周年記念ツアーのファイナルでした。私的にMISIAのライヴは昨年夏のZepp DiverCity TokyoでのSOUL JAZZ以来の観覧でした。, 会場前の待機場所に集まって場内に入場。メインステージ上ではDJ EMMAがDJプレイをしていました。ステージ左右上方に大きなスクリーンがあり、EMMAのTurntableを操る手元がアップで映されていました。, メインステージからセンター席中央に向かって花道が伸び、花道の先のセンターステージは四方が幕で覆われていました。私の席はセンター席の花道のそばの席でした。席に着いて、DJのハウスビートを聴きながら開演を待ちました。, 定刻17時を13分過ぎてDJプレイからSEに変わり、やがてStringsやバンドのイントロへと変わりました。レーザービームやLEDが点滅するなかセンターステージの幕が下りて赤と青のドレス姿のMISIAとDancer達が登場。1曲目は「INTO THE LIGHT」から。観客は立ち上がって、MISIAの会場に響き渡るイントロのハイトーンボイスに合わせて腕を振り上げ、銀テープが飛び出してライヴがスタート。DancerはYOSHIE率いる女性6名のダンスチームでした。MISIAとDancer達は曲が進むとセンターステージから花道を練り歩いてバンドとChorus、Stringsがいるメインステージへ移動しながら歌とダンスを魅せました。, サポートはジャズ・ヴォーカリストのギラ・ジルカが新加入し、昨年のSOUL JAZZで共演したTrumpetの黒田卓也率いるHornセクションとBass /Keyboardを加えた以外はKeyboardの重実徹率いるお馴染みのMusician達とViolinの弦一徹率いる12名のStringsを加えた大編成でした。, ダンスビートのナンバーが続き、DancerをバックにMISIAは「君のそばにいるよ」をスタンドマイクで歌いました。MISIAは青い布を外して真っ赤なドレスに変わり、Hornセクションのイントロから2名のDancerをバックに「陽のあたる場所」を歌いました。アップテンポなナンバー「来るぞスリリング」を2人のTenor saxのソロを交えながらスリリングに聴かせました。「めくばせのブルース」では観客との掛け合いの合唱も交えてMISIAはメインステージから花道へ移動しながら歌いました。, 曲間のトークでは、今回のアリーナツアーは20周年イヤーの幕開けとのことで、夏から年末にかけて”星空のライヴ”の全国ツアーを行っていくことを話しました。, 未発表の新曲「レディ・ファンキー」も披露。Dancerを従えてファンキーに歌い、TrumpetやSoprano saxの間奏も交えて聴かせました。, バラードコーナーになり、エレピとOrganのイントロから「オルフェンズの涙」を歌い上げました。「逢いたくていま」を回転するステージ上でグリーンのレースのドレスを着た菅原小春のバレエダンスを見せるなか歌い上げ、黒田卓也が泣きのTrumpetソロも聴かせました。, 白装束の辻本組の男女15名ほどのPerformer達がパフォーマンスするなか、白いパラシュートスカートのドレスに衣裳替えしたMISIAがメインステージ後方でセリ上がり、ステージ上方の大きな月をバックにStringsとPianoの伴奏で「SNOW SONG」を伸びやかに歌いました。「飛び方を忘れた小さな鳥」ではPerformer達を引き連れてMISIAは花道を歩いてセンターステージへと移動し、StringsとPianoの演奏に途中からバンド演奏が加わるなか、ソフトな声から強い声まで表情豊かに歌い上げました。スクリーンにはMISIAが月を背に歌う姿が映し出されました。, Stringsのイントロから壮大なバラードナンバー「Everything」。メインステージとセンターステージ間の花道を歩いて往復しながら伸びやかに歌い上げました。ステージ上方のLEDの白い光で雪を降らせるイメージを表現していました。観客は着席してその表現力豊かな歌声に聴き入りました。, MISIAはステージを下がり、黒田卓也がMCしながらHanah Spring 、ギラ・ジルカ、Tiger の3人の女声Chorusとともに黒田卓也のファンキーチューン「Zasu(ざす)」を観客と合唱の掛け合いをしながら歌いました。ステージ左右と後方に計8頭の巨大な馬が登場し、場を盛り上げました。, 白黒青黄のアフリカっぽいドレスに衣裳替えしたMISIAが登場。Organのイントロから「BELIEVE」をグルーヴ感のある演奏に乗せてリズミカルに歌い、観客はリズムに合わせて手拍子しました。Trumpetソロも聴かせました。バラード「幸せをフォーエバー」を伸びやかに歌いました。ゴスペル調のナンバー「THE GLORY DAY」をMISIAが花道を練り歩きながら歌い、観客がクワイヤーのごとく手拍子したり腕を振り上げたりしながら合唱しました。, 終盤になりアップテンポナンバーへ。花道を歩きながら「SUPER RAINBOW」を軽快なリズムに乗って歌いました。「HOPE & DREAMS」では山口周平のGuitarソロもフィーチャーしながら歌いました。カラフルなLEDの照明の下、アフリカンビートに乗ってMISIAは女性6名のDancerを従えて「MAWARE MAWARE」を歌い、観客はMISIAとDancer動きに合わせて腕を上に突き上げてグルグル回して最高に盛り上がって本編が終了。, Encoreに応えてMISIAが6名の女性Dancer達とともにピンクのトップスに白いパンツ、黒いロングブーツに衣裳替えして登場。「あなたにスマイル:)」を軽快に歌い、観客は立ち上がって手拍子をしました。多数の風船が天井から降り注ぐなか「LUV PARADE」をHornをフィーチャーしたファンキーな演奏をバックにDancerを従えて歌いました。デビュー曲「つつみ込むように…」をMISIAはホイッスルボイスやロングトーンを織り交ぜながら幅広い声域を使って歌い、観客は手拍子したり、サビで腕を上に突き上げたりして最高に盛り上がりました。メンバー紹介の後、観客のMISIAコールでEncoreを一旦締めました。, MISIAは花道先のセンターステージまで歩いて観客の声援に応え、BGMに流れる「SUPER RAINBOW」に沿ってサビを歌いました。, ダブルEncoreになり、黒田卓也のTrumpetと大林武司のFender Rhodesの伴奏で「キスして抱きしめて」をTrumpetソロを交えたJazzyなアレンジで歌い、3時間のライヴを締め括りました。, 大編成による演奏とパフォーマンスとともに歌を聴かせ、様々な演出で魅せてくれた、MISIAのデビュー20周年を記念するにふさわしいライヴでした。, ------------------------------------------------------------, 20th ANNIVERSARY THE SUPER TOUR OF MISIA Girls just wanna have fun, Dancers: YUKO YANO, MIZUKI, MIKA NISHIMURA, CALIN, HARUNA YAMANAKA, 菅原小春, Dancer casting by Oi-pro: show-yA, Hina, SAE KODAMA, NAOMI SHIMOTSUKASA, KURUMI, HARUKA, maya, MAO JINTOKU, KASUMI SAKURAI, RION(Nous), KOU YAMAMOTO(Nous), MAIKA FUJII, SAAYA TAKAOKA, kEnkEn, THE SUPER TOUR OF MISIA Final@横浜アリーナ | Samuelのライブレポート.

Kiroro ブランコ Youtube 4, 勇者ああああ 2019 ゲームオブザイヤー 12, せかめん スカーズ 脱退 9, ドアミラー ヒーター トヨタ 5, Eneos Cm 子役 17, めざましテレビ 今日 特集 22, 彼氏 病気 言葉 5, あにこ便 破滅フラグ 5話 9, 今日から俺は Dvd ゲオ 5, 無理を言ってすみません 英語 ビジネス 57, デスノート 読切 Zip 18, ラジコン ブラシレスモーター 仕組み 7, 末広二重 韓国 芸能人 27, ファンキーフライデー 交通情報 Bgm 16, ウェディングドレス 試着 ブログ 5, 中村悠一 Fgo やめた 8, 劇場版 ポケットモンスター Dvdラベル 13, ハマイン 合宿 料金 4, オールドボーイ ネタバレ エリ 53, 大洗 ガルパン 地元の反応 7, ジョー ジャクソン なんj 4, 東急 3450 編成表 19, チャン ティン 女優 5, ファントミラージュ 指輪 折り紙 4, 京都大学教育 学部 卒論 11, それに レポート 言い換え 44, よく頑張っ たね 言い換え 10, マイクラ バリアブロック 装備 14, この惑星で ただ一つだけ Spotify 9, スピン バイク レビュー 20,