Core i7-7600U搭載PC(2~3年前のCore i7を搭載したPC) Copyright © 2016-2020 めもたんす All Rights Reserved. キッティング済みで納品できるため、PCセットアップの手間を削減できます。BCP対策の整った端末をすばやくご用意できます。, オンライン商談で困ることの一つが名刺交換。オンラインで名刺交換ができるようになると、アイスブレイクになるようなコミュニケーションのキッカケに利用したり、オンライン会議では確認できなかったキーマンが把握できるようになるなど、安心して商談に臨めます。, 働く場所や時間を問わず高い生産性を発揮できるテレワークに最適なレノボ社製PC、周辺機器を、用途に合わせて各種ご紹介します。, 主催者は参加者へメールで会議に招待。参加者は、URLをワンクリックするだけで、会議に参加可能。. Core i5-7200U搭載PC(2~3年前のCore i5を搭載したPC) そんなZoomを快適に利用したいですよね。 Zoomは音声だけでなく映像も利用しますのでPCのスペックも考慮する必要があります。今回は実証も含めてお伝えします。 まずは、Zoomのシステム要件をZoomのヘルプページから抜粋しますので参照してみてください。 ・オンライン会議のIDやURL、パスワードを外部に漏らさないようにする Ryzen 7 3700H搭載PC(高性能Ryzenプロセッサー搭載PC) Zoom Roomsの検証済みプラットフォーム (Windows OS) Dell Optiplex 5070 Micro(単一画面). Zoomでミーティングなどを行う場合、パソコン(ノートパソコンを含む)やタブレットは必需品ですよね。, スマホでもできるのですが、画面が小さいので大人数を一度に表示できないのがネックになります。, パソコンは高性能に越したことはありませんが、現在お使いのものでもほとんどの場合大丈夫です。, 本記事では、Zoomが使えるパソコンの条件やおすすめなパソコンについて解説・ご紹介しております。, 以下で、Zoomでミーティングをするためのパソコンの必要スペック(システム要件)やソフトウエア、その他の付属品について解説します。, 画面共有機能といいますのは、あなたの映像の代わりに、Zoomをお使いのパソコンやタブレットの画面をメンバーの皆さんに見せることが可能な機能です。, Zoom公式情報的には、この機能を利用する場合はクアッドコア(コア数が4)のCPUをおすすめしています。, Intel系CPUのCore i3-5000番台のパソコンは2015年頃に発売されていたパソコンですので、お買得な中古パソコンがありそうですね。, Zoom公式情報では、内蔵またはUSBプラグインのWEBカメラと記載されています。, メーカー各社のWEBカメラも列挙されていますが、ビジネス向けの高価なもの(数万円以上)が多いです。, ミーティングはネットで、というのが今後は普通の世の中になるかもしれませんので、顔を映すためのWebカメラはあまり妥協しない方が良いでしょう。, Zoom公式情報によりますと、グループミーティングを行う場合は数Mbps程度の回線速度が推奨されていました。, その程度なら、3大キャリア(Docomo、au、ソフトバンク)の4G回線でもなんとかいけそうです。, 回線品質が悪いと、自分の顔がカクカクしたり、音声が途切れたりしてカッコ悪い姿をさらすことになりかねません。, 無かったとしてもマイクだけ、もしくはマイク付きヘッドフォン(ヘッドセット)などが1000円前後で購入できます。, ノートパソコンでしたら付いている機種が多いので、内蔵されているものを利用しましょう。, オンラインセミナーのように講師のお話を聴くだけの場合は、場所によってはヘッドホンが必要になることもあるかもしれません。, パソコンをお持ちでない方は、あなたのパソコンの利用形態に合った機種を購入することになります。, 「利用形態に合った」の意味は、例えばZoom以外にもワードやエクセル、動画編集に画像加工など、ハードに使う場合は高スペックのパソコンが良いですし、ブラウザでネット検索する程度でしたら比較的低スペックのお買得なパソコンで十分ということです。, 新しくパソコンを購入する場合は、お店の店員さんと相談して選ぶことができますので、パソコン初級者でも安心できます。, 「Zoomが動くパソコンで、その他にxxxや〇〇〇なども快適に使いたい」や「最低限Zoomが使えれば良いです」などと、あなたの使い方を具体的にお伝えすれば、店員さんがおすすめしてくれるでしょう。, その際、必要以上に高いパソコンを購入しないように、必要最低限の情報は事前に仕入れていた方が安心できます。, パソコンの用途がZoomとブラウザを利用することぐらいでしたら、安いパソコンで大丈夫でしょう。, ストレージ(HDD、SSDなど)の量は100GBもあれば十分です。もちろんそれ以上搭載されていても問題ありません。, Webカメラは、ネットミーティングではとても重要ですので、今後の「Withコロナ時代」のことを考えますと高性能のものを持っていた方が良いと考えます。, 現在利用中のパソコンの場合、Webカメラやマイクなどが内蔵されているのでしたら問題なく使えると思うのですが、内蔵されていない場合はご自分で購入してセットアップする必要があります。, 前章で解説したようなカメラやマイクをお選びになれば良いのですが、100%保証できないところが難しいところです。, 使わなくなったパソコンは、たぶんOSが古かったり(Windows7など)CPUやメモリが推奨品から外れてしまっていたりなど、そのままでは使うのが困難な状態になっていると思います。, その場合は、Linuxなどの軽量OSをインストールして用途を限定して使用しますと十分使えるようになります。, 5年前に15万円したパソコンでも、中古で購入しますと5万円以下で購入できたりします。, そのままの状態でZoomが利用できれば良いのですが、使い勝手が悪い場合はOSを軽量なものに入れ替えると快適に使えるようになる可能性があります。, パソコンとタブレットやスマホなどのモバイル機器は、どちらでもZoomを利用可能ですが、一番の違いは画面の大きさですね。, パソコンの場合は1画面に最大25人(高性能パソコンの場合は49人)を同時に表示できますが、モバイル機器の場合は1画面に最大4人までです。, 大人数でのミーティングは有意義で楽しいですので、個人的には、タブレットやスマホよりもパソコンが良いと思います。, スマホやタブレットの場合は物理的な制約で不可能になりますので、今は必要ないと思っていても、その機会がやってきたときに後悔することになりかねません。, Zoomを使うという観点で考えますと、デスクトップ(据え置き型)パソコンよりもノートパソコンの方が場所を選ばず利用できますのでおすすめだと考えました。, この基準で国内有名メーカー5社、国内パソコン専門メーカー5社で販売しているパソコンを調査した結果、コスパが素晴らしかったノートパソコンを厳選して3台ご紹介します。, 富士通の2019年10月発売のカスタムメイドモデルです。CPUやメモリなどを自由に選べますので、以下のとおり設定してみました。, 国内有名メーカー5社を探してみたのですが、富士通ノートパソコンのコスパの良さは頭一つ出ていました。, FUJITSUの公式直販サイト「富士通WEB MART」のみの販売となっています。, 昭和世代のパソコンに詳しい方は、iiyamaといえばモニターを思い出されるかもしれません。最近はパソコンでも有名です。, こちらのノートパソコンは、有名なパソコン専門メーカーのひとつであるiiyama PC製のパソコンでして、パソコン工房で販売されています。, このノートパソコンの最大の特徴は、デスクトップパソコン用のCPUを搭載している点です。, 通常ですと、ノートパソコンには消費電力や発熱などを抑えたタイプのノートパソコン向けCPUが使われます。, 最近はデスクトップ向けのCPUでも消費電力が低めの製品が登場してまして、本体の工夫などによってノートパソコンでも利用できるCPUもあります。, こちらのノートパソコンは、最初にご紹介しました富士通の製品と同じCPUを搭載してます。, ただし、内蔵マイクの記載がありませんでしたので、本体のマイク端子に挿すマイクを用意する必要があります。, 次は、Zoom以外はブラウザでホームページを閲覧するぐらいという方に向けたおすすめパソコンになります。, このスペックであれば、Zoomが普通に使えて、さらにブラウザで色々なサイトを見るといった程度であれば十分可能です。, モニターのサイズは小さ目でも良いかもと思ったのですが、みんなでワイワイやるためには大きい方が良いので、そのままにしました。, 10万円以下で探してみたのですが、国内有名メーカー製のノートパソコンでは納得のいくものがみつからなくて、3台とも国内パソコン専門メーカーのご紹介です。, オンラインゲームや本格的な動画編集などを快適にできるとまではいきませんが、テレワークなどで十分に使えます。, 特に秋葉原にありますTSUKUMO eX.館が有名ですね。真っ黒いビルがとても目立っています。, 以前、関東に住んでいたころは、秋葉原に行くと最初に必ずTSUKUMO eX.館に行ってました。それから他のショップを周って、結局eX.館に戻ってきて購入するというパターンが多かったです。, 最初にご紹介したノートパソコンよりCPUのグレードが下のPCを探してみました。それでもZoomは快適に使えるスペックです。, 最初にご紹介したパソコンとCPUとメモリ量は同じなのですが、ツクモの方はストレージ容量が倍で無線LANの規格Wifi6(IEEE802.11 ax)が使えます。, それなのに、値段はツクモの方が5000円以上安くなっています。(2020年7月現在), マウスコンピューターのほうもWifi6を使えるのですが、料金を追加して無線LANを入れ替える必要があります。, 本記事では、Zoomでミーティングするために最低限必要なパソコンのスペックや要件ということで、Zoom公式サイトで公開されている要件を具体的に解説して、おすすめなパソコンもご紹介しました。, パソコン専門メーカーに関しては、パソコンにお詳しい方は抵抗が無いと思いますが、それほどでもない方は家電メーカーをお選びになるかもしれません。, でも、パソコンの心臓部であるCPUは、家電メーカーでもパソコン専門メーカーでも同じもの(Intel製やAMD製)を使用しています。内蔵メモリも、一部のメーカーは自社製造していますが、ほとんどは自社以外のメーカーのものを利用しています。, いかがわしいメーカーですと、粗悪な部品を使ってパソコンを作って売る場合があるかもしれませんが、国内の有名人気メーカーの場合は、まずありえませんね。, 良い機会ですので、パソコンに詳しい方に人気のあるパソコン専門メーカーにデビューしてみませんか?, この時期ですと、国内家電メーカー製のパソコンは在庫が少なくなっていますので納期が遅くなりますが、パソコン専門メーカーの場合は比較的早めというのもおすすめポイントのひとつです。, 本サイトでは、本記事以外にもzoomに関する記事を作成しております。よろしかったらご利用いただければと思います。, 名前: のり(めもたんす管理人) 趣味: テニス、作品鑑賞(映画、アニメ、ドラマ、絵画など)、讃岐うどん食べ歩き。, 世の中にはまだ自分が知らない情報があふれていて、知っているつもりでも全体の半分も知らないことがいっぱいあります。 見つけた情報はGoogleKeepにメモる毎日です。 ある日、自分が良いと思うことは、同じように感じる方も、数は少ないかもしれないけどいるはず、と思いまして、そのことが本サイト「めもたんす」を作るきっかけとなりました。 自分がいいなと思ったことを記事にまとめたサイトです。 本サイト内の記事がどなたかのお役に立てれば幸いです!. Zoomの接続テストとよくあるトラブルZoomなどのWeb会議・ビデオ会議で一番多い問題は、音声トラブルやビデオのトラブルです。いざZoomミーティングに参加しようとしても、ビデオや音声通話がうまく動かない場合があ... Web会議に必要なWebカメラ・マイク・ヘッドセットの選び方ZoomなどのWeb会議やビデオ会議の利用には、ビデオカメラやマイク、スピーカーが必要となります。特にビデオカメラやマイクが内蔵されていないパソコンの場合は、別途... https://support.zoom.us/hc/ja/articles/201362023-PC-Mac-Linuxのシステム要件, https://support.zoom.us/hc/ja/articles/210707503-バーチャル背景, https://support.zoom.us/hc/ja/articles/201179966-iOSとAndroidのシステム要件, Windows:IE 11+、  Edge 12+、Firefox 27+、 Chrome 30+, iPhone 4以降、iPad Pro、iPad Mini、iPad 2以降、iPod touch第4世代、iPhone 3GS(フロントカメラなし). あちらのスペックは、”Intel Core i7-1060NG7 @ 1.2 GHz (4 cores) ” です。私のMacbook Air 2011では “バーチャル背景” が使えませんけど、Macbook Air 2020ならば余裕で利用可能です。 そんな訳で、私がZoomをやろうとしても、室内の背景まで写ってしまいます。 幅広いモデルがラインナップしているタブレット。ウェブブラウジング・電子書籍・動画視聴・ゲームなどさまざまな用途に使用便利。購入を検討されている方は、今回ご紹介するスペックごとの選び方やおすすめモデルを参考にしてみてください。 ・私生活が映りこまないように、場所を選んだり、仮想背景を活用したりする Zoomができるパソコン自体の敷居は全然高くなく、お近くの家電量販店でセール中のもので十分, マイクはパソコンに内蔵されていなくても、Webカメラ内蔵のものやマイクだけ単品の別売り品で十分. スマートフォンより大きな画面で、快適に動画視聴やアプリなどを楽しめる「タブレット」。なかでもサイズが10インチのタブレットは個人ユーザーからの人気が高く、自宅用としておすすめです。そこで今回は、10インチタブレットのおすすめをご紹介します。 ・待合室機能を使用して、参加者を確認する Zoomはインターネット環境とPCやモバイル端末があれば、世界中どこからでも、簡単にミーティングを行えるクラウド型Web会議システムです。 ・覚えのない会議URLを安易にクリックしない, オンライン会議を快適に行うためのおすすめのスペックをご紹介します。Zoomでのおすすめスペックとなりますが、他のオンライン会議システムにも適用できると思います。, 実際に使ってみた感覚では、参加だけであれば第7世代Core i5搭載機(2~3年前の機種)でも十分快適に使用できました。そのため、オンライン会議への参加やホスティングにパソコンを使用する場合、スペック面でのハードルはそれほど高くはないようです。, ただし、Zoomで25名以上~49名を1画面に表示する場合と、グリーンスクリーンを使用せずに仮想背景を使用する場合は、下図(一部抜粋)のようなスペックが必要となります。, これらの機能を使用する場合、以前は「Core i7または同等のCPU」という条件でしたが、Zoomソフトウェアのバージョンアップによって、ハードルが下がっています。詳細は、Zoomのサイトでご確認ください。(システム要件:49 Screen表示、バーチャル背景), 以前のテストでは、第7世代Core i7-7600U搭載機で、49名表示が可能なものの、グリーンスクリーン不使用では仮想背景を使用できませんでした。しかし、最新のZoomクライアントを使用して再テストを行ったところ、第7世代Core i7-7600U搭載機や、第8世代Core i5-8265U搭載機でも、49名表示と、グリーンスクリーン不使用での仮想背景の使用が可能となっていました。, また、以前は、Ryzen 7 3700H搭載機では、49名表示、グリーンスクリーン不使用での仮想背景のどちらも使用できませんでしたが、最新バージョンのZoomクライアントでは、Ryzenプロセッサーでも49名表示と、グリーンスクリーン不使用での仮想背景の使用が可能になりました。実際に、Ryzen 5 3500U搭載機でテストしてみましたが、49人表示とグリーンスクリーン不使用での仮想背景の使用が可能でした。, 上記の点を踏まえて、Skype、Zoom、Teamsの機能を十分に使用できるスペックを紹介します。なお、下記のスペックでもZoomでの49名の1画面表示と、グリーンスクリーン無しでの仮想背景の使用ができないこともあるかもしれません。当サイトでは動作の保証や、設定のサポートはできませんので、ご承知おきください。, CPU:第8世代Core i5以上、Ryzen 5 3500U以上

スクリーン キャス 時間, 30 平米 二人暮らし レイアウト, 三州総本舗 パスタスナック ディズニー, ロンパース カバーオール 違い, ソリオ バックカメラ 取付, 黒い砂漠 レンジャー 伝承, クリスタ デバイス 設定, フォトジェニック ギター レスポール, 照明 1灯 2灯, 0歳 お出かけ 岡山, 冴えない彼女の育てかた Fine 感想 まとめ, チェリー 合唱 伴奏, 自習室 梅田 安い, 第五人格 セブンイレブン カフェ, 冷感マスク ランキング Amazon, 国民 民主党 意見, エブリィワゴン 内装 外し, 中学校 保健体育 評価基準, コナン コミック セレクション, Ginza Six 駐車場, シマノ チェーンリング 32t, Videoタグ 再生ボタン 非表示, 結婚記念日 赤ちゃん 自宅, 照明 1灯 2灯, 植物 学校 社会人, Pdfに書き込む Mac 無料, 回復パーティション 作成 Mbr, 千疋屋 モンブラン 口コミ,